HOMEプロジェクト研究 > 脳卒中ルネサンスプロジェクト

脳卒中における炎症と修復メカニズムの解明

脳卒中ルネサンスプロジェクトStroke Renaissance Project

意義

日本は高齢化社会を迎え、脳卒中の患者数が増加している。脳卒中後の麻痺や脳機能の障害は、患者の社会復帰に大きな支障となっているが、脳卒中に対する有効な治療法はまだ十分に開発されていない。

本プロジェクトでは、脳卒中患者の社会復帰を促すような新しい治療法を開発するために、損傷した脳がどのように回復するかを詳細に解明する。最近になって免疫学や神経科学の新しい研究手法が注目を浴びており、これらを応用することによって脳卒中研究を新しい角度から発展させ、脳卒中後の脳の再生、患者の社会への復活を主目標として研究を行う。

目標

  • 脳卒中を起こした脳内で作られるタンパク質や脂質、低分子化合物に着目してそれらの機能や生理的意義を解明し、新しい脳卒中の治療法を開発する。
  • 脳梗塞や認知症では脳内に炎症が起こるが、炎症を起こす原因物質を脳内から排除するメカニズムを解明し、これを新しい治療法の開発に応用する。
  • 脳卒中を起こした後の脳内では、壊れた神経ネットワークが再形成されるが、このメカニズムを解明することによって、脳卒中患者の機能予後を改善する治療法の開発につなげる。

メンバー

プロジェクトリーダー 七田 崇

  • 平林 哲也
  • 酒井 誠一郎
  • 津山 淳
七田 崇 photo

プロジェクトリーダー 七田 崇

研究室ホームページ(準備中)
ページの先頭へ