HOME広報活動 > 平成30年度 都医学研夏のセミナー「臨床教育コース」「基礎・技術コース」

平成30年度 都医学研夏のセミナー 「臨床教育コース」 「基礎・技術コース」

公益財団法人東京都医学総合研究所では、平成30年度 都医学研夏のセミナー 「臨床教育コース」 「基礎・技術コース」 を開催いたします。
受講を希望される方は、下記により応募してください。

本セミナーは、臨床医の生涯研修の一環として、最新の医療についての情報提供、病理標本の観察等の実習指導等を目的とした臨床教育コースと、基礎的な実験技術と研究の方法論の実習指導を短期間集中的に行い、神経・精神・臨床医科学の現状と将来展望についての理解の向上を目的とした基礎技術コースからなります。

コーステーマ日 程
(1) 臨床教育コース 神経病理ハンズオン 平成30年7月30日(月)~8月2日(木)
(2) 基礎・技術コース 神経系への遺伝子導入とその解析 平成30年7月9日(月)~7月13日(金)

(1) 臨床教育コース

テーマ:「神経病理ハンズオン」

日程 平成30年7月30日(月)~8月2日(木)
セミナー概要 ヒト神経疾患の病理標本を実際に手にとり実施に顕微鏡で観察するハンズオン形式の実習を通し、診断法、病態の理解などについての基本的スキルを養うことを目的とするカリキュラムです。また、脳神経病理データベースに搭載しているデジタルデータをPCによってバーチャル体験するデジタルパソロジー実習も行います。体験する標本は、脳形成異常から老年期脳障害まで幅広い疾病カテゴリーを網羅しており、短期間で多くの疾病を体験することができます。
受講者各人に1台の顕微鏡が用意される他、ディスカッション顕微鏡による個別指導、及び、バーチャルスライドによるデジタル画像データベースを活用したデジタル研修法を導入することにより、実習効率の向上を実現しています。受講者は、病理診断に関わる医師、神経系の専門医を目指す臨床医、神経疾患の病理形態学に興味のある研究者であれば、得るものが大きいと思います。東京医師アカデミーの研修医の参加も歓迎します。
(募集人数 9名)
講師名 新井 信隆(神経病理解析室)
関 絵理香(神経病理解析室)
小島 利香(神経病理解析室)
原田 一樹(防衛医大法医学准教授)
石澤 圭介(埼玉医大病理診断科講師)
参考文献
  1. 神経病理を学ぶ人のために第4版(平野朝雄著 医学書院、やや専門的、電顕写真が豊富)
  2. 神経病理インデックス(新井信隆著 医学書院、やや初学者向け、カラー写真・イラストが豊富。総論、各論で使用する図、標本の多くは本書に掲載されています)
  3. 講義・実習の際のハンドアウトは順次、開催中に配布され、各自のバインダーも提供されます。

日本神経学会(1単位)、日本病理学会(5点)、日本法医学会(3点)、日本精神神経学会(5点)の専門医生涯教育更新単位が付与される予定となっております。当所で事前に手続きが必要ですので該当者は応募用紙に〇をつけてください。

レクチャー内容 (内容は、変更になることもあります。ご了承ください。)

月 日午 前午 後
7月30日(月)神経解剖・神経病理総論
(マクロ、ミクロ)
顕微鏡の見方・染色法
神経変性疾患① (運動ニューロン疾患)
7月31日(火) 神経変性疾患②③
(タウオパチー、シヌクレイノパチ)
神経変性疾患④ (TDP-43蛋白病)
神経変性疾患⑤ (トリプレットリピート病)
8月1日(水) 発達障害・先天奇形頭部外傷 フリー検鏡
8月2日(木) 中毒・脱髄・感染症てんかん外科病理 フリー検鏡

会場:BC会議室

(2) 基礎・技術コース

テーマ:「神経系への遺伝子導入とその解析」

日程 平成30年7月9日(月)~7月13日(金)
セミナーの概要 神経系に外来遺伝子を導入することは、神経系の機能解明に有用である。本セミナーでは、
  1. アデノ随伴ウイルスの作製、
  2. ウイルスの脳微量注入法、
  3. 脳機能解析法(希望に応じて電気生理(スライスパッチクランプ、脳波測定)、オプトジェネティクス)を、実地実習ができます。
また、希望に応じて、脳の神経初代培養、子宮内エレクトロポレーションも可能です。学生、初心者の方も歓迎します。
(募集人数 若干名)
講師名 岡戸 晴生(神経細胞分化)
平井 志伸(神経細胞分化)
田中 智子(神経細胞分化)
高沢 克子(神経細胞分化)
三輪 秀樹(国立精神・神経医療研究センター)
参考文献 プリントを配布しますので、必要ありません。

レクチャー内容 (内容は、変更になることもあります。ご了承ください。)

月 日 午 前午 後
7月 9日(月)予定は暫定的です。
遺伝子導入の概説
マウス脳へのアデノ随伴ウイルス (またはトレーサー) 接種
7月10日(火) ウイルスベクターの作製脳機能解析
(希望に応じて、スライスパッチクランプ、脳波測定、オプトジェネティクス等)
7月11日(水) ウイルスベクターの作製脳機能解析
7月12日(木) ウイルスベクターの作製
接種マウス灌流固定、観察
脳機能解析
7月13日(金) 総括総括

※ 初日は9:30から。実験等の進行状況により時間は変動する場合があります。


会場 東京都医学総合研究所 (東京都世田谷区上北沢2-1-6) アクセスはこちら
  • 駐車場はありません。
  • 昼食及び宿泊施設は用意しておりません。
  • 売店等の施設はありませんので、最寄駅付近の店舗をご利用下さい。
応募資格 研究者、医師、技術者及びそれらを志向する学生が対象です。
募集人員
(1) 臨床教育コース :
テーマ(神経病理ハンズオン)〈9名程度〉
(2) 基礎・技術コース :
テーマ(神経系への遺伝子導入とその解析)〈若干名〉
参加費用 受講者の区分により次のとおりです。
(1) 一般(企業) : 26,000円
(2) 研究者(学校教育法に定める学校に所属する者) : 13,000円
(3) 医師・看護師等 : 13,000円
(4) 行政関係者 : 13,000円
(5) 学生 : 5,000円

※ 学校教育法に定める学校以外に附属する研究機関は一般となります。
※ 開講日に受付で 現金 により申し受けますので、釣銭のないようご用意ください。
※ (2)、(3)、(4)の方はIDカードなど所属を証明できるもの、(5)の方は学生証を当日ご提示ください。
※ 一旦納入された参加費は、開講中止などの場合を除き、払い戻しはできませんので、ご了承ください。
※ 領収書につきましては、書式や宛名に関するご要望がある場合は、必ず事前にお申し付けください。
応募方法 「応募用紙」(コピー可)を、下記まで郵送または、メールしてください。
応募締切 平成30年6月15日(金)必着
選考及び結果通知 応募者が募集人員を上回った場合は書面選考の上、受講者を決定します。選考の結果については、合否に関わらず、平成30年6月下旬に通知いたします。

問合せ先

〒156-8506 東京都世田谷区上北沢2-1-6
東京都医学総合研究所 研究推進課 普及広報係 「都医学研夏のセミナー」担当まで
電話:03-5316-3109(直通)
FAX:03-5316-3150
E-mail:koho
【特定電子メール法に基づく表示】広告メール、迷惑メールの送信はお断りします。

ページの先頭へ