HOME研究交流多摩キャンパス神経カンファレンス > 第26回 多摩キャンパス神経カンファレンス

多摩キャンパス神経カンファレンス

第26回 多摩キャンパス神経カンファレンス

テーマ 「最近の興味深い症例と話題」
日時 平成29年9月8日(金)17:30〜19:35
場所 東京都立神経病院 4階会議室

プログラム 発表(発表20分 質疑5分)

開会の挨拶:都立小児総合医療センター院長 本田 雅敬

17:30〜17:55

演題 内視鏡的脳室開窓術が適応となった先天性水頭症の一例
演者 小峯聡1)、永田仁郎2)、福水道郎1)、高井啓介3)、谷口真3) 
1)都立府中療育センター 小児科 2)都立府中療育センター 内科 3)都立神経病院 脳神経外科
座長 福水道郎 (都立府中療育センター小児科)

17:55〜18:20

演題 再発性抗NMDA受容体抗体脳炎の40才男性例
演者 法岡遼平, 飛澤晋介, 桝田宏彰, 森島亮, 米原正樹, 上山勉, 清水俊夫, 磯崎英治
(東京都立神経病院 脳神経内科)
座長 飛澤晋介 (東京都立神経病院 脳神経内科)

18:20〜18:45

演題 急性期脳梗塞に対する血行再建療法後にパーキンソニズムを呈した69歳男性の1例
演者 奥村光一郎1)、齊藤智成1)、呉侑樹1)、藤谷茂太2)、酒井優2)、石神大一郎2)、鈴木良介2)、小泉聡2)、久保田真由美2)、太田貴裕2)、上田雅之1)
1)多摩総合医療センター 神経・脳血管内科 2)多摩総合医療センター 脳神経外科
座長 上田雅之 (多摩総合医療センター 神経・脳血管内科)

18:45〜19:10

演題 統合失調症と診断され、悪性症候群をきたし、電気痙攣療法に反応した抗NMDA受容体抗体脳炎の一例
演者 伊藤麻美1)、上薗礼2)、森貴幸1)、生田陽二1)、鈴木洋実1)、小出彩香1)、冨田直1) 、三山佐保子1)
1)都立小児総合医療センター 神経内科 2)都立小児総合医療センター 児童精神科
座長 三山佐保子(都立小児総合医療センター 神経内科)

19:10〜19:35

演題 人工神経接続による脳機能再建
演者 西村幸男 (東京都医学総合研究所 脳機能再建プロジェクトリーダー)
座長 山形要人(東京都医学総合研究所 脳発達・神経再生研究分野)

閉会の挨拶 次回会長

ページの先頭へ