HOMEプロジェクト研究 > うつ病プロジェクト

うつ病の原因究明と診断・治療法の開発

うつ病プロジェクト Affective Disorders Project

意義

うつ病など気分障害は近年患者数が増加しており、自殺の主要原因となるなど、その社会負担は重い。病態が未だ不明で客観的診断法もなく、治療法も十分ではない。

本プロジェクトでは、脳の異常部位の同定およびそれに基づく客観的診断法の開発を行うとともに、うつ病動物モデル系や神経—グリア相関、特にオリゴデンドロサイトなど脳細胞レベルのモデル系の解析を通してより副作用の少ない治療法の開発を目指す。

目標

  • うつ病動物モデルを確立するとともに、オリゴデンドロサイトなど脳細胞レベルでの解析を進め、気分障害の病態解明を行なう。
  • 基礎と臨床を橋渡し研究を中心に行い、画像や血中バイオマーカーなど客観的診断法および新規治療法を開発する。

メンバー

プロジェクトリーダー 楯林 義孝

  • 松田 芳樹
  • 二本松 尚美
  • 青木 和久
楯林 義孝

プロジェクトリーダー 楯林 義孝

ページの先頭へ