公益財団法人東京都医学総合研究所 研究者実績検索
(Tokyo Metropolitan Institute of Medical Science - Research Publications)


※英数字は半角、カタカナは全角で入力してください。
合致 (Word(s))
     

No. 著者
(Author name)
「*」は責任著者(Corresponding author)
発行年
(Publication year)
論文タイトル
(Title)
雑誌名
(Journal)
巻号数 掲載ページ
11 宮下光弘 , 新井誠 , 市川智恵 , 鳥海和也 , 小堀晶子 , 天野直二 , 糸川昌成 2014年 カルボニルストレスという代謝異常と統合失調症-体に負担の少ないビタミンB6による治療法の研究-. 総合病院精神医学 25(3) 254-261
12 新井誠 , 市川智恵 , * 宮下光弘 , 鳥海和也 , 小堀晶子 , 天野直二 , 糸川昌成 2014年 カルボニルストレスからみた治療抵抗性統合失調症の理解と今後の展開. 臨床精神薬理 17(12) 1631-1636
13 Makoto Aarai , Mitsuhiro Miyashita , Akiko Kobori , Kazuya Toriumi , Yasue Hoiuchi , * Masanari Itokawa 2014年 Carbonyl stress and schizophrenia. Psychiatry Clin Neurosci 68(9) 655-665
14 Miyashita M , Arai M , Kobori A , Ichikawa T , Toriumi K , Niizato K , Oshima K , Okazaki Y , Yoshikawa T , Amano N , Miyata T , * Itokawa M 2014年 Clinical features of schizophrenia with enhanced carbonyl stress. Schizophr Bull 40(5) 1040-1046
15 Aoyama Y , Mouri A , Toriumi K , Koseki T , Narusawa S , Ikawa N , Mamiya T , Nagai T , Yamada K , * Nabeshima T 2014年 Clozapine ameliorates epigenetic and behavioral abnormalities induced by phencyclidine through activation of dopamine D1 receptor. Int J Neuropsychopharmacol 17(5) 723-737
16 Toriumi K , Kondo M , Nagai T , Hashimoto R , Ohi K , Song Z , Tanaka J , Mouri A , Koseki T , Yamamori H , Furukawa-Hibi Y , Mamiya T , Fukushima T , Takeda M , Nitta A , Yamada K , * Nabeshima T 2014年 Deletion of SHATI/NAT8L increases dopamine D1 receptor on the cell surface in the nucleus accumbens, accelerating methamphetamine dependence. Int J Neuropsychopharmacol 17(3) 443-453
17 宮下光弘 , 新井誠 , 市川智恵 , 鳥海和也 , 小堀晶子 , 天野直二 , 糸川昌成 2013年 カルボニルストレスという代謝異常と統合失調症:体に負担の少ないビタミンB6による治療法の研究 総合病院精神医学 25(3) 254-261
18 宮下光弘 , 新井誠 , 市川智恵 , 鳥海和也 , 小堀晶子 , 天野直二 , 糸川昌成 2013年 メンタル医療-原因解明と診断、治療の最前線:統合失調症の臨床試験 シーエムシー出版 1 133-139
19 宮下光弘 , 新井誠 , 市川智恵 , 鳥海和也 , 小堀晶子 , 天野直二 , 糸川昌成 2013年 第IV章医薬品開発技術 第1章統合失調症の臨床試験, メンタル医療 原因解明と診断 治療の最前線
20 糸川昌成 , 新井誠 , 宮下光弘 , 小堀晶子 , 畠山幸子 , 鳥海和也 , 市川智恵 , 大島健一 , 新里和弘 , 岡崎祐士 , * 齋藤正彦 2013年 統合失調症の遺伝子研究における課題と展望:異種性と複雑系 精神医学 55(12) 1133-1143