公益財団法人東京都医学総合研究所 在籍研究者の主な研究発表等の実績

平成30年7月10日更新

新井誠

I. 論文等発表

2018年

その他総説論文、著書、訳書、雑誌編集、報告書等
  1. 新井誠 , 宮田敏男 , 糸川昌成 (2018)   新しい治療の糸口:カルボニルストレス   日経サイエンス   1 : 54-62

2017年

原著論文
  1. Kushima I , Aleksic B , Nakatochi M , Shimamura T , Shiino T , Yoshimi A , Kimura H , Takasaki Y , Wang C , Xing J , Ishizuka K , Oya-Ito T , Nakamura Y , Arioka Y , Maeda T , Yamamoto M , Yoshida M , Noma H , Hamada S , Morikawa M , Uno Y , Okada T , Iidaka T , Iritani S , Yamamoto T , Miyashita M , Kobori A , Arai M , Itokawa M , Cheng MC , Chuang YA , Chen CH , Suzuki M , Takahashi T , Hashimoto R , Yamamori H , Yasuda Y , Watanabe Y , Nunokawa A , Someya T , Ikeda M , Toyota T , Yoshikawa T , Numata S , Ohmori T , Kunimoto S , Mori D , Iwata N , Ozaki N (2017)   High-resolution copy number variation analysis of schizophrenia in Japan.   Mol Psychiatry   22(3) : 430-440
  2. Ishida YI , Kayama T , Kibune Y , Nishimoto S , Koike S , Suzuki T , Horiuchi Y , Miyashita M , Itokawa M , Arai M , * Ogasawara Y (2017)   Identification of an argpyrimidine-modified protein in human red blood cells from schizophrenic patients: A possible biomarker for diseases involving carbonyl stress.   Biochem Biophys Res Commun   493(1) : 573-577
  3. Abe D , Arai M , Itokawa M (2017)   Music-evoked emotions in schizophrenia.   Schizophr Res   185 : 144-147
その他総説論文、著書、訳書、雑誌編集、報告書等
  1. * 新井誠 (2017)   生活習慣と糖化・酸化ストレスの相互作用が主体価値の形成と改編に与える影響.新学術領域研究,脳・生活・人生からの総合的理解にもとづく思春期からの主体価値発展学   Newsletter  
  2. 新井誠 , 針間博彦 , 齋藤正彦 , 糸川昌成 (2017)   生物学と統合失調症.「統合失調症」再考(I).   精神医学   59(11) : 1037-1044
  3. Y Suzuki , * R Mizutani , R Saiga , S Takekoshi , C Inomoto , N Nakamura , M Arai , K Oshima , M Itokawa , A Takeuchi , K Uesugi , Y Terada (2017)   Estimating the resolution of real images   Journal of Physics: Conf. Series   849(1)
  4. * M Miyashita , K Toriumi , Y Horiuchi , K Suzuki , M Itokawa , M Arai (2017)   Peripheral Soluble RAGE Levels in Schizophrenia.   IMARS HIGHLIGHTS   12(5) : 5-9

2016年

原著論文
  1. * Ogasawara Y , Tanaka R , Koike S , Horiuchi Y , Miyashita M , Arai M (2016)   Determination of methylglyoxal in human blood plasma using fluorescence high performance liquid chromatography after derivatization with 1,2-diamino-4,5-methylenedioxybenzene.   J Chromatogr B Analyt Technol Biomed Life Sci   1029-1030 : 102-105
  2. * Miyashita M , Watanabe T , Ichikawa T , Toriumi K , Horiuchi Y , Kobori A , Kushima I , Hashimoto R , Fukumoto M , Koike S , Ujike H , Arinami T , Tatebayashi Y , Kasai K , Takeda M , Ozaki N , Okazaki Y , Yoshikawa T , Amano N , Washizuka S , Yamamoto H , Miyata T , Itokawa M , Yamamoto Y , Arai M (2016)   The regulation of soluble receptor for AGEs contributes to carbonyl stress in schizophrenia.   Biochem Biophys Res Commun   479(3) : 447-452
その他総説論文、著書、訳書、雑誌編集、報告書等
  1. * 堀内泰江 , 宮下光弘 , 糸川昌成 , 新井誠 (2016)   カルボニルストレス性統合失調症患者由来iPS細胞を用いた統合失調症病態解明   分子精神医学   16(4) : 241-247
  2. * 新井誠 , 宮下光弘 , 小堀晶子 , 堀内泰江 , 鳥海和也 , 糸川昌成 (2016)   糖化ストレスマーカーと統合失調症.   日本生物学的精神医学会誌   27(1) : 8-14
  3. * 宮下光弘 , 堀内泰江 , 新井誠 , 糸川昌成 (2016)   統合失調症におけるカルボニルストレス.   生体の科学   67(5) : 484-485
  4. * 新井誠 , 宮下光弘 , 小堀晶子 , 井上智子,堀内泰江 , 鳥海和也 , 内田美樹,畠山幸子,小幡菜々子,野原泉,糸川昌成 (2016)   臨床医学分野における人材育成の強化.   日本生物学的精神医学会誌   27(3) : 163-167

2015年

原著論文
  1. Koike S , Kayama T , Arai M , Horiuchi Y , Kobori A , Miyashita M , Itokawa M , * Ogasawara Y (2015)   Characterization of modified proteins in plasma from a subtype of schizophrenia based on carbonyl stress: Protein carbonyl is a possible biomarker of psychiatric disorders.   Biochem Biophys Res Commun   467(2) : 361-366
  2. Bangel FN , Yamada K , Arai M , Iwayama Y , Balan S , Toyota T , Iwata Y , Suzuki K , Kikuchi M , Hashimoto T , Kanahara N , Mori N , Itokawa M , Stork O , * Yoshikawa T (2015)   Genetic analysis of the glyoxalase system in schizophrenia.   Prog Neuropsychopharmacol Biol Psychiatry   59 : 105-110
その他総説論文、著書、訳書、雑誌編集、報告書等
  1. * 堀内泰江 , 新井誠 , 糸川昌成 (2015)   II臨床応用を目指した基礎研究:疾患モデル細胞、iPS細胞を用いた毒性評価と製薬研究 iPS細胞を用いた精神疾患の病態解析.   日本臨床   73(5) : 406-410
  2. * 新井誠 , 小堀晶子 , 宮下光弘 , 鳥海和也 , 堀内泰江 , 畠山幸子 , 内田美樹 , 井上智子 , 糸川昌成 (2015)   カルボニルストレス代謝障害と統合失調症.   日本生物学的精神医学会誌   26(1) : 27-33
  3. * 新井誠 (2015)   「最先端バイオマーカーを用いた診断薬/診断装置開発と薬事対応」13章:今後の研究開発のための各疾患の最新のバイオマーカー開発とその応用.第8節 統合失調症のバイオマーカーと診断薬・機器開発   技術情報協会  
  4. * Kouidrat Y , Amad A , Arai M , Miyashita M , Lalau JD , Loas G , Itokawa M (2015)   Advanced glycation end products and schizophrenia: A systematic review.   J Psychiatr Res   66-67 : 112-117
  5. * Mizutani R , Saiga R , Takekoshi S , Arai M , Takeuchi A , Yoshio Suzuki (2015)   Scanning Brain Networks with Micro-CT.   Microscopy Today   23(05) : 12-17

2014年

原著論文
  1. * Miyashita M , Arai M , Kobori A , Ichikawa T , Toriumi K , Niizato K , Oshima K , Okazaki Y , Yoshikawa T , Amano N , Miyata T , Itokawa M (2014)   Clinical features of schizophrenia with enhanced carbonyl stress.   Schizophr Bull   40(5) : 1040-1046
  2. * Arai M , Nihonmatsu-Kikuchi N , Itokawa M , Rabbani N , * Thornalley PJ (2014)   Measurement of glyoxalase activities.   Biochem Soc Trans   42(2) : 491-494
  3. Miyashita M , Arai M , Yuzawa H , Niizato K , Oshima K , Kushima I , Hashimoto R , Fukumoto M , Koike S , Toyota T , Ujike H , Arinami T , Kasai K , Takeda M , Ozaki N , Okazaki Y , Yoshikawa T , Amano N , Miyata T , * Itokawa M (2014)   Replication of enhanced carbonyl stress in a subpopulation of schizophrenia.   Psychiatry Clin Neurosci   68(1) : 83-84
その他総説論文、著書、訳書、雑誌編集、報告書等
  1. * 新井誠 , 宮下光弘 , 小堀晶子 , 糸川昌成 (2014)   カルボニルストレス.   分子精神医学   14(3) : 47-50
  2. 新井誠 (2014)   二国間交流事業共同研究.精神疾患病態におけるカルボニルストレス代謝制御に関する研究   独立行政法人日本学術振興会 平成25年度報告書  
  3. 新井誠 , 市川智恵 , * 宮下光弘 , 鳥海和也 , 小堀晶子 , 天野直二 , 糸川昌成 (2014)   カルボニルストレスからみた治療抵抗性統合失調症の理解と今後の展開.   臨床精神薬理   17(12) : 1631-1636
  4. 糸川昌成 , 新井誠 (2014)   精神疾患におけるカルボニルストレス代謝制御の分子基盤解明のための日英共同研究   独立行政法人日本学術振興会「頭脳循環を加速する若手研究者戦略的海外派遣プログラム」平成25年度報告書  
  5. * Arai M , Miyashita M , Kobori A , Toriumi K , Horiuchi Y , Hatakeyama S , Itokawa M (2014)   Carbonyl stress and schizophrenia.   Psychiatry Clin Neurosci   68(9) : 655-665
  6. * Itokawa M , Miyashita M , Arai M , Miyata T (2014)   Carbonyl stress in schizophrenia.   Biochem Soc Trans   42(2) : 468-472

2013年

原著論文
  1. 宮下光弘 , 新井誠 , 市川智恵 , 鳥海和也 , 小堀晶子 , 天野直二 , 糸川昌成 (2013)   カルボニルストレスという代謝異常と統合失調症:体に負担の少ないビタミンB6による治療法の研究   総合病院精神医学   25(3) : 254-261
  2. 糸川昌成 , 新井誠 , 宮下光弘 , 小堀晶子 , 畠山幸子 , 鳥海和也 , 市川智恵 , 大島健一 , 新里和弘 , 岡崎祐士 , * 齋藤正彦 (2013)   統合失調症の遺伝子研究における課題と展望:異種性と複雑系   精神医学   55(12) : 1133-1143
その他総説論文、著書、訳書、雑誌編集、報告書等
  1. 糸川昌成 , 新井誠 (2013)   代謝性疾患としての統合失調症:カルボニルストレス研究からみえてきた栄養学的治療法への展開:精神と栄養 メンタルヘルスの新たな視点,   医療ジャーナル社   1 : 56-66
  2. 宮下光弘 , 新井誠 , 市川智恵 , 鳥海和也 , 小堀晶子 , 天野直二 , 糸川昌成 (2013)   メンタル医療-原因解明と診断、治療の最前線:統合失調症の臨床試験   シーエムシー出版   1 : 133-139
  3. 新井誠 (2013)   メンタル医療-原因解明と診断、治療の最前線:統合失調症の遺伝子研究   シーエムシー出版   1 : 59-66
  4. * 新井誠 (2013)   私の研究紹介‐統合失調症の病因と病態解明をめざして‐   分子精神医学  
  5. 新井誠 (2013)   統合失調症の病因と病態解明をめざして   分子精神医学   13(2) : 10-11
  6. * 新井誠 , 宮下光弘 , 市川智恵 , 鳥海和也 , 小堀晶子 , 豊田倫子 , 前川素子 , 大西哲生 , 吉川武男 , 有波忠雄 , 岡崎祐士 , 久島周 , 尾崎紀夫 , 福本素由乙 , 橋本亮太 , 武田雅俊 , 小池進介 , 笠井清登 , 山本博 , 渡邉琢夫 , 宮田敏男 , 糸川昌成 (2013)   バイオマーカーにより階層化した統合失調症の病態解明と治療への臨床応用   精神薬療研究年報   45 : 21-22

2012年

原著論文
  1. Horiuchi Y , Iida S , Koga M , Ishiguro H , Iijima Y , Inada T , Watanabe Y , Someya T , Ujike H , Iwata N , Ozaki N , Kunugi H , Tochigi M , Itokawa M , Arai M , Niizato K , Iritani S , Kakita A , Takahashi H , Nawa H , * Arinami T (2012)   Association of SNPs linked to increased expression of SLC1A1 with schizophrenia.   Am J Med Genet B Neuropsychiatr Genet   159B(1) : 30-37
  2. * Mochizuki Y , Isozaki E , Takao M , Hashimoto T , Shibuya M , Arai M , Hosokawa M , Kawata A , Oyanagi K , Mihara B , Mizutani T (2012)   Familial ALS with FUS P525L mutation: two Japanese sisters with multiple systems involvement.   J Neurol Sci   323(1-2) : 85-92
  3. * Nagayama S , Minato-Hashiba N , Nakata M , Kaito M , Nakanishi M , Tanaka K , Arai M , Akiyama H , Matsui M (2012)   Novel FUS mutation in patients with sporadic amyotrophic lateral sclerosis and corticobasal degeneration.   J Clin Neurosci   19(12) : 1738-1739
  4. * Doi N , Hoshi Y , Itokawa M , Yoshikawa T , Ichikawa T , Arai M , Usui C , Tachikawa H (2012)   Paradox of schizophrenia genetics: is a paradigm shift occurring?   Behav Brain Funct   8 : 28
  5. Ichikawa T , Arai M , Miyashita M , Obata N , Nohara I , Oshima K , Niizato K , Okazaki Y , Doi N , * Itokawa M (2012)   Schizophrenia: maternal inheritance and heteroplasmy of mtDNA mutations.   Mol Genet Metab   105 : 103-109
その他総説論文、著書、訳書、雑誌編集、報告書等
  1. * 河上渚 , 新里和弘 , 新井哲明 , 大島健一 , 安野みどり , 湯本洋介 , 小幡奈々子 , 新井誠 , 糸川昌成 , 後藤順 , 市川弥生子 , 平安良雄 , 岡崎祐士 , 秋山治彦 (2012)   32歳で発症した舞踏病様不随意運動を伴う前頭側頭型認知症の一例   老年精神医学雑誌   23(9) : 1121-1127
  2. * 糸川昌成 , 新井誠 , 宮下光弘 , 市川智恵 (2012)   AGEsと統合失調症   日本抗加齢医学学会雑誌   8 : 49-54
  3. * 新井誠 , 宮下光弘 , 市川智恵 , 糸川昌成 (2012)   カルボニルストレス性統合失調症‐新たな病態仮説と将来の治療法の展望   精神神経学雑誌   114(3) : 199-208
  4. 新井誠 , 宮下光弘 , 市川智恵 , 二本松尚美 , 楯林義孝 , 岡崎 祐士 , 糸川昌成 (2012)   特集:酸化ストレス・炎症と精神疾患 精神疾患とカルボニルストレス   分子精神医学   12(1) : 21-26
  5. * 新井誠 , 糸川昌成 (2012)   精神疾患の新しい病態仮説:カルボニルストレス   日薬理誌   139 : 87
  6. * 新井誠 , 宮下光弘 , 市川智恵 , 糸川昌成 (2012)   精神疾患の病態研究最前線:統合失調症とカルボニルストレス   精神神経学雑誌   114 : 101-107
  7. * 新井誠 (2012)   精神疾患のカルボニルストレスに関わる分子基盤を解明し 回避機序を明らかにすることで 革新的な治療法・予防法を確立する   第42回公益財団法人アステラス病態代謝研究会 研究助成報告書  
  8. * 新井誠 (2012)   統合失調症におけるカルボニルストレス代謝制御に関する研究   統合失調症研究会 第6回研究助成研究報告書  
  9. * 新井誠 , 宮下光弘 , 市川智恵 , 二本松尚美 , 楯林義孝 , 岡崎祐士 , 宮田敏男 , 糸川昌成 (2012)   統合失調症の病態研究からの創薬への展開-カルボニルストレス性統合失調症の病態に関する研究-   日本生物学的精神医学会誌   23(2) : 115-120

2011年

原著論文
  1. Ikeda Y , Inagi R , Miyata T , Nagai R , Arai M , Miyashita M , Itokawa M , Fujita T , * Nangaku M (2011)   Glyoxalase I retards renal senescence.   Am J Pathol   179(6) : 2810-2821
  2. Arai M , Koike S , Oshima N , Takizawa R , Araki T , Miyashita M , Nishida A , Miyata T , Kasai K , * Itokawa M (2011)   Idiopathic carbonyl stress in a drug-naive case of at-risk mental state.   Psychiatry Clin Neurosci   65(6) : 606-607
  3. Toyosima M , Maekawa M , Toyota T , Iwayama Y , Arai M , Ichikawa T , Miyashita M , Arinami T , Itokawa M , * Yoshikawa T (2011)   Schizophrenia with the 22q11.2 deletion and additional genetic defects: case history.   Br J Psychiatry   199 : 245-246
その他総説論文、著書、訳書、雑誌編集、報告書等
  1. * 新井誠 , 糸川昌成 (2011)   ビタミンB群欠乏症   Schizophrenia Frontier   12 : 26-31
  2. * 糸川昌成 , 新井誠 , 市川智恵 , 宮下光弘 , 新井麻友美 , 小幡菜々子 , 野原泉 , 新里和弘 , 大島健一 , 岡崎祐士 (2011)   大きな機能変化をともなう稀な遺伝子異常を利用した統合失調症の病態研究   精神薬療研究年報   第43集 : 17-18
  3. * 糸川昌成 , 新井誠 , 市川智恵 , 宮下光弘 , 岡崎祐士 (2011)   稀な遺伝子変異を手がかりとする統合失調症の病態研究   BRAIN and NERVE: 神経研究の進歩   63(3) : 223-231
  4. * 糸川昌成 , 新井誠 , 市川智恵 , 宮下光弘 , 吉川武男 , 岡崎祐士 , 宮田敏男 (2011)   統合失調症の分子病態と思春期までの予防戦略   精神神経学雑誌   113(7) : 672-678
  5. 新井誠 , 市川智恵 , 宮下光弘 , * 糸川昌成 (2011)   統合失調症患者の一部に見られるカルボニルストレス   日本生物学的精神医学会誌   22(4) : 269-275
  6. * 新井誠 , 市川智恵 , 宮下光弘 , 新井麻友美 , 小幡菜々子 , 野原泉 , 湯澤公子 , 大西哲生 , 豊田倫子 , 曽良一郎 , 氏家寛 , 有波忠雄 , 久島周 , 尾崎紀夫 , 福本素由乙 , 橋本亮太 , 小池進介 , 瀧沢龍 , 笠井清登 , 橋本謙二 , 山本博 , 渡邉琢夫 , 宮田敏男 , 吉川武男 , 岡崎祐士 , 糸川昌成 (2011)   統合失調症の病因と病態に関する代謝カスケード分子群の研究   精神薬療研究年報   第43集 : 71-72
  7. 新井誠 , * 糸川昌成 (2011)   統合失調症の遺伝子異常   精神医学キーワード辞典(松下正明総編集)   1 : 231
  8. * 新井誠 (2011)   脳とこころの分子メカニズム―カルボニルストレスと精神疾患の関わり   さくら会家族教室講演記録   478 : 15-24
  9. * 新井誠 , 小池進介 , 前川素子 , 宮下光弘 , 市川智恵 , 吉川武男 , 笠井清登 , 糸川昌成 (2011)   脳の機能と統合失調症-新たな診断と治療への展望-II:カルボニルストレス   精神科治療学   26(12) : 1589-1596
  10. * 糸川昌成 , 新井誠 , 小池進介 , 滝沢龍 , 市川智恵 , 宮下光弘 , 吉川武男 , 宮田敏男 , 笠井清登 , 岡崎祐士 (2011)   脳科学研究から見えてきた統合失調症の病態および治療と予防の展開   精神医学   53(12) : 1195-1200
  11. * Itokawa M , Arai M , Mitaya T (2011)   Pyridoxamine; a new medication for psychiatric disorders.   IMARS Highlight   6(2) : 5-6

II. 学会等発表等

0.招待講演(平成23年度)招待講演
1. *新井誠.早期発見・早期支援に生物学的研究が果たす役割:カルボニルストレスと早期診断、治療、予防.第15回日本精神保健・予防学会学術集会,2011.12.04東京.招待講演
2. *新井誠.精神疾患の病態研究最前線:カルボニルストレスと統合失調症.第107回日本精神神経学会学術総会,2011.10.27, 東京.招待講演
0.その他(平成23年度) その他 
1. *大西哲生, 渡辺明子, 大羽尚子, 豊島学, 山田一之, 新井誠, 市川智恵, 岩山佳美, 宮下光弘, 糸川昌成, 吉川武男. 統合失調症関連遺伝子DISC‐Mが制御する遺伝子ネットワークの同定. 第7回日本統合失調症学会, 2012.03.17,名古屋その他 
2. *宮下光弘, 新井誠, 市川智恵, 新井麻友美, 小幡菜々子, 野原泉, 岡崎祐士,吉川武男, 天野直二, 渡邉琢夫, 山本博, 糸川昌成. 統合失調症におけるAGER遺伝子多型とesRAGE血中濃度との関連. 第7回日本統合失調症学会,2012.03.16,名古屋その他 
3. *市川智恵, 新井誠, 宮下光弘, 新井麻友美, 野原泉, 小幡菜々子, 大島健一,新里和弘, 岡崎祐士, 土井永史, 糸川昌成. 統合失調症患者末梢血におけるミトコンドリアDNAの遺伝子解析. 第7回日本統合失調症学会,2012.03.16,名古屋その他 
4. *Itokawa M, Arai M, Miyashita M, Ichikawa T, Okazaki Y, Koike S, Takizawa R, Kasai K, Yamamoto H, Watanabe T, Dan T, Miyata T. Carbonyl stress in psychiatric disorders. The 3rd Japan-Korea Joint Symposium on Life Science, 2012.02.17, Tokyoその他 
5. *糸川昌成, 新井誠, 市川智恵, 宮下光弘. rare variantをきっかけとする統合失調症の病態研究. 新学術領域疾患パーソナルゲノム 平成23年度第2回班会議, 2012.02.18, 東京その他 
6. *新井誠.統合失調症におけるカルボニルストレス代謝制御に関する研究.第8回統合失調症研究会,第6回研究助成報告会,2012.02.04, 東京その他 
7. *新井誠,宮下光弘、市川智恵、豊田倫子、大西哲生、吉川武男、有波忠雄、岡崎祐士、久島周、尾崎紀夫、福本素由乙、橋本亮太、武田雅俊、小池進介、滝沢龍、笠井清登、山本博、渡邉琢夫、宮田敏男、糸川昌成.カルボニルストレスと早期診断、治療、予防.第15回日本精神保健・予防学会学術集会,2011.12.04, 東京 その他 
8. *新井誠,宮下光弘、市川智恵、豊田倫子、大西哲生、吉川武男、有波忠雄、岡崎祐士、久島周、尾崎紀夫、福本素由乙、橋本亮太、武田雅俊、小池進介、滝沢龍、笠井清登、山本博、渡邉琢夫、宮田敏男、糸川昌成.カルボニルストレス代謝制御の解明と統合失調症の診断・治療・予防法の創出.第44回精神神経系薬物治療研究報告会, 2011.12.02, 豊中 その他 
9. *宮下光弘,新井誠,市川智恵,新井麻友美,小幡菜々子,野原泉,岡崎祐士,吉川武男,糸川昌成.統合失調症の病態生理に関連するカルボニルストレス.第31回日本精神科診断学会,2011.11.19, 松本その他 
10. *糸川昌成,新井誠,宮下光弘,市川智恵,小幡菜々子,野原泉,新井麻友美,長瀬輝諠.統合失調症大家系における表現型の違い.第31回日本精神科診断学会,2011.11.19, 松本その他 
11. *新井誠,市川智恵,菊池尚美,宮下光弘,新井麻友美,小幡菜々子,野原泉,伊東多恵子,林義剛,吉田有希,石間戸栄子,楯林義孝,糸川昌成.脳と心の分子メカニズム -統合失調症の病態解明- 首都大バイオコンファレンス2011, 首都大学東京, 2010.11.11, 八王子その他 
12. *新井誠,宮下光弘,市川智恵,岡崎祐士,吉川武男,橋本亮太,尾崎紀夫,笠井清登,渡邉琢夫,山本博,宮田敏男,糸川昌成.統合失調症のカルボニルストレス回避に向けた研究.第21回日本メイラード学会年会,2011.10.28, 東京その他 
13. *糸川昌成,新井誠,宮下光弘,市川智恵,岡崎祐士,小池進介,滝沢龍,笠井清登,山本博,渡邉琢夫,段孝,宮田敏男.カルボニルストレス性統合失調症の病態解明と治療法の研究.第21回日本メイラード学会年会,2011.10.28, 東京その他 
14. *新井誠,宮下光弘,市川智恵,岡崎祐士,糸川昌成.精神疾患の病態研究最前線:カルボニルストレスと統合失調症.第107回日本精神神経学会学術総会, 2011.10.27, 東京その他 
15. *新井誠.精神疾患のカルボニルストレスに関わる分子基盤を解明し、回避機序を明らかにすることで、革新的な治療法・予防法を確立する.公益財団法人アステラス病態代謝研究会第42回報告会,2011.10.15, 東京その他 
16. *新井誠,宮下光弘,市川智恵,岡崎祐士,吉川武男,橋本亮太,尾崎紀夫,笠井清登,宮田敏男,糸川昌成.統合失調症のカルボニルストレス病態回避に向けた研究.第84回日本生化学大会,2011.9.22, 京都その他 
17. *宮下光弘,新井誠,市川智恵,新井麻友美,小幡菜々子,野原泉,岡崎祐士,吉川武男,天野直二,渡邉琢夫,山本博,糸川昌成.統合失調症におけるAGER遺伝子多型とesRAGE血中濃度との関連.第84回日本生化学大会,2011.9.22, 京都その他 
18. *糸川昌成,新井誠,宮下光弘,市川智恵:新学術領域研究「パーソナルゲノム情報」平成23年度第1回班会議, 東京大学小柴ホール, 2011.9.10, 東京その他 
19. *新井誠誠,市川智恵,宮下光弘,新井麻友美,小幡菜々子,野原泉,杉岡大輝,岡崎裕士,吉川武男,有波忠雄,久島周,尾崎紀夫,福本素由乙,橋本亮太,小池進介,滝沢龍,笠井清登,宮田敏男,湯澤公子,糸川昌成.統合失調症におけるカルボニルストレス回避機構の研究.第6回日本統合失調症学会,2011.7.18, 札幌その他 
20. *新井誠,杉岡大輝,市川智恵,新井麻友美,小幡菜々子,野原泉,宮下光弘,高橋哲生,糸川昌成.統合失調症におけるSNAT遺伝子の解析.第6回日本統合失調症学会,2011.7.18, 札幌その他 
21. *宮下光弘,新井誠,市川智恵,新井麻友美,小幡菜々子,野原泉,杉岡大輝,岡崎裕士,吉川武男,天野直二,糸川昌成.統合失調症におけるAGE受容体の遺伝子解析.第6回日本統合失調症学会,2011.7.18, 札幌その他 
22. *市川智恵,新井誠,宮下光弘,野原泉,小幡菜々子,新井麻友美,田中陽子,大島健一,新里和弘,杉岡大輝,岡崎裕士,土井永史,糸川昌成.統合失調症患者由来ミトコンドリアDNAの遺伝子解析.第6回日本統合失調症学会,2011.7.18, 札幌その他 
23. *大西哲生,山田一之,有馬史子,新井誠,渡辺明子,大羽尚子,ガイオルンサナライ,市川智恵,岩山佳美,宮下光弘,前川素子,真鍋俊也,マーフィーニール,糸川昌成,吉川武男.染色体転座を伴う統合失調症一症例における異常候補遺伝子ノックアウトマウスの表現型.第6回日本統合失調症学会,2011.7.19, 札幌その他 
24. *新井誠,市川智恵,宮下光弘,新井麻友美,小幡菜々子,野原泉,岡崎祐士,吉川武男,有波忠雄,久島周,尾崎紀夫,福本素由乙, 橋本亮太, 小池進介, 滝沢龍, 笠井清登,宮田敏男,山本博, 渡邉琢夫,糸川昌成.カルボニルストレス性統合失調症の病態に関する研究.第33回日本生物学的精神医学会,2011.5.21, 東京その他 
25. *新井誠.Enhanced carbonyl stress in a subpopulation of schizophrenia~統合失調症患者の一部にみられるカルボニルストレス~ 第33回日本生物学的精神医学会,2011.5.21-22, 東京その他 
26. *市川智恵,新井誠,宮下光弘,野原泉,小幡菜々子,新井麻友美,田中陽子,大島健一,新里和弘,岡崎祐士,土井永史,糸川昌成.統合失調症におけるミトコンドリアDNAの遺伝子解析.第33回日本生物学的精神医学会,2011.5.22, 東京その他 
27. *宮下光弘,新井誠,市川智恵,新井麻友美,小幡菜々子,野原泉,杉岡大輝,岡崎祐士,吉川武男,天野直二,山本博, 渡邉琢夫,糸川昌成.統合失調症におけるAGER遺伝子多型とカルボニルストレスとの関連.第33回日本生物学的精神医学会,2011.5.22, 東京その他 
28. *新井誠,小幡菜々子,新井麻友美,野原泉,市川智恵,宮下光弘,岡崎祐士,糸川昌成.カルボニルストレス性統合失調症のオミックス解析.第33回日本生物学的精神医学会,2011.5.22, 東京その他 
29. *長山成美,羽柴奈穂美,中多充世,権藤雄一郎,垣内無一,中西恵美,田中惠子,新井誠,秋山治彦,松井真(2011)Fused in sarcoma (FUS)遺伝子の新規点変異による下位運動ニューロン徴候と前頭葉徴候・大脳皮質症状の合併症例.第52回日本神経学会総会,2011.05.20, 名古屋その他 
30. *川田明広,平井健,長尾雅裕,清水俊夫,林秀明,磯崎英治,松原四郎,水谷俊雄,川上秀史,新井誠,秋山治彦(2011)FUS/TLS遺伝子変異を伴う家族性筋萎縮性側索硬化症(FALS)の臨床像の検討. 第52回日本神経学会総会,2011.05.18, 名古屋その他 
0.招待講演(平成24年度)招待講演
1. M Arai. Perspective for therapeutic future and hypotheses of pathophysiology of schizophrenia: Overcoming the heterogeneity of the disease by profiling of carbonyl stress biomarker: The 13th Japanese - American Frontiers of Science Symposium, Irvine, California, US[2012.12.01]招待講演
2. 新井誠.統合失調症における新たな病態仮説と治療法の展望-カルボニルストレスマーカーによる疾患異種性の克服-:Preparatory Meeting for the 13th Japanese-American Frontiers of Science Symposium, 東京[2012.09.26]招待講演
0.その他(平成24年度) その他 
1. *Itokawa M, Arai M, Miyashita M, Ichikawa T, Toriumi, Okazaki Y, Koike S, Takizawa R, Kasai K, Dan T, Miyata T. Translational research on carbonyl stress induced schizophrenia. The 4rd Japan-Korea Joint Symposium on Life Science, Seoul [2013.02.17]その他 
1. *Arai M, Perspective for therapeutic future and hypotheses of pathophysiology of schizophrenia: Overcoming the heterogeneity of the disease by profiling of carbonyl stress biomarker: The 13th Japanese - American Frontiers of Science Symposium, Irvine, California, US[2012.12.01]その他 
2. *Arai M, Mitsuhiro Miyashita, Tomoe Ichikawa, Kazuya Toriumi, Yuuji Okazaki, Taeo yoshikawa, Toshio Miyata, Masanari itokawa, naila Rabbani, paul J Thornalley. Research on mechanisms of glycation as pathophysiology of schizophrenia: 11th International Symposium on the Maillard Reaction, Nancy, France [2012.09.17]その他 
3. *Masanari Itoakwa, Arai M,, Mitsuhiro Miyashita, Tomoe Ichikawa, kazuya Toriumi, Akiko Kobori, Yuuji Okazaki, Toshio Miyata. Translational research on schizophrenia associated with carbonyl stress: 11th International Symposium on the Maillard Reaction, Nancy, France [2012.9.17]その他 
4. *Mitsuhiro Miyashita, Arai M,, Tomoe Ichikawa, kazuya Toriumi, Akiko Kobori, Yuuji Okazaki, Toshio Miyata, Masanari Itoakwa. Association between genetic variations of AGER and esRAGE in patients with schizophrenia: 11th International Symposium on the Maillard Reaction, Nancy, France [2012.9.17]その他 
5. *Nagafumi Doi, Yoko Hoshi, Masanari Itokawa, Takeo Yoshikawa,Tomoe Ichikawa, Arai M, Chie Usui, Hirokazu Tachikawa. Impact of Epidemiology on Molecular Genetics of Schizophrenia: Persistence Criterion for Nuclear Susceptibility Genes. Paulo International Medical Symposium Oulu, Finland [2012.06.18-20]その他 
6. *Nagafumi Doi, Yoko Hoshi, Masanari Itokawa, Takeo Yoshikawa,Tomoe Ichikawa, Arai M,, Chie Usui, Hirokazu Tachikawa. Impact of Epidemiology on Molecular Genetics of Schizophrenia: Mitochondrial DNA Hypothesis for Schizophrenia. Paulo International Medical Symposium Oulu, Finland [2012.6.18-20]その他 
7. *糸川昌成, 新井誠, 市川智恵, 宮下光弘, 鳥海和也, 小堀晶子. 統合失調症のパーソナルゲノム研究. 新学術領域脳疾患パーソナルゲノム 平成24年度班会議, 東京[2013.02.09]その他 
8. *新井誠, 糸川昌成, Naila Rabbani, Paul J Thornalley.カルボニルストレスマーカーによる精神疾患異種性の克服.第22回日本メイラード学会, 東京, [2012.12.21]その他 
9. *新井誠, 宮下光弘, 市川智恵, 鳥海和也, 小堀晶子, 豊田倫子, 前川素子, 大西哲生, 吉川武男, 有波忠雄, 岡崎祐士, 久島周, 尾崎紀夫, 福本素由乙, 橋本亮太, 武田雅俊, 小池進介, 笠井清登, 山本博, 渡邉琢夫, 宮田敏男, 糸川昌成:バイオマーカーにより階層化した統合失調症の病態解明と治療への臨床応用.第45回精神神経系薬物治療研究報告会, 大阪, [2011.12.15]その他 
10. *水谷隆太, 竹腰進, 中村直哉, 新井誠, 大島健一, 糸川昌成, 竹内晃久, 上杉健太郎, 鈴木芳生, 水谷隆太.X線マイクロCT 法によるヒト大脳皮質の三次元構造解析.第85回日本生化学会大会, 福岡, [2012.12.14-16]その他 
11. *市川智恵, 新井誠, 宮下光弘, 新井麻友美, 小幡菜々子, 野原泉, 大島健一, 新里和弘, 岡崎祐士, 土井永史, 糸川昌成.統合失調症患者のミトコンドリアDNAにおけるrare variantの探索:Identification of rare variants in mtDNA of patients with schizophrenia第35回日本分子生物学学会, 福岡, [2012.12.12]その他 
12. *市川智恵, 新井誠, 宮下光弘, 新井麻友美, 小幡菜々子, 野原泉, 大島健一, 新里和弘, 岡崎祐士, 土井永史、糸川昌成, 雑賀里乃, 伊藤安希, 竹腰進, 中村直哉.統合失調症患者に特徴的なミトコンドリアDNAの多型・変異の探索.第34回日本生物学的精神医学会.神戸, [2012.9.29]その他 
13. *新井誠.統合失調症における新たな病態仮説と治療法の展望-カルボニルストレスマーカーによる疾患異種性の克服-:Preparatory Meeting for the 13th Japanese-American Frontiers of ScienceSymposium東京[2012.9.26]その他 
14. *糸川昌成, 新井誠, 市川智恵, 宮下光弘, 鳥海和也, 小堀晶子. Rare variantをきっかけとする統合失調症の病態研究. 新学術領域疾患パーソナルゲノム 平成24年度第1回班会議, 東京大学小柴ホール, 東京[2012.09.01]その他 
15. *水谷隆太, 竹腰進, 中村直哉, 新井誠, 糸川昌成, 竹内晃久, 上杉健太郎, 鈴木芳生.X線マイクロCT 法によるヒト大脳皮質の三次元構造解析.SPring-8シンポジウム.大阪[2012.8.25-26]その他 
0.招待講演(平成25年度)招待講演
1. *Arai M, Rabbani N, Itokawa M, Thornalley PJ. Measurement of Glyoxalase Activities. Glyoxalase Centennial: 100Years of Glyoxalase Research and Emergence of Dicarbonyl Stress. Workshop, 2013. 9. 27-29, University of Warwick, Coventry, UK.招待講演
0.その他(平成25年度)その他 
1. *Arai M, M Xue, J Masania, F Shaheen, M Miyashita, T Ichikawa, A Kobori, K Toriumi, N Rabbani, M Itokawa, PJ Thornalley. Research on carbonyl stress and glyoxalase metabolism in human cell line. The 9th Annual Meeting of Japanese Society of Schizophrenia Research. 2014.3.15, Kyoto, Japanその他 
2. *Itokawa M, Arai M, Miyashita M, Miyata T. Research on carbonyl stress as pathophysiology of schizophrenia. Glyoxalase Centennial: 100 Years of Glyoxalase Research and Emergence of Dicarbonyl Stress. University of Warwick, 2013.9.27-29, Coventry, UKその他 
3. *Arai M, Rabbani N, Itokawa M, Thornalley PJ. Glyoxalase activity and dicarbonyl stress in human cell lines of neurological origin. Glyoxalase Centennial:100 Years of Glyoxalase Research and Emergence of Dicarbonyl Stress. University of Warwick, 2013.9.27-29, Coventry, UKその他 
4. *Arai M, Xue M, Masania J, Shaheen F, Miyashita M, Ichikawa T, Toriumi K, Kobori A, Yoshikawa T, Itokawa M, Rabbani N, Thornalley PJ. Overcoming the heterogeneity of schizophrenia by profiling of carbonyl stress biomarkers. 11th World congress of Biological Psychiatry, 2013. 6.24, Kyoto, Japanその他 
5. *Miyashita M, Arai M, Kobori A, Ichikawa T, Toriumi K, Yuzawa H, Nohara I, Arai M, Obata N, Okazaki Y, Yoshikawa T, Amano N, Itokawa M. Clinical features of schizophrenia with enhanced carbonyl stress. 11th World congress of Biological Psychiatry, 2013. 6.26, Kyoto, Japanその他 
6. *小堀晶子,宮下光弘,市川智恵,鳥海和也,新井誠,新井平伊,糸川昌成.統合失調症の認知機能障害とカルボニルストレスの関連についての予備的検討.第9回日本統合失調症学会, 2014.3.15, 京都その他 
7. *糸川昌成, 市川智恵, 新井誠, 宮下光弘, 鳥海和也, 小堀晶子. 統合失調症患者の染色体転座切断点に同定した遺伝子DISK-Mの機能解析. 第46回精神神経系薬物治療研究報告会, 2013.12.6, 豊中その他 
8. *糸川昌成,新井誠,宮下光弘, 市川智恵,鳥海和也,小堀晶子,宮田敏男.カルボニルストレス性統合失調症の研究Research on schizophrenia associated with carbonyl stress第36回日本神経科学大会・第56回日本神経化学会大会・第23回日本神経回路学会大会合同大会, 2013.6.20-23, 京都その他 
0.招待講演(平成26年度)招待講演
1. *新井誠. 宮下光弘、小堀晶子、堀内泰江、鳥海和弘、畠山幸子、糸川昌成.若手シンポジウムI:カルボニルストレス性統合失調症のトランスレーショナル研究.第10回日本統合失調症学会. 2015.03.27, 東京.招待講演
2. *新井誠. 教育セミナー1:精神疾患のトランスレーショナル研究の最前線.第24回日本臨床精神神経薬理学会・第44回日本神経精神薬理学会 合同年会. 2014.11.20,名古屋.招待講演
3. *M Arai, M Miyashita, A Kobori, K Toriumi, Y Horiuchi, N Rabbani, PJ Thornalley, M Itokawa. Idiopathic carbonyl stress in a subpopulation of schizophrenia. 9th International Conference on Early Psychosis – To the New Horizon, 2014.11.17, Tokyo.招待講演
4. *新井誠、小堀晶子、宮下光弘、堀内泰江、鳥海和也、畠山幸子、糸川昌成.医学・薬学系シンポジウム:疾患とAGEs:カルボニルストレス性統合失調症の病因とその病態に関する研究.第24回日本メイラード学会.2014.11.07, 久留米.招待講演
5. *新井誠、宮下光弘、小堀晶子、堀内泰江、鳥海和弘、畠山幸子、糸川昌成.シンポジウム15:酸化ストレス・炎症と精神疾患:カルボニルストレス代謝障害と統合失調症,第36回日本生物学的精神医学会・第57回日本神経化学会大会合同年会.2014.9.30, 奈良.招待講演
0.その他(平成26年度)その他 
1. *M Arai, M Miyashita, A Kobori, K Toriumi, Y Horiuchi, N Rabbani, PJ Thornalley, M Itokawa. Research on dicarbonyl accumulation and AGEs formation in schizophrenia. 9thInternational Conference on Early Psychosis To the New Horizon (20141118) Tokyo. その他 
2. *A Kobori, M Miyashita, S Hatakeyama, K Toriumi, M Arai, H Arai, M Itokawa. Association study of cognitive impairment with carbonyl stress in schizophrenia patients. 9thInternational Conference on Early Psychosis – To the New Horizon (20141118) Tokyo.その他 
3. *M Arai, M Miyashita, A Kobori, K Toriumi, Y Horiuchi, S Hatakeyama, N Rabbani, P.J Thornalley, M Itokawa. Research on dicarbonyl accumulation and advanced glycation end products formation in schizophrenia. YONSEI BK21 PLUS-CBSM International Joint Symposium (20140624) Koria.その他 
4. *大西哲生, 渡辺明子, 大羽尚子, 岩山佳美, 豊島学, 島本知英, 新井誠, 山田一之, 市川智恵, 前川素子, 野崎弥生, 糸川昌成, 吉川武男. 染色体転座をともなう統合失調症症例の転座点に存在する転写調節因子の生物学的役割. 第10回日本統合失調症学会. (20150327) 東京.その他 
5. *宮下光弘, 新井誠, 小堀晶子, 鳥海和也, 堀内泰江, 市川智恵, 新里和弘, 大島健一, 高橋克昌, 石本佳代, 徳永太郎, 岡崎祐士, 吉川武男, 天野直二, 宮田敏男, 糸川昌成. カルボニルストレス性統合失調症におけるビタミンB6補充臨床試験.第10回日本統合失調症学会. (20150327) 東京.その他 
6. *内田美樹, 井上智子, 新井誠, 小堀晶子, 畠山幸子, 木村慧心, 土橋いつか, 楯林義孝, 糸川昌成. 「カルボニルストレスを含む代謝異常と統合失調症のヨーガ療法の効果研究」患者毎の出来事と状態変化からみた効果検証. 第10回日本統合失調症学会. (20150327) 東京.その他 
7. *井上智子, 内田美樹, 新井誠, 小堀晶子, 畠山幸子, 木村慧心, 土橋いつか, 楯林義孝, 糸川昌成. カルボニルストレスを含む代謝異常と統合失調症のヨーガ療法の効果研究: 統合失調症5症例に対する予備研究の結果報告.第10回日本統合失調症学会. (20150327) 東京.その他 
8. *小堀晶子, 畠山幸子, 新井誠, 堀内泰江, 鳥海和弘, 宮下光弘, 新井平伊, 糸川昌成. 統合失調症の認知機能障害とカルボニルストレスの関連. 第10回日本統合失調症学会. (20150328) 東京.その他 
9. *新井誠, 宮下光弘, 小堀晶子, 堀内泰江, 鳥海和也, 畠山幸子, 内田 美樹, 井上 智子, 糸川昌成. 統合失調症の代謝障害としてのカルボニルストレスとその予防法に関する研究. 第14回世田谷医師会医学会, (20141206) 東京.その他 
10. *新井誠, 宮下光弘, 小堀晶子, 堀内泰江, 鳥海和也, 畠山幸子, N Rabbani, PJ Thornalley, 糸川昌成. 統合失調症における終末糖化産物蓄積を早期に予防するための研究.第18回日本精神保健・予防学会, (20141115) 東京.その他 
11. *新井誠, 宮下光弘, 堀内泰江, 鳥海和弘, 小堀晶子, 畠山幸子, Naila Rabbani, Paul J Thornalley, 糸川昌成. 細胞培養株を用いた統合失調症のカルボニルストレス回避のための研究. 第87回日本生化学学会, (20141016) 京都.その他 
12. *新井誠, 宮下光弘, 小堀晶子, 堀内泰江, 鳥海和也, 畠山幸子, 糸川昌成. 統合失調症における終末糖化産物の臨床的意義に関する研究. 第19回日本神経精神医学会, (20141001) つくば.その他 
13. *Arai M, Kobori A, Miyashita M, Toriumi K, Horiuchi Y, Hatakeyama S and Itokawa M. (in press) Pentosidine accumulation in the pathophysiology of schizophrenia: overview of schizophrenia with carbonyl stress. IMARS highlight (査読あり)その他 
0.招待講演(平成27年度)招待講演
1. *新井誠.東京都医学総合研究所における統合失調症研究の紹介と今後の展望.信州大学医学部精神医学教室研究会2016.3.29.松本招待講演
2. *新井誠.統合失調症の新たな治療法を求めて-基礎研究と臨床研究のクロストーク-. 第37回茨城医学会精神科分科会・第64回茨城精神医学集談会. 2015.11.03.水戸招待講演
3. *Arai M:Personalized medicine: focusing on an importance to overcome the heterogeneity of schizophrenia by profiling of carbonyl stress biomarker. UT Southwestern Medical Center. 2015.10.22. Dallas招待講演
0.その他(平成27年度)その他 
1. *M Arai, Y Horiuchi, A Kobori, M Miyashita, K Toriumi, S Hatakeyama, H Hashimoto, M Itokawa.Pentosidine accumulation in the pathophysiology of Schizophrenia. Society for Neuroscience 45th Annual Meeting, US. 2015.10.21. Chicagoその他 
2. *A Kobori, S Hatakeyama, Y Horiuchi, K Toriumi, M Miyashita, M Itokawa, H Arai, M Arai. Study for the effect of carbonyl stress makers on congnitive impairment of schizophrenia. Society for Neuroscience 45th Annual Meeting, US. 2015.10.19. Chicagoその他 
3. *Toriumi K, Miyashita M, Ichikawa T, Nohara I, Kobori A, Obata N, Horiuchi Y, Arai M, Hashimoto H, Itokawa M. Telomere shortening in the hippocampus is associated with negative symptom-like behavioral deficits in schizophrenia. Society for Neuroscience 45th Annual Meeting, US. 2015.10.18. Chicagoその他 
4. *Toriumi K, Miyashita M, Ichikawa T, Nohara I, Kobori A, Obata N, Horiuchi Y, Arai M, Itokawa M. Telomere shortening in the hippocampus is associated with negative symptom-like behavioral deficits and cognitive impairment in schizophrenia. WFSBP2015. 2015.6.18. Athens その他 
5. *Kobori A, Hatakeyama S, Arai M, Horiuchi Y, Toriumi K, Miyashita M, Arai H, Itokawa M. Effect of carbonyl stress on congnitive impairment in schizophenia patients. 12th World Congress of Biological Psychiatry. Megaron Athens International Conference Centre., Greece. 2015.6.18. Athensその他 
6. *新井誠:第11回日本統合失調症学会. ポスターセッションII「分子病態」【座長】2016.3.26. 前橋その他 
7. *小笠原裕樹,鹿山将,小池伸,鈴木俊宏,新井誠,堀内泰江,糸川昌成.難治性統合失調症患者血漿中におけるカルボニル化タンパク質の解析.第11回日本統合失調症学会. 2016.3.26.前橋その他 
8. *宮下光弘,渡邊琢生,堀内泰江,鳥海和也,小堀晶子,吉川武男,鷲塚伸介,糸川昌成,山本博,新井誠.統合失調症におけるカルボニルストレス脆弱性とesRGAE.第11回日本統合失調症学会. 2016.3.26.前橋その他 
9. *内田美樹、井上智子、新井誠、小堀晶子、畠山幸子、木村慧心、糸川昌成. カルボニルストレス性統合失調症へのヨーガ療法効果~パイロット研究からみた臨床介入研究の課題 第19回日本統合医療学会. 2015.12.12山口その他 
10. *井上智子,内田美樹,小堀晶子,畠山幸子,堀内泰江,糸川昌成,木村慧心,新井誠.カルボニルストレスを含む代謝異常と統合失調症のヨーガ療法の探索的研究.第19回日本精神保健予防学会学術集会. 2015.12.12.仙台その他 
11. *堀内泰江、鳥海和也、糸川昌成、岡野栄之、新井誠.統合失調症患者由来神経細胞-グリア間代謝的相互作用の解析.第48回精神神経系薬物治療研究報告会, 2015.12.04. 豊中その他 
12. *藤巻知央,菊池亜弥,蓮見真子,竹腰進,水谷隆太,井野元智恵,中村直哉,坪井秋男,大澤資樹,新井誠,大島健一,糸川昌成,上杉健太朗,竹内晃久,寺田靖子,鈴木芳生,雑賀里乃,水谷隆太:ヒト大脳皮質の神経回路の三次元解析.第38回日本分子生物学会年会・第88回日本生化学会大会合同大会. 2015.12.01.神戸その他 
13. *堀内泰江、浄住佳美、松林宏行、西村誠一郎、 浦上研、新井誠、楠原正俊、山口建.臨床ゲノム研究における偶発的所見の結果開示、遺伝カウンセリングの取り組みとその課題-静岡県立静岡がんセンター・プロジェクトHOPEの例.日本人類遺伝学会第60回大会. 2015.10.16.東京その他 
14. *新井誠.シンポジウム12:臨床知に根ざした神経科学を担う人材育成:臨床医学分野における人材育成の強化.第45回日本神経精神薬理学会・第37回日本生物学的精神医学会合同年会. 2015.09.25東京その他 
15. *小堀晶子,畠山幸子,堀内泰江,鳥海和弘,宮下光弘,糸川昌成、新井平伊,新井誠.統合失調症の認知機能障害に対するカルボニルストレスの影響.第45回日本神経精神薬理学会・第37回日本生物学的精神医学会合同年会. 2015.09.25. 東京その他 
16. *新井誠. 堀内泰江、小堀晶子、鳥海和弘、畠山幸子、宮下光弘、糸川昌成.シンポジウム1:神経炎症・酸化ストレスをキーワードにした精神疾患の理解:糖化・酸化ストレスと関連する統合失調症の病態研究.第45回日本神経精神薬理学会・第37回日本生物学的精神医学会合同年会. 2015.09.24東京その他 
17. *鳥海和也、宮下光弘、市川智恵、新井麻友美、野原泉、小堀晶子、堀内泰江、鳥海和弘、橋本均、糸川昌成、新井誠.海馬のテロメア短縮は統合失調症の陰性症状及び認知機能障害に関与する. 第45回日本神経精神薬理学会・第37回日本生物学的精神医学会合同年会. 2015.09.24東京その他 
18. *井上智子、内田美樹、新井誠、小堀晶子、畠山幸子、木村彗心、土橋いつか、楯林義孝、糸川昌成. カルボニルストレスを含む代謝異常と統合失調症のヨーガ療法の効果研究:治療的効果と酸化ストレス.第56回日本心身医学会. 2015.06.26東京その他 
0.招待講演(平成28年度)招待講演
1. *新井誠.医学・薬学系シンポジウム:海外留学のすすめとキャリアパス:私にとっての統合失調症研究を通じて~過去・現在・未来~.第26回日本メイラード学会2016.11.12, 筑波招待講演
0.その他(平成28年度)その他 
1. *Y Horiuchi, Y Kiyozumi, H Matsubayashi, S Nishimura, K Urakami,S Oonami, M Arai, M Kusuhara, K Yamaguchi. Systematic assessment and reporting of secondary findings in whole exome sequencing: the project of HOPE. The American Society of Human Genetics (ASHG) 2016 Annual meeting 2016.10.19-20. Vancouverその他 
2. *M Arai. Carbonyls stress and Schizophrenia. 14th IGAKUKEN International Symposium, 2016.07.01. 東京その他 
3. *A Kobori, S Hatakeyama, Y Horiuchi, K Toriumi, M Miyashita, M Itokawa, H Arai, M Arai. Investigating the association of plasma pentoshidine/serum pyridoxal and cognitive impairment of schizophrenia. 14th IGAKUKEN International Symposium, Tokyo 2016.06.30. 東京その他 
4. *堀内泰江、浄住佳美、松林宏行、西村誠一郎、浦上研一、新井誠、楠原正俊、山口健. 臨床ゲノム研究における二次的所見の結果開示の取り組みとその課題 第23回日本遺伝子診療学会大会. 2016.10.7. 東京その他 
5. *宮下光弘、新井誠、鳥海和也、堀内泰江、市川智恵、小堀晶子、高橋克昌、徳永太郎、石本佳代、湯澤公子、宇佐美慧、吉川武男、岡崎祐士、鷲塚伸介、天野直二、滝澤俊也、宮田敏男、糸川昌成.カルボニルストレスが亢進する統合失調症に対するピリドキサミン大量療法の効果の検証.第38回日本生物学的精神医学会、第59回日本神経化学会合同年会. 2016.09.13. 福岡その他 
6. *鳥海和也、宮下光弘、小堀晶子、堀内泰江、野原泉、小幡菜々子、糸川昌成、Genevieve Konopka、新井誠.ビタミンB6欠乏がマウスの行動及びモノアミン神経系に与える影響について.第38回日本生物学的精神医学会、第59回日本神経化学会合同年会. 2016.09.13.福岡その他 
7. *新井誠.カルボニルストレス関連分子による統合失調症バイオマーカーの探索.厚生労働科学研究委託費障害者対策総合研究開発事業. 2016.09.02.東京 その他 
8. *小笠原裕樹,鹿山将,小池伸,鈴木俊宏,新井誠,堀内泰江,糸川昌成.難治性統合失調症患者血漿中におけるカルボニル化タンパク質の解析.第11回日本統合失調症学会. 2016.03.26.前橋その他 
9. *宮下光弘,渡邊琢生,堀内泰江,鳥海和也,小堀晶子,吉川武男,鷲塚伸介,糸川昌成,山本博,新井誠.統合失調症におけるカルボニルストレス脆弱性とesRGAE.第11回日本統合失調症学会. 2016.03.26.前橋その他 
0.招待講演(平成29年度)招待講演
1. *新井誠.カルボニルストレス.若手中堅シンポジウム1: ここまで分かった統合失調症~分子生物学的研究~,第13回日本統合失調症学会,2018.03.24. 徳島招待講演
2. *新井誠.シンポジウム2「思春期の発達と健康を支えるもの:大規模思春期コホート研究から」思春期の心身の健康と生活習慣行動:コホートへの糖化・酸化ストレスマーカー導入.第21回日本精神保健・予防学会、2017.12.9. 那覇招待講演
3. *新井誠.精神疾患のバイオマーカー探索.Umetricsユーザー会2017, 東京国際フォーラム,2017.8.25. 東京招待講演
0.その他(平成29年度)その他 
1. *M Arai, K Toriumi, M Miyashita, Y Horiuchi, I Nohara, N Obata, G Konopka, M Itokawa, T Dan, T Miyata. Administration of high-dose pyridoxamine to adult mice. WPA XVII WORLD CONGRESS OF PSYCHIATRY, Berlin, 2017.10.9. Germany.その他 
2. *K Toriumi, M Miyashita, Y Horiuchi, I Nohara, N Obata, G Konopka, M Itokawa, T Dan, T Miyata , M Arai. Effect of deficiency of vitamin B6 on mouse behavior and monoaminergic system. WPA XVII WORLD CONGRESS OF PSYCHIATRY, Berlin, 2017.10.11.Germany.その他 
3. *M Miyashita, M Arai, T Dan, K Toriumi, Y Horiuchi, A Kobori, K Suzuki, M Itokawa, T Miyata. Pyridoxamine, a novel treatment for negative symptoms of schizophrenia. WPA XVII WORLD CONGRESS OF PSYCHIATRY, Berlin, 2017.10.7 Germany.その他 
4. *Y Horiouchi, M Miyashita, K Toriumi, M Itokawa, M Arai. Influence of carbonyl stress on neural cells derived from induced pluripotent cell. 5th Congress of Asian College of Neuropsychopharmacology (AsCNP) , 2017.4.28. Indonesia. その他 
5. *豊島学,大西哲生,新井誠,糸川昌成,岡野栄之,吉川武男.カルボニルストレスによる神経分化異常の分子病態.第13回日本統合失調症学会,2018.3.23. 徳島その他 
6. *新井誠.シンポジウム2「思春期の発達と健康を支えるもの:大規模思春期コホート研究から」思春期の心身の健康と生活習慣行動:コホートへの糖化・酸化ストレスマーカー導入.第21回日本精神保健・予防学会、2017.12.9. 那覇その他 
7. *豊島学,赤松和士,岡田洋平,大西哲生,新井誠,糸川昌成,岡野栄之,吉川武男.iPS細胞から見える統合失調症の病理と今後の展開.第39回日本生物学的精神医学会・第47回日本神経精神薬理学会,札幌コンベンションセンター,2017.9.28. 札幌その他 
8. *小池伸,西本翔一,川村久美子,鳥海和也,新井誠,小笠原裕樹.グリオキサラーゼI欠損マウス脳内のメチルグリオキサールの測定.第39回日本生物学的精神医学会・第47回日本神経精神薬理学会,札幌コンベンションセンター,2017.9.28. 札幌その他 
9. *勝田奈那,佐藤ひかり,白河潤一,新井誠,永井竜児.カルボニル修飾アミノ酸の血中定量法の確立.第41回蛋白質と酵素の構造と機能に関する九州シンポジウム.2017.8.31. 南阿蘇 その他 
10. *新井誠.精神疾患のバイオマーカー探索.Umetricsユーザー会2017, 東京国際フォーラム,2017.8.25. 東京その他 
11. *新井誠.糖化・酸化ストレスの生涯軌跡に着目した新たな心身統合的疾患概念・予防・治療戦略の創成~思春期に着目して~ 班会議, コンベンションルーム, 2017.6.21. 東京その他 
12. *新井誠. 生活行動習慣と糖化・酸化ストレスの相互作用が主体価値の形成と改編に与える影響.新学術領域研究「脳・生活・人生の統合的理解にもとづく思春期からの主体価値発展学」班会議,東京大学,2017.6.4. 東京その他 

III. その他の発表

(平成23年度)
◆講演会
1. *新井誠,糸川昌成.統合失調症の症状と今後の課題~臨床研究と基礎研究からみえてきたこと~,NPO法人有終支援いのちの山彦電話,東京ボランティア・市民活動センター, 2011.8.28, 東京
2. *新井誠,糸川昌成.精神疾患(統合失調症)とカルボニルストレス~病気の原因解明~有効な治療法と予防法の開発を目指して~,渋谷区精神障害者家族会太陽の会,渋谷区保健所, 2011.08.12, 東京

(平成24年度)
◆普及活動
1. *新井誠, 五感で感じる英国留学(2012)日本生物学的精神医学会誌 23:229-230.
2. *Kobori A, Arai M, Miyashita M, Ichiakwa T, Toriumi K, Itokawa M. Cognitive functional impairment of Carbonyl Stress-associated Schizophrenia. [Seminar] CSRI, Warwick Medical School, Coventry [2013.3.22]
3. *糸川昌成, 宮下光弘, 新井誠, 市川智恵, 鳥海和也, 小堀晶子. 都立病院連携研究により見出された統合失調症の新しい病態 : 代謝疾患としての精神病. 第12回世田谷区医師会医学会, 東京 [2012.12.1]
4. *新井誠,ビタミンB群欠乏症:Schizophrenia Frontierメールマガジン「M-Review Highlight」http://med.m-review.co.jp/magazine/detail1/J28_12_1_26-31.html, 2012


(平成25年度)
1. *Kobori A, Arai M, Miyashita M, Ichiakwa T, Toriumi K, Itokawa M. Cognitive functional impairment of Carbonyl Stress-associated Schizophrenia. Seminar, CSRI, Warwick Medical School, 2013.4.22, Coventry, UK


(平成26年度)
1. *新井誠:統合失調症の原因究明と予防・治療法の開発.東京都医学総合研究所,所内研究発表会第1部会, 2014.10.27, 医学研講堂.
2. *新井誠:統合失調症の回復や予防をめざした病因、病態の理解とその臨床応用.東京都医学総合研究所,ランチョンセミナー, 2014.6.25, 医学研講堂.
3. *新井誠:カルボニルストレスを含む統合失調症のバイオマーカーと治療法の研究.東京都医学総合研究所,都立病院等連携研究発表会, 2014.4.14, 医学研講堂.


(平成27年度)
1. 新井誠:分子神経学「統合失調症」.立教大学理学部【講義】2016.1.13.
2. 新井誠:分子神経学「気分障害・不安障害」.立教大学理学部【講義】2015.12.16.
3. 新井誠:分子神経学「依存症・物質依存」.立教大学理学部【講義】2015.12.2.
4. 新井誠:分子神経学「疾患研究のための脳画像、モデル動物」.立教大学理学部【講義】2015.11.25.
5. 新井誠:分子神経学「情動」.立教大学理学部【講義】2015.11.18.
6. 新井誠:分子神経学「睡眠と生体リズム、摂食行動」.立教大学理学部【講義】2015.11.11.
7. 新井誠:分子神経学「特殊感覚、運動制御」.立教大学理学部【講義】2015.11.04.
8. 新井誠:分子神経学「記憶と学習」.立教大学理学部【講義】2015.10.28.
9. 新井誠:分子神経学「神経発生」.立教大学理学部【講義】2015.10.14.
10. 新井誠:分子神経学「神経伝達の仕組み」.立教大学理学部【講義】2015.10.7.
11. 新井誠:分子神経学「神経伝達物質」.立教大学理学部【講義】2015.9.30.
12. 新井誠:分子神経学「神経系の成立ち、神経系の細胞と構造」.立教大学理学部【講義】2015.9.23.
13. 新井誠:東京都医学総合研究所における精神医学研究-基礎研究と臨床研究のクロストーク-.東京都立松沢病院サマーセミナー2015.【セミナー】2015.6.18
14. 新井誠:統合失調症の基礎と臨床研究のクロストークへの取り組み-統合失調症の原因究明と予防・治療法の開発―.東海大学【セミナー】2015.6.10.
15. 新井誠:統合失調症の基礎と臨床研究のクロストークへの取り組み-統合失調症の原因究明と予防・治療法の開発―.明治薬科大学【講義】2015.6.7.

(平成28年度)
1. *新井誠:分子神経学「統合失調症」【講義】2016.1.11.立教大学理学部
2. *新井誠:分子神経学「気分障害」【講義】2016.12.21.立教大学理学部
3. *新井誠:分子神経学「薬物依存」「情動」【講義】2016.12.14.立教大学理学部
4. *新井誠:分子神経学「睡眠」「動物行動実験」【講義】2016.12.07.立教大学理学部
5. *新井誠:分子神経学「摂食行動」【講義】2016.11.30.立教大学理学部
6. *新井誠:分子神経学「運動制御」【講義】2016.11.16.立教大学理学部
7. *新井誠:分子神経学「聴覚、体性感覚、味覚、嗅覚」【講義】2016.11.09.立教大学理学部
8. *新井誠:分子神経学「視覚」【講義】2016.11.02.立教大学理学部
9. *新井誠:分子神経学「学習と記憶」【講義】2016.10.19.立教大学理学部
10. *新井誠:分子神経学「神経発生」【講義】2016.10.12.立教大学理学部
11. *新井誠:分子神経学「神経伝達物質・神経伝達の仕組み」【講義】2016.10.05.立教大学理学部
12. *新井誠:分子神経学「神経系の成り立ち・神経系の細胞と構造」【講義】2016.09.28.立教大学理学部
13. *新井誠:分子神経学「分子神経科学概要・研究紹介」【講義】2016.09.21.立教大学理学部

(平成29年度)
1. *新井誠:統合失調症の基礎と臨床研究のクロストーク:統合失調症の原因究明と予防・治療法の開発.1017.12.15. 東洋大学 精神生理学/精神情報論講義.
2. *新井誠:統合失調症の病態仮説としてのカルボニルストレス.生化学セミナー・大学院医学専攻・博士課程up-to-dateセミナー・medical Research Trainingプログラムセミナー.2017.12.1. 金沢大学
3. *新井誠:統合失調症の原因究明と予防・治療法の開発.2017.9.13. 茨城県立こころの医療センター,
4. *新井誠:東京都医学総合研究所における精神医学研究.2017.7.22. 東京都立松沢病院サマーセミナー
5. *新井誠:統合失調症研究の基礎と臨床のクロストーク~都立松沢病院との連携研究の取り組みから~.2017.7.13. 東京都立松沢病院精神科医局セミナー
6. *新井誠:統合失調症研究の基礎と臨床のクロストーク~都立松沢病院との連携研究の取り組みから~:臨床から研究、そして実用化~バイオマーカーの探索~.2017.5.29..都立小児総合医療センター,

IV. 特記事項

(平成23年度)
◆学術賞
1. 統合失調症研究会第6回研究助成 最優秀賞:統合失調症におけるカルボニルストレス代謝制御に関する研究(2012年2月受賞)
2. 日本統合失調症学会一般演題優秀賞:統合失調症におけるカルボニルストレス回避機構の研究(2011年7月受賞)
3. 日本生物学的精神医学会学術賞:Carbonyl Stress in a Subpopulation of Schizophrenia. Arch Gen Psychiatry. 2010;67(6):589-597(2011年5月受賞)
◆財団表彰
1. 財団法人東京都医学総合研究所 研究発表会 第1部会優秀賞:(2011年12月受賞)
◆研究助成
1. 独立行政法人日本学術振興会「頭脳循環を加速する若手研究者戦略的海外派遣プログラム」 精神疾患におけるカルボニルストレス代謝制御の分子基盤解明のための日英共同研究(海外派遣者):4,950千円(H23年度)
2. 公益財団法人武田科学振興財団 2011年度医学系研究奨励(精神・神経・脳領域) 統合失調症におけるカルボニルストレス機序解明と発症回避のためのオミックス研究(研究代表):3,000千円(H23-24年度)
3. 財団法人先進医薬研究振興財団 第43回精神薬療分野一般研究助成 カルボニルストレス代謝制御の解明と統合失調症の診断・治療・予防法の創出(研究代表);1,000千円(H23年度)
4. 公益財団法人アステラス病態代謝研究会 第42回研究助成 精神疾患のカルボニルストレスに関わる分子基盤を解明し、回避機序を明らかにすることで、革新的な治療法・予防法を確立する(研究代表);1,000千円(H23年度)
5. 統合失調症研究会 第6回研究助成 統合失調症におけるカルボニルストレス代謝制御に関する研究(研究代表);500千円(H23年度)

(平成24年度)
◆研究助成
1. 統合失調症研究会 第6回研究助成(追加助成)統合失調症におけるカルボニルストレス代謝制御に関する研究(研究代表)
2. 独立行政法人日本学術振興会「頭脳循環を加速する若手研究者戦略的海外派遣プログラム」 精神疾患におけるカルボニルストレス代謝制御の分子基盤解明のための日英共同研究(海外派遣者)
3. 独立行政法人日本学術振興会 平成24年度二国間交流事業共同研究・セミナー.精神疾患病態におけるカルボニルストレス代謝制御に関する研究(研究代表);2,500千円
4. 公益財団法人 先進医薬研究振興財団 平成23年度(第44回)精神薬療分野一般研究助成 バイオマーカーにより階層化した統合失調症の病態解明と治療への臨床応用(研究代表)
5. 公益財団法人 武田科学振興財団 医学系研究奨励助成(精神・神経・脳領域)統合失調症におけるカルボニルストレス機序解明と発症回避のためのオミックス研究(研究代表)

(平成25年度)
1. 新井誠:Medical Tribune: 第11回世界生物学的精神医学会国際会議(WFSBP2013)速報(最終更新日:2013年07月03日)カルボニルストレスマーカーによる統合失調症の不均一性の克服http://site2.mtpro.jp/wfsbp/wfsbp2013/contents/P-01-002/

(平成26年度)
1. *新井誠:第14回世田谷医師会医学会一般演題ポスター賞:統合失調症の代謝障害としてのカルボニルストレスとその予防法に関する研究.2014.12.06受賞.
2. 日本統合失調症学会評議員に就任. 2014年4月~.

(平成27年度)
1. 新井誠:第21回サイエンスカフェin 上北沢「こころのサイエンス~こころの不思議を科学する~」東京都医学総合研究所【講演】2016.3.6.

(平成28年度)
1. *新井誠:思春期の脳と身体の健康を支えるもの:統合失調症の新たな病態仮説から.平成28年度第6回都民講座.2016.12.09. 日経ホール
2. *新井誠. シンポジウム5: 都医学研究の神経精神薬理学のパラダイムシフト.第46回日本神経精神薬理学会年会.座長. 2016.07.02.ソウル
3. *新井誠:統合失調症の原因究明と予防・治療法の開発:基礎と臨床のクロストーク.評議員選定委員会セミナー. 2016.06.22.医学研
4. *新井誠:東京バイオテクノロジー専門学校所内見学会. 2016.06.02.医学研
5. *新井誠:過去・現在・未来:基礎研究と臨床研究の橋渡し.医局セミナー. 2016.05.26. 都立松沢病院精神科
6. *新井誠:東京バイオテクノロジー専門学校所内見学会. 2016.05.11.医学研
7. *新井誠.:連携大学院所内見学会. 2016.04.24.医学研

(平成29年度)
1. 新井誠:統合失調症の原因究明と予防・治療法の開発.東京都都立戸山高等学校 研究室見学会, 2017.8.21.
2. 新井誠:東京バイオテクノロジー専門学校 所内見学会, 2017. 5.10

ページの先頭に戻る