HOMEプロジェクト研究 > 心の健康プロジェクト

心の健康づくりのための予防・治療・リハビリ

心の健康プロジェクト Mental Health Promotion Project

意義

現代ストレス社会の縮図といえる大都市では、心の健康を蝕むさまざまな要因が溢れる一方、個人を支える人々の絆は薄まっている。このような中で臨床医学・社会医学的方法論により心の健康づくり研究の多面的な推進が求められている。

本プロジェクトでは、少子高齢化が進む東京において区・市と連携した大規模出生コホート研究の実証的成果や臨床・ケア現場との協働によるプログラム開発等を通じ、大都市の心の健康づくりに取り組む。

目標

  • 思春期のメンタルヘルス問題の予防要因やウェルビーイング増進要因を明らかにする。
  • 地域で暮らす認知症の人と家族へのケアを向上させる。
  • 精神疾患の急性期入院医療と退院後外来医療とを結ぶ移行期支援プログラムを開発する。

メンバー

プロジェクトリーダー 西田 淳志

  • 山﨑 修道
  • 新村 順子
  • 中西 三春
  • 遠藤 香織
  • 廣岡 佳代
西田 淳志

プロジェクトリーダー 西田 淳志

ページの先頭へ