小原道法研究員
木村公則先生
展示ブース
会場の様子

平成30年2月21日(水曜日)

平成29年度第8回都医学研都民講座を開催しました

会場:都庁大会議場

2月21日(水曜日)、当研究所では、都庁大会議場において、「肝臓病からの解放に向けて」と題して、第8回都医学研都民講座を開催しました。今回は、都立駒込病院肝臓内科部長の木村公則先生を講師にお迎えしました。

まず、当研究所感染制御プロジェクトの小原道法研究員から、「ワクチン治療の可能性を求めて」と題してお話ししました。C型肝炎ウイルス(HCV)の感染者に対する治療は長期間かかるものであり、また、治療効果の高い抗HCV薬が開発されているものの、とても高額な薬であることから、患者及び公的費用負担が膨大となっているのが現状です。そのため、HCVの排除や肝炎の抑制を目指した治療用ワクチンの開発を進めているとのお話がありました。

続いて、木村先生から、「肝硬変治療薬の開発への取り組み」と題してお話しいただきました。国内において20万人以上もの患者がいるといわれるHCV肝硬変ですが、これに対する有効な治療薬は現在のところ存在しません。肝硬変になると、かなりの割合の人が肝癌を発症することから、肝硬変の治療薬の開発は緊急の課題となっています。そこで、木村先生たちのグループでは、HCV肝硬変患者に対する治療薬として、CBP/β-カテニン阻害剤(PRI-724) の安全性及び有効性を確認するための医師主導治験を実施したそうです。これは、日本発の治療薬であり、今後の実用化に向けた最新の情報もお話しいただきました。

講演後のアンケートでは、「HCVの治療用ワクチンや肝硬変の治療薬の開発が、今後も進んでいくことを期待しています。」といった御意見を多く頂きました。


写真右:上から、小原研究員、木村先生、展示ブース、会場の様子

写真下:講演前のひと時(左から、安井研究員、木村先生、小原研究員)

西村幸男
彼末一之先生
講演の様子

平成30年1月19日(金曜日)

平成29年度第7回都医学研都民講座を開催しました

会場:一橋講堂

1月19日(金曜日)、当研究所では、一橋講堂において、「スポーツ脳科学への招待」と題して、第7回都医学研都民講座を開催しました。今回は、早稲田大学スポーツ科学学術院教授の彼末一之先生を講師にお迎えしました。

まず、当研究所脳機能再建プロジェクトリーダーの西村幸男研究員から、「心から湧き出る運動パフォーマンス」と題してお話ししました。今まで、スポーツ科学といえば、運動生理学、バイオメカニクス及びスポーツ心理学といった研究分野がありましたが、脳については研究されてきませんでした。しかし、筋肉を動かすのは脳であり、「誰がどこにいるのか」、「どこにボールを投げたらよいのか」といった高度な感覚情報処理能力・意思決定や、対人・チームワークといった駆け引きやコミュニケーションについて脳が関与しています。しかし、脳がどの程度の役割を果たしているのかについては、よく分かっておらず、これを研究するのがスポーツ脳科学です。西村研究員からは、「スポーツ選手の高度な能力を支える脳神経基盤を解明し、脳科学に立脚したトレーニング法・コーチング法の開発を目指している。」、「スポーツでは、喜怒哀楽のような心が脳を活性化し、それが運動能力を上げる鍵である。」とのお話がありました

続いて、彼末先生から、「アスリートの秘密を脳科学で解き明かす」と題してお話しいただきました。「運動神経が良い人」とは選手の真似が上手い人といえますが、これは「一人称」と「三人称」の2つの運動イメージの問題だということです。まず、三人称のイメージは、運動する自分や他人を観客席から見るような視覚的なものです。一人称のイメージは、自分が運動するときの感覚を思い描くものであり、自分の全身は見えず、体性感覚や平衡感覚といった視覚以外の情報を使うものです。つまり、真似の上手さは、三人称のイメージ、すなわち視覚的な映像をいかに自分の一人称のイメージと一致させられるかということになります。これらが一致すればするほど良いイメージとなり、運動神経が優れているということになるとのお話がありました。

講演後のアンケートでは、「スポーツのトップ選手の競技能力には、身体能力ばかりではなく、脳が大きく関与していることが分かった。」といった御意見を多く頂きました。


写真右:上から、西村研究員、彼末先生、講演の様子

写真下:講演前のひと時

宮岡研究員
会場の様子

平成29年12月17日

サイエンスカフェin上北沢「遺伝子とDNA-遺伝の実体にせまる-」を開催しました

会場:東京都医学総合研究所

12月17日(日曜日)、当研究所の講堂において、再生医療プロジェクトリーダーの宮岡佑一郎研究員を話題提供者として、「サイエンスカフェin上北沢『遺伝子とDNA-遺伝の実体にせまる-』」を開催しました。今回、40名の方に御参加頂き、和やかな雰囲気の中でDNAの抽出実験や細胞の顕微鏡観察を体験し、研究者と自由に語り合いました。

親子は顔や体つきなどが似ていることが多く、遺伝はとても身近なものです。これは、私たちの特徴を決める遺伝子が、世代を超えて受け継がれている証です。今回のサイエンスカフェでは、遺伝及び遺伝子とは何か、遺伝物質としてのDNAの発見、DNA二重らせん構造の特徴、DNA複製と遺伝暗号の仕組みと、再生医療プロジェクトの研究内容をお話ししました。その後、参加者自らがバナナからDNAを取り出す実験を体験するとともに、ヒト培養細胞の核のDNAを試薬によって染色し、参加者が実際に蛍光顕微鏡を使って観察しました。

参加者の8割以上が小学生でしたが、「DNAについて聞くことはあるものの、どのようなものなのかを知らなかったため、知ることができて良かった。」、「実験器具を使ったDNA抽出実験が楽しかった。」といった御意見を数多く頂きました。バナナからのDNA抽出に成功した際の、参加者の歓声や目の輝きが印象的な、充実した会となりました。


写真:上から宮岡研究員、会場の様子

大久保先生
児玉先生
廣井研究員
質疑

平成29年12月14日

平成29年度第6回都医学研都民講座を開催しました

会場:一橋講堂

12月14日(木)、当研究所では、一橋講堂において、「今日のスギ花粉症に対する最新治療と研究」と題して、第6回都医学研都民講座を開催しました。

今回は、日本医科大学大学院医学系研究科頭頸部感覚器科学分野教授の大久保公裕先生及び大分大学医学部耳鼻咽喉科講師の児玉悟先生を講師にお迎えしました。

まず、大久保先生からは、「花粉症の最新治療」と題してお話しいただきました。花粉症の治療には、薬物療法、手術療法及びアレルゲン免疫療法があります。このうち、アレルゲン免疫療法だけが、治癒又は長期寛解を期待できる根治療法ですが、これは、アレルギーの原因になる抗原を少量から投与することで体を慣らし、抗原に対する体質を変えるものです。この療法の中で舌下免疫療法は新しい治療法であり、効果が期待されているとのことでした。

続いて、児玉先生からは、「外科手術療法による花粉症治療」と題してお話しいただきました。花粉症の治療において手術療法を選択するのは、重症例や鼻閉型で鼻腔の形態異常を伴う症例の場合です。手術を行う場合、鼻閉の改善と鼻漏の改善を目的としたものに分けられますが、実際には複数の手技を組み合わせて行われるとのことでした。

最後に、当研究所花粉症プロジェクトリーダーの廣井隆親研究員からは、「今日のスギ花粉症に対する最新治療と研究」と題してお話ししました。近年、保険医療として導入された舌下免疫療法は、根本療法として捉えられていますが、3年以上の長期治療にもかかわらず30~40%の患者さんには効果がありません。このため、舌下免疫療法の作用メカニズムを明らかにし、事前に治療の効き具合を予測する技術を研究していることをご紹介しました。

講演後のアンケートでは、講演中に流れた外科手術の映像に関して、「話だけではなく、映像を見ることでイメージができて良かった。」等の御意見を頂きました。


写真右:上から、大久保先生、児玉先生、廣井研究員

写真下:控え室にて

ページの先頭へ