公益財団法人東京都医学総合研究所 在籍研究者の主な研究発表等の実績

平成30年7月10日更新

糸川昌成

I. 論文等発表

2018年

原著論文
  1. Ikeda M , Takahashi A , Kamatani Y , Okahisa Y , Kunugi H , Mori N , Sasaki T , Ohmori T , Okamoto Y , Kawasaki H , Shimodera S , Kato T , Yoneda H , Yoshimura R , Iyo M , Matsuda K , Akiyama M , Ashikawa K , Kashiwase K , Tokunaga K , Kondo K , Saito T , Shimasaki A , Kawase K , Kitajima T , Matsuo K , Itokawa M , Someya T , Inada T , Hashimoto R , Inoue T , Akiyama K , Tanii H , Arai H , Kanba S , Ozaki N , Kusumi I , Yoshikawa T , Kubo M , * Iwata N (2018)   A genome-wide association study identifies two novel susceptibility loci and trans population polygenicity associated with bipolar disorder.   Mol Psychiatry   23(3) : 639-647
  2. Itokawa M , Miyashita M , Arai M , Dan T , Takahashi K , Tokunaga T , Ishimoto K , Toriumi K , Ichikawa T , Horiuchi Y , Kobori A , Usami S , Yoshikawa T , Amano N , Washizuka S , Okazaki Y , * Miyata T (2018)   Pyridoxamine: A novel treatment for schizophrenia with enhanced carbonyl stress.   Psychiatry Clin Neurosci   72(1) : 35-44
その他総説論文、著書、訳書、雑誌編集、報告書等
  1. 堀内泰江 , 森暁 , 新井 誠 , * 糸川昌成 (2018)   iPS細胞を用いた精神疾患病態モデルの可能性と課題.   精神科臨床Legato   4(1) : 21-126
  2. 糸川昌成 , 新井誠 , * 宮田敏男 (2018)   特集統合失調症に挑む 新しい治療の糸口カルボニルストレス.   日経サイエンス日本版   2018(01) : 54-62
  3. * 糸川昌成 (2018)   イニシエーションとしての病(5)螺旋の科学.   こころの科学   197(精神) : 115-119
  4. * 糸川昌成 (2018)   イニシエーションとしての病(5)身体の科学.   こころの科学   198(精神) : 126-133
  5. 新井 誠 , * 糸川昌成 (2018)   精神疾患治療薬開発の新しいアプローチ-病気と病気でないもの、モノかコトか-.   バイオサイエンスとインダストリー   76(2) : 120-126

2017年

原著論文
  1. Mizutani R , Saiga R , Takekoshi S , Inomoto C , Nakamura N , Arai M , Oshima K , Itokawa M , Takeuchi A , Uesugi K , Terada Y , * Suzuki Y (2017)   Estimating the resolution of real images   Journal of Physics: Conf. Series   849(1)
  2. Kushima I , Aleksic B , Nakatochi M , Shimamura T , Shiino T , Yoshimi A , Kimura H , Takasaki Y , Wang C , Xing J , Ishizuka K , Oya-Ito T , Nakamura Y , Arioka Y , Maeda T , Yamamoto M , Yoshida M , Noma H , Hamada S , Morikawa M , Uno Y , Okada T , Iidaka T , Iritani S , Yamamoto T , Miyashita M , Kobori A , Arai M , Itokawa M , Cheng M-C , Chuang Y-A , Chen C-H , Suzuki M , Takahashi T , Hashimoto R , Yamamori H , Yasuda Y , Watanabe Y , Nunokawa A , Someya T , Ikeda M , Toyota T , Yoshikawa T , Numata S , Ohmori T , Kunimoto S , Mori D , Iwata N and *Ozaki N (2017)   High-resolution copy number variation analysis of schizophrenia in Japan.   Mol Psychiatry   22(3) : 430-440
  3. Ishida YI , Kayama T , Kibune Y , Nishimoto S , Koike S , Suzuki T , Horiuchi Y , Miyashita M , Itokawa M , Arai M , * Ogasawara Y (2017)   Identification of an argpyrimidine-modified protein in human red blood cells from schizophrenic patients: A possible biomarker for diseases involving carbonyl stress.   Biochem Biophys Res Commun   493(1) : 573-577
  4. Abe D , Arai M , * Itokawa M (2017)   Music-evoked emotions in schizophrenia.   Schizophr Res   185 : 144-147
その他総説論文、著書、訳書、雑誌編集、報告書等
  1. * 糸川昌成 , * 向谷地行良 (2017)   特集対談企画「心の病を考える」.   べてるもんど   13 : 005-015
  2. * 糸川昌成 (2017)   特集Ⅰ統合失調症の最前線 統合失調症の分子病態-キメラの科学-.   PSYCHIATRY 精神科   32(3) : 181-220
  3. 糸川昌成 , 新井誠 , 針間博彦 , * 齋藤正彦 (2017)   生物学と統合失調症.   精神医学   59(11) : 1038-1044
  4. * 糸川昌成 (2017)   イニシエーションとしての病(1)プレヤデスの鎖.   こころの科学   193(精神) : 98-105
  5. * 糸川昌成 (2017)   イニシエーションとしての病(2)たんぱく質の尊厳.   こころの科学   194(精神) : 112-116
  6. * 糸川昌成 (2017)   イニシエーションとしての病(3)からくりの原理.   こころの科学   194(精神) : 002-008
  7. * 糸川昌成 (2017)   統合失調症の環境と異種性.   別冊日本臨床 新領域シリーズ   37(精神医学症候群 第2版) : 228-231
  8. 糸川昌成 (2017)   グルタミン酸仮説(統合失調症のグルタミン酸仮説) 脳科学辞典. 2017/1/24   日本神経科学学会  

2016年

原著論文
  1. 糸川昌成 (2016)   精神医学の哲学1 精神医学の科学と哲学 第6章:症候群としての統合失調症-生物学的研究からの再検討.   東京大学出版会   : 138-151
  2. Mizutani R , Saiga R , Takekoshi S , Inomoto C , Nakamura N , Itokawa M , Arai M , Oshima K , Takeuchi A , Uesugi K , Terada Y , * Suzuki Y (2016)   A method for estimating spatial resolution of real image in the Fourier domain.   J Microsc   261(1) : 57-66
  3. Miyashita M , Watanabe T , Ichikawa T , Toriumi K , Horiuchi Y , Kobori A , Kushima I , Hashimoto R , Fukumoto M , Koike S , Ujike H , Arinami T , Tatebayashi Y , Kasai K , Takeda M , Ozaki N , Okazaki Y , Yoshikawa T , Amano N , Washizuka S , Yamamoto H , Miyata T , Itokawa M , Yamamoto Y , Arai M (2016)   The regulation of soluble receptor for AGEs contributes to carbonyl stress in schizophrenia.   Biochem Biophys Res Commun   479(3) : 447-452
その他総説論文、著書、訳書、雑誌編集、報告書等
  1. 糸川昌成 (2016)   今さら聞けないこの言葉ピリドキサミン.   精神科臨床サービス   16(2) : 295-297
  2. 糸川昌成 (2016)   神話の哲学―生きることと生かされること. 統合失調症のひろば   日本評論社   7
  3. 糸川昌成 (2016)   科学者が脳と心をつなぐとき -父と母と私が織りなす50年の物語- . 千葉:COHMBO   地域精神保健福祉機構(コンボ)  
  4. 糸川昌成 (2016)   第2部の概要.   精神医学の哲学   1 : 136-137.x
  5. 糸川昌成 (2016)   第2部疾患 8-2-1 統合失調症.   精神保健医療福祉白書2017   : 167
  6. 新井誠 , 宮下光弘 , 小堀晶子 , 堀内泰江 , 鳥海和也 , 糸川昌成 (2016)   糖化ストレスマーカーと統合失調症.   日本生物学的精神医学会誌   27(1) : 8-14
  7. 宮下光弘 , 堀内泰江 , 新井誠 , * 糸川昌成 (2016)   統合失調症におけるカルボニルストレス.   生体の科学   67(5) : 484-485
  8. 糸川昌成 (2016)   脳と心 臨床家がなぜ研究をするのか.   埼玉精神神経科診療所協会誌   平成27年度(21) : 185-198
  9. 新井誠 , 宮下光弘 , 小堀晶子 , 井上智子,堀内泰江 , 鳥海和也 , 内田美樹,畠山幸子,小幡菜々子,野原泉,糸川昌成 (2016)   臨床医学分野における人材育成の強化.   日本生物学的精神医学会誌   27(3) : 163-167
  10. Rino Saiga , Ryuta Mizutani , Chie Inomoto , Susumu Takekoshi , Naoya Nakamura , Akio Tsuboi , Motoki Osawa , Makoto Arai , Kenichi Oshima , Masanari Itokawa , Kentaro Uesugi , Akihisa Takeuchi , Yasuko Terada , Yoshio Suzuki (2016)   Three-dimensional structure of brain tissue at submicrometer resolution.   AIP Conference Proceedings  

2015年

原著論文
  1. Nishizawa D , Kasai S , Hasegawa J , Sato N , Yamada H , Tanioka F , Nagashima M , Ryoji Katoh R , Satoh Y , Tagami M , Ujike H , Ozaki N , Inada T , Iwata N , Sora I , Iyo M , Yamada M , Kondo N , Won M , Naruse N , Uehara-Aoyama K , Itokawa M , Ohi K , Hashimoto R , Tanisawa K , Arai T , Mori S , Sawabe M , Naka-Mieno M , Yamada Y , Yamada M , Sato N , Muramatsu M , Tanaka M , Irukayama-Tomobe Y , Saito Y , Sakurai T , Hayashida M , Sugimura H and *Ikeda K (2015)   Associations between the orexin (hypocretin) receptor 2 gene polymorphism Val308Ile and nicotine dependence in genome-wide and subsequent association studies.   Mol Brain   8 : 50
  2. Koike S , Kayama T , Arai M , Horiuchi Y , Kobori A , Miyashita M , Itokawa M , * Ogasawara Y (2015)   Characterization of modified proteins in plasma from a subtype of schizophrenia based on carbonyl stress: Protein carbonyl is a possible biomarker of psychiatric disorders.   Biochem Biophys Res Commun   467(2) : 361-366
  3. Fabian N Bangel , Kazuo Yamada , Makoto Arai , Yoshimi Iwayama , Shabeesh Balan , Tomoko Toyota , Yasuhide Iwata , Katsuaki Suzuki , Mitsuru Kikuchi , Tasuku Hashimoto , Nobuhisa Kanahara , Norio Mori , Masanari Itokawa , Oliver Stock , * Takeo Yoshikawa (2015)   Genetic analysis of the glyoxalase system in schizophrenia.   Prog Neuropsychopharmacol Biol Psychiatry   59 : 105-110
  4. Uno K , Nishizawa D , Seo S , Takayama K , Matsumura S , Sakai N , Ohi K , Nabeshima T , Hashimoto R , Ozaki N , Hasegawa J , Sato N , Tanioka F , Sugimura H , Fukuda KI , Higuchi S , Ujike H , Inada T , Iwata N , Sora I , Iyo M , Kondo N , Won MJ , Naruse N , Uehara-Aoyama K , Itokawa M , Yamada M , Ikeda K , Miyamoto Y , * Nitta A (2015)   The Piccolo intronic single nucleotide polymorphismrs13438494 regulates dopamine and serotonin uptake and shows associations with dependence-like behavior in genomic association study.   Curr Mol Med   15(3) : 265-274
  5. Saiga R , Takekoshi S , Inomoto C , Nakamura N , Tsuboi A , Osawa M , Arai M , Oshima K , Itokawa M , Uesugi K , Takeuchi A , Terada Y , Suzuki Y and *Mizutani R (2015)   Three-Dimensional Neuronal Structure of Human Cerebral Cortex Determined by Synchrotron-Radiation Microtomography.   Microsc. Microanal   21(S3) : 919-920
  6. Maekawa M , Yamada K , Toyoshima M , Ohnishi T , Iwayama Y , Shimamoto C , Toyota T , Nozaki Y , Balan S , Matsuzaki H , Iwata Y , Suzuki K , Miyashita M , Kikuchi M , Kato M , Okada Y , Akamatsu W , Mori N , Owada Y , Itokawa M , Okano H , * Yoshikawa T (2015)   Utility of Scalp Hair Follicles as a Novel Source of Biomarker Genes for Psychiatric Illnesses.   Biol Psychiatry   78(2) : 116-125
その他総説論文、著書、訳書、雑誌編集、報告書等
  1. 糸川昌成 (2015)   今さら聞けないこの言葉「カルボニルストレス」.   精神科臨床サービス  
  2. 糸川昌成 (2015)   タチツボスミレの咲く丘で. 統合失調症のひろば   日本評論社   6
  3. 糸川昌成 (2015)   ≪座談会≫母の物語を紡ぐ出会いの瞬間. こころの科学   統合失調症のひろば  
  4. 糸川昌成 (2015)   科学と迷信. こころの科学   統合失調症のひろば  
  5. 糸川昌成 (2015)   精神科医として、科学者として、子どもとして.   精神医学   57(11) : 973-980
  6. 糸川昌成 (2015)   統合失調症患者への面接に挑む姿勢-患者さんの生活を診る姿勢. 中井久夫の臨床作法.   こころの科学   : 85-89
  7. 糸川昌成 (2015)   脳と心-分子生物学は精神疾患を解明するのか-.   科学哲学   : 47-2
  8. 糸川昌成 (2015)   部品の記憶. こころの科学   統合失調症のひろば  
  9. 糸川昌成 (2015)   都医学研シンポジウム掲載にあたって.   精神医学   57(11) : 943-944
  10. 糸川昌成 (2015)   カルボニルストレス関連分子による統合失調症バイオマーカーの探索. 脳とこころの健康大国実現プロジェクト. 2015-2016.   国立研究開発法人日本医療研究開発機構  
  11. Kouidrat Y , Amad A , Arai M , Miyashita M , Lalau JD , Loas G , Itokawa M (2015)   Advanced glycation end products and schizophrenia: A systematic review.   J Psychiatr Res   66-67 : 112-117

2014年

原著論文
  1. 宮下光弘 , 新井誠 , 市川智恵 , 鳥海和也 , 小堀晶子 , 天野直二 , 糸川昌成 (2014)   カルボニルストレスという代謝異常と統合失調症-体に負担の少ないビタミンB6による治療法の研究-.   総合病院精神医学   25(3) : 254-261
  2. Makoto Aarai , Mitsuhiro Miyashita , Akiko Kobori , Kazuya Toriumi , Yasue Hoiuchi , * Masanari Itokawa (2014)   Carbonyl stress and schizophrenia.   Psychiatry Clin Neurosci   68(9) : 655-665
  3. Itokawa M , Miyashita M , Arai M , * Miyata T (2014)   Carbonyl stress in schizophrenia.   Biochem Soc Trans   42(2) : 468-472
  4. Miyashita M , Arai M , Kobori A , Ichikawa T , Toriumi K , Niizato K , Oshima K , Okazaki Y , Yoshikawa T , Amano N , Miyata T , * Itokawa M (2014)   Clinical features of schizophrenia with enhanced carbonyl stress.   Schizophr Bull   40(5) : 1040-1046
  5. Nishizawa D , Fukuda K , Kasai S , Hasegawa J , Aoki Y , Nishi A , Saita N , Koukita Y , Nagashima M , Katoh R , Satoh Y , Tagami M , Higuchi S , Ujike H , Ozaki N , Inada T , Iwata N , Sora I , Iyo M , Kondo N , Won MJ , Naruse N , Uehara-Aoyama K , Itokawa M , Koga M , Arinami T , Kaneko Y , Hayashida M , * Ikeda K (2014)   Genome-wide association study identifies a potent locus associated with human opioid sensitivity.   Mol Psychiatry   19(1) : 55-62
  6. Arai M , Nihonmatsu-Kikuchi N , Itokawa M , Rabbani N , * Thornalley PJ (2014)   Measurement of glyoxalase activities.   Biochem Soc Trans   42(2) : 491-494
  7. Miyashita M , Arai M , Yuzawa H , Niizato K , Oshima K , Kushima I , Hashimoto R , Fukumoto M , Koike S , Toyota T , Ujike H , Arinami T , Kasai K , Takeda M , Ozaki N , Okazaki Y , Yoshikawa T , Amano N , Miyata T , * Itokawa M (2014)   Replication of enhanced carbonyl stress in a subpopulation of schizophrenia.   Psychiatry Clin Neurosci   68(1) : 83-84
その他総説論文、著書、訳書、雑誌編集、報告書等
  1. 糸川昌成 (2014)   特集4・決めつけないでください: 母の行動には理由があった.   メンタルヘルスマガジンこころの元気plus   92 : 12-13
  2. 糸川昌成 (2014)   私を変えた、患者さんの「あのひと言」.   週刊医学界新聞  
  3. 糸川昌成 (2014)   科学者の失敗.   こころの科学 統合失調症のひろば   4 : 162-166, 日本評論社
  4. 糸川昌成 (2014)   精神科領域の用語解説 カルボニルストレス.   分子精神医学   Vol.14 No.3 : 47-50
  5. 糸川昌成 (2014)   統合失調症の治療薬.   インフォームドコンセントのための図説シリーズ 統合失調症  
  6. 糸川昌成 (2014)   統合失調症に関する遺伝子研究.   CONSONANCE   50 : 2-3
  7. 糸川昌成 (2014)   薬物療法の可能性と限界(後編).   こころの科学 統合失調症のひろば   4 : 10-19, 日本評論社
  8. Itokawa M (2014)   Respecting the Legacy and Future Development of Glyoxalase Research and the Emergence of Dicarbonyl Stress.   IMARS Highlight   9(1) : 25

2013年

原著論文
  1. 糸川昌成 , 新井誠 , 宮下光弘 , 小堀晶子 , 畠山幸子 , 鳥海和也 , 市川智恵 , 大島健一 , 新里和弘 , 岡崎祐士 , * 齋藤正彦 (2013)   統合失調症の遺伝子研究における課題と展望:異種性と複雑系   精神医学   55(12) : 1133-1143
  2. Furukawa M , Tochigi M , Otowa T , Arinami T , Inada T , Ujike H , Watanabe Y , Iwata N , Itokawa M , Kunugi H , Hashimoto R , Ozaki N , Kakiuchi C , Kasai K , * Sasaki T (2013)   An association analysis of the cardiomyopathy-associated 5 (CMYA5) gene with schizophrenia in a Japanese population.   Psychiatr Genet   23(4) : 179-180
  3. Suto Y , Hirai M , Akiyama M , Kobashi G , Itokawa M , Akashi M , * Sugiura N (2013)   Biodosimetry of Restoration Workers for The Tokyo Electric Power Company (TEPCO) Fukushima Daiichi Nuclear Power Station Accident.   Health Phys   105(4) : 366-373
  4. Shibata H , Yamamoto K , Sun Z , Oka A , Inoko H , Arinami T , Inada T , Ujike H , Itokawa M , Tochigi M , Watanabe Y , Someya T , Kunugi H , Suzuki T , Iwata N , Ozaki N , * Fukumaki Y (2013)   Genome-wide association study of schizophrenia using microsatellite markers in the Japanese population.   Psychiatr Genet   23(3) : 117-123
  5. Aoki Y , Orikabe L , Takayanagi Y , Yahata N , Mozue Y , Sudo Y , Ishii T , Itokawa M , Suzuki M , Kurachi M , Okazaki Y , Kasai K , * Yamasue H (2013)   Volume reductions in frontopolar and left perisylvian cortices inmethamphetamine induced psychosis.   Schizophr Res   147(2-3) : 355-361
その他総説論文、著書、訳書、雑誌編集、報告書等
  1. * 糸川昌成 (2013)   DNAは、いつ統合失調症の秘密を語るのか: 第1回 数を集めれば真実が見える?   精神看護   16(2) : 58-64
  2. 糸川昌成 (2013)   DNAは、いつ統合失調症の秘密を語るのか: 第2回 大規模研究の罠   精神看護   16(3) : 66-71
  3. 糸川昌成 (2013)   DNAは、いつ統合失調症の秘密を語るのか: 第3回 臨床的な、あまりに臨床的な   精神看護   16(4) : 66-73
  4. 糸川昌成 (2013)   DNAは、いつ統合失調症の秘密を語るのか: 第4回ビタミンB6による可能性が見えてきた!   精神看護   16(5) : 76-83
  5. 糸川昌成 , 新井誠 (2013)   代謝性疾患としての統合失調症の病態解明~カルボニルストレス研究からみえてき栄養学的治療法への展開~   精神と栄養~メンタルヘルスの新たな視点~   1 : 56-66
  6. * 糸川昌成 (2013)   特集・失敗しちゃいました 6元気 plus掲載執筆者の私の失敗談!   メンタルヘルスマガジンこころの元気plus   71 : 23.
  7. 糸川昌成 (2013)   特集・治るってどういうこと? PARTⅠ病をどう生きるか: 科学者として、精神科医として、そして子供として   こころの科学 統合失調症のひろば   2 : 69-74
  8. * 糸川昌成 (2013)   「統合失調症」からの回復を早める本   (監修)法研  
  9. 糸川昌成 (2013)   いつ統合失調症の秘密を語るのか: 第5回レナードの朝   精神看護   16(6) : 76-81
  10. * 糸川昌成 (2013)   臨床家がなぜ研究をするのか-精神科医が20年の研究の足跡を振り返るとき-   (単著)星和書店  

2012年

原著論文
  1. * 河上緒 , 新里和弘 , 新井哲明 , 大島健一 , 安野みどり , 湯本洋介 , 小幡菜々子 , 新井誠 , 糸川昌成 , 後藤順 , 市川弥生子 , 平安良雄 , 岡崎祐士 , 秋山治彦 (2012)   32歳で発症した舞踏病様不随意運動を伴う前頭側頭型認知症の一例   老年精神医学雑誌   23(9) : 1121-1127
  2. * Inomata H , Harima H , Itokawa M (2012)   A case of schizophrenia successfully treated by m-ECT using 'long' brief pulse.   IJCRI   3(7) : 30-34
  3. Horiuchi Y , Iida S , Koga M , Ishiguro H , Iijima Y , Inada T , Watanabe Y , Someya T , Ujike H , Iwata N , Ozaki N , Kunugi H , Tochigi M , Itokawa M , Arai M , Niizato K , Iritani S , Kakita A , Takahashi H , Nawa H , Arinami T (2012)   Association of SNPs linked to increased expression of SLC1A1 with schizophrenia.   Am J Med Genet B Neuropsychiatr Genet   159B(1) : 30-37
  4. * Watanabe Y , Egawa J , Iijima Y , Nunokawa A , Kaneko N , Shibuya M , Arinami T , Ujike H , Inada T , Iwata N , Tochigi M , Kunugi H , Itokawa M , Ozaki N , Hashimoto R , Someya T (2012)   A two-stage case-control association sudy between the tryotiohan hydroxylase 2 (TOH2) gene and schizophrenia in a Japanese population.   Schizophr Res   137(1-3) : 264-266
  5. * Doi N , Hoshi Y , Itokawa M , Yoshikawa T , Ichikawa T , Arai M , Usui C , Tachikawa H (2012)   Paradox of schizophrenia genetics: is a paradigm shift occurring?   Behav Brain Funct   8 : 28
  6. Ichikawa T , Arai M , Miyashita M , Obata N , Nohara I , Oshima K , Niizato K , Okazaki Y , Doi N , Itokawa M (2012)   Schizophrenia: maternal inheritance and heteroplasmy of mtDNA mutations.   Mol Genet Metab   105 : 103-109
その他総説論文、著書、訳書、雑誌編集、報告書等
  1. 糸川昌成 , 新井誠 , 宮下光弘 , 市川智恵 (2012)   AGEsと統合失調症.   日本抗加齢医学雑誌   8(1) : 49-54
  2. * 新井誠 , 宮下光弘 , 市川智恵 , 豊田倫子 , 大西哲生 , 吉川武男 , 有波忠雄 , 岡崎祐士 , 久島周 , 尾崎紀夫 , 福本素由乙 , 橋本亮太 , 武田雅俊 , 小池進介 , 滝沢龍 , 笠井清登 , 山本博 , 渡邉琢夫 , 宮田敏男 , 糸川昌成 (2012)   カルボニルストレス代謝制御の解明と統合失調症の診断・治療・予防法の創出   精神薬療研究年報   44 : 17-18
  3. * 新井誠 , 宮下光弘 , 市川智恵 , 糸川昌成 (2012)   カルボニルストレス性統合失調症-新たな病態仮説と将来の治療法の展望   精神神経学雑誌   114(3) : 199-208
  4. * 糸川昌成 (2012)   特集 メンタル医療の最新動向 総論   ファインケミカル   41(7) : 5
  5. 糸川昌成 (2012)   特集:酸化ストレス・炎症と精神疾患 特集に寄せて.   分子精神医学   12(1) : 1
  6. 新井誠 , 宮下光弘 , 市川智恵 , 二本松尚美 , 楯林義孝 , 岡崎祐士 , 糸川昌成 (2012)   特集:酸化ストレス・炎症と精神疾患 精神疾患とカルボニルストレス   分子精神医学   12(1) : 21-26
  7. * 新井誠 , 糸川昌成 (2012)   精神疾患の新しい病態仮説:カルボニルストレス   日薬雑誌   139 : 87
  8. * 糸川昌成 (2012)   統合失調症   精神障害をもつ人のアンチスティグマとディスカバリー (宇田川健,寺尾直尚,髙橋清久監修) 東京:公益財団法人精神・神経科学振興財団   1 : 11-43
  9. 新井誠 , 宮下光弘 , 市川智恵 , 糸川昌成 (2012)   統合失調症とカルボニルストレス.   精神神経学雑誌   114(2) : 101-107
  10. 糸川昌成 (2012)   統合失調症の「ジーン」をめぐる冒険: 第13回 遺伝子の違いが原因で人によって薬の効き方が異なる.   メンタルヘルスマガジンこころの元気plus   60 : 46-47
  11. 糸川昌成 (2012)   統合失調症の「ジーン」をめぐる冒険: 第14回 治験は、基礎科学と応用科学が連携した究極の研究.   メンタルヘルスマガジンこころの元気plus   61 : 46-47
  12. * 糸川昌成 (2012)   統合失調症の「ジーン」をめぐる冒険: 第15回 多様性が保障される環境から生まれる研究と情熱   メンタルヘルスマガジンこころの元気plus   62 : 46-47
  13. * 糸川昌成 (2012)   統合失調症の「ジーン」をめぐる冒険: 第16回 統合失調症が"単なる神経疾患"となる日のために   メンタルヘルスマガジンこころの元気plus   63 : 46-47
  14. * 糸川昌成 (2012)   統合失調症の「ジーン」をめぐる冒険: 第17回 遺伝子だけでは決まらない出会いがつくるヒトの人生   メンタルヘルスマガジンこころの元気plus   64 : 44-45
  15. * 糸川昌成 (2012)   統合失調症の「ジーン」をめぐる冒険: 第18回 研究の答えはすべて患者さんのなかにあるという確信   メンタルヘルスマガジンこころの元気plus   65 : 44-45
  16. * 糸川昌成 (2012)   統合失調症の「ジーン」をめぐる冒険: 第19回 研究の答えはすべて患者さんのなかにあるという確信   メンタルヘルスマガジンこころの元気plus   66 : 44-45
  17. * 糸川昌成 (2012)   統合失調症の遺伝子研究-どこまで解明され, どこまで解明されていないか-   精神障害をもつ人のアンチスティグマとディスカバリー (宇田川健,寺尾直尚,髙橋清久監修) 東京:公益財団法人精神・神経科学振興財団   1 : 125-126
  18. * 糸川昌成 (2012)   脳神経分野   ライフサイエンス分野科学技術・研究開発の国際比較(JST研究開発戦略センター) 2012年度版   1 : 109-112
  19. * Doi N , Hoshi Y , Itokawa M , Yoshikawa T , Ichikawa T (2012)   Impact of Epidemiology on Molecular Genetics of Schizoprenia. In Maria de Lourdes Ribeiro de Souza da Cunha Ed. pp113-138.InTech Rijeka, Croatia (ISBN 978-953-51-0565-7).   Epidemiology Insights   ch7 : 113-139

2011年

原著論文
  1. * 糸川昌成 , 新井誠 , 小池進介 , 滝沢龍 , 市川智恵 , 宮下光弘 , 吉川武男 , 宮田敏男 , 笠井清登 , 岡崎祐士 (2011)   脳科学研究から見えてきた統合失調症の病態および治療と予防の展開   精神医学   53(12) : 1195-1200
  2. Kobayashi H , Ujike H , Iwata N , Inada T , Yamada M , Sekine Y , Uchimura N , Iyo M , Ozaki N , Itokawa M , * Sora I (2011)   Association Analysis of the Adenosine A1 Receptor Gene Polymorphisms in Patients with Methamphetamine Dependence/Psychosis   Curr Neuropharmacol   9(1) : 137-142
  3. Kobayashi H , Ujike H , Iwata N , Inada T , Yamada M , Sekine Y , Uchimura N , Iyo M , Ozaki N , Itokawa M , * Sora I (2011)   Association analysis of the tryptophan hydroxylase 2 gene polymorphisms in patients with methamphetamine dependence/psychosis.   Curr Neuropharmacol   9(1) : 176-182
  4. Takayanagi Y , Takahashi T , Orikabe L , Mozue Y , Kawasaki Y , Nakamura K , Sato Y , Itokawa M , Yamasue H , Kasai K , Kurachi M , Okazaki Y , * Suzuki M (2011)   Classification of First-Episode Schizophrenia Patients and Healthy Subjects by Automated MRI Measures of Regional Brain Volume and Cortical Thickness.   PLoS One   6(6) : e21047
  5. Ikeda Y , Inagi R , Miyata T , Nagai R , Arai M , Miyashita M , Itokawa M , Fujita T , Nangaku M (2011)   Glyoxalase I retards renal senescence.   Am J Pathol   179(6) : 2810-2821
  6. Arai M , Koike S , Oshima N , Takizawa R , Araki T , Miyashita M , Nishida A , Miyata T , Kasai K , * Itokawa M (2011)   Idiopathic carbonyl stress in a drug-naive case of at-risk mental state.   Psychiatry Clin Neurosci   65(6) : 606-607
  7. Deng X , Takaki H , Wang L , Kuroki T , Nakahara T , Hashimoto K , Ninomiya H , Arinami T , Inada at , Ujike H , * Itokawa M , Tochigi M , Watanabe Y , Someya T , Kunugi H , Iwata N , Ozaki N , Shibata H , Fukumaki Y (2011)   Positive association of Phencyclidine-responsive genes, PDE4A and PLAT,with schizophrenia.   Am J Med Genet B Neuropsychiatr Genet   156B(7) : 850-858
  8. Orikabe L , Yamasue H , Inoue H , Takayanagi Y , Mozue Y , Sudo Y , Ishii T , Itokawa M , Suzuki M , Kurachi M , Okazaki Y , Kasai K (2011)   Reduced amygdala and hippocampal volumes in patiants with methamphetamine psychosis.   Schizophr Res   132(2-3) : 183-189
  9. Toyosima M , Maekawa M , Toyota T , Iwayama Y , Arai M , Ichikawa T , Miyashita M , Arinami T , Itokawa M , * Yoshikawa T (2011)   Schizophrenia with the 22q11.2 deletion and additional genetic defects: case history.   Br J Psychiatry   199 : 245-246
その他総説論文、著書、訳書、雑誌編集、報告書等
  1. 新井誠 , 小池進介 , 前川素子 , 宮下光弘 , 市川智恵 , 吉川武男 , 笠井清登 , * 糸川昌成 (2011)   カルボニルストレス   精神科治療学   26(12) : 1589-1596
  2. * 糸川昌成 , 前川素子 , 吉川武男 (2011)   幻覚妄想研究の最前線 6幻覚と妄想   脳とこころのプライマリケア   1 : 490-494
  3. 新井誠 , * 糸川昌成 (2011)   特集: 統合失調症様症状をきたす脳神経疾患 ビタミンB群欠乏症   Schizophrenia Frontier   12(1) : 26-31
  4. 糸川昌成 , * 吉川武男 (2011)   研究生活に専念して   PSYCHIATRY 精神科   19(4) : 352-353
  5. * 糸川昌成 , 新井誠 , 市川智恵 , 宮下光弘 , 岡崎祐士 (2011)   稀な遺伝子変異を手がかりとする統合失調症の病態研究   BRAIN and NERVE: 神経研究の進歩   63(3) : 223-231
  6. * 糸川昌成 (2011)   精神科をめぐるあれこれ情報: 精神科にももっと研究費を 統合失調症の「ジーン」をめぐる冒険: 第9回 陰性症状を改善して患者さんに喜怒哀楽を   メンタルヘルスマガジンこころの元気plus   64 : 20.46-47
  7. * 糸川昌成 (2011)   統合失調症の「ジーン」をめぐる冒険: 特別編 三・一一東日本大震災都立松沢病院にて   メンタルヘルスマガジンこころの元気plus   51 : 46-47
  8. * 糸川昌成 (2011)   統合失調症の「ジーン」をめぐる冒険: 第10回 1993年、患者さんのドーパミン神経に遺伝子変異を発見   メンタルヘルスマガジンこころの元気plus   64 : 46-47
  9. * 糸川昌成 (2011)   統合失調症の「ジーン」をめぐる冒険: 第11回 遺伝子の変異が、脳の動きに作用する仕組みを探る   メンタルヘルスマガジンこころの元気plus   58 : 46-47
  10. * 糸川昌成 (2011)   統合失調症の「ジーン」をめぐる冒険: 第12回 真理を追究する実験に欠かせない手作業と根気   メンタルヘルスマガジンこころの元気plus   59 : 46-47
  11. * 糸川昌成 (2011)   統合失調症の「ジーン」をめぐる冒険: 第2回複数の遺伝子が秘めるありふれた病気の謎   メンタルヘルスマガジンこころの元気plus   48 : 44-45
  12. * 糸川昌成 (2011)   統合失調症の「ジーン」をめぐる冒険: 第3回 双子の遺伝子研究と閉じた環の中にある記憶   メンタルヘルスマガジンこころの元気plus   49 : 44-45
  13. * 糸川昌成 (2011)   統合失調症の「ジーン」をめぐる冒険: 第4回 環境と遺伝子の相互作用に発症の原因を求めて   メンタルヘルスマガジンこころの元気plus   50 : 46-47
  14. * 糸川昌成 (2011)   統合失調症の「ジーン」をめぐる冒険: 第5回 ヒトの体質や個性を決めるDNAの中に暗号化された情報   メンタルヘルスマガジンこころの元気plus   52 : 46-47
  15. * 糸川昌成 (2011)   統合失調症の「ジーン」をめぐる冒険: 第6回 マウスの体を錆びつかせる毒素が人の情動に影響する?   メンタルヘルスマガジンこころの元気plus   64 : 46-47
  16. * 糸川昌成 (2011)   統合失調症の「ジーン」をめぐる冒険: 第7回 遺伝子の突然変異によって低下する酵素活性   メンタルヘルスマガジンこころの元気plus   64 : 46-47
  17. * 糸川昌成 (2011)   統合失調症の「ジーン」をめぐる冒険: 第8回 酵素活性の低下と統合失調症の関係は   メンタルヘルスマガジンこころの元気plus   64 : 46-47
  18. * 糸川昌成 , 新井誠 , 市川智恵 , 宮下光弘 , 吉川 武男 , 岡崎 祐士 , 宮田敏男 (2011)   統合失調症の分子病態と思春期までの予防戦略   精神神経学雑誌   113(7) : 672-678
  19. 新井誠 , 市川智恵 , 宮下光弘 , * 糸川昌成 (2011)   統合失調症患者の一部に見られるカルボニルストレス   日本生物学的精神医学会誌   22(4) : 269-275
  20. 新井誠 , * 糸川昌成 (2011)   統合失調症の遺伝子異常   精神医学キーワード辞典(松下正明総編集)   1 : 231
  21. 新井誠 , 糸川昌成 (2011)   統合失調症の遺伝子異常 精神医学キーワード事典   中山書店   : -231
  22. * Itokawa M , Arai M , Mitaya T (2011)   Pyridoxamine; a new medication for psychiatric disorders.   IMARS Highlight   6(2) : 5-6

2010年

原著論文
  1. Itokawa M , Arinami T , Toru M (2010)   Advanced Research on Dopamine Signaling to Develop Drugs for the Treatment of Mental Disorders: Ser311Cys Polymorphisms of the Dopamine D(2)-Receptor Gene and Schizophrenia.   J Pharmacol Sci   114 : 1-5
  2. Arai M , Itokawa M (2010)   A hard road in psychiatric genetics: schizophrenia and DPYSL2.   J Hum Genet   55 : 397-399
  3. Yazaki S , Koga M , Ishiguro H , Inada T , Ujike H , Itokawa M , Otowa T , Watanabe Y , Someya T , Iwata N , Kunugi H , Ozaki N , Arinami T (2010)   An association study between the dymeclin gene and schizophrenia in the Japanese population.   J Hum Genet   55 : 631-634
  4. Syu A , Ishiguro H , Inada T , Horiuchi Y , Tanaka S , Ishikawa M , Arai M , Itokawa M , Niizato K , Iritani S , Ozaki N , Takahashi M , Kakita A , Takahashi H , Nawa H , Keino-Masu K , Arikawa-Hirasawa E , Arinami T (2010)   Association of the HSPG2 gene with neuroleptic-induced tardive dyskinesia.   Neuropsychopharmacology   35 : 1155-1164
  5. Ishiguro H , Horiuchi Y , Ishikawa M , Koga M , Imai K , Suzuki Y , Morikawa M , Inada T , Watanabe Y , Takahashi M , Someya T , Ujike H , Iwata N , Ozaki N , Onaivi ES , Kunugi H , Sasaki T , Itokawa M , Arai M , Niizato K , Iritani S , Naka I , Ohashi J , Kakita A , Takahashi H , Nawa H , Arinami T (2010)   Brain cannabinoid CB2 receptor in schizophrenia.   Biol Psychiatry   67 : 974-982
  6. Itokawa M , Yamasue H , Kasai K , Kurachi M , Okazaki Y , Matsushita M , Suzuki M , Takayanagi Y , Kawasaki Y , Nakamura K , Takahashi T , Orikabe L , Toyoda E , Mozue Y , Sato Y (2010)   Differentiation of first-episode schizophrenia patients from healthy controls using ROI-based multiple structural brain variables.   Prog Neuropsychopharmacol Biol Psychiatry   34 : 10-17
  7. Arai M , Yuzawa H , Nohara I , Ohnishi T , Obata N , Iwayama Y , Haga S , Toyota T , Ujike H , Ichikawa T , Nishida A , Tanaka Y , Furukawa A , Aikawa Y , Kuroda O , Niizato K , Izawa R , Nakamura K , Mori N , Matsuzawa D , Hashimoto K , Iyo M , Sora I , Matsushita M , Okazaki Y , Yoshikawa T , Miyata T , Itokawa M (2010)   Enhanced Carbonyl Stress in a Subpopulation of Schizophrenia.   Arch Gene Psychiatry   67 : 589-597
  8. Amagane H , Watanabe Y , Kaneko N , Nunokawa A , Muratake T , Ishiguro H , Arinami T , Ujike H , Inada T , Iwata N , Kunugi H , Sasaki T , Hashimoto R , Itokawa M , Ozaki N , Someya T (2010)   Failure to find an association between myosin heavy chain 9, non-muscle (MYH9) and schizophrenia: a three-stage case-control association study.   Schizophr Res   118 : 106-112
  9. Nozaki I , Arai M , Takahashi K , Hamaguchi T , Yoshikawa H , Muroishi T , Noguchi-Shinohara M , Ito H , Itokawa M , Akiyama H , Kawata A , Yamada M (2010)   Familial ALS with G298S mutation in TARDBP: A comparison of CSF tau protein levels with those in sporadic ALS.   Inter Med   49 : 1209-1212
  10. Nishida A , Sasaki T , Nishimura Y , Tanii H , Hara N , Inoue K , Yamada T , Takami T , Shimodera S , Itokawa M , Asukai N , Okazaki Y (2010)   Psychotic-like experiences are associated with suicidal feelings and deliberate self-harm behaviors in adolescents aged 12-15 years.   Acta Psychiatr Scand   121 : 301-307
  11. Koga M , Ishiguro H , Horiuchi Y , Inada T , Ujike H , Itokawa M , Otowa T , Watanabe Y , Someya T , Arinami T (2010)   Replication study of association between ADCYAP1 gene polymorphisms and schizophrenia.   Psychiatr Genet   20 : 123-125
  12. Ishiguro H , Koga M , Horiuchi Y , Noguchi E , Morikawa M , Suzuki Y , Arai M , Niizato K , Iritani S , Itokawa M , Inada T , Iwata N , Ozaki N , Ujike H , Kunugi H , Sasaki T , Takahashi M , Watanabe Y , Someya T , Kakita A , Takahashi H , Nawa H , Arinami T (2010)   Supportive evidence for reduced expression of GNB1L in schizophrenia.   Schizophr Bull   36 : 756-765
  13. Tamaoka A , Arai M , Itokawa M , Arai T , Hasegawa M , Tsuchiya K , Takuma H , Tsuji H , Ishii A , Watanabe M , Takahashi Y , Goto J , Tsuji S , Akiyama H (2010)   TDP-43 M337V Mutation in Familial Amyotrophic Lateral Sclerosis in Japan.   Intern Med   49 : 331-334
  14. Kobayashi H , Ujike H , Iwata N , Inada T , Yamada M , Sekine Y , Uchimura N , Iyo M , Ozaki N , Itokawa M , Sora I (2010)   The adenosine A2A receptor is associated with methamphetamine dependence/psychosis in the Japanese population.   Behav Brain Funct   6 : 50
  15. Nunokawa A , Watanabe Y , Kaneko N , Sugai T , Yazaki S , Arinami T , Ujike H , Inada T , Iwata N , Kunugi H , Sasaki T , Itokawa M , Ozaki N , Hashimoto R , Someya T (2010)   The dopamine D3 receptor (DRD3) gene and risk of schizophrenia: Case-control studies and an updated meta-analysis.   Schizophr Res   116 : 61-67
  16. Takayanagi Y , Takahashi T , Orikabe L , Masuda N , Mozue Y , Nakamura K , Kawasaki Y , Itokawa M , Sato Y , Yamasue H , Kasai K , Okazaki Y , Suzuki M (2010)   Volume reduction and altered sulco-gyral pattern of the orbitofrontal cortex in first-episode schizophrenia.   Schizophr Res   121 : 55-65
その他総説論文、著書、訳書、雑誌編集、報告書等
  1. 糸川昌成 (2010)   AGEs:ことばのカルテ   Medical Tribune   43(12) : 247
  2. 糸川昌成 , 吉川武男 (2010)   気分障害の遺伝子研究. 別冊・医学のあゆみ最新うつ病のすべて(樋口輝彦編)   医歯薬出版株式会社   : 166-171
  3. 糸川昌成 , 市川智恵 , 新井誠 (2010)   統合失調症Q&A: 統合失調症は遺伝するのでしょうか?親戚に患者がいても、子どもが病気になる心配はないですか?.   こころのりんしょうa・la・carte   29(2) : 164
  4. 糸川昌成 , 新井誠 , 市川智恵 (2010)   統合失調症Q&A: 遺伝子研究が進んでいるようですが、それについて説明してください。.   こころのりんしょうa・la・carte   29(2) : 169
  5. 糸川昌成 (2010)   統合失調症の「ジーン」をめぐる冒険: 第1回ミクロの世界から病気の原因を解明する旅.   メンタルヘルスマガジンこころの元気plus   47 : 44-45
  6. 新井誠 , 市川智恵 , 糸川昌成 (2010)   脳と心の分子メカニズム:大きな遺伝子効果を利用した統合失調症の病因研究.   Biophilia   6 : 6-12
  7. 糸川昌成 (2010)   脳と心の分子メカニズム: 発見の瞬間はどのようにして訪れるのか. こころの働きと病・覚醒剤(NPO法人脳の世紀推進会議編)   クバプロ   : 45-74
  8. 糸川昌成 , 市川智恵 , 新井誠 (2010)   グルタミン酸関連遺伝子と統合失調症. In: 専門医のための精神科臨床リュミエール16, 脳科学エッセンシャル(神庭重信, 加藤忠史責任編集)   中山書店   : 141-145
  9. Itokawa M , Arai M , Yoshikawa T , Okazaki Y , Miyata T (2010)   A novel mechanism of mental illness: Carbonyl stress induced schizophrenia: A glyoxalase I deficit pedigree with psychosis.   Merlin C Thomas and Josephine Forbes   : 46-50

2009年

原著論文
  1. 糸川昌成 , 数藤由美子 , 新井誠 , 本多真 (2009)   統合失調症の遺伝子研究による病態解明: 稀な症例を出発点とするこころみ.   精神医学   51 : 185-193
  2. 河上緒 , 梅津寛 , 大澤達哉 , 石川陽一 , 小椋哲 , 合川勇三 , 糸川昌成 , 岡崎祐士 (2009)   網膜色素変性症と統合失調症を合併した兄弟例.   東京精神医学会誌   27 : 21-25
  3. Koga M , Ishiguro H , Yazaki S , Horiuchi Y , Arai M , Niizato K , Iritani S , Itokawa M , Inada T , Iwata N , Ozaki N , Ujike H , Kunugi H , Sasaki T , Takahashi M , Watanabe Y , Someya T , Kakita A , Takahashi H , Nawa H , Muchardt C , Yaniv M , Arinami T (2009)   Involvement of SMARCA2/BRM in the SWI/SNF chromatin-remodeling complex in schizophrenia.   Hum Mol Genet   : 2483-2494
  4. Doi N , Hoshi Y , Itokawa M , Usui C , Yoshikawa T , Tachikawa H (2009)   Persistence criteria for susceptibility genes for schizophrenia: a discussion from an evolutionary viewpoint.   PLoS One   4(11) : e7799
  5. Hattori E , Toyota T , Ishitsuka Y , Iwayama Y , Yamada K , Ujike H , Morita Y , Kodama M , Nakata K , Minabe Y , Nakamura K , Iwata Y , Takei N , Mori N , Naitoh H , Yamanouchi Y , Iwata N , Ozaki N , Kato T , Nishikawa T , Kashiwa A , Suzuki M , Shioe K , Shinohara M , Hirano M , Nanko S , Akahane A , Ueno M , Kaneko N , Watanabe Y , Someya T , Hashimoto K , Iyo M , Itokawa M , Arai M , Nankai M , Inada T , Yoshida S , Kunugi H , Nakamura M , Iijima Y , Okazaki Y , Higuchi T , Yoshikawa T (2009)   Preliminary Genome-wide Association Study of Bipolar Disorder in the Japanese Population.   Am J Med Genet   150B : 1110-1117
  6. Watanabe Y , Nunokawa A , Kaneko N , Arinami T , Ujike , Inada T , Iwata N , Kunugi H , Itokawa M , Otowa T , Ozaki N , Someya T (2009)   Two-stage case-control association study of PADI2 with schizophrenia.   J Hum Genet   54 : 430-432
  7. Watanabe Y , Nunokawa A , Kaneko N , Muratake T , Arinami T , Ujike H , Inada T , Iwata N , Kunugi H , Itokawa M , Otowa T , Ozaki N , Someya T (2009)   Two-stage case-control association study of polymorphisms in rheumatoid arthritis susceptibility genes with schizophrenia.   J Hum Genet   54 : 62-65
その他総説論文、著書、訳書、雑誌編集、報告書等
  1. 吉田眞理 , 櫻井信夫 , 三室マヤ , 橋詰良夫 , 新井哲明 , 長谷川成人 , 新井誠 , 糸川昌成 , 秋山治彦 (2009)   TDP-43 G298S変異示す認知症を伴う家族性ALS.   Dementia Japan   23 : 218
  2. 糸川昌成 (2009)   研究結果を発表する雑誌への投稿.   臨床精神医学   38[増刊号] : 77-80
  3. 糸川昌成 (2009)   神経系の疾患.ライフサイエンス分野科学技術・研究開発の国際比較   JST研究開発戦略センター   2009年度版 : 68-72
  4. 糸川昌成 (2009)   脳神経分野. ライフサイエンス分野科学技術・研究開発の国際比較   JST研究開発戦略センター   2009年度版 : 255-260
  5. 糸川昌成 (2009)   論文投稿の仕方:精神医学研究マニュアル   臨床精神医学   38[増刊号] : 77-80
  6. 新井誠 , 糸川昌成 , 吉川武男 (2009)   進化による疾病の変化:精神疾患(ストレス).   成人病と生活習慣病   39(12) : 1345-1350
  7. 新井誠 , 糸川昌成 , 吉川武男 (2009)   進化による疾病(生活習慣病)の変化精神疾患.   成人病と生活習慣病   39 : 1345-1350

2008年

原著論文
  1. Ohtsuki T , Koga M , Ishiguro H , Horiuchi Y , Arai M , Niizato K , Itokawa M , Inada T , Iwata N , Iritani S , Ozaki N , Kunugi H , Ujike H , Watanabe Y , Someya T , Arinami T (2008)   A polymorphism of the metabotropic glutamate receptor mGluR7 (GRM7) gene is associated with schizophrenia.   Schizophr Res   101 : 9-16
  2. Nunokawa A , Watanabe Y , Kitamura H , Kaneko N , Arinami T , Ujike H , Inada T , Iwata N , Kunugi H , Itokawa M , Ozaki N , Someya T (2008)   Large-scale case-control study of a functional polymorphism in the glutamate receptor, metabotropic 3 gene in patients with schizophrenia.   Psychiatry Clin Neurosci   62 : 239-240
  3. Mizuguchi T , Hashimoto R , Itokawa M , Sano A , Shimokawa O , Yoshimura Y , Harada N , Miyake N , Nishimura A , Saitsu H , Sosonkina N , Niikawa N , Kunugi H , Matsumoto N (2008)   Microarray comparative genomic hybridization analysis of 59 patients with schizophrenia.   J Hum Genet   53 : 914-919
  4. Ishiguro H , Imai K , Koga M , Horiuchi Y , Inada T , Iwata N , Ozaki N , Ujike H , Itokawa M , Kunugi H , Sasaki T , Watanabe Y , Someya T , Arinami T (2008)   Replication study for associations between polymorphisms in the CLDN5 and DGCR2 genes in the 22q11 deletion syndrome region and schizophrenia.   Psychiatr Genet   18 : 255-256
その他総説論文、著書、訳書、雑誌編集、報告書等
  1. 岡崎祐士 , 糸川昌成 (2008)   統合失調症, 双極性障害. 図説分子病態学(一瀬白帝, 鈴木宏治編)   中外医学社   : 346-353
  2. 糸川昌成 (2008)   臨床で発見する統合失調症研究. 松沢臨床精神医学セミナーvol.1(松下正明監修, 岡崎祐士編)   日本評論社   : 253-263

2007年

原著論文
  1. 藤田俊之 , 高橋美佐子 , 新井誠 , 安田一郎 , 林直樹 , 糸川昌成 (2007)   5-MeO-DIPTにより急性再燃をきたした覚醒剤精神病の1例.   精神医学   49(1) : 59-61
  2. Itokawa M , Iwata K , Takahashi M , Sugihara G , Sasaki T , Abe Y , Uno M , Hobo M , Jitoku D , Inoue K , Arai M , Yasuda I , Shintani M (2007)   Acute confusional state after designer tryptamine abuse.   Psychiat. Clinic. Neurosci   61 : 196-199
  3. Arai M , Obata N , Kockelkorn TJP , Yamada K , Toyota T , Haga S , Yoshida Y , Ujike H , Sora I , Ikeda K , Yoshikawa T , Itokawa M (2007)   Lack of association between polymorphisms in the 5' upstream region of the DISC1 gene and mood disorders.   Psychiat Genet   17 : 357
  4. Inoue S , Imamura A , Okazaki Y , Yokota H , Arai M , Hayashi N , Furukawa A , Itokawa M , Oishi M (2007)   Synaptotagmin XI as a candidate gene for susceptibility to schizophrenia.   Am J Med Genet B Neuropsychiatr Genet   144B(3) : 332-340
その他総説論文、著書、訳書、雑誌編集、報告書等
  1. 糸川昌成 , 新井誠 , 小幡菜々子 (2007)   (5)精神疾患.   臨床検査   51 : 1565-1571
  2. 糸川昌成 , 吉川武男 (2007)   分子生物学. 特集うつ病   日本臨牀   65 : 1599-1606
  3. 楯林義孝 , 糸川昌成 , 吉川武男 (2007)   統合失調症.   Clinical Neuroscience   26 : 860-862
  4. 糸川昌成 , 吉川武男 (2007)   統合失調症・気分障害と遺伝子.   精神科   11 : 187-195
  5. 糸川昌成 , 新井誠 (2007)   統合失調症の遺伝子研究:(1)DISC1発見と機能解析.   Clinical Neuroscience   25 : 848-849
  6. 糸川昌成 , 小幡菜々子 , 新井誠 (2007)   統合失調症の遺伝子研究:(2)DISC1遺伝子解析と相関研究.   Clinical Neuroscience   25 : 968-969
  7. 糸川昌成 , 新井誠 , 野原泉 , 小幡菜々子 , 羽賀誠一 (2007)   統合失調症の遺伝子研究:(3)稀な症例を出発点とした病態の解明.   Clinical Neuroscience   25 : 1080-1081
  8. 糸川昌成 (2007)   遺伝子多型BDNF(Val66Met)は不安関連行動に影響する.   分子精神医学   7(1) : 57-59

2006年

原著論文
  1. Iwayama Y , Hashimoto K , Nakajima M , Toyota T , Yamada K , Shimizu E , Itokawa M , Hoshika K , Iyo M , Yoshikawa T (2006)   Analysis of correlation between serum D-serine levels and functional promoter polymorphisms of GRIN2A and GRIN2B genes.   Neurosci Lett   394(2) : 101-104
  2. Horiuchi Y , Arai M , Niizato K , Iritani S , Noguchi E , Ohtsuki T , Koga M , Kato T , Itokawa M , Arinami T (2006)   A Polymorphism in the PDLIM5 Gene Associated with Gene Expression and Schizophrenia.   Biol Psychiatry   59(5) : 434-439
  3. Doi N , Itokawa M , Hoshi Y , Arai M , Furukawa A , Ujike H , Sora I , Yoshikawa T (2006)   A resistance gene in disguise for schizophrenia?   Am J Med Genet Part B   144B(2) : 165-173
  4. Kobayashi H , Hata H , Ujike H , Harano M , Inada T , Komiyama T , Yamada M , Sekine Y , Iwata N , Iyo M , Ozaki N , Itokawa M , Naka M , Ide S , Ikeda K , Numachi Y (2006)   Association analysis of delta-opioid receptor gene polymorphisms in methamphetamine dependence/psychosis.   Am J Med Genet B Neuropsychiatr Genet   141(5) : 482-486
  5. Arai M , Yamada K , Toyota T , Obata N , Haga S , Yoshida Y , Nakamura K , Minabe Y , Ujike H , Sora I , Ikeda K , Mori N , Yoshikawa T , Itokawa M (2006)   Association between polymorphisms in the promoter region of the sialyltransferase 8B (SIAT8B) gene and schizophrenia.   Biol Psychiatry   59(7) : 652-659
  6. Ide S , Kobayashi H , Ujike H , Ozaki N , Sekine Y , Inada T , Harano M , Komiyama T , Yamada M , Iyo M , Iwata N , Tanaka K , Shen H , Iwahashi K , Itokawa M , Minami M , Satoh M , Ikeda K , Sora I (2006)   Linkage disequilibrium and association with methamphetamine dependence/psychosis of mu-opioid receptor gene polymorphisms.   Pharmacogenomics J   6(3) : 179-188
  7. Fukuda Y , Koga M , Arai M , Noguchi E , Ohtsuki T , Horiuchi Y , Ishiguro H , Niizato K , Iritani S , Itokawa M , Arinami T (2006)   Monoallelic and Unequal Allelic Expression of the HTR2A Gene in Human Brain and Peripheral Lymphocytes.   Biol Psychiatry   60(12) : 1331-1335
  8. Toyota T , Aoki-Suzuki M , Minabe Y , Nakamura K , Sekine Y , Suzuki K , Takei N , Itokawa M , Mori M , Yoshikawa T , Yoshitsugu K , Yamada K (2006)   Novel scale including strabismus and 'cuspidal ear' for distinguishing schizophrenia patients from controls using minor physical anomalies.   Psychiatry Research   145(2-3) : 249-258
その他総説論文、著書、訳書、雑誌編集、報告書等
  1. 糸川昌成 , 吉川武男 (2006)   ストレスと疾患統合失調症 In:抗ストレス食品の開発と展望(横越英彦監修)   シーエムシー出版   : 30-37
  2. 糸川昌成 , 吉川武男 (2006)   うつ病のすべて遺伝子研究の到達点・現状   医学のあゆみ   219(13) : 1025-1030
  3. 糸川昌成 , 吉川武男 (2006)   統合失調症のグルタミン酸低下仮説.   Clinical Neuroscience   24 : 215-218
  4. 糸川昌成 , 吉川武男 (2006)   話題になった遺伝子多型のその後:DISC1.   分子精神医学   6 : 77-83

2005年

原著論文
  1. Hiroi N , Zhu H , Lee MS , Funke B , Sawamura T , Arai M , Itokawa M , Kucherlapati R , Morrow B , Agatsuma S (2005)   A 200-kb region of human chromosome 22q11confers schizophrenia-related behavioral abnormalities in mice.   Proc Natl Acad Sci U S A   102 : 19132-19137
  2. Iwayama-Shigeno Y , Yamada K , Itokawa M , Toyota T , Meerabux JM , Minabe Y , Mori N , Inada T , Yoshikawa T (2005)   Extended analyses support the association of a functional (GT)n polymorphism in the GRIN2A promoter with Japanese schizophrenia.   Neurosci Lett   378(2) : 102-105
  3. Arinami T , Ohtsuki T , Ishiguro H , Ujike H , Tanaka Y , Morita Y , Mineta M , Takeichi M , Yamada S , Imamura A , Ohara K , Shibuya H , Ohara K , Suzuki Y , Muratake T , Kaneko N , Someya T , Inada T , Yoshikawa T , Toyota T , Yamada K , Kojima T , Takahashi S , Osamu O , Shinkai T , Nakamura M , Fukuzako H , Hashiguchi T , Niwa SI , Ueno T , Tachikawa H , Hori T , Asada T , Nanko S , Kunugi H , Hashimoto R , Ozaki N , Iwata N , Harano M , Arai H , Ohnuma T , Kusumi I , Koyama T , Yoneda H , Fukumaki Y , Shibata H , Kaneko S , Higuchi H , Yasui-Furukori N , Numachi Y , Itokawa M , Okazaki Y (2005)   Genomewide High-Density SNP Linkage Analysis of 236 Japanese Families Supports the Existence of Schizophrenia Susceptibility Loci on Chromosomes 1p, 14q, and 20p.   Am. J. Hum. Genet   77(6) : 937-944
  4. Yamada K , Ohnishi T , Hashimoto K , Ohba H , Iwayama-Shigeno Y , Toyoshima M , Okuno A , Takao H , Toyota T , Minabe Y , Nakamura K , Shimizu E , Itokawa M , Mori N , Ito M , Yoshikawa T (2005)   Identification of multiple serine racemase (SRR) mRNA isoforms and genetic analyses of SRR and DAO in schizophrenia and D-serine levels.   Biol Psychiatry   57 : 1493-1503
その他総説論文、著書、訳書、雑誌編集、報告書等
  1. 田上美千佳 , 糸川昌成 (2005)   統合失調症患者の家族研究.   精神科   7 : 125-129
  2. 糸川昌成 (2005)   ここまできた: 統合失調症の薬物療法.   精神看護   8(2) : 57-61
  3. 糸川昌成 , 吉川武男 (2005)   統合失調症関連遺伝子.   日本臨床   63 : 437-440

2004年

原著論文
  1. 新井誠 , 山田和男 , 豊田倫子 , 羽賀誠一 , 氏家寛 , 曽良一郎 , 池田和彦 , 吉川武男 , 糸川昌成 (2004)   双極性障害および統合失調症における性差と神経細胞接着分子の関連研究.   脳と精神の医学   15 : 477-488
  2. Toyota T , Yoshitsugu K , Ebihara M , Yamada K , Ohba H , Fukasawa M , Minabe Y , Nakamura K , Sekine Y , Takei N , Suzuki K , Itokawa M , Meerabux JM , Iwayama-Shigeno Y , Tomaru Y , Shimizu H , Hattori E , Mori N , Yoshikawa T (2004)   Association between schizophrenia with ocular misalignment and polyalanine length variation in PMX2B.   Hum Mol Genet   13(5) : 551-561
  3. Arai M , Itokawa M , Yamada K , Toyota T , Haga S , Ujike H , Sora I , Ikeda K , Yoshikawa T (2004)   Association of neural cell adhesion molecule 1 gene polymorphisms with bipolar affective disorder in Japanese individuals.   Biol Psychiatry   55(8) : 804-810
  4. Kockelkorn TT , Arai M , Matsumoto H , Fukuda N , Yamada K , Minabe Y , Toyota T , Ujike H , Sora I , Mori N , Yoshikawa T , Itokawa M (2004)   Association study of polymorphisms in the 5' upstream region of human DISC1 gene with schizophrenia.   Neurosci Lett   368(1) : 41-45
  5. Yamada K , Iwayama-Shigeno Y , Yoshida Y , Toyota T , Itokawa M , Hattori E , Shimizu H , Yoshikawa T (2004)   Family-based association study of schizophrenia with 444 markers and analysis of a new susceptibility locus mapped to 11q13.3.   Am J Med Genet   127B : 11-19
その他総説論文、著書、訳書、雑誌編集、報告書等
  1. 糸川昌成 , 新井誠 , 氏家寛 , 曽良一郎 , 吉川武男 , 池田和彦 (2004)   DNA マイクロアレイを出発点とした統合失調症の病態に関与する遺伝子の研究.   精神神経学雑誌   106 : 42-48
  2. 糸川昌成 , 新井誠 , 新井麻友美 , 羽賀誠一 , 池田和彦 , 山田和男 , 豊田倫子 , 氏家寛 , 曽良一郎 , 吉川武男 (2004)   双極性気分障害における神経細胞接着因子 (NCAM) 遺伝子の関連研究.   Bipolar Disorder   2 : 11-18
  3. 吉川武男 , 豊田倫子 , 吉次聖志 , 山田和男 , 糸川昌成 , 三辺義雄 , 中村和彦 , 都丸義郎 , 武井教使 , 熊倉徹雄 , 森則夫 (2004)   精神疾患関連表現型の遺伝子解析.   精神神経学雑誌   106 : 1585-1592
  4. 糸川昌成 (2004)   精神科診断と治療の「?」に答える: 統合失調症「診断・治療」の研究の現在.   ぜんかれん   11 : 16-27
  5. 糸川昌成 (2004)   統合失調症とストレス.   Medicament News   : 17941-17943
  6. 糸川昌成 (2004)   統合失調症の理解.   クリニカルスタディ   25 : 44-52
  7. 糸川昌成 , 山田和男 , 吉川武男 (2004)   統合失調症の科学的理解と応用 - 基礎と臨床: 臨床遺伝と病態理解 (遺伝子研究からみた病態仮説).   医学のあゆみ   208 : 146-152
  8. 糸川昌成 (2004)   統合失調症の薬物治療の新展開.   精神医学   46 : 875-883
  9. 糸川昌成 , 吉川武男 (2004)   遺伝子研究からみた統合失調症のグルタミン酸仮説.   精神神経学雑誌   105 : 1349-1362

2003年

原著論文
  1. Itokawa M , Yamada K , Yoshitsugu K , Toyota T , Suga T , Ohba H , Watanabe A , Hattori E , Shimizu H , Kumakura T , Ebihara M , Meerabux JM , Toru M , Yoshikawa T (2003)   A microsatellite repeat in the promoter of the N-methyl-D-aspartate receptor 2A subunit (GRIN2A) gene suppresses transcriptional activity and correlates with chronic outcome in schizophrenia.   Pharmacogenetics   13(5) : 271-278
  2. Itokawa M , Arai M , Kato S , Ogata Y , Furukawa A , Haga S , Ujike H , Sora I , Ikeda K , Yoshikawa T (2003)   Association between a novel polymorphism in the promoter region of the neuropeptide Y gene and schizophrenia in humans.   Neurosci Lett   347(3) : 202-204
  3. Iwayama-Shigeno Y , Ishitsuka Y , Detera-Wadleigh S , Yoshikawa T , Itokawa M , Yamada K (2003)   Genetic analysis of a functional GRIN2A promoter (GT)n repeat in bipolar disorder pedigrees in humans.   Neurosci Lett   345(1) : 53-56
  4. Kikuchi M , Yamada K , Toyota T , Itokawa M , Hattori E , Yoshitsugu K , Shimizu H , Yoshikawa T (2003)   Two-step association analyses of the chromosome 18p11.2 region in schizophrenia detect a locus encompassing C18orf1.   Mol Psychiatry   8(5) : 467-469

2002年

原著論文
  1. Itokawa M , Lin Z , Uhl GR (2002)   Dopamine efflux via wild-type and mutant dopamine transporters: alanine substitution for proline-572 enhances efflux and reduces dependence on extracellular dopamine, sodium and chloride concentrations.   Brain Res Mol Brain Res   108(1-2) : 71-80
その他総説論文、著書、訳書、雑誌編集、報告書等
  1. 糸川昌成 , 吉川武男 (2002)   遺伝医学と診断: 精神科臨床への分子遺伝学の応用.   精神科診断学   13 : 125-130
  2. 糸川昌成 , 吉川武男 (2002)   遺伝/遺伝子: 臨床検査による精神科診断はどこまで可能となったか.   精神科診断学   50 : 125-130

2001年

原著論文
  1. Sora I , Hall FS , Andrews AM , Itokawa M , Li XF , Wei HB , Wichems C , Lesch KP , Murphy DL , Uhl GR (2001)   Molecular mechanisms of cocaine reward: Combined dopamine and serotonin transporter knockouts eliminate cocaine place preference.   Proc Natl Acad Sci U S A   98(9) : 5300-5305
その他総説論文、著書、訳書、雑誌編集、報告書等
  1. 糸川昌成 , 吉川武男 (2001)   分裂病の分子医学: 精神疾患の分子医学.   現代医療   33 : 93-99
  2. 融道男 , 糸川昌成 (2001)   概論 うつ病研究の歴史と今後の展望: うつ病、基礎と臨床研究の最先端.   日本臨床   59 : 1437-1443

2000年

原著論文
  1. Lin Z , Itokawa M , Uhl GR (2000)   Dopamine transporter proline mutations influence dopamine uptake, cocaine analog recognition, and expression.   FASEB J   14(5) : 715-528
  2. Itokawa M , Lin Z , Cai NS , Wu C , Kitayama S , Wang JB , Uhl GR (2000)   Dopamine transporter transmembrane domain polar mutants: △G and △△G values implicate regions important for transporter functions.   Mol Pharmacol   57(6) : 1093-1103

1999年

原著論文
  1. Itokawa K , Sora I , Schindler CW , Itokawa M , Takahashi N , Uhl GR (1999)   Heterozygous VMAT2 knockout mice display prolonged QT intervals: possible contributions to sudden death.   Brain Res Mol Brain Res   71(2) : 354-357

1998年

原著論文
  1. Ishiguro H , Ohtsuki T , Toru M , Itokawa M , Aoki J , Shibuya H , Kurumaji A , Okubo Y , Iwawaki A , Ota K , Shimizu H , Hamaguchi H , Arinami T (1998)   Association between polymorphisms in the type 1 sigma receptor gene and schizophrenia.   Neurosci Lett   257(1) : 45-48
  2. Arinami T , Otsuka Y , Hamaguchi H , Itokawa M , Aoki J , Shibuya H , Okubo Y , Iwawaki A , Ota K , Enguchi H , Tagaya H , Yano S , Shimizu H , Toru M (1998)   Evidence supporting an association between the DRB1 gene and schizophrenia in Japanese.   Schizophr Res   32(2) : 81-86

1997年

その他総説論文、著書、訳書、雑誌編集、報告書等
  1. 糸川昌成 , 融道男 (1997)   ドーパミンD2受容体遺伝子変異から見た精神分裂病の異種性   最新精神医学   2 : 79-86

1996年

原著論文
  1. Arinami T , Li L , Mitsushio H , Itokawa M , Hamaguchi H , Toru M (1996)   An insertion/deletion polymorphism in the angiotensin converting enzyme gene is associated with both brain substance P contents and affective disorders.   Biol Psychiatry   40(11) : 1122-1127
  2. Arinami T , Takekoshi K , Itokawa M , Hamaguchi H , Toru M (1996)   Failure to find associations of the CA repeat polymorphism in the first intron and the Gly-63/Glu-63 polymorphism of the neurotrophin-3 gene with schizophrenia.   Psychiatr Genet   6(1) : 13-15
  3. Arinami T , Itokawa M , Aoki J , Shibuya H , Ookubo Y , Iwawaki A , Ota K , Shimizu H , Hamaguchi H , Toru M (1996)   Further association study on dopamine D2 receptor variant S311C in schizophrenia and affective disorders.   Am J Med Genet   67(2) : 133-138
  4. Itokawa M , Toru M , Ito K , Tsuga H , Kameyama K , Haga T , Arinami T , Hamaguchi H (1996)   Sequestration of the short and long isoforms of dopamine D2 receptors expressed in Chinese hamster ovary cells.   Mol Pharmacol   49(3) : 560-566
その他総説論文、著書、訳書、雑誌編集、報告書等
  1. 糸川昌成 , 融道男 (1996)   ドーパミン受容体と精神分裂病 最新の伝達物質-受容体の分子機構と関連疾患   メジカルビュー社   : 180-191

1994年

原著論文
  1. Arinami T , Itokawa M , Enguchi H , Tagaya H , Yano S , Shimizu H , Hamaguchi H , Toru M (1994)   Association of dopamine D2 receptor molecular variant with schizophrenia.   Lancet   343(8899) : 703-704
その他総説論文、著書、訳書、雑誌編集、報告書等
  1. 有波忠雄 , 糸川昌成 (1994)   ドーパミンD2受容体遺伝子の解析   日本神経精神薬理学雑誌   14 : 129-137
  2. 糸川昌成. 融道男 (1994)   ドーパミンと精神分裂病   精神科治療学   9 : 645-650

1993年

原著論文
  1. Arinami T , Itokawa M , Komiyama T , Mitsushio H , Mori H , Mifune H , Hamaguchi H , Toru M (1993)   Association between severity of alcoholism and the A1 allele of the dopamine D2 receptor gene TaqI A RFLP in Japanese.   Biol Psychiatry   33(2) : 108-114
  2. Itokawa M , Arinami T , Futamura N , Hamaguchi H , Toru M (1993)   Related Articles, A structural polymorphism of human dopamine D2 receptor, D2(Ser311-->Cys).   Biochem Biophys Res Commun   196(3) : 1369-1375
その他総説論文、著書、訳書、雑誌編集、報告書等
  1. 融道男 , 兼子幸一 , 糸川昌成 , 山田和男 (1993)   遺伝子と精神の病理   からだの科学   173 : 63-67

II. 学会等発表等

0.その他(平成3年度)その他 
1. 有波忠雄、糸川昌成、小宮山徳太郎、三ッ汐洋、森博史、三船英雄、浜口秀雄、融道男. アルコール依存症の重傷度とドーパミンD2受容体遺伝子3’非翻訳領域のTaqI RFLPのA1アリルとの関連. 第37回日本人類遺伝学会, 山口, 1991.その他 
0.その他(平成4年度)その他 
1. 糸川昌成、有波忠雄、浜口秀雄、融道男. 精神分裂病におけるドーパミンD2受容体遺伝子の解析. 第15回日本生物学的精神医学会, 東京, 1992.その他 
2. 糸川昌成、有波忠雄、浜口秀雄、融道男. 精神分裂病におけるドーパミンD2受容体遺伝子の解析. 第38回日本人類遺伝学会, 茨城, 1992その他 
0.その他(平成5年度)その他 
1. 糸川昌成、有波忠雄、浜口秀雄、融道男. 精神分裂病におけるドーパミンD2受容体遺伝子の解析. 日本行動遺伝研究会, 大阪, 1993.その他 
0.その他(平成6年度)その他 
1. 糸川昌成. ドーパミンD2受容体遺伝子の多型と精神分裂病の関連. 慶応大学ニューロサイエンス研究会, 東京, 1994.その他 
2. 糸川昌成、有波忠雄、圓口博史、田ヶ谷浩邦、矢野祥子、清水浩光、浜口秀雄、融道男. ドーパミンD2受容体遺伝子の多型と精神分裂病の関連. 厚生省精神・神経疾患分裂病研究班技術研究報告会, 東京, 1994その他 
3. 有波忠雄、糸川昌成、浜口秀雄、融道男. 精神分裂病におけるドーパミンD2受容体遺伝子の解析. 厚生省精神・神経疾患分裂病研究班技術研究報告会, 東京, 1994.その他 
4. 糸川昌成、有波忠雄、浜口秀雄、融道男. 精神分裂病におけるドーパミンD2受容体遺伝子の解析. 第17回日本生物学的精神医学会, 大阪, 1994その他 
5. 糸川昌成、有波忠雄、圓口博史、田ヶ谷浩邦、矢野祥子、清水浩光、浜口秀雄、融道男. ドーパミンD2受容体遺伝子の多型と精神分裂病の関連. 日本行動遺伝研究会, 大阪, 1994.その他 
0.その他(平成7年度)その他 
1. 有波忠雄、糸川昌成、圓口博史、田ヶ谷浩邦、矢野祥子、清水浩光、浜口秀雄、融道男. ドーパミンD2受容体遺伝子の多型と精神分裂病の関連. 第18回日本生物学的精神医学会, 大阪, 1995その他 
2. Itokawa M, Tsuga H, Kameyama K, Haga T, Arinami T, Hamaguchi H, and Toru M. Sequestration of the dopamine D2 receptor expressed in CHO cells. 15th Biennial Meeting of the International Society for Neurochemistry, Kyoto, 65:S36D, 1995その他 
0.その他(平成8年度)その他 
1. 石黒浩毅、渋谷治男、有波忠雄、糸川昌成、浜口秀雄、小宮山徳太郎、三ッ汐洋、森博史、融道男. 厚生省精神・神経疾患研究班技術研究報告会, 東京, 1996その他 
0.その他(平成10年度)その他 
1. Itokawa M, Zhicheng L. and Uhl G. Transmembrane proline residues and dopamine transporter function. 28th Annual Meeting, Society for Neuroscience, LA, 1998.その他 
0.その他(平成11年度)その他 
1. Lin Z, Itokawa M, Wang W, and Uhl GR. Selective influences on dopamine uptake and cocaine analog binding by alanine substitutions for dopamine transporter transmembrane domain residues. 29th Annual Meeting, Society for Neuroscience, Mami Beach, Florida, 1999その他 
2. Itokawa M, Zhicheng L. Cai N, Wu C, Kitayama S, Wang JB, and Uhl GR. Interaction of transmembrane polar residues and dopamine transporter function. 29th Annual Meeting, Society for Neuroscience, Mami Beach, Florida, 1999その他 
0.その他(平成13年度)その他 
1. 糸川昌成, 山田和男, 清水浩光, 服部栄治車時暁生, 渋谷治男, 南海昌博, 融道男, 吉川武男. 精神分裂病におけるNMDA受容体遺伝子の解析. 第23回日本生物学的精神医学会, 長崎, 2001その他 
2. 糸川昌成、山田和男、清水浩光、服部栄治、車地暁生、渋谷治男、南海昌博、融道男、吉川武男 精神分裂病におけるNMDA受容体遺伝子の解析 第23回日本生物学的精神医学会, 長崎, 2001.その他 
0.その他(平成14年度)その他 
1. 糸川昌成. 統合失調症の脳病態に関連する遺伝子の研究. 東京都医学研究機構研究交流フォーラム2002, 東京, 2002その他 
2. 糸川昌成, 新井誠, 加藤修平, 尾形容子, 羽賀誠一, 氏家寛, 曽良一郎, 池田和彦, 吉川武男. 統合失調症におけるニューロペプチドYの遺伝子解析. 第35回精神神経系薬物治療研究報告会, 大阪, 2002.その他 
3. 山田和男, 茂野佳美, 吉田裕加子, 豊田倫子, 糸川昌成, 服部栄治, 吉次聖志, 清水浩光, 吉川武男. 精神分裂病家系を用いた全染色体領域の連鎖不平衡マッピングおよび患者: 対照研究. 第10回日本精神・行動遺伝医学会, 横浜, 2002その他 
4. 菊池美香, 山田和男, 豊田倫子, 糸川昌成, 服部栄治, 吉次聖志, 清水浩光, 吉川武男. 精神分裂病家系を用いた染色体 18p11.2 の伝達不均衡テスト (ETDT). 第24回日本生物学的精神医学会, さいたま, 2002その他 
5. 山田和男, 岩山佳美, 吉田祐加子, 豊田倫子, 糸川昌成, 服部栄治, 吉次聖志, 清水浩光, 吉川武男. 全染色体領域の伝達連鎖不平衡テストによる精神分裂病家系解析. 第24回日本生物学的精神医学会, さいたま, 2002その他 
6. 糸川昌成, 山田和男, 吉次聖志, 豊田倫子, 須賀一郎, 大羽尚子, 服部栄治, 清水浩光, 熊倉徹夫, 海老原充, 融道男, 吉川武男. NMDA 受容体 2A サブユニット遺伝子調節領域の遺伝子多型と精神分裂病との関連. 第24回日本生物学的精神医学会, さいたま, 2002その他 
7. Itokawa M, Yamada K, Yoshitsugu K, Suga I, Shimizu H, Hattori E, Toru M, Yoshikawa T. Mutation analysis of the NMDA receptor subunit 2A gene: a polymorphism in promoter region is associated with schizophrenia. Society for Neuroscience 32nd Annual Meeting, Orlando, USA, 2002.その他 
8. Itokawa M, Yamada K, Yoshitsugu K, Suga I, Toru M, Yoshikawa T. Mutation analysis of the NMDA receptor subtype 2A gene. XII World Congress of Psychiatry, Yokohama, Japan, 2002.その他 
0.その他(平成15年度)その他 
1. 曽良一郎, 渡邉秀和, 畑春美, 井手聡一郎, 山下元康, 城戸幹太, 高橋雅彦, 沼知陽太郎, 小林秀昭, 糸川昌成, 池田和隆. 神経障害性疼痛の疾患脆弱性に関する遺伝子解析. 平成15年度厚生労働省がん研究助成金事業/がん研究助成 第2回班会議, 東京, 2003.その他 
2. 曽良一郎, 井手聡一郎, 山下元康, 渡邉秀和, 畑春美, 城戸幹太, 高橋雅彦, 沼知陽太郎, 小林秀昭, 糸川昌成, 池田和隆. 神経障害性疼痛の疾患脆弱性に関する遺伝子解析. 平成15年度厚生労働省がん研究助成金事業/がん研究助成第1回班会議, 東京, 2003.その他 
3. 新井誠, 糸川昌成, 山田和男, 羽賀誠一, 豊田倫子, 氏家寛, 曽良一郎, 池田和彦, 吉川武男. 統合失調症における神経細胞接着分子関連遺伝子の解析. 第36回精神神経薬物治療研究報告会, 東京, 2003.
4. 新井誠, 糸川昌成, 山田和男, 氏家寛, 曽良一郎, 吉川武男. 双極性気分障害における神経細胞接着因子 (NCAM) 遺伝子の関連研究. 第2回 Bipolar Disorder 研究会, 東京, 2003
5. 新井誠, 糸川昌成, 山田和男, 氏家寛, 曽良一郎, 吉川武男. 双極性気分障害における神経細胞接着因子 (NCAM1) 遺伝子の関連研究. 第11回日本精神行動遺伝学会, 長崎, 2003
6. 井手聡一郎, 小林秀明, 田中慶子, 沈昊偉, 氏家寛, 関根良統, 尾崎紀夫, 稲田俊也, 原野睦正, 小宮山徳太郎, 山田光彦, 伊豫雅臣, 糸川昌成, 池田和隆, 曽良一郎. Μオピオイド受容体遺伝子多型と覚醒剤依存との相関. 第24回鎮痛薬・オピオイドペプチドシンポジウム, 東京, 2003.
7. 糸川昌成. 統合失調症治療の新展開. 第32回精神研シンポジウム「精神障害治療の新展開」, 東京, 2003.
8. 糸川昌成. DNAマイクロアレイを出発点とした統合失調症の病態に関与する遺伝子の研究. 第99回日本精神神経学会総会, 東京2003.
9. 新井誠, 糸川昌成, 新井麻友美, 加藤修平, 尾形容子, 羽賀誠一, 山田和男, 豊田倫子, 氏家寛, 曽良一郎, 池田和彦, 吉川武男. 気分障害と NCAM 遺伝子多型との関連研究. 第25回日本生物学的精神医学会, 金沢, 2003
10. 新井誠, 糸川昌成, 新井麻友美, 加藤修平, 尾形容子, 羽賀誠一, 山田和男, 豊田倫子, 氏家寛, 曽良一郎, 池田和彦, 吉川武男. 統合失調症と NCAM 遺伝子多型との関連研究. 第25回日本生物学的精神医学会, 金沢, 2003
11. 糸川昌成, 新井誠, 古川愛造, 加藤修平, 尾形容子, 羽賀誠一, 氏家寛, 曽良一郎, 池田和彦, 吉川武男. 統合失調症におけるニューロペプチド Y の遺伝子解析. 第25回日本生物学的精神医学会, 金沢, 2003.
12. Zhu H, Funke B, Arai M, Lee M, Itokawa M, Morrow B, Hiroi N. A 200KB region of human chromosome 22q11 confers schizophrenia-related behavior in mice. Society for Neuroscience 33rd Annual Meeting, New Orleans, USA, 2003
13. Arai M, Itokawa M, Kato S, Ogata Y, Furukawa A, Yamada K, Toyota T, Haga S, Ujike H, Sora I, Ikeda K, Yoshikawa T. Association between a novel polymorphism in the promoter region of the neuropeptide Y gene and schizophrenia. Society for Neuroscience 33rd Annual Meeting, New Orleans, USA, 2003.
14. Arai M, Itokawa M, Yamada K, Toyota T, Haga S, Ujike H, Sora I, Ikeda K, Yoshikawa T. Association of neural cell adhesion molecule gene with schizophrenia and mood disorders. Society for Neuroscience 33rd Annual Meeting, New Orleans, USA, 2003
15. Zhu H, Funke B, Arai M, Lee M, Itokawa M, Morrow B, Hiroi N. A 200 kb region of human chromosome 22q11 confers schizophrenia-related behavior in mice. 2003 World Congress of Psychiatric Genetics, Quebec, Canada, 2003
0.その他(平成16年度)その他 
1. 小林秀昭, 井手聡一郎, 長谷川準子, 氏家寛, 尾崎紀夫, 関根吉統, 稲田俊也, 原野陸生, 小宮山徳太郎, 山田光彦, 伊豫雅臣, 岩田仲生, 岩崎和彦, 糸川昌成, 池田和隆, 曽良一郎. メタンファタミン依存とオピオイド関連受容体遺伝子多型に関する相関研究. 第34回日本神経精神薬理学会, 東京, 2004.その他 
2. 井手聡一郎, 小林秀昭, 氏家寛, 長谷川準子, 田中 (篠原) 慶子, 仲真樹, 畑春美, 池田和隆, 糸川昌成, 曽良一郎. Μオピオイド受容体遺伝子多型解析と統合失調症. 第34回日本神経精神薬理学会, 東京, 2004.その他 
3. 新井誠, 糸川昌成, 羽賀誠一, 山田和男, 豊田倫子, 氏家寛, 曽良一郎, 池田和彦, 吉川武男. 統合失調症における糖転移酵素遺伝子の解析. 第26回日本生物学的精神医学会, 東京, 2004.その他 
4. 豊田倫子, 吉次聖志, 海老原充, 山田和男, 大羽尚子, 深澤正幸, 三辺義雄, 中村和彦, 関根吉統, 武井教使, 鈴木勝昭, 糸川昌成, Mealabux J, 茂野佳美, 都丸義郎, 清水浩光, 服部栄治, 森則夫, 吉川武男. PMX2B 遺伝子の統合失調症および眼位異常に及ぼす影響. 第26回日本生物学的精神医学会, 東京, 2004.その他 
5. 糸川昌成, 新井誠, Kockelkorn TTJP, 松本浩行, 福田憲滋, 氏家寛, 曽良一郎, 吉川武男. 統合失調症における DISC1 遺伝子のプロモーター領域の解析. 第26回日本生物学的精神医学会, 東京, 2004.その他 
6. 吉川武男, 豊田倫子, 吉次聖志, 山田和男, 糸川昌成, 三辺義雄, 中村和彦, 都丸義郎, 武井教使, 熊倉徹雄, 森則夫. 精神疾患関連表現型の遺伝子解析. 第100回日本精神神経学会総会, 札幌, 2004.その他 
7. Arai M, Itokawa M, Yamada K, Toyota T, Haga S, Ujike H, Sora I, Ikeda K, Yoshikawa T. Association between polymorphisms in the promoter region of sialyltransferase gene and schizophrenia. Society for Neuroscience 34th Annual Meeting, San Diego, USA, 2004.その他 
8. Itokawa M, Arai M, Kockelkorn TTJ, Yamada K, Ujike H, Sora I, Yoshikawa T. Association study of polymorphisms in the 5' upstream region of human DISC1 gene with schizophrenia. Society for Neuroscience 34th Annual Meeting, San Diego, USA, 2004.
9. Hiroi N, Arai M, Lee M, Funke B, Agatsuma S, Yamada K, Aggarwal V, Ujike H, Sora I, Itokawa M, Yoshikawa T, Morrow B, Zhu H. A 200kb 22q11 VCFS/DGS region contributes to neuroleptic-responsive behavioral abnormalities in mice. Society for Neuroscience 34th Annual Meeting, San Diego, USA, 2004
10. Ide S, Kobayashi H, Hasegawa J, Sekine Y, Ozaki N, Inada T, Harano M, Iwata N, Komiyama T, Yamada M, Iyo M, Ujike H, Iwahashi K, Itokawa M, Arinami T, Ishiguro H, Ikeda K, Sora I. Polymorphisms in the mu-opioid receptor gene associated with methamphetamine psychosis and alcoholism. The 35th meeting of the International Narcotics Research Conference, Kyoto, Japan, 2004
11. Kobayashi H, Ide S, Hasegawa J, Naka M, Sekine Y, Ozaki N, Inada T, Harano M, Iwata N, Komiyama T, Yamada M, Iyo M, Ujike H, Ikeda K, Itokawa M, Sora I. No association between the kappa opioid gene polymorphisms and methamphetamine abuse/psychosis in Japan. The 35th Meeting of the International Narcotics Research Conference, Kyoto, Japan, 2004.
12. 井手聡一郎, 小林秀昭, 長谷川準子, 氏家寛, 関根吉統, 尾崎紀夫, 稲田俊也, 原野睦生, 岩田仲生, 小宮山徳太郎, 山田光彦, 伊豫雅臣, 岩橋和彦, 糸川昌成, 有波忠雄, 石黒浩毅, 池田和隆, 曽良一郎. ミューオピオイド受容体遺伝子多型と覚醒剤精神病、統合失調症ならびにアルコール依存症との相関解析. 第106回日本薬理学会近畿部会, 京都, 2004.その他 
0.その他(平成17年度)その他 
1. 糸川昌成. 統合失調症における関連遺伝子の発現. 第13回日本精神・行動遺伝医学会, 福岡, 2005.その他 
2. 糸川昌成. 統合失調症における神経伝達物質関連遺伝子の多型. 第28回日本神経科学大会, 横浜, 2005.その他 
3. 安田一郎, 高橋美佐子, 瀬戸隆子, 長嶋真知子, 鈴木仁, 糸川昌成, 新谷昌宏, 岩田健. 東京都健康安全研究センターにおける脱法ドラッグの分析事例. 第27回日本中毒学会総会・学術集会, 川崎, 2005.その他 
4. 小林秀昭, 仲真樹, 畑春実, 氏家寛, 尾崎紀夫, 関根吉統, 稲田俊也, 原野睦生, 岩田仲生, 小宮山徳太郎, 山田光彦, 伊豫雅臣, 沼知陽太郎, 糸川昌成, 曽良一郎. Delta-opioid receptor gene polymorphisms in MAP dependence/psychosis. 第27回日本生物学的精神医学会, 大阪, 2005.その他 
5. 石黒浩毅, 糸川昌成, 新井誠, 樋口進, 有波忠雄. Association between NCAM1 gene and alcoholism. 第27回日本生物学的精神医学会, 大阪, 2005.その他 
6. 新井誠, 中島みずほ, 小幡菜々子, 山田和男, 羽賀誠一, 豊田倫子, 氏家寛, 曽良一郎, 池田和彦, 吉川武男, 糸川昌成, Association study of the RELN gene with schizophrenia. 第27回日本生物学的精神医学会, 大阪, 2005.その他 
7. 橋本謙二, 山田和男, 大西哲生, 大羽尚子, 茂野佳美, 鷹雄瞳, 豊田倫子, 三辺義雄, 中村和彦, 清水栄司, 糸川昌成, 森則夫, 吉川武男, 伊豫雅臣. Genetic analysis of the serine racemase gene in schizophrenia. 第27回日本生物学的精神医学会, 大阪, 2005.その他 
8. 古賀農人, 福田佳子, 新井誠, 新里和宏, 入谷修二, 野口恵美子, 大槻露華, 堀内泰江, 石黒浩毅, 糸川昌成, 有波忠雄. Allelic expression of HTR2A and DNA methylation of 102T/C in brains. 第27回日本生物学的精神医学会, 大阪, 2005.その他 
9. 堀内泰江, 新井誠, 新里和宏, 野口恵美子, 大槻露華, 古賀農人, 加藤忠史, 糸川昌成, 有波忠雄. Association of a polymorphism in the PDLIM5 gene with schizophrenia. 第27回日本生物学的精神医学会, 大阪, 2005.その他 
10. 井手聡一郎, 小林秀昭, 長谷川準子, 氏家寛, 関根良統, 尾崎紀夫, 稲田俊也, 原野睦生, 岩田仲生, 小宮山徳太郎, 山田光彦, 伊豫雅臣, 岩橋和彦, 糸川昌成, 有波忠雄, 石黒浩毅, 池田和隆, 曽良一郎. ミューオピオイド受容体遺伝子多型と覚醒剤精神病、統合失調症ならびにアルコール依存症との相関解析. 第14回神経行動薬理若手研究者の集い, 横浜, 2005.その他 
11. Itokawa M. Hypoglutamatergic hypothesis: a genetic study on schizophrenia. 8th World Congress of Biological Psychiatry, Vienna, Austria, 2005.その他 
12. Horiuchi Y, Arai M, Kato T, Itokawa M, Arinami T. Association of a promoter polymorphism in the PDLIM5 gene and schizophrenia. 8th World Congress of Biological Psychiatry, Vienna, Austria, 2005. (平成16年度)その他 
0.その他(平成18年度)その他 
1. 小幡菜々子, 野原泉, 大津嘉隆, 柴田智行, 新井誠, 羽賀誠一, 古川愛造, 吉川武男, 糸川昌成. 統合失調症におけるASCT1の関連研究. 第2回日本統合失調症学会, 富山 [2007/03/24]その他 
2. 新井誠, 野原泉, 大西哲生, 岩山佳美, 黒田浩, 阿部万洋, 古川愛造, 小幡菜々子, 羽賀誠一, 山田和男, 豊田倫子, 吉川武男, 糸川昌成. 統合失調症の一卵性双生児一致例に同定したフレームシフト変異. 第2回日本統合失調症学会, 富山 [2007/03/24].その他 
3. 野原泉, 新井誠, 数藤由美子, Meerabux J, 古川愛造, 春日武彦, 小幡菜々子, 羽賀誠一, 山田和男, 豊田倫子, 吉川武男, 糸川昌成. 染色体異常を利用した統合失調症感受性遺伝子の同定. 第2回日本統合失調症学会, 富山 [2007/03/24].その他 
4. 織壁里名, 山末英典, 石田竜二, 茂末諭理子, 井上秀之, 高柳陽一郎, 伊澤良介, 糸川昌成, 鈴木道雄, 倉知正佳, 加藤進昌, 岡崎祐士, 小島卓也, 笠井清登, 須藤康彦. 覚醒剤精神病患者における両側性の海馬・扁桃体体積減少. 第2回日本統合失調症学会, 富山 [2007/03/24].その他 
5. 糸川昌成, 土井永史, 星詳子, 新井誠, 古川愛造, 氏家寛, 曽良一郎, 吉川武男. 統合失調症とneuropeptide Y遺伝子の機能性多型-485C>Tとの関連: 疾患脆弱性・抵抗性遺伝子モデルの検証. 第2回日本統合失調症学会, 富山 [2007/03/24].その他 
6. Yoshikawa T, Suzuki-Aoki M, Yamada K, Hattori E, Toyota T, Iwayama Y, Itokawa M. Strategies to identify the genetic elements underlying schizophrenia. 第2回日本統合失調症学会, 富山 [2007/03/24].その他 
7. 糸川昌成. 東京都内の精神科医療機関における未規制薬物の実態調査および覚醒剤誘発性統合失調症の検討. 厚生労働科学研究費補助金 (医薬品・医療機器等レギュラトリーサイエンス総合研究推進事業) 研究「依存性薬物および未規制薬物による神経毒性と精神病の発現機序に関する研究」平成18年度班会議, 名古屋 [2007/02/23]その他 
8. 岡崎祐士, 西田淳志, 針間博彦, 糸川昌成. 治療ガイドラインのための、統合失調症の生涯治療計画. 厚生労働省精神・神経疾患研究委託費「18指-7 統合失調症治療のガイドラインの作成とその検証に関する研究」平成18年度研究報告会, 東京 [2006/12/12].その他 
9. 糸川昌成, 新井誠, 数藤由美子, 小幡菜々子, 野原泉, 大津嘉隆, 柴田智行, 吉川武男. グリア関連分子を候補遺伝子とした統合失調症の病態に関する分子生物学的研究. 平成18年度特定領域研究「統合脳」5領域冬の公開シンポジウム, 合同領域会議, 東京 [2006/12/19].その他 
10. 岡崎祐士, 西田淳志, 針間博彦, 糸川昌成. 治療ガイドラインのための、統合失調症の症状構造. 厚生労働省精神・神経疾患研究委託費「18指-7 統合失調症治療のガイドラインの作成とその検証に関する研究」平成18年度研究報告会, 東京 [2006/12/12].その他 
11. 岡崎祐士, 西田淳志, 針間博彦, 糸川昌成. 治療ガイドラインのための、統合失調症の疾患概念: 遺伝・発達の視点から. 厚生労働省精神・神経疾患研究委託費「18指-7 統合失調症治療のガイドラインの作成とその検証に関する研究」平成18年度研究報告会, 東京 [2006/12/12].その他 
12. 松下正明, 新里和弘, 上野秀樹, 中村亮介, 入谷修司, 東儀瑞穂, 大島健一, 新井誠, 糸川昌成. 統合失調症の神経病理変化と遺伝子変異との関連研究: リーリン遺伝子多型との関連. 第39回精神神経系薬物治療研究報告会, 大阪 [2006/12/08].その他 
13. 新井誠, 数藤由美子, Meerabux J, 豊田倫子, 大羽尚子, 小幡菜々子, 野原泉, 大津嘉隆, 柴田智行, 古川愛造, 吉川武男, 糸川昌成. 染色体異常を利用した統合失調症感受性遺伝子の同定. 第39回精神神経系薬物治療研究報告会, 大阪 [2006/12/08].その他 
14. 糸川昌成. Antisense 鎖 DISC2について :第14回日本精神・行動遺伝医学会, 筑波 [2006/11/18]その他 
15. Itokawa M. Genetic analysis of a disrupted gene by translocation involving chromosomes 4 and 13 in a male with scizophrenia. 3rd Japanese-German Frontiers of Science Symposium, Heidelberg, Germany [2006/11/03]その他 
16. Watanabe A, Toyota T, Owada Y, Hashimoto K, Ishitsuka Y, Ohba H, Iwayama Y, Itokawa M, Nakaya A, Hayashi T, Maekawa M, Ohnishi T, Yamada K, Kondo H, Osumi N, Yoshikawa T Genetic architecture that defines prepulse inhibition in mice and relevance of candidate genes to schizophrenia.:Society for Neuroscience 36th Annual Meeting, Atlanta, USA [2006/10/17]その他 
17. Koga M, Ishiguro H, Arai M, Shirakawa O, Inada T, Michio T, Yoshikawa T, Itokawa M, Arinami T A search for downregulated genes in schizophrenia brains by DNA methylation screening.:Society for Neuroscience 36th Annual Meeting, Atlanta, USA [2006/10/17]その他 
18. Arai M, Obata N, Haga S, Niizato K, Yamada Y, Toyota T, Kato T, Yoshikawa T, Itokawa M Genetic and functional analyses of glial fibrillary acidic protein in schizophrenia.:Society for Neuroscience 36th Annual Meeting, Atlanta, USA [2006/10/15]その他 
19. 織壁里名, 山末英典, 石田竜二, 茂末諭理子, 井上秀之, 高柳陽一郎, 伊澤良介, 糸川昌成, 鈴木道雄, 倉知正佳, 加藤進昌, 松下正明, 小島卓也, 笹井清登, 須藤康彦. 覚醒剤精神病患者の脳形態異常海馬・扁桃体体積の予備的検討. 第8回日本ヒト脳機能マッピング学会大会, 岡崎, 2006その他 
20. 糸川昌成(2006)DISC1 antisense 鎖 DISC2について :第14回日本精神・行動遺伝医学会, 筑波 [2006/11/18]その他 
21. 小幡菜々子, 新井誠, 羽賀誠一, 大津嘉隆, 野原泉, 柴田智行, 牛頭峰一, 古川愛造, 吉川武男, 糸川昌成 (2006) Association study of ASCT1 and ASCT2 genes with schizophrenia. 第28回日本生物学的精神医学会, 名古屋 [2006/09/16].その他 
22. 新井誠, 小幡菜々子, 羽賀誠一, 新里和弘, 山田和男, 岩山佳美, 豊田倫子, 加藤忠史, 吉川武男, 糸川昌成 (2006) Genetic analysis of glial fibrillary acidic protein in schizophrenia. 第28回日本生物学的精神医学会, 名古屋 [2006/09/16].その他 
23. 羽賀誠一, 小幡菜々子, 新井誠, 石塚公子, 澤明, 吉川武男, 糸川昌成 (2006) Role of DISC2: an overlapping antisense for DISC2. 第28回日本生物学的精神医学会, 名古屋 [2006/09/16].その他 
24. 古賀農人, 新井誠, 白川治, 糸川昌成, 稲田俊也, 融道男, 有波忠雄 (2006) Gene search in association with schizophrenia using DNA methylation as an index. 第28回日本生物学的精神医学会, 名古屋 [2006/09/16].その他 
25. 織壁里名, 山末英典, 石田竜二, 茂末諭理子, 井上秀之, 高柳陽一郎, 伊澤良介, 糸川昌成, 鈴木道雄, 倉知正佳, 加藤進昌, 岡崎祐士, 小島卓也, 笠井清登, 須藤康彦 (2006) Neuroanatomical substrates of methamphetamine psychosis. 第28回日本生物学的精神医学会, 名古屋 [2006/09/14].その他 
26. 堀内泰江, 古賀農人, 大槻露華, 石黒弘毅, 新井誠, 新里和弘, 糸川昌成, 村竹辰之, 染谷俊幸, 稲田俊也, 氏家寛, 有波忠雄 (2006) Association study of the PPP3CC gene and schizophrenia. 第28回日本生物学的精神医学会, 名古屋 [2006/09/14].その他 
27. 糸川昌成, 吉川武男 (2006) Neurodevelopment and brain morphology of schizophrenia: evidence from genetic studies. 第28回日本生物学的精神医学会, 名古屋 [2006/09/14].その他 
28. 糸川昌成, 新井誠, 数藤由美子, 小幡菜々子, 牛頭峰一, 野原泉, 大津嘉隆, 柴田智行, 吉川武男 (2006) グリア関連分子を候補遺伝子とした統合失調症の病態に関する分子生物学的研究. 平成18年度科学研究費補助金「特定領域研究」第5領域「病態脳」夏のワークショップ (班会議), 札幌 [2006/08/22].その他 
29. 糸川昌成, 新井誠, 入谷修司, 新里和弘, 氏家寛, 曽良一郎, 吉川武男 (2006) 死後脳を用いたReelin, NCAM1遺伝子と統合失調症の関連研究. 独立行政法人科学技術振興機構 (JST) 戦略的創造研究推進事業 (CREST)「テーラーメイド医療を目指したゲノム情報活用基盤技術」第2回公開シンポジウム, 東京 [2006/08/01].その他 
30. 土井永史, 星詳子, 糸川昌成, 臼井千恵, 吉川武男 (2006) Paradox of Schizophrenia Genetics. 第26回御茶ノ水精神生理研究会, 東京 [2006/07/16].その他 
31. 織壁里名, 山末英典, 石田竜二, 茂末諭理子, 井上秀之, 高柳陽一郎, 伊澤良介, 糸川昌成, 鈴木道雄, 倉知正佳, 加藤進昌, 松下正明, 小島卓也, 笹井清登, 須藤康彦. 覚醒剤精神病患者の脳形態異常 海馬・扁桃体体積の予備的検討. 第8回日本ヒト脳機能マッピング学会大会, 岡崎, 2006 (平成17年度).その他 
0.その他(平成19年度)その他 
1. Arai M, Yuzawa H, Nohara I, Haga S, Ohnishi T, Obata N, Toyota T, Ujike H, Matsushita M, Okazaki Y, Yoshikawa T, Miyata T, Itokawa M. A novel frameshift mutation of a zinc metalloenzyme identified in a monozygotic twin concordant for schizophrenia. 第3回日本統合失調症学会, 東京 [2008/03/15]その他 
2. 石黒浩毅, 堀内泰江, 古賀農人, 稲田俊也, 岩田仲生, 尾崎紀夫, 氏家寛, 糸川昌成, 功刀浩, 佐々木司, 渡部雄一郎, 染矢俊幸, 有波忠雄. 統合失調症におけるカナビノイド2型受容体の役割. 第3回日本統合失調症学会, 東京 [2008/03/14]その他 
3. 糸川昌成, 小幡菜々子, 新井誠, 野原泉, 羽賀誠一, 豊田倫子, 山田和男, 古川愛造, 曽良一郎, 橋本亮太, 氏家寛, 吉川武男. 統合失調症におけるDISC1遺伝子の稀な変異の解析. 第3回日本統合失調症学会, 東京 [2008/03/14]その他 
4. 糸川昌成, 新井誠, 数藤由美子, 小幡菜々子, 野原泉, 羽賀誠一, 吉川武男. グリア関連分子を候補遺伝子とした統合失調症の病態に関する分子生物学的研究. 平成19年度特定領域研究「統合脳」5領域冬の公開シンポジウム, 合同領域会議, 東京 [2007/12/24]その他 
5. 曽良一郎, 小松浩, 井手聡一郎, 阿部裕美, 城戸幹太, 高橋雅彦, 糸川昌成, 池田和隆.神経障害性疼痛の疾患脆弱性に関する遺伝子解析.平成18年度厚生労働省がん研究助成事業「がん患者に対する支持療法及び緩和療法の技術の向上に関する研究」第1回班会議[2007/11/09]その他 
6. 糸川昌成. 遺伝子研究による病態解明: 稀な症例を出発点とするこころみ. 第36回精神研シンポジウム「統合失調症の脳科学」, 東京 [2007/11/26]その他 
7. Arai M, Haga S, Ohnishi T, Nohara I, Obata N, Niizato K, Izawa R, Furukawa A, Iwayama Y, Toyota T, Yoshikawa T, Itokawa M. A novel frameshift mutation of a zinc metalloenzyme identified in a monozygotic twin concordant for schizophrenia. Society for Neuroscience 37th Annual Meeting, SanDiego, USA [2007/11/06]その他 
8. 羽賀誠一, 新井誠, 大西哲生, 野原泉, 岩山佳美, 新里和弘, 伊澤良介, 黒田浩, 阿部万洋, 古川愛造, 小幡菜々子, 豊田倫子, 吉川武男, 糸川昌成. 統合失調症の一卵性双生児一致例に同定したフレームシフト変異. 第29回日本生物学的精神医学会, 札幌 [2007/07/12]その他 
9. 新井誠, 大西哲生, 羽賀誠一, 野原泉, 新里和弘, 伊澤良介, 黒田浩, 阿部万洋, 古川愛造, 小幡菜々子, 豊田倫子, 吉川武男, 糸川昌成. 遺伝子変異からの統合失調症感受性遺伝子の同定. 第29回日本生物学的精神医学会, 札幌 [2007/07/12]その他 
10. 小幡菜々子, 新井誠, 野原泉, 羽賀誠一, 古川愛造, 豊田倫子, 山田和男, 吉川武男, 糸川昌成. 統合失調症におけるDISC1遺伝子の稀な変異の解析. 第29回日本生物学的精神医学会, 札幌 [2007/07/12]その他 
11. 織壁里名, 山末英典, 石田竜二, 井上秀之, 高柳陽一郎, 糸川昌成, 鈴木道雄, 倉知正佳, 岡崎祐士, 笠井清登. 覚醒剤精神病患者における統合失調症と共通または特異的な脳形態異常部位の同定. 第29回日本生物学的精神医学会, 札幌 [2007/07/12]その他 
12. 糸川昌成, 新井誠, 数藤由美子, 小幡菜々子, 野原泉, 羽賀誠一, 吉川武男. 稀な症例を出発点とした統合失調症の病態研究. 平成19年度文科省科学研究費補助金「特定領域研究」第5領域「病態脳」夏のワークショップ (班会議), 札幌 [2007/08/21] (平成18年度)その他 
0.その他(平成20年度)その他 
1. 糸川昌成. ドパミン受容体遺伝子多型と精神疾患. 第82回日本薬理学会年会, 横浜 [2009/03/17]その他 
2. Itokawa M. Genetic study on schizophrenia started from a rare case. The 1st Asian Workshop on Schizophrenia Research, 吹田 [2009/01/31]その他 
3. 新井誠, 野原泉, 小幡菜々子, 新井麻友美, 羽賀誠一, 大西哲生, 豊田倫子, 田中陽子, 氏家寛, 岡崎祐士, 吉川武男, 宮田敏男, 糸川昌成. 稀少変異アプローチによる統合失調症の病態解析. 第4回日本統合失調症学会, 吹田 [2009/01/31]その他 
4. 前田直彦, 羽賀誠一, 小幡菜々子, 野原泉, 田中陽子, 新井麻友美, 新井誠, 高橋哲夫, 糸川昌成. 染色体均衡転座を持つ男性統合失調症から同定されたDISC-Mのresequence解析. 第4回日本統合失調症学会, 吹田 [2009/01/31]その他 
5. 田中陽子, 新井誠, 小幡菜々子, 野原泉, 新井麻友美, 前田直彦, 羽賀誠一, 糸川昌成. 統合失調症におけるMethylenetetrahydrofolatereductase(MTHFR)の遺伝子解析. 第4回日本統合失調症学会, 吹田 [2009/01/31]その他 
6. 高柳陽一郎, 中村主計, 高橋努, 川崎康弘, 織壁里名, 豊田英真, 糸川昌成, 山末英典, 笠井清登, 岡崎祐士, 松下正明, 鈴木道雄, 倉知正佳 (2009) 関心領域法を用いた脳MRI画像による、初回エピソード統合失調症患者と健常者の判別分析. 第4回日本統合失調症学会, 吹田 [2009/01/30]その他 
7. 糸川昌成, PLEと遺伝的検索. 平成20年度厚生労働省科学研究費補助金こころの健康科学研究事業「思春期精神病理の疫学と精神疾患の早期介入方策に関する研究」第2回班会議, 松沢病院, 東京 [2009/01/25]その他 
8. 新井誠, 野原泉, 小幡菜々子, 湯澤公子, 羽賀誠一, 大西哲生, 豊田倫子, 曽良一郎, 氏家寛, 松下正明, 岡崎祐士, 吉川武男, 宮田敏男, 糸川昌成. 遺伝子変異症例からの統合失調症感受性遺伝子の同定. 第81回日本生化学会大会, 神戸 [2008/12/11]その他 
9. 糸川昌成, 新井誠, 小幡菜々子, 野原泉, 新井麻友美, 羽賀誠一, 吉川武男. 大きな遺伝子効果を利用した統合失調症の原因研究. 平成20年度文部科学省特定領域研究「統合脳」第5領域班会議, 東京 [2008/12/14]その他 
10. Koga M, Ishiguro H, Yuzaki S, Arai M, Inada T, Itokawa M, Arinami T. A search for schizophrenia associated genes regulated by epigenetical gene expression. Society for Neuroscience 38th Annual Meeting, Washington DC, USA [2008/11/18]その他 
11. Arai M, Nohara I, Obata N, Haga S, Yuzawa H, Ohnishi T, Toyota T, Sora I, Okazaki Y, Ujike H, Yoshikawa T, Miyata T, Itokawa M. Detection of a vulnerable gene for schizophrenia by investigating a case carrying a rare mutation. Society for Neuroscience 38th Annual Meeting, Washington DC, USA [2008/11/18]その他 
12. 羽賀誠一, 糸川昌成, 新井誠, 数藤由美子, 前田直彦, 小幡菜々子, 野原泉, 新井麻友美, 田中陽子, 大西哲生, 松下正明, 岡崎祐士, 吉川武男. 染色体異常をともなった統合失調症を利用した病態解明の研究. 第41回精神神経系薬物治療研究報告会, 豊中 [2008/12/05]その他 
13. 新里和弘, 岡崎祐士, 中村亮介, 大島健一, 東儀瑞穂, 野中俊宏, 新井誠, 糸川昌成. 統合失調症死後脳における海馬の細胞構築異常と遺伝子変異との関連研究. 第41回精神神経系薬物治療研究報告会, 豊中 [2008/12/05]その他 
14. Itokawa M. Hypoglutamatergic hypothesis: a genetic study on schizophrenia. 13th Pacific Rim College of Psychiatrists Scientific Meeting, Tokyo [2008/11/01]その他 
15. 河上緒, 梅津寛, 大澤達哉, 石川陽一, 小椋哲, 糸川昌成, 岡崎祐士 (2008) 網膜色素変性症と統合失調症を合併した兄弟の弟例. 東京精神医学会第84回学術集会, 東京 [2008/10/25]その他 
16. Itokawa M, Arai M, Obata N, Nohara I, Arai M, Haga S, Maeda N, Tanaka Y. Molecular mechanism of brain and mind: investigation regarding pathophysiology of schizophrenia. 首都大バイオコンファレンス2008, 八王子 [2008/10/23]その他 
17. Itokawa M, Arai M, Suto Y, Haga S, Obata N, Nohara I, Arai M, Maeda N, Tanaka Y, Yamada K, Toyota T, Matsushita M, Okazaki Y, Yoshikawa T. A gene disrupted by a chromosomal translocation in 4p15.2 was associated with schizophrenia. XVIth World Congress on Psychiatric Genetics, Osaka [2008/10/14]その他 
18. Ishiguro H, Koga M, Horiuchi Y, Noguchi E, Arai M, Niizato K, Iritani S, Itokawa M, Kakita A, Takahashi H, Nawa H, Arinami T. Supportive evidence for reduced expression of GNB1L in schizophrenia. XVIth World Congress on Psychiatric Genetics, Osaka [2008/10/14]その他 
19. Doi N, Hoshi Y, Itokawa M, Usui C, Yoshikawa T. Testing genetic models and candidate genes for schizophrenia from an evolutionary viewpoint. XVIth World Congress on Psychiatric Genetics, Osaka [2008/10/14]その他 
20. Doi N, Hoshi Y, Itokawa M, Usui C, Yoshikawa T, Utena H. Mitochondrial DNA hypothesis of schizophrenia: an integration of epidemiological and pathophysiological aspects. XVIth World Congress on Psychiatric Genetics, Osaka [2008/10/14]その他 
21. Koga M, Ishiguro H, Yazaki S, Arai M, Inada T, Itokawa M, Arinami T. A search for Schizophrenia associated genes regulated by epigenetical gene expression. XVIth World Congress on Psychiatric Genetics, Osaka [2008/10/14]その他 
22. 糸川昌成. 都精神研における統合失調症研究. 精神疾患の分子神経生物学的研究のためのワークショップ-米国・日本の研究教育機関における研究の取り組み-, 東京[2008/10/10]その他 
23. 新井誠, 野原泉, 小幡菜々子, 湯沢公子, 羽賀誠一, 大西哲生, 豊田倫子, 曽良一郎, 氏家寛, 松下正明, 岡崎祐士, 吉川武男, 宮田敏男, 糸川昌成. 稀な遺伝子変異をもつ症例からの統合失調症感受性遺伝子の同定. 第30回日本生物学的精神医学会, 富山 [2008/09/13]その他 
24. 田中陽子, 新井誠, 羽賀誠一, 小幡菜々子, 野原泉, 前田直彦, ロバート・ランベルト, 糸川昌成. 統合失調症におけるMethylenetetrahydrofolatereductase(MTHFR)の遺伝子解析. 第30回日本生物学的精神医学会, 富山 [2008/09/12]その他 
25. 羽賀誠一, 前田直彦, 新井誠, 小幡菜々子, 野原泉, 田中陽子, 糸川昌成. 統合失調症のde novo均衡転座を伴う1症例から見出したDISC-Mのbinding partnersの単離. 第30回日本生物学的精神医学会, 富山 [2008/09/12]その他 
26. 前田直彦, 新井誠, 小幡菜々子, 野原泉, 羽賀誠一, 田中陽子, 糸川昌成. 染色体均衡転座を持つ男性統合失調症から同定されたDISC-Mのresequence解析. 第30回日本生物学的精神医学会, 富山 [2008/09/12]その他 
27. 豊田英真, 山末英典, 織壁里名, 石井竜二, 井上秀之, 高柳陽一郎, 糸川昌成, 鈴木道雄, 倉知正佳, 岡崎祐士, 笠井清登. 覚醒剤精神病患者における統合失調症と共通または特異的な脳形態異常部位の同定. 第30回日本生物学的精神医学会, 富山 [2008/09/11]その他 
28. 糸川昌成. 稀な症例を出発点とした統合失調症の遺伝子研究. 第51回日本神経化学会大会, 富山 [2008/09/12]その他 
29. 糸川昌成. 大きな遺伝子効果を利用した統合失調症の病因研究. 平成20年度特定領域研究「統合脳」夏のワークショップ, 合同班会議, 統合シンポジウム, 札幌 [2008/08/09] (平成19年度)その他 
0.その他(平成21年度)その他 
1. 前田直彦, 羽賀誠一, 小幡菜々子, 野原泉, 新井麻友美, 大出智美, 田中陽子, 市川智恵, 新井誠, 高橋哲夫, 岡崎祐士, 吉川武男, 糸川昌成. 染色体均衡転座を持つ男性統合失調症患者から同定されたDISC-Mのresequence解析. 第5回日本統合失調症学会, 福岡 [2010/03/27]その他 
2. 小幡菜々子, 新井誠, 新井麻友美, 市川智恵, 田中陽子, 野原泉, 吉川武男, 岡崎祐士, 糸川昌成. 統合失調症の病態に関わる代謝カスケード遺伝子群のresequence解析. 第5回日本統合失調症学会, 福岡 [2010/03/26]その他 
3. 市川智恵, 新井誠, 野原泉, 小幡菜々子, 新井麻友美, 田中陽子, 新里和弘, 岡崎祐士, 土井永史,糸川昌成. 統合失調症患者におけるミトコンドリアDNAの遺伝子解析. 第5回日本統合失調症学会, 福岡 [2010/03/26]その他 
4. 新井誠, 糸川昌成, 吉川武男, 有波忠雄, 氏家寛, 尾崎紀夫, 橋本亮太, 笠井清登, 橋本謙二, 森則夫, 岩田仲生, 岡崎祐士, 宮田敏男. 統合失調症の病態におけるカルボニルストレス代謝制御に関する研究. 第5回日本統合失調症学会, 福岡 [2010/03/26]その他 
5. 高柳陽一郎, 高橋努, 増田尚久, 川崎康弘, 中村主計, 織壁里名, 茂末諭理子,糸川昌成, 岡崎祐士, 鈴木道雄. 初回エピソード統合失調症における眼窩前頭皮質の形態研究. 第5回日本統合失調症学会, 福岡 [2010/03/26]その他 
6. 糸川昌成, 新井誠, 湯澤公子, 市川智恵, 大西哲生, 豊田倫子, 伊豫雅臣, 松澤大輔, 橋本謙二, 中村和彦, 森則夫, 福本素由乙, 橋本亮太, 久島周, 尾崎紀夫, 小池進介, 滝沢龍, 笠井清登, 岩田仲生, 有波忠雄, 石黒浩毅, 今村明, 稲田俊也, 氏家寛, 岡崎祐士, 吉川武男, 宮田敏男. カルボニルストレス性統合失調症の病態研究. 第17回日本精神・行動遺伝医学会, 高槻 [2010/02/11]その他 
7. 糸川昌成. 臨床家だからできる統合失調症研究 [講演]. 第6回統合失調症研究会, 都市センターホテル, 東京 [2010/02/06]その他 
8. 市川智恵, 新井誠, 羽賀誠一, 数藤由美子, 前田直彦, 小幡菜々子, 野原泉, 新井麻友美, 田中陽子, 大西哲生, 松下正明, 岡崎祐士, 渡辺明子, 吉川武男, 糸川昌成. 染色体異常をともなった統合失調症を利用した病態解明の研究. :第42回精神神経系薬物治療研究報告会, 豊中 [2009/12/04]その他 
9. 新井誠, 湯澤公子, 小幡菜々子, 新井麻友美, 野原泉, 市川智恵, 西田淳志, 大西哲生, 豊田倫子, 曽良一郎, 氏家寛, 松下正明, 岡崎祐士, 吉川武男, 宮田敏男, 糸川昌成. 稀な遺伝子変異症例の分子基盤に基づく統合失調症の診断・治療法の開発.第42回精神神経系薬物治療研究報告会, 豊中 [2009/12/04]その他 
10. 糸川昌成, 新井誠, 市川智恵, 西田淳志, 大西哲生, 豊田倫子, 氏家寛, 岡崎祐士, 吉川武男, 宮田敏男. カルボニルストレス性統合失調症の診断と治療の最先端. 第19回日本メイラード学会学術総会, 金沢 [2009/11/20]その他 
11. 吉田眞理, 櫻井信夫, 三室マヤ, 橋詰良夫, 新井哲明, 長谷川成人, 新井誠, 糸川昌成,秋山治彦. TDP-43 G298S変異示す認知症を伴う家族性ALS. 日本認知症学会 仙台その他 
12. 新井誠, 市川智恵, 西田淳志, 大西哲生, 豊田倫子, 氏家寛, 岡崎祐士, 吉川武男, 宮田敏男, 糸川昌成. カルボニルストレス性統合失調症の病態に関する研究.第19回日本メイラード学会学術総会, 金沢 [2009/11/20]その他 
13. Tamaoka A, Arai M, Itokawa M, Arai T, Hasegawa M, Tsuchiya K, Takuma H, Tsuji H, Ishii A, Watanabe M, Takahashi Y, Goto J, Tsuji S, Akiyama H. TDP-43 M337V mutation in familial amyotrophic lateral sclerosis in Japan.:Society for Neuroscience 39th Annual Meeting, Chicago, USA [2009/10/18]その他 
14. Niizato K, Oshima K, Nonaka T, Togi M, Nakamura R, Arai T, Okazaki Y, Arai M, Itokawa M. Association study for neuropathological findings and schizophrenia-related genes polymorphisms. Society for Neuroscience 39th Annual Meeting, Chicago, USA [2009/10/19]その他 
15. 新井誠, 湯澤公子, 小幡菜々子, 野原泉, 新井麻友美, 市川智恵, 豊田倫子, 大西哲生, 氏家寛, 曽良一郎, 岡崎祐士, 吉川武男, 宮田敏男, 糸川昌成. カルボニルストレス性統合失調症の病態に関する研究. 第82回日本生化学会大会, 神戸 [2009/10/24]その他 
16. Itokawa M. A novel concept of mental illness: A carbonyl stress induced schizophrenia-a glyoxalase 1 deficit pedigree with psychosis. 10th International Symposium on the Maillard Reaction, Cairns, Australia [2009/08/31]その他 
17. 糸川昌成, 吉川武男. 大きな遺伝子効果を利用した統合失調症の病因研究. 平成21年度特定領域研究「統合脳」夏のワークショップ, 合同班会議, 札幌 [2009/08/10]その他 
18. 糸川昌成, 新井誠, 市川智恵. 統合失調症の診断・治療法の開発. 第8回国際バイオフォーラム&国際バイオEXPO, 東京ビッグサイト, 東京 [2009/07/01-03]その他 
19. 糸川昌成, 新井誠. 介入研究と並行する遺伝子解析研究. 平成21年度厚生労働省科学研究費補助金こころの健康科学研究事業「思春期精神病理の疫学と精神疾患の早期介入方策に関する研究」第1回班会議, 東京 [2009/06/14]その他 
20. 新井誠, 湯澤公子, 野原泉, 小幡菜々子, 羽賀誠一, 大西哲生, 豊田倫子, 氏家寛, 曽良一郎, 岡崎祐士, 吉川武男, 宮田敏男, 糸川昌成. カルボニルストレス性統合失調症の病態に関する研究. 第31回日本生物学的精神医学会, 京都 [2009/04/25]その他 
21. 高柳陽一郎, 中村主計, 川崎康弘, 高橋努, 織壁里名, 豊田英真, 茂末諭理子, 糸川昌成, 佐藤洋子, 山末英典, 笠井清登, 倉知正佳, 岡崎祐士, 鈴木道雄. 関心領域法を用いた脳構造による初回エピソード統合失調症患者と健常者の判別. 第31回日本生物学的精神医学会, 京都 [2009/04/25]その他 
22. 金子尚史, 渡部雄一郎, 布川綾子, 村竹辰之, 有波忠雄, 氏家寛, 稲田俊也, 岩田仲生, 功刀浩, 糸川昌成, 音羽健司, 尾崎紀夫, 染矢俊幸. 二段階サンプルによる関節リウマチ感受性遺伝子と統合失調症との関連研究. 第31回日本生物学的精神医学会, 京都 [2009/04/25]その他 
23. 前田直彦, 羽賀誠一, 小幡菜々子, 野原泉, 田中陽子, 新井麻友美, 新井誠, 市川智恵, 高橋哲夫, 糸川昌成. 染色体均衡転座を持つ男性統合失調症から同定されたDISC-Mのresequence解析. 第31回日本生物学的精神医学会, 京都 [2009/04/24]その他 
24. 糸川昌成, 羽賀誠一, 前田直彦, 小幡菜々子, 野原泉, 新井麻友美, 市川智恵, 田中陽子, 大西哲生, 豊田倫子, 氏家寛, 曽良一郎, 岡崎祐士, 吉川武男. 統合失調症のde novo均衡転座を伴う1症例から見出したDISC-Mのbinding partnersの単離. 第31回日本生物学的精神医学会, 京都 [2009/04/24] (平成20年度)その他 
0.その他(平成22年度)その他 
1. 市川智恵, 新井誠, 宮下光弘, 野原泉, 小幡菜々子, 新井麻友美, 田中陽子, 大島健一, 新里和弘, 岡崎祐士, 土井永史, 糸川昌成 (2011) 統合失調症患者由来ミトコンドリアDNAの遺伝子解析. 第6回日本統合失調症学会, 福島 [2011/03/25]その他 
2. 新井誠, 市川智恵, 宮下光弘, 新麻友美, 小幡菜々子, 野原泉, 杉岡大輝, 岡崎祐士, 吉川武男, 有波忠雄, 久島周, 尾崎紀夫, 福本素由乙, 橋本亮太, 小池進介, 滝沢龍, 笠井清登, 宮田敏男, 湯澤公子, 糸川昌成 (2011) 統合失調症におけるカルボニルストレス回避機構の研究. 第6回日本統合失調症学会, 福島 [2011/03/25]その他 
3. 大西哲生, 山田一之, 有馬史子, 新井誠, 渡辺明子, 大羽尚子, ガイ オルンサナライ, 市川智恵, 岩山佳美, 山田和男, 宮下光弘, 前川素子, 真鍋俊也, マーフィー ニール, 糸川昌成, 吉川武男. 染色体転座を伴う統合失調症-症例における異常候補遺伝子ノックアウトマウスの表現型. 第6回日本統合失調症学会, 福島 [2011/03/26]その他 
4. 宮下光弘, 新井誠, 市川智恵, 新井麻友美, 小幡菜々子, 野原泉, 杉岡大輝, 岡崎祐士, 吉川武男, 天野直二, 糸川昌成. 統合失調症におけるAGE受容体の遺伝子解析. 第6回日本統合失調症学会, 福島 [2011/03/25]その他 
5. 杉岡大輝, 新井誠, 市川智恵, 新井麻友美, 小幡菜々子, 野原泉, 宮下光弘, 高橋哲生, 糸川昌成. 統合失調症におけるSNAT遺伝子の解析. 第6回日本統合失調症学会, 福島 [2011/03/25]その他 
6. 糸川昌成. カルボニルストレス性統合失調症の病態および治療法の解明. 第7回統合失調症研究会, 東京 [2011/02/05]その他 
7. 新井誠, 宮下光弘, 市川智恵, 糸川昌成. カルボニルストレス性統合失調症と関連するrare variants探索. 新学術領域研究「パーソナルゲノム情報」平成22年度第2回班会議, 東京 [2010/12/17]その他 
8. 糸川昌成, 新井誠, 市川智恵, 宮下光弘. 統合失調症. 新学術領域研究「パーソナルゲノム情報」平成22年度第2回班会議, 東京 [2010/12/17]その他 
9. 新井誠, 市川智恵, 宮下光弘, 新井麻友美, 小幡菜々子, 野原泉, 湯澤公子, 大西哲生, 豊田倫子, 氏家寛, 有波忠雄, 久島周, 尾崎紀夫, 福本素由乙, 橋本亮太, 小池進介, 滝沢龍, 笠井清登, 橋本謙二, 山本博, 渡邉琢夫, 宮田敏男, 吉川武男, 岡崎祐士, 糸川昌成. 統合失調症の病因と病態に関する代謝カスケード分子群の研究. 第43回精神神経系薬物治療研究報告会, 豊中 [2010/12/03]その他 
10. 糸川昌成, 新井誠, 市川智恵, 宮下光弘, 新井麻友美, 小幡菜々子, 野原泉, 新里和弘, 大島健一, 岡崎祐士 (2010) 大きな機能変化をともなう稀な遺伝子異常を利用した統合失調症の病態研究. 第43回精神神経系薬物治療研究報告会, 豊中 [2010/12/03]その他 
11. 糸川昌成. 脳科学研究から見えてきた統合失調症の病態および治療と予防の展開. 第39回精神研シンポジウム「精神医学研究の到達点と展望」, 東京 [2010/11/22]その他 
12. 新井誠, 市川智恵, 宮下光弘, 西田淳志, 新井麻友美, 小幡菜々子, 野原泉, 岡崎祐士, 大西哲生, 豊田倫子, 吉川武男, 有波忠雄, 氏家寛, 久島周, 尾崎紀夫, 福本素由乙, 橋本亮太, 小池進介, 滝沢龍, 笠井清登, 宮田敏男, 渡邉琢夫, 山本博, 糸川昌成. カルボニルストレスを呈する統合失調症の代謝制御に関する研究. 第32回日本生物学的精神医学会, 北九州 [2010/10/08]その他 
13. 市川智恵, 新井誠, 宮下光弘, 野原泉, 小幡菜々子, 新井麻友美, 田中陽子, 大島健一, 新里和弘, 岡崎祐士, 土井永史, 糸川昌成. 統合失調症患者剖検脳および末梢血におけるミトコンドリアDNAの遺伝子解析. 第32回日本生物学的精神医学会, 北九州 [2010/10/08]その他 
14. 宮下光弘, 新井誠, 市川智恵, 新井麻友美, 小幡菜々子, 野原泉, 杉岡大輝, 岡崎祐士, 吉川武男, 天野直二, 糸川昌成. 統合失調症におけるAGE受容体の遺伝子解析. 第32回日本生物学的精神医学会, 北九州 [2010/10/08]その他 
15. 布川綾子, 渡部雄一郎, 金子尚史, 須貝拓朗, 矢崎沙織, 有波忠雄, 氏家寛, 稲田俊也, 岩田仲生, 功刀浩, 佐々木司, 糸川昌成, 尾崎紀夫, 橋本亮太, 染矢俊幸. ドパミンD3受容体遺伝子と統合失調症のリスク. 第32回日本生物学的精神医学会, 北九州 [2010/10/08]その他 
16. 渡部雄一郎, 天金秀樹, 金子尚史, 布川綾子, 村竹辰之, 石黒浩毅, 有波忠雄, 氏家寛, 稲田俊也, 岩田仲生, 功刀浩, 佐々木司, 橋本亮太, 糸川昌成, 尾崎紀夫, 染矢俊幸. ミオシン重鎖9遺伝子は統合失調症と関連しない. 第32回日本生物学的精神医学会, 北九州 [2010/10/08]その他 
17. 糸川昌成, 新井誠, 市川智恵, 宮下光弘, 渡辺琢夫, 橋本亮太, 尾崎紀夫, 氏家寛, 岩田仲生, 稲田俊也, 笠井清登, 吉川武男, 岡崎祐士, 有波忠, 山本博, 宮田敏男. 代謝カスケード障害としての統合失調症の病態解明. 第18回日本精神・行動遺伝医学会, 仙台 [2010/09/18]その他 
18. 新井誠, 市川智恵, 宮下光弘, 糸川昌成. 統合失調症のメタボロミクス解析. 文部科学省科学研究補助金新学術領域研究「パーソナルゲノム情報に基づく脳疾患メカニズムの解明」平成22年度第1回班会議, 神戸 [2010/08/20]その他 
19. 糸川昌成. 統合失調症を含む精神疾患の病態に関与する網羅的rare variantsの探索. 文部科学省科学研究補助金新学術領域研究「パーソナルゲノム情報に基づく脳疾患メカニズムの解明」平成22年度第1回班会議, 神戸 [2010/08/20]その他 
20. 玉岡晃, 辻浩史, 詫間浩, 新井誠, 小幡菜々子, 糸川昌成, 新井哲明, 長谷川成人, 塩谷彩子, 石井亜紀子, 石井一弘, 秋山治彦. SOD1遺伝子変異L144FVXを有する家族性ALSの臨床的特徴について. 第51回日本神経学会総会, 東京 [2010/05/20]その他 
0.招待講演(平成23年度)招待講演
1. *新井誠, 宮下光弘, 市川智恵, 豊田倫子, 大西哲生, 吉川武男, 有波忠雄, 岡崎祐士, 久島周, 尾崎紀夫, 福本素由乙, 橋本亮太, 武田雅俊, 小池進介, 滝沢龍, 笠井清登, 山本博, 渡邉琢夫, 宮田敏男, 糸川昌成. カルボニルストレスと早期診断・治療・予防. 第15階日本精神保健・予防学会学術集会.2011.12.04, 東京招待講演
2. *糸川昌成, 新井誠, 宮下光弘, 市川智恵, 岡崎祐士, 小池進介, 滝沢龍, 笠井清登, 山本博, 渡邉琢夫, 段孝, 宮田敏男. カルボニルストレス性統合失調症の病態解明と治療法の研究. 第21回 日本メイラード学会年会. 2011.10.28, 東京.招待講演
3. *糸川昌成. 研修2 日常臨床から研究テーマをどのように得るのか. 第107回 日本精神神経学会学術総会. 2011.10.26, 東京.招待講演
4. *糸川昌成, 新井誠, 市川智恵, 宮下光弘, 岡崎祐士. シンポジウムⅡ 認知症医学の最先端. 第26回日本老年精神医学会. 2011.06.16, 東京.招待講演
5. *糸川昌成(演者). イブニングセミナー2 臨床家がなぜ研究をするのか-日本人だからこそ発見できる統合失調症研究-. 第33回 日本生物学的精神医学会. 2011.05.21, 東京.招待講演
0.その他(平成23年度)その他 
1. 糸川昌成. -統合失調症ゲノム研究の進歩-「統合失調症の分子病態研究からみた早期治療の可能性と展望」. 第2回精神科早期治療研究会(REFORM), 東京 [2012/03/31]その他 
2. Takayanagi Y, Takahahi T, Orikabe L, Mozue Y, Kawasaki Y, Nakamura K, Sato Y, Itokawa M, Yamasue H, Kasai K, Kurachi M, Okazaki Y, Suzuki M. Classification of first-episode schizophrenia patients and healthy subjects by automated MRI measures of regional brain volume and cortial thickness. The 7th Annual of Japanese Society of Schizopherenia Research, Tokyo [2012/03/17]その他 
3. 大西哲生, 渡辺明子, 大羽尚子, 豊島学, 山田一之, 新井誠, 市川智恵, 岩山佳美, 宮下光弘, 糸川昌成, 吉川武男. 統合失調症関連遺伝子DISC‐Mが制御する遺伝子ネットワークの同定. 第7回日本統合失調症学会, 東京 [2012/03/17]その他 
4. 宮下光弘, 新井誠, 市川智恵, 新井麻友美, 小幡菜々子, 野原泉, 岡崎祐士, 吉川武男, 天野直二, 渡邉琢夫, 山本博, 糸川昌成. 統合失調症におけるAGER遺伝子多型とesRAGE血中濃度との関連. 第7回日本統合失調症学会, 東京 [2012/03/16]その他 
5. 市川智恵, 新井誠, 宮下光弘, 新井麻友美, 野原泉, 小幡菜々子, 大島健一, 新里和弘, 岡崎祐士, 土井永史, 糸川昌成. 統合失調症患者末梢血におけるミトコンドリアDNAの遺伝子解析. 第7回日本統合失調症学会, 東京 [2012/03/16]その他 
6. 糸川昌成, 西川徹 [座長].ポスターセッションⅠ. 第7回日本統合失調症学会, 東京 [2012/03/16]その他 
7. 糸川昌成, 新井誠, 市川智恵, 宮下光弘. Rare variantをきっかけとする統合失調症の病態研究. 新学術領域疾患パーソナルゲノム 平成23年度第2回班会議, 東京[2012/02/18]その他 
8. Itokawa M, Arai M, Miyashita M, Ichikawa T, Okazaki Y, Koike S, Takizawa R, Kasai K, Yamamoto H, Watanabe T, Dan T, Miyata T. Carbonyl stress in phychiatric disorders. The 3rd Japan-Korea Jooint Symposium on Life Schince, Tokyo [2012/02/17]その他 
9. *新井誠, 宮下光弘, 市川智恵, 豊田倫子, 大西哲生, 吉川武男, 有波忠雄, 岡崎祐士, 久島周, 尾崎紀夫, 福本素由乙, 橋本亮太, 武田雅俊, 小池進介, 滝沢龍, 笠井清登, 山本博, 渡邉琢夫, 宮田敏男, 糸川昌成. カルボニルストレス代謝制御の解明と統合失調症の診断・治療・予防法の創出. 第44回精神神経系薬物治療研究報告会. 2011.12.03, 豊中.その他 
10. *宮下光弘, 新井誠, 市川智恵, 新井麻友美, 小幡菜々子, 野原泉, 岡崎祐士, 吉川武男, 糸川昌成. 統合失調症の病態生理に関連するカルボニルストレス. 第31回 日本精神科診断学会. 2011.11.19, 長野.その他 
11. *糸川昌成, 新井誠, 宮下光弘, 市川智恵, 小幡菜々子, 野原泉, 新井麻友美, 長瀬輝誼. 統合失調症多発大家系における表現型の違い. 第31回 日本精神科診断学会. 2011.11.19, 長野.その他 
12. *新井誠, 宮下光弘, 市川智恵, 岡崎祐士, 吉川武男, 橋本亮太, 尾崎紀夫, 笠井清登, 渡邉琢夫, 山本博, 宮田敏男, 糸川昌成. 統合失調症のカルボニルストレス回避に向けた研究. 第21回 日本メイラード学会年会. 2011.10.28, 東京.その他 
13. *新井誠, 宮下光弘, 市川智恵, 岡崎祐士, 糸川昌成. S37-1 カルボニルストレスと統合失調症. 第107回 日本精神神経学会学術総会. 2011.10.27, 東京.その他 
14. *Itokawa M. Arai M, Miyashita M, Ichikawa T, Okazaki Y. Pyridoxamine; a new medication for psychiatric disorders. The 32nd NAITO CONFERENCE ON Biological Basis of Mental Functions and Disorders Yatsugatake Royal Hotel. 2011.10.19, Japan.その他 
15. *宮下光弘, 新井誠, 市川智恵, 新井麻友美, 小幡菜々子, 野原泉, 岡崎祐士, 吉川武男, 天野直二, 渡邉琢夫, 山本博, 糸川昌成. 統合失調症におけるAGER遺伝子多型とesRAGE血中濃度との関連. 第84回日本生化学会大会.2011.09.22, 京都.その他 
16. *新井誠, 宮下光弘, 市川智恵, 岡崎祐士, 吉川武男, 橋本亮太, 尾崎紀夫, 笠井清登, 宮田敏男, 糸川昌成. 統合失調症のカルボニルストレス病態回避に向けた研究. 第84回日本生化学会大会.2011.09.22, 京都.その他 
17. *糸川昌成(Chairpersons), 新井誠, 宮下光弘, 市川智恵, 岡崎祐士, 宮田敏男. カルボニルストレス性統合失調症の病態解明. 第34回日本神経科学大会. 2011.09.17, 横浜.その他 
18. *糸川昌成,「ライフサイエンス分野の俯瞰と重要研究領域」俯瞰ワークショップ,分科会開催までの手続き, インタビュー対象有識者. 2010, 東京.その他 
19. *市川智恵, 新井誠, 宮下光弘, 野原泉, 小幡菜々子, 新井麻友美, 田中陽子, 大島健一, 新里和弘, 岡崎祐士, 土井永史, 糸川昌成. 統合失調症患者におけるミトコンドリアDNAの遺伝子解析. 第33回 日本生物学的精神医学会. 2011.05.22, 東京.その他 
20. *小幡菜々子, 新井麻友美, 野原泉, 新井誠, 市川智恵, 宮下光弘, 岡崎祐士, 糸川昌成. カルボニルストレス性統合失調症のオミックス解析. 第33回 日本生物学的精神医学会.2011.5.22, 東京.その他 
21. *宮下光弘, 新井誠, 市川智恵, 新井麻友美, 小幡菜々子, 野原泉, 杉岡大輝, 岡崎祐士, 吉川武男, 天野直二, 渡邉琢夫, 山本博, 糸川昌成. 統合失調症にけるAGER遺伝子多型とカルボニルストレスとの関連. 第33回 日本生物学的精神医学会. 2011.05.22, 東京.その他 
22. *新井誠, 市川智恵, 宮下光弘, 新井麻友美, 小幡菜々子, 野原泉, 岡崎祐士, 吉川武男, 有波忠雄, 久島周, 尾崎紀夫, 福本素由乙, 橋本亮太, 小池進介, 滝沢龍, 笠井清登, 宮田敏男, 渡邉琢夫, 山本博, 糸川昌成. カルボニルストレス性統合失調症の病態に関する研究. 第33回 日本生物学的精神医学会. 2011.05.22, 東京.その他 
23. *糸川昌成(座長), 林朗子. シンポジウム7 統合失調症の病態研究から創薬への展開. 第33回 日本生物学的精神医学会. 2011.05.22, 東京.その他 
24. 宮下光弘, 新井誠, 市川智恵, 新井麻友美, 小幡菜々子, 野原泉, 岡崎祐士, 吉川武男, 糸川昌成. 統合失調症の病態生理に関連するカルボニルストレス. 第31回 日本精神科診断学会, 長野〔2011/11/19〕その他 
25. 小幡菜々子, 新井麻友美, 野原泉, 新井誠, 市川智恵, 宮下光弘, 岡崎祐士, 糸川昌成.カルボニルストレス性統合失調症のオミックス解析. 第33回 日本生物学的精神医学会, 東京〔2011/05/22〕その他 
26. 宮下光弘, 新井誠, 市川智恵, 新井麻友美, 小幡菜々子, 野原泉, 杉岡大輝, 岡崎祐士, 吉川武男, 天野直二, 渡邉琢夫, 山本博, 糸川昌成. 統合失調症にけるAGER遺伝子多型とカルボニルストレスとの関連. 第33回 日本生物学的精神医学会, 東京〔2011/05/22〕その他 
27. 新井誠, 市川智恵, 宮下光弘, 新井麻友美, 小幡菜々子, 野原泉, 岡崎祐士, 吉川武男, 有波忠雄, 久島周, 尾崎紀夫, 福本素由乙, 橋本亮太, 小池進介, 滝沢龍, 笠井清登, 宮田敏男, 渡邉琢夫, 山本博, 糸川昌成. カルボニルストレス性統合失調症の病態に関する研究. 第33回 日本生物学的精神医学会, 東京〔2011/05/22〕その他 
28. 糸川昌成(座長), 林朗子. シンポジウム7 統合失調症の病態研究から創薬への展開. 第33回 日本生物学的精神医学会, 東京〔2011/05/22〕 
29. 糸川昌成, 新井誠, 市川智恵, 吉川武男, 岡崎祐士, 宮田敏男. 統合失調症の分子病態と思春期までの予防戦略. 第106回日本精神神経学会学術総会, 広島 [2010/05/20] (平成21年度)その他 
0.招待講演(平成24年度)招待講演
1. *糸川昌成. カルボニルストレス性統合失調症. 第5回レドックス・ライフイノベーションシンポジウム, [2013/03/07] 川崎招待講演
2. *Itokawa M, Arai M, Miyashita M, Ichikawa T, Toriumi , Okazaki Y, Koike S, Takizawa R, Kasai K, Dan T, Miyata T. Translational research on carbonyl stress induced schizophrenia. The 4rd Japan-Korea Joint Symposium on Life Science, [2013/02/17] Seoul, Korea招待講演
3. *Itokawa M. Discovery of a novel drug for schizophrenia: Challenge from academia. UK-Japan Workshop, [2013/1/28-29] Tokyo招待講演
0.その他(平成24年度)その他 
1. 糸川昌成. 俯瞰ワークショップ「ライフサイエンス・臨床医学分野の俯瞰と重要研究領域」医療福祉分科会 脳神経ワーキンググループ 検討報告書 [委員]. 独立行政法人化学技術振興機構 研究開発戦略センター[2010-2012] その他 
2. *糸川昌成, 新井誠, 市川智恵, 宮下光弘, 鳥海和也, 小堀晶子. 統合失調症のパーソナルゲノム研究. 新学術領域脳疾患パーソナルゲノム 平成24年度班会議, [2013/02/09] 東京その他 
3. *新井誠, 糸川昌成, Naila Rabbani, Paul J Thornalley.カルボニルストレスマーカーによる精神疾患異種性の克服.第22回日本メイラード学会, [2012/12/21] 東京その他 
4. *新井誠, 宮下光弘, 市川智恵, 鳥海和也, 小堀晶子, 豊田倫子, 前川素子, 大西哲生, 吉川武男, 有波忠雄, 岡崎祐士, 久島周, 尾崎紀夫, 福本素由乙, 橋本亮太, 武田雅俊, 小池進介, 笠井清登, 山本博, 渡邉琢夫, 宮田敏男, 糸川昌成. バイオマーカーにより階層化した統合失調症の病態解明と治療への臨床応用. 第45回精神神経系薬物治療研究報告会, [2012/12/15] 大阪その他 
5. *水谷隆太, 竹腰進, 中村直哉, 新井誠, 大島健一, 糸川昌成, 竹内晃久, 上杉健太郎, 鈴木芳生, 水谷隆太. X線マイクロCT 法によるヒト大脳皮質の三次元構造解析.第85回日本生化学会大会, [2012/12/14-16] 福岡その他 
6. *市川智恵, 新井誠, 宮下光弘, 新井麻友美, 小幡菜々子, 野原泉, 大島健一, 新里和弘, 岡崎祐士, 土井永史, 糸川昌成. 統合失調症患者のミトコンドリアDNAにおけるrare variantの探索. 第35回 日本分子生物学学会. [2012/12/11-12/14] 福岡その他 
7. *糸川昌成, 宮下光弘, 新井誠, 市川智恵, 鳥海和也, 小堀晶子. 都立病院連携研究により見出された統合失調症の新しい病態 : 代謝疾患としての精神病. 第12回世田谷区医師会医学会, [2012/12/1] 東京その他 
8. *糸川昌成. カルボニルストレス代謝制御の観点からの新規治療および予防薬の可能性. 第22回日本臨床精神神経薬理学会・第42回日本神経精神薬理学会 合同年会, [2012/10/19] 宇都宮その他 
9. *豊島学, 市川智恵, 赤松和土, 糸川昌成, 岡野栄之, 吉川武男. カルボニルストレスが神経分化・発達に及ぼす影響. 第39回日本脳科学会, [2012/10/6-7] 北九州その他 
10. *市川智恵, 新井誠, 宮下光弘, 新井麻友美, 小幡菜々子, 野原泉, 大島健一, 新里和弘,岡崎祐士, 土井永史, 糸川昌成. 統合失調症患者に特徴的なミトコンドリアDNAの多型・変異の探索. 第34回 日本生物学的精神医学会, [2012/9/28-10/30] 神戸その他 
11. *Arai M, Ichikawa T, Miyashita M, Toriumi K, Okazaki Y, Yoshikawa T, Miyata T, Itokawa M, Naila Rabbani, Paul Thornalley. Research of mechanisms of glycation as pathophysiololgy of schizophrenia. 11°International Symposium on the Maillard Reaction, [2012/9/16-20] Nancy, Franceその他 
12. *Itokawa M, Arai M, Miyashita M, Ichikawa T, Toriumi K, Kobori A, Okazaki Y, Miyata T. Translational research on schizophrenia associated with carbonyl stress. 11°International Symposium on the Maillard Reaction, [2012/9/16-20] Nancy, Franceその他 
13. *糸川昌成, 新井誠, 市川智恵, 宮下光弘, 鳥海和也, 小堀晶子. rare variantをきっかけとする統合失調症の病態研究. 新学術領域脳疾患パーソナルゲノム 平成24年度第1回班会議, [2012/09/01] 東京その他 
14. *水谷隆太, 竹腰進, 中村直哉, 新井誠, 糸川昌成, 竹内晃久, 上杉健太朗, 鈴木芳生. X線マイクロトモグラフィ法によるヒト大脳皮質の三次元構造解析. Spring-8シンポジウム2012, [2012/8/25-26] 大阪その他 
15. *Doi N, Hoshi Y, Itokawa M, Yoshikawa T, Ichikawa T, Arai M, Usui C, Tachikawa H. Impact of Epidemiology on Molecular Genetics of Schizophrenia. I. Persistence Criterion for Nuclear Susceptibility Genes. Paulo International Medical Symposium 2012 entitled Schizophrenia – Epidemiology and Biology. [2012/6/ 18-20] Oulu, Finnlandその他 
16. *Doi N, Hoshi Y, Itokawa M, Yoshikawa T, Ichikawa T, Arai M, Usui C, Tachikawa H. Impact of Epidemiology on Molecular Genetics of Schizophrenia. II. Mitochondrial DNA Hypothesis for Schizophrenia. Paulo International Medical Symposium 2012 entitled Schizophrenia – Epidemiology and Biology. [2012/6/18-20] Oulu, Finnlandその他 
17. 糸川昌成, 新井誠, 市川智恵, 宮下光弘, 鳥海和也, 小堀晶子. 統合失調症のパーソナルゲノム研究. 新学術領域脳疾患パーソナルゲノム 平成24年度班会議, 東京[2013/02/09]その他 
0.招待講演(平成25年度)招待講演
1. *Itokawa M, Arai M, Miyashita M, Miyata T. Research on carbonyl stress as pathophysiology of schizophrenia. Glyoxalase Centennial: 100 Years of Glyoxalase Research and Emergence of Dicarbonyl Stress. 2013/11/28, Coventry, UK.招待講演
2. *糸川昌成. 遺伝子研究から見えてきた精神疾患概念の課題と再編-異種性と複雑系-.日本科学哲学学会第46回大会シンポジウム 精神医学の哲学:精神疾患概念の再検討に向けて. 2013/11/23, 京都.招待講演
3. *Itokawa M. Research on pathophysiology of schizophrenia; evidence revealed by molecular biological studies reorganizing classification of mental disorders. Tokyo Conference on Philosophy of Psychiatry. 2013/09/21, Tokyo.招待講演
4. 糸川昌成. TP1-4臨床家がなぜ研究するのか-日本人だからこそ発見できる統合失調症研究-. 第109回日本精神神経学会学術総会, 福岡 [2013/05/23]招待講演
5. 糸川昌成. TP6-1代謝疾患としての統合失調症:身体に負担の少ない天然物質による治療法の研究. 第109回日本精神神経学会学術総会, 福岡 [2013/05/23]招待講演
6. 糸川昌成. [演者]. 教育講演3. 臨床家だから発見できる統合失調症研究. 第8回日本統合失調症学会, 北海道 [2013/04/20] (平成24年度)招待講演 
0.その他(平成25年度)その他 
1. *豊島学, 岡田洋平, 赤松和士, 糸川昌成, 岡野栄之, 吉川武男. 疾患由来iPS細胞を用いたカルボニルストレス性統合失調症の病因解明. 第9回日本統合失調症学会. 2014/03/14, 京都.その他 
2. *糸川昌成. [座長]. International Scientific Session. 第9回日本統合失調症学会. 2014/03/14, 京都.その他 
3. 小堀晶子, 宮下光弘, 市川智恵 鳥海和也, 新井誠, 新井平伊, 糸川昌成. 統合失調症の認知機能障害とカルボニルストレスの関連についての予備的検討. 第9回日本統合失調症学会, 京都 [2014/03/14]その他 
4. *糸川昌成, 新井誠, 宮下光弘, 鳥海和也, 小堀晶子. 統合失調症のパーソナルゲノム研究. 新学術領域脳疾患パーソナルゲノム 平成25年度第2回班会議. 2014/03/08, 東京.その他 
5. *糸川昌成, 市川智恵, 新井誠, 宮下光弘, 鳥海和也, 小堀晶子. 統合失調症患者の染色体転座切断点に同定した遺伝子DISK-Mの機能解析. 第46回精神神経系薬物治療研究報告会. 2013/12/06, 豊中.その他 
6. *Itokawa M. [座長]. Poster sessiom II with lunch. Glyoxalase Centennial:100 Years of Glyoxalase Research and Emergence of Dicarbonyl Stress. 2013/11/28, Coventry, UK.その他 
7. *Suto Y, Itokawa M. Cytogenetic Analysis of Restoration Workers for Fukushima Daiichi Nuclear Power Station Accident. MELODI 2013. 2013/10/08, Brussels.その他 
8. *糸川昌成, 新井誠, 宮下光弘, 鳥海和也, 小堀晶子. 統合失調症のパーソナルゲノム研究. 新学術領域脳疾患パーソナルゲノム 平成25年度班会議. 2013/08/03, 東京.その他 
9. *Miyashita M, Arai M, Kobori A, Ichikawa T, Toriumi K, Yuzawa H, Nohara I, Arai M, Obata N, Okazaki Y, Yoshikawa T, Amano N, Itokawa M. Clinical features of schizophrenia with enhanced carbonyl stress. 11th World Congress of Biological Psychiatry. 2013/06/25, Kyoto.その他 
10. Arai M, Xue M, Masania J, Shaheen F, Miyashita M, Ichikawa T, Toriumi K, Kobori A, Yoshikawa T, Itokawa M, Rabbani N, Thornalley P. Overcoming the heterogeneity of schizophrenia by profiling of carbonyl stress biomarkers. 11th World Congress of Biological Psychiatry, Kyoto [2013/06/24]その他 
11. *数藤由美子, 平井百樹, 穐山美穂, 小橋元, 糸川昌成, 明石真言, 杉浦紳之. 東電福島第一原発事故に関連する放医研での生物線量評価. 日本保健物理学会第46回研究発表会. 2013/06/24-25, 千葉.その他 
12. *鳥海和也, 宮下光弘, 野原泉, 市川智恵, 新井麻友美, 小幡菜々子, 糸川昌成. 海馬のテロメア長に与える抗精神病薬の効果. Neuro 2013. 2013/06/22, 京都.その他 
13. *糸川昌成, 新井誠, 宮下光弘, 市川智恵, 鳥海和也, 小堀晶子, 宮田敏男. カルボニルストレス性統合失調症の研究. Neuro 2013. 2013/06/21, 京都.その他 
14. *豊島学, 岡田洋平, 赤松和土, 糸川昌成, 岡野栄之, 吉川武男. 統合失調症を併発した22q11.2欠失症候群患者由来のiPS細胞を用いたトランスクリプトーム解析. Neuro 2013. 2013/06/21, 京都.その他 
15. *糸川昌成. TP6-1代謝疾患としての統合失調症:身体に負担の少ない天然物質による治療法の研究. 第109回日本精神神経学会学術総会. 2013/05/23, 福岡.その他 
0.招待講演(平成26年度)招待講演
1. *糸川昌成. [会長講演]. 脳と心‐脳の部品を研究してみて‐. 第10回日本統合失調症学会. 2015.03.28 東京 招待講演
2. *糸川昌成. 統合失調症の病態研究-症候群から疾患を抽出するこころみ-. 九州大学先端融合医療レドックスナビ研究拠点若手研究者主催シンポジウム. 2015.01.27. 福岡招待講演
3. *糸川昌成. [座長]. Over the dopamine hypothesis of schizophrenia; to the new horizon in early psychosis. the 9thInternational Conference on Early Psychosis. 2014.11.17. Tokyo. 招待講演
4. *糸川昌成. [シンポジウム]. 希少症例を出発点とする統合失調症の病態研究と治療法の開発-異業種と複雑系-. 第110回日本精神神経学会学術総会. 2014.06.27. 横浜招待講演
0.その他(平成26年度)その他 
1. *糸川昌成. 精神疾患の脳科学-脳の部品を25年間研究してみて-. 「精神医学の科学哲学-精神疾患概念の再検討-」第4回研究会, 東京大学, 東京[2015/03/29]その他 
2. 内田美樹, 井上智子, 新井誠, 小堀晶子, 畠山幸子, 木村彗心, 土橋いつか, 楯林義孝, *糸川昌成. 『カルボニルストレスを含む代謝異常と統合失調症のヨーガ療法の効果研究』冠者毎の出来事と状態変化からみた効果検証~敢えてのナラティブ・アプローチ. 第10回日本統合失調症学会, 東京[2015/03/28]その他 
3. 井上智子, 内田美樹, 新井誠, 小堀晶子, 畠山幸子, 木村彗心, 土橋いつか, 楯林義孝, *糸川昌成. カルボニルストレスを含む代謝異常と統合失調症のヨーガ療法の効果研究:統合失調症患者5症例に対する予備研究の結果報告. 第10回日本統合失調症学会, 東京[2015/03/28]その他 
4. 小堀晶子, 畠山幸子, 新井誠, 堀内泰江, 鳥海和也, 宮下光弘, 新井平伊, *糸川昌成. 統合失調症の認知機能障害とカルボニルストレスの関連. 第10回日本統合失調症学会, 東京[2015/03/28]その他 
5. 前川素子, 山田和夫, 豊島学, 大西哲生, 岩山佳美, 島本知英, 豊田倫子, 岡田洋平, 赤松和士, *糸川昌成, 岡野栄之, 吉川武男. 頭皮の毛根細胞を用いた統合失調症診断補助バイオマーカーの開発. 第10回日本統合失調症学会, 東京[2015/03/28]その他 
6. 新井誠, 宮下光弘, 小堀晶子, 堀内泰江, 鳥海和也, 畠山幸子, *糸川昌成. カルボニルストレス性統合失調症のトランスレーショナル研究. 第10回日本統合失調症学会, 東京[2015/03/27]その他 
7. 大西哲生, 渡辺明子, 大羽尚子, 岩山佳美, 豊島学, 島本知英, 新井誠, 山田一之, 市川智恵, 前川素子, 野崎弥生, *糸川昌成, 吉川武男. 染色体転座をともなう統合失調症症例の転座点に存在する転写調節因子の生物学的役割. 第10回日本統合失調症学会, 東京[2015/03/27]その他 
8. 宮下光弘, 新井誠, 小堀晶子, 鳥海和也, 堀内泰江, 市川智恵, 新里和弘, 大島健一, 高橋克昌, 石本佳代, 徳永太郎, 岡崎祐士, 吉川武男, 天野直二, 宮田敏男, *糸川昌成. カルボニルストレス性統合失調症におけるビタミンB6補充臨床試験. 第10回日本統合失調症学会, 東京[2015/03/27]その他 
9. 豊島学, 岡田洋平, 赤松和士, *糸川昌成, 岡野栄之, 吉川武男. 統合失調症特殊例の神経発達・神経分化における分子病態解析. 第10回日本統合失調症学会, 東京[2015/03/27]その他 
10. *糸川昌成, 新井誠, 宮下光弘, 鳥海和也, 堀内泰江, 小堀晶子. 統合失調症のパーソナルゲノム研究. 新学術領域脳疾患パーソナルゲノム 平成26年度班会議. 2015.01.31. 東京その他 
11. *糸川昌成. [シンポジウム]. 酸化ストレス・炎症と精神疾患. 第36回日本生物学的精神医学会. 2014.10.29. 奈良その他 
12. *糸川昌成. 代謝疾患としての統合失調症-希少症例からのアプローチ-. 第54回日本臨床化学会年次学術集会. 2014.09.06. 東京その他 
13. *糸川昌成, 新井誠, 宮下光弘, 鳥海和也, 堀内泰江, 小堀晶子. 統合失調症のパーソナルゲノム研究. 新学術領域脳疾患パーソナルゲノム 平成26年度班会議. 2014.07.20. 東京その他 
14. *Masanari Itokawa, Mitsuhiro Miyashita, Kazuya Toriumi, Akiko Kobori, Makoto Arai. A novel concept of mental illness: Carbonyl stress induced schizophrenia – a Glyoxalase I deficit pedigree with psychosis. 2014 YONSEI BK21 PLUS-IGAKUKEN JOINT SYMPOSIUM. 2014.06.19. Seoul, Koreaその他 
15. *Makoto Arai, Mitsuhiro Miyashita, Akiko Kobori, Kazuya Toriumi, Yasue Horiuchi, Nalia Rabbani, Paul J Thornalley and Masanari Itokawa. Reserch on dicarbonyl accumulation and advanced glycation end products formation in schizophrenia. 2014 YONSEI BK21 PLUS-IGAKUKEN JOINT SYMPOSIUM. 2014.06.19. Seoul, Koreaその他 
16. *Akiko kobori, Mitsuhiro Miyashita, Sachiko Hatakeyama, Kazuya Toriumi, Makoto Arai, Heii Arai, Masanari Itokawa. Preliminary study on the association between cognitive impairment of schizophrenia and plasma pentosidine / serum pyridoxal levels. 2014 YONSEI BK21 PLUS-IGAKUKEN JOINT SYMPOSIUM. 2014.06.19. Seoul, Koreaその他 
17. *糸川昌成. 統合失調症の解明に挑む-臨床家がなぜ研究をするのか-. 第21回脳機能とリハビリテーション研究会学術集会. 2014.04.20. 千葉その他 
0.招待講演(平成27年度)招待講演
1. 糸川昌成. 当事者に望まれる最適な支援~自分らしく笑顔で生きるために~. 第11回日本統合失調症学会. 2016/3/26 , 前橋招待講演
2. 糸川昌成. 設計図より大工の腕‐遺伝子研究からみたリカバリー-. 第11回日本統合失調症学会. 2016/3/26 , 前橋招待講演
3. 糸川昌成. 統合失調症治療薬に関する医師主導治験. 第45回日本神経精神薬理学会・第37回日本生物学的精神医学会 合同シンポジウム. 2015/9/24, 東京招待講演
0.その他(平成27年度)その他 
1. *宮下光弘, 渡邊琢夫, 堀内泰江, 鳥海和也, 小堀晶子, 吉川武男, 鷲塚伸介, 糸川昌成, 山本博, 新井誠. 統合失調症におけるカルボニルストレス脆弱性とesRAGE. 第11回日本統合失調症学会. 2016/3/26 , 前橋その他 
2. *小笠原裕樹, 鹿山将, 小池伸, 鈴木俊宏, 新井誠, 堀内泰江, 糸川昌成. 難治性統合失調症患者血漿中におけるカルボニル化タンパク質の解析. 第11回日本統合失調症学会. 2016/3/26 , 前橋その他 
3. *糸川昌成. 当事者と家族の体験としての統合失調症. 第11回日本統合失調症学会. 2016/3/26 , 前橋その他 
4. *内田美樹, 井上智子, 新井誠, 小堀晶子, 畠山幸子, 木村慧心, 糸川昌成. カルボニルストレス性統合失調症へのヨーガ療法効果~パイロット研究からみた臨床介入研究の課題. 第19回日本統合医療学会. 2015/12/12, 山口その他 
5. *井上智子, 内田美樹, 小堀晶子, 畠山幸子, 糸川昌成, 木村彗心, 堀内泰江, 宮下光弘, 新井誠. カルボニルストレスを含む代謝異常と統合失調症のヨーガ療法の探索的研究. 第19回日本精神保健・予防学会学術集会. 2015/12/12, 仙台その他 
6. *堀内泰江, 鳥海和也, 糸川昌成, 岡野栄之, 新井誠. 統合失調症患者由来神経細胞-グリア間代謝的相互作用の解析. 第48回精神神経系薬物治療研究報告会.  2015/12/4, 豊中その他 
7. *藤巻知央, 菊池亜弥, 蓮見真子, 竹腰進, 水谷隆太, 井野元智恵, 中村直哉, 坪井秋男, 大澤資樹, 新井誠, 大島健一, 糸川昌成, 上杉健太朗, 竹内晃久, 寺田靖子, 鈴木芳生,雑賀里乃, 水谷隆太. ヒト大脳皮質の神経回路の三次元解析. 第38回日本分子生物学会年会・第88回日本生化学会大会合同大会. 2015/12/1, 神戸その他 
8. 新井誠, 堀内泰江, 小堀晶子, 鳥海和也, 畠山幸子, 宮下光弘, 糸川昌成. 糖化・酸化ストレスと関連する統合失調症の病態研究. 第45回日本神経精神薬理学会・第37回日本生物学的精神医学会. 2015/9/24, 東京その他 
9. *久島周, アレクシッチブランコ, 椎野智子, 吉見陽, 大矢友子, 木村大樹, ChenyaoWang, 高崎悠登, 石塚佳奈子, 鈴木道雄, 糸川昌成, 大森哲郎, 染矢俊幸, 吉川武男, JingruiXing, 武田雅俊, 橋本亮太, 岩田仲生, 池田匡志, 尾崎紀夫. 統合失調症の発症に強い影響を与える稀なゲノムコピー数異変(CNV)の検討. 第45回日本神経精神薬理学会・第37回日本生物学的精神医学会. 2015/9/25, 東京その他 
10. *鳥海和也, 宮下光弘, 市川智恵, 新井麻由美, 野原泉, 小堀晶子, 堀内泰江, 橋本均, 糸川昌成, 新井誠. 海馬のテロメア短縮は統合失調症の陰性症状及び認知機能障害に関与する. 第45回日本神経精神薬理学会・第37回日本生物学的精神医学会. 2015/9/24~26, 東京その他 
11. *小堀晶子, 畠山幸子, 堀内泰江, 鳥海和也, 宮下光弘, 糸川昌成, 新井平伊, 新井誠. 統合失調症の認知機能障害に対するカルボニルストレスの影響. 第45回日本神経精神薬理学会・第37回日本生物学的精神医学会. 2015/9/24~26, 東京その他 
0.招待講演(平成28年度)招待講演
1. 糸川昌成. ポスター「その他」. 第38回日本生物学的精神医学会・第59回日本神経化学会大会, 福岡 [2016/9/10] (座長)招待講演 
0.その他(平成28年度)その他 
1. K.Toriumi, M.Miyashita, A.Kobori, Y. Horiuchi, I.Nohara, N.Obata, M,Itokawa, G.Konopka, M.Arai. Effect of deficiency of vitamin B6 on mouse behavior and monoaminergic system. Neuroscience 2016. the San Diego Convention Center, San Diego [2016/11/13] (ポスター発表)その他 
2. M.Miyashita, M.Arai, K.Toriumi, T.Ichikawa, Y. Horiuchi, A.Kobori, K.Takahashi, T.Tokunaga, K.Ishimoto, H.Yuzawa, S.Usami, T.Yoshikawa, Y.Okazaki, S.Washizuka, N.Amano, S.Takizawa, T.Miyata, M,Itokawa. High-dose pyridoxamine add-on treatment for schizophrenia with enchaced carbonyl stress. Neuroscience 2016. the San Diego Convention Center, San Diego [2016/11/13] (ポスター発表)その他 
3. 糸川昌成. Rare Variantから迫る発達障害・統合失調症の診断法・治療法の開発. 平成28年度融合脳・発達障害・統合失調症チーム第2回分科会. TKP神田ビジネスセンター, 東京 [2016/11/9] (ポスター発表)その他 
4. 糸川昌成. カルボニルストレス関連分子による統合失調症バイオマーカーの探索. 平成28年度融合脳・発達障害・統合失調症チーム第2回分科会. TKP神田ビジネスセンター, 東京 [2016/11/8] (ポスター発表)その他 
5. 糸川昌成. Rare Variantから迫る発達障害・統合失調症の診断法・治療法の開発. 平成28年度融合脳・発達障害・統合失調症チーム第2回分科会. TKP神田ビジネスセンター, 東京 [2016/11/8] (口頭発表)その他 
6. 鳥海和也,宮下光弘,小堀晶子,堀内泰江,野原泉,小幡菜々子,糸川昌成,Genevieve Konopka,新井誠. ビタミンB6欠乏がマウス行動及びモノアミン神経系に与える影響について. 第38回日本生物学的精神医学会・第59回日本神経化学会大会, 福岡 [2016/9/10]その他 
7. 宮下光弘,新井誠,鳥海和也,市川智恵,堀内 泰江,小堀晶子,高橋克昌,徳永太郎,石本佳代,湯沢公子,宇佐美慧,吉川武男,岡崎祐士,鷲塚伸介,天野直二,滝沢俊也,宮田敏男,糸川昌成. カルボニルストレスが亢進する統合失調症に対するピリドキサミン大量療法の効果と検証. 第38回日本生物学的精神医学会・第59回日本神経化学会大会, 福岡 [2016/9/10]その他 
8. 久島周,アレクシッチブランコ,中杤昌弘,島村徹平,椎野智子,吉見陽,木村大樹,高崎悠登,Chenyao Wang, Jingrui Xing, 石塚佳奈子,大矢友子,岡田俊,山本敏充,新井誠,糸川昌成,Chia-Hsiang Chen,鈴木道夫,高橋努,橋本亮太,渡部雄一郎,染矢俊幸,池田匡志,岩田仲生,吉川武男,沼田周助,大森哲郎,國本正子,森大輔,尾崎紀夫. 統合失調症の高解像度ゲノムコピー数変異解析. 第38回日本生物学的精神医学会・第59回日本神経化学会大会, 福岡 [2016/9/8]その他 
9. 糸川昌成, 精神症状はどこから生まれるのか‐精神疾患の治療薬開発が難航する理由-. 第46回日本神経精神薬理学会. COEX, 韓国、ソウル [2016/7/2]その他 
10. 新井誠, 糸川昌成, Carbonyl Stress and Schizophrenia. 14th IGAKUKEN summit for Japan and Korea Schience Leaders 2016. 東京都医学総合研究所, 世田谷区 [2016/7/1]その他 
11. 糸川昌成, Rare Variantから迫る発達障害・統合失調症の診断法・治療法の開発. 平成28年度融合脳発達障害・統合失調症チーム 第一回分科会. 東京大学医学部鉄門講堂, 文京区 [2016/5/22]その他 
12. 糸川昌成,脳とこころ. 第14回日本ヨーガ療法学会研究総会分科会 精神疾患 統合失調症関連. 大宮ソニックシティー国際会議室, 大宮 [2016/4/23]その他 
13. 井上智子,内田美樹,小堀晶子,畠山幸子,糸川昌成,木村慧心,堀内泰江,宮下光弘,新井誠. ヨーガ療法を介入したカルボニルストレス性統合失調症の1症例. 第14回ヨーガ療法学会研究総会. 大宮ソニックシティー国際会議室, 大宮 [2016/4/22](ポスター発表) (平成27年度)その他 
0.その他(平成29年度)その他
1. *糸川昌成. 物質と物質でないもの-モノとコトの遺伝学-. 第13回日本統合失調症学会. [2018/3/24] 徳島市(シンポジウム、口頭発表)その他 
2. *豊島学, 大西哲生, 新井誠, 糸川昌成, 岡野栄之, 吉川武男. カルボニルストレスによる神経分化異常の分子病態. 第13回日本統合失調症学会. [2018/3/23] 徳島市(ポスター発表)その他 
3. *Masanari Itokawa. Schizophrenia paradox –material and event-. 17th Course for Academic Development of Psychiatrists Meet the Expert. [2018/2/23] Makuhari, Chibaその他 
4. *糸川昌成. rare variantから見出した統合失調症の治療薬ピリドキサミンの開発. 平成29年AMED脳と心の研究課研究交流会. [2017/11/30] 新宿区(口頭発表)その他 
5. *糸川昌成. 発達障害・統合失調症・てんかん等の鑑別、病態、早期診断技術及び新しい疾患概念に基づいた革新的治療・予防法の開発. 平成29年AMED脳と心の研究課研究交流会. [2017/11/30] 新宿区(ポスター発表)その他 
6. *糸川昌成. 症候群としての統合失調症. ワークショップ2「臨床と人文社会科学の架橋に向けて」. [2017/11/23] 港区その他 
7. *糸川昌成. Rare Variantから迫る発達障害・統合失調症の診断法・治療法の開発. 平成29年度融合脳 発達障害・統合失調症チーム第2回分科会. [2017/11/5] 港区(口頭発表)その他 
8. *Kazuya Toriumi, Mitsuhiro Miyashita, Yasue Horiuchi, Izumi Nohara, Nanako Obata, Masanari Itokawa, Takashi Dan, Toshio Miyata, Genevieve Konopka, Makoto Arai. Effect of deficiency of vitamin B& on mouse behavior and monoaminergic system. WPA XVII World Congress of Psychiatry Berlin2017. [2017/10/11] Berlin, Germanyその他 
9. *Makoto Arai, Kazuya Toriumi, Mitsuhiro Miyashita, Yasue Horiuchi, Genevieve Konopka, Masanari Itokawa, Takashi Dan, Toshio Miyata. Adminstration of high-dose pyridocamine to adult mice. WPA XVII World Congress of Psychiatry Berlin2017. [2017/10/9] Berlin, Germanyその他 
10. *Mitsuhiro Miyashita, Makoto Arai, Takashi Dan, Kazuya Toriumi, Yasue Horiuchi, Akiko Kobori, Kazuhiro Suzuki, Masanari Itokawa, Toshio Miyata. Pyridoxamine, a novel treatment for negative symptoms of schizophrenia. WPA XVII World Congress of Psychiatry Berlin2017. [2017/10/9] Berlin, Germanyその他 
11. *豊島学, 赤松和士, 岡田洋平, 大西哲生, 新井誠, 糸川昌成, 岡野栄之, 吉川武男. iPS細胞から見える統合失調症の病理と今後の発展.第39回日本生物学的精神医学会・第47回日本神経精神薬理学会. [2017/9/30] 札幌(シンポジウム、口頭発表)その他 
12. *糸川昌成. 症候群から疾患を単離抽出する試み-新たな統合失調症治療薬開発-ゲノム創薬・医療フォーラム第4回シンポジウム. [2017/8/29] 港区(口頭発表)その他 
13. *糸川昌成. 統合失調症治療薬ピリドキサミンの開発経緯. AMED革新的医療シーズ実用化研究事業「自閉症スペクトラム障害に対する新規治療薬の開発」第1回班会議. [2017/8/9] 仙台(口頭発表)その他 
14. *Masanari Itokawa. Trial purifying a disease from syndrome: novel development of drug for schizophrenia. Symposium [Frontiers in neuroscience research developing novel therapies for psychiatric and neurodegenerative disorders] The 40th Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society. [2017/7/22] Chibaその他 
15. *糸川昌成. Rare Variantから迫る発達障害・統合失調症の診断法・治療法の開発. 平成29年度融合脳 発達障害・統合失調症チーム第1回分科会. [2017/5/14] 港区(口頭発表)その他 

III. その他の発表

(平成13年度)
1. 糸川昌成. 精神分裂病の分子生物学的研究 [講演]. 松沢病院医局集談会, 松沢病院, 東京 [2002/02/05].
2. Itokawa M. Genetic study on schizophrenia. Educational Lecture, Riken Retreat, Kanagawa. [10/2001]
3. Itokawa M, Yamada K, Yoshitsugu K, Ishitsuka Y, Watanabe A, Ohba H, Ebihara M, Yoshikawa T. (2001) Microsatellite repeat suppressing the NMDA receptor 2A subunit expression is associated with risk for schizophrenia and symptom severity. Riken Retreat, Kanagawa. [10/2001]
4. Itokawa M. Genetic study on schizophrenia: two major hypotheses. Joint Colloquim of BSI, Riken, Saitama. [9/2001]
5. 糸川昌成. 精神疾患の基礎と臨床 [講演]. 東京精神病院協会研修会 東京 [8/2001]
6. 糸川昌成. 精神疾患の分子生物学的解析 [講演]. 埼玉医科大学卒後教育講演 埼玉[2/2000]

(平成14年度)
1. 糸川昌成. 精神疾患の分子遺伝学的研究 [講義]. 松沢病院研修医セミナー, 松沢病院, 東京 [2003/03/27].
2. 糸川昌成. 統合失調症の分子遺伝学 [講演]. 薬物・精神・行動の会, 専修大学, 東京 [2003/02/26].
3. 糸川昌成. 精神疾患の遺伝子研究 [講演]. 精神・神経生物学分野セミナー, 東北大学医学部, 仙台 [2003/02/24].
4. 糸川昌成. 精神疾患の遺伝子研究: 摂食障害と統合失調症を例にとって [講演]. 東京愛成会高月病院医局セミナー, 八王子 [2002/11/11].
5. 糸川昌成. 精神分裂病におけるneuropeptide Yの遺伝子解析 [講演]. 東京医科歯科大学神経生理夏の研究会, 東京医科歯科大学, 東京 [2002/07/14].
6. 糸川昌成. 精神分裂病の基礎と臨床および分裂病慢性期の症状変化 [講演]. 松沢病院看護勉強会, 松沢病院, 東京 [2002/06/27].

(平成15年度)
1. 糸川昌成. 統合失調症の最新研究 [講演]. さくら会: 2月の家族教室, 東京都中部総合精神保健センター, 東京 [2004/02/13].
2. 糸川昌成. プライマリケアにおける精神疾患の見分け方: 統合失調症 [取材]. ソネット・エムスリー株式会社 [2004/02/09].
3. 糸川昌成. 統合失調症の分子遺伝学的研究: 連鎖研究と関連研究 [講演]. 松沢病院看護OJT, 松沢病院, 東京 [2004/01/15].
4. 糸川昌成. 統合失調症研究の最前線: 基礎と臨床 [講演]. 吉冨薬品全国大学担当者・学術部研修会, 吉冨薬品本社, 大阪 [2003/12/04].
5. 糸川昌成. 統合失調症の基礎的・臨床的研究 [講義]. 都立松沢病院臨床研修医実践基礎講座, 松沢病院, 東京 [2003/09/25].
6. 糸川昌成. 統合失調症の分子遺伝学的研究 [講演]. 松沢病院看護勉強会, 松沢病院, 東京 [2003/07/10].
7. 糸川昌成. 統合失調症の薬物療法:その歴史および未来 [講演]. 松沢病院看護勉強会, 松沢病院, 東京 [2003/06/26].

(平成16年度)
1. 糸川昌成. 統合失調症の原因・病態解明と治療法の開発 [ポスター発表]. 第4回東京都医学研究機構研究交流フォーラム, 駒込病院, 東京 [2005/02/25].
2. 糸川昌成. 遺伝子から見た統合失調症 [講演]. 松沢病院看護OJT, 松沢病院, 東京 [2005/01/12].
3. 糸川昌成. 分子生物学から見た統合失調症 [講演]. 平成16年度精神研都民講座, 津田ホール, 東京 [2004/12/21].
4. 糸川昌成. 抗精神病薬で生じやすい心電図異常 [講演]. 松沢病院看護OJT, 松沢病院, 東京 [2004/11/17].
5. 糸川昌成. 最新医療: 遺伝子レベルの統合失調症 [講演]. 松沢病院院内研修, 松沢病院, 東京 [2004/11/15].
6. 糸川昌成. 統合失調症に生じやすい心電図変化 [講演]. 松沢病院看護OJT, 松沢病院, 東京 [2004/10/20].
7. 糸川昌成. 統合失調症の遺伝医学: 基礎から臨床まで [講演]. 広尾病院神経科セミナー (都心総合病院精神科合同勉強会), 広尾病院, 東京[2004/06/29].

(平成17年度)
1. 糸川昌成. 精神疾患総論 [講義]. 看護学生病院研修, 松沢病院, 東京 [2005/10/17].
2. 糸川昌成. 精神疾患総論 [講義]. 看護学生病院研修, 松沢病院, 東京 [2005/10/04].
3. 糸川昌成. 精神疾患総論 [講義]. 看護学生病院研修, 松沢病院, 東京 [2005/09/20].
4. 糸川昌成. 精神疾患の診断と治療 [講義]. 看護学生病院研修, 松沢病院, 東京 [2005/07/15].
5. Itokawa M. Association study of schizophrenia: evidence supporting hyperdopaminergic and hypoglutamatergic hypotheses [講演]. SUMMER PROGRAM 2005, 理化学研究所脳科学総合研究センター, 和光 [2005/07/13].
6. 糸川昌成. 精神疾患総論 [講義]. 看護学生病院研修, 松沢病院, 東京 [2005/06/13].
7. 糸川昌成. 統合失調症の遺伝子研究: 臨床的視点の重要性 [講義]. 松沢病院看護 OJT, 松沢病院, 東京 [2005/05/26].
8. 糸川昌成. 精神疾患の分類と臨床 [講義]. 看護学生病院研修, 松沢病院, 東京 [2005/05/16].
9. 糸川昌成. 統合失調症の科学的研究の最前線 [講演]. 患者家族会虹の会研修会, 杜の家, 上尾 [2005/04/22].
10. 糸川昌成. 統合失調症の遺伝子研究: 臨床的視点の重要性 [講演]. 浜松医科大学精神科医局セミナー, 浜松医科大学, 浜松 [2005/04/11].
11. 糸川昌成. 統合失調症の遺伝子研究: 臨床的視点の重要性 [講演]. 浜松医科大学精神科医局セミナー, 浜松医科大学, 浜松 [2005/04/11].

(平成18年度)
1. 糸川昌成. 統合失調症の原因解明の研究にたずさわって [寄稿].「虹の会」通信 35:4-5 2006
2. 糸川昌成. 脳と心の分子メカニズム: 統合失調症の原因解明をめざして [講演]. 首都大バイオコンファレンス2006, 首都大学東京, 八王子 [2006/10/12].
3. 糸川昌成. 精神医学総論 [講義]. 松沢病院看護OJT, 松沢病院, 東京 [2006/08/30].
4. 糸川昌成. 精神医学・精神保健学補講 [講義]. 上智社会福祉専門学校精神保健福祉士通信過程講義, 上智社会福祉専門学校, 東京 [2006/07/01].
5. 糸川昌成. 精神保健学 III [講義]. 上智社会福祉専門学校精神保健福祉士通信課程講義, 上智社会福祉専門学校, 東京 [2006/06/24].
6. 糸川昌成. 精神保健学 II [講義]. 上智社会福祉専門学校精神保健福祉士通信課程講義, 上智社会福祉専門学校, 東京 [2006/06/10].
7. 糸川昌成. 精神保健学 I [講義]. 上智社会福祉専門学校精神保健福祉士通信課程講義, 上智社会福祉専門学校, 東京 [2006/05/27].
8. 糸川昌成. 精神医学 III [講義]. 上智社会福祉専門学校精神保健福祉士通信課程講義, 上智社会福祉専門学校, 東京 [2006/05/13].
9. 糸川昌成. 精神医学 II [講義]. 上智社会福祉専門学校精神保健福祉士通信課程講義, 上智社会福祉専門学校, 東京 [2006/04/22].
10. 糸川昌成. 精神医学 I [講義]. 上智社会福祉専門学校精神保健福祉士通信課程講義, 上智社会福祉専門学校, 東京 [2006/04/08].
11. 糸川昌成. 統合失調症 II [講義]. 第24期都立松沢病院臨床研修医講義, 松沢病院, 東京 [2006/04/24].

(平成19年度)
1. 糸川昌成. 精神疾患の診断・治療法の開発 [講演]. 第7回東京都医学研究機構研究交流フォーラム, フィオーレ東京, 東京 [2008/02/27]
2. 糸川昌成, 新井誠, 羽賀誠一, 小幡菜々子, 野原泉 (2008) 精神疾患の診断・治療法の開発 [ポスター発表]. 第7回東京都医学研究機構研究交流フォーラム, フィオーレ東京, 東京 [2008/02/27]
3. 糸川昌成. 統合失調症の脳科学 [座長]. 第36回精神研シンポジウム「統合失調症の脳科学」, 津田ホール, 東京 [2007/11/26]
4. 糸川昌成. 一般演題II [座長]. 第15回日本精神・行動遺伝医学会, 国立精神・神経センター, 小平 [2007/11/17]
5. 糸川昌成. 遺伝子レベルからの統合失調症 [講義].松沢病院院内研修, 松沢病院, 東京 [2007/11/19]
6. 糸川昌成. 松沢病院で発見した統合失調症遺伝子 [講義].松沢病院D47病棟OJT, 松沢病院, 東京 [2007/11/14]
7. 糸川昌成. 脳とこころの分子メカニズム: 統合失調症の原因解明について [講義]和光市民大学講義「ココロとカラダを学ぶ」, 和光市立中央公民館, 和光[2007/11/12]
8. 糸川昌成, 新井誠, 小幡菜々子, 野原泉, 羽賀誠一, 前田直彦, 田中陽子 (2007) 脳と心の分子メカニズム: 統合失調症の原因解明をめざして [ポスター発表]. 首都大バイオコンファレンス2007, 首都大学東京, 八王子 [2007/10/25]
9. 糸川昌成. 精神保健学III [講義]. 上智社会福祉専門学校精神保健福祉士通信課程講義, 上智社会福祉専門学校, 東京 [2007/06/23]
10. 糸川昌成. 精神保健学・精神医学補講 [講義]. 上智社会福祉専門学校精神保健福祉士通信課程講義, 上智社会福祉専門学校, 東京 [2007/07/07]
11. 糸川昌成. 臨床で発見する統合失調症研究 [講義]. 松沢臨床精神医学サマーセミナー, 松沢病院, 東京 [2007/08/02]
12. 岡崎祐士, 西田淳志, 針間博彦, 糸川昌成. 統合失調症の疾患概念、症状の構造、及び生涯治療計画に関する研究. 厚生労働省精神・神経疾患研究委託費「統合失調症治療のガイドラインの作成とその検証に関する研究」平成19年度第1回班会議, 東京 [2007/08/05]
13. 糸川昌成. 精神保健学I [講義]. 上智社会福祉専門学校精神保健福祉士通信課程講義, 上智社会福祉専門学校, 東京 [2007/05/26]
14. 糸川昌成. 精神医学I [講義]. 上智社会福祉専門学校精神保健福祉士通信課程講義, 上智社会福祉専門学校, 東京 [2007/04/14]
15. 糸川昌成. 脳科学からみた心の病: 統合失調症の原因解明をめざして [講演]. 精神研春期公開講座(平成19年度科学技術週間参加行事), 東京都精神医学総合研究所, 東京 [2007/04/19]
16. 糸川昌成. 精神医学II [講義]. 上智社会福祉専門学校精神保健福祉士通信課程講義, 上智社会福祉専門学校, 東京 [2007/04/28]
17. 糸川昌成. 精神医学III [講義]. 上智社会福祉専門学校精神保健福祉士通信課程講義, 上智社会福祉専門学校, 東京 [2007/05/12]
18. 糸川昌成. ベッドサイドで発見した統合失調症遺伝子 [講義]. 高月病院医局セミナー, 高月病院, 八王子 [2007/06/04]
19. 糸川昌成. 精神保健学II [講義]. 上智社会福祉専門学校精神保健福祉士通信課程講義, 上智社会福祉専門学校, 東京 [2007/06/09]
20. 糸川昌成. 脳とこころの分子メカニズム: 統合失調症の遺伝子研究 [講義]. 首都大学東京都市教養学部理工学系大学院セミナー, 首都大学東京, 八王子 [2007/06/15]
21. 糸川昌成. ベッドサイドで発見した統合失調症遺伝子 [講義]. 平成19年度松沢病院臨床研修医講義, 松沢病院, 東京 [2007/06/21]

(平成20年度)
1. 糸川昌成. ベッドサイドだから発見できる統合失調症研究 [講義]. 名古屋大学医学部基盤医学特論, 名古屋大学, 名古屋 [2009/03/31]
2. 糸川昌成. 病める時も健やかなる時も: 脳科学からみた援助者のあり方 [講演]. 平成20年度卒業記念講演, 北多摩看護専門学校, 東大和 [2009/03/06]
3. Itokawa M. Workshop B1(genetics, genomics, and animal model) [座長]. The 1st Asian Workshop on Schizophrenia Research, Suita, Japan [2009/01/31]
4. 糸川昌成. 統合失調症の分子: その現在・過去・未来 [講演]. 茨城県立友部病院職員研修, 茨城県立友部病院, 笠間 [2009/01/14]
5. 糸川昌成. 統合失調症の最新研究 [講演]. さくら会家族教室, 世田谷区立総合福祉センター, 東京 [2008/12/22]
6. 糸川昌成. 脳と心の分子メカニズム: 発見の瞬間はどのように訪れるのか [講演]. 世界脳週間参加行事, 東京学芸大学付属高等学校, 東京 [2008/11/26]
7. 糸川昌成. ベッドサイドだから発見出来る統合失調症研究 [講演]. 第11回精神科医療懇話会, セルリアンタワー東急ホテル, 東京 [2008/11/06]
8. 糸川昌成. Carbonyl stress and mental disorder [講演]. 東北カルボニルストレスシンポジウム, 艮良会館, 仙台 [2008/10/28]
9. 糸川昌成. 東京都立研究所の紹介: 東京都精神医学総合研究所 [講演]. 首都大バイオコンファレンス2008, 首都大学東京, 八王子 [2008/10/23]
10. 糸川昌成. ベットサイドだから発見できる統合失調症研究 [講演]. 東京大学医学部精神神経科研究室セミナー, 東京大学医学部, 東京 [2008/10/09]
11. 糸川昌成. 臨床家だから発見できる統合失調症研究 [講演]. 松沢臨床精神医学サマーセミナー, 松沢病院, 東京 [2008/08/01]
12. 糸川昌成. 稀な症例を出発点とする統合失調症の病態研究 [講演]. 神経科学セミナー・三研交流セミナー, 東京都神経科学総合研究所, 府中 [2008/07/29]
13. 糸川昌成. 精神医学・精神保健学補講 [講義]. 上智社会福祉専門学校精神保健福祉士通信課程講義, 上智社会福祉専門学校, 東京 [2008/07/05]
14. 糸川昌成. 精神保健学III [講義]. 上智社会福祉専門学校精神保健福祉士通信課程講義, 上智社会福祉専門学校, 東京 [2008/06/28]
15. 糸川昌成. ベッドサイドだから発見できた統合失調症研究 [講義]. 平成20年度松沢病院臨床研修医講義, 松沢病院, 東京 [2008/06/19]
16. 糸川昌成. 精神保健学II [講義]. 上智社会福祉専門学校精神保健福祉士通信課程講義, 上智社会福祉専門学校, 東京 [2008/06/14]
17. 糸川昌成. 精神保健学I [講義]. 上智社会福祉専門学校精神保健福祉士通信課程講義, 上智社会福祉専門学校, 東京 [2008/05/24]
18. 糸川昌成. 精神医学II [講義]. 上智社会福祉専門学校精神保健福祉士通信課程講義, 上智社会福祉専門学校, 東京 [2008/04/26]
19. 糸川昌成. 精神医学III [講義]. 上智社会福祉専門学校精神保健福祉士通信課程講義, 上智社会福祉専門学校, 東京 [2008/05/10]
20. 糸川昌成. 精神医学I [講義]. 上智社会福祉専門学校精神保健福祉士通信課程講義, 上智社会福祉専門学校, 東京 [2008/04/12]

(平成21年度)
1. 糸川昌成. 統合失調症研究の最新動向 [講演]. 杉並家族会家族教室, 高円寺障害者交流館, 東京 [2009/09/12]
2. 糸川昌成. 日本人だからこそできる統合失調症研究 [講演]. 武田薬品創薬研究所セミナー, 武田薬品大阪研究所, 大阪 [2009/09/09]
3. 糸川昌成. ベッドサイドだから発見できる統合失調症研究 [講演]. 松沢臨床精 神医学サマーセミナー2009, 松沢病院, 東京 [2009/07/30]
4. 糸川昌成. 精神疾患の診断・治療法の開発 [講演]. 第8回国際バイオフォーラム&国際バイオEXPO, 東京ビッグサイト, 東京 [2009/07/03]
5. 糸川昌成. 精神医学・精神保健学補講 [講義]. 上智社会福祉専門学校精神保健福祉士通信課程講義, 上智社会福祉専門学校, 東京 [2009/07/04]
6. 糸川昌成. 精神保健学III [講義]. 上智社会福祉専門学校精神保健福祉士通信課程講義, 上智社会福祉専門学校, 東京 [2009/06/27]
7. 糸川昌成. ベッドサイドだから発見できた統合失調症研究 [講義]. 平成21年度松沢病院臨床研修医講義, 松沢病院, 東京 [2009/06/25]
8. 糸川昌成. 精神保健学II [講義]. 上智社会福祉専門学校精神保健福祉士通信課程講義, 上智社会福祉専門学校, 東京 [2009/06/13]
9. 糸川昌成. 思春期精神病理の疫学研究と早期介入と連動した病因・病態研究 [座長]. 平成21年度厚生労働省科学研究費補助金こころの健康科学研究事業「思春期精神病理の疫学と精神疾患の早期介入方策に関する研究」第1回班会議, 松沢病院, 東京 [2009/06/14]
10. 糸川昌成. 精神保健学I [講義]. 上智社会福祉専門学校精神保健福祉士通信課程講義, 上智社会福祉専門学校, 東京 [2009/05/23]
11. 糸川昌成. 精神医学I [講義]. 上智社会福祉専門学校精神保健福祉士通信課程講義, 上智社会福祉専門学校, 東京 [2009/04/11]
12. 糸川昌成. 精神医学II [講義]. 上智社会福祉専門学校精神保健福祉士通信課程講義, 上智社会福祉専門学校, 東京 [2009/04/25]
13. 糸川昌成. 精神医学III [講義]. 上智社会福祉専門学校精神保健福祉士通信課程講義, 上智社会福祉専門学校, 東京 [2009/05/09]

(平成22年度)
1. 糸川昌成. 脳科学研究から見えてきた統合失調症の原因と治療 [講演]. こころの健康セミナー「統合失調症の最新情報」, 江北保健総合センター, 東京 [2011/01/21]
2. 糸川昌成. 統合失調症の病態研究の20年: 遺伝子から生化学代謝まで [講演]. メンタルヘルス研究会, 東京 [2011/02/08]
3. 糸川昌成. 研究室紹介 [取材]. Japan Maillard Reaction Society NewsLatter 9(25):2-3 2011
4. 糸川昌成. 機能性精神疾患遺伝子研究の20年:ドーパミン仮説から生化学病態まで [講演]. 臨床研・3研交流セミナー, 東京都臨床医学総合研究所, 東京 [2010/12/22]
5. 糸川昌成. 統合失調症の病態研究:遺伝子から生化学代謝まで [講演]. 第26回奈良県精神障害研究会, 橿原ロイヤルホテル, 橿原 [2010/12/26]
6. 糸川昌成. 精神疾患 [講義]. 埼玉医科大学医学部生理学講義, 埼玉医科大学, 日高 [2010/12/15]
7. 糸川昌成. 統合失調症遺伝子研究の20年:ドーパミン仮説から生化学病態まで [講演]. 埼玉医科大学医学部卒後教育特別講演, 埼玉医科大学ゲノム医学研究センター, 日高 [2010/12/15]
8. 糸川昌成. 遺伝子レベルからの統合失調症 [講義]. 松沢病院院内研修, 東京都立松沢病院, 東京 [2010/12/10]
9. 糸川昌成. 脳科学研究から見えてきた統合失調症の原因と治療 [講演]. 平成22年度精神研都民講座「統合失調症の最新情報:予防, 治療, 研究の新しい流れ」, 津田ホール, 東京 [2010/12/08]
10. 糸川昌成. カルボニルストレス性統合失調症と新規治療薬としてのビタミンB6; ニューロトランスミッターを介さない新しい病態と治療法の展開 [講義]. 松沢病院薬剤科内勉強会, 松沢病院, 東京 [2010/11/08]
11. 糸川昌成, 新井誠, 市川智恵, 宮下光弘, 新井麻友美, 小幡菜々子, 野原泉, 杉岡大輝, 吉田有希. 脳と心の分子メカニズム: 統合失調症の病態解明 [ポスター発表]. 首都大バイオコンファレンス2010, 首都大学東京, 八王子[2010/11/05]
12. 糸川昌成. カルボニルストレス性統合失調症の病態と治療 [講演]. 千里ライフサイエンスセミナー「精神疾患の分子的基盤」, 千里ライフサイエンスセンター, 豊中 [2010/11/01]
13. 糸川昌成. 精神疾患としての依存症について [講義]. 横浜市福祉サービス協会研修講義, 磯子公会堂 [2010/10/14]
14. 糸川昌成. 統合失調症 [講義]. 精神薬理学公開集中講座, 仙台国際センター, 仙台 [2010/09/14]
15. 糸川昌成. 臨床家だからできる統合失調症研究 [講演]. 高月病院職員セミナー, 高月病院, 八王子 [2010/08/30]
16. 糸川昌成. ベッドサイドだからこそひらめいた発見と臨床研究のポイント: 松沢だからできる統合失調症研究 [講演]. 松沢臨床精神医学サマーセミナー2010, 松沢病院, 東京 [2010/07/31]
17. 糸川昌成. 精神医学・精神保健学補講 [講義]. 上智社会福祉専門学校精神保健福祉士通信課程講義, 上智社会福祉専門学校, 東京 [2010/07/03]
18. 糸川昌成. 統合失調症: 松沢だからできる統合失調症研究 [講義]. 松沢病院研修医クルズス第11回, 松沢病院, 東京 [2010/07/01]
19. 糸川昌成. 精神保健学III [講義]. 上智社会福祉専門学校精神保健福祉士通信課程講義, 上智社会福祉専門学校, 東京 [2010/06/26]
20. 糸川昌成, 新井誠. 統合失調症の約2割にカルボニルストレスが関連 [取材]. Medical Tribune電子版, MT Pro [2010/06/16]
21. 新井誠, 糸川昌成. 統合失調症示す血中物質 [取材]. 読売新聞夕刊 [2010/06/08]
22. 糸川昌成. 精神保健学II [講義]. 上智社会福祉専門学校精神保健福祉士通信課程講義, 上智社会福祉専門学校, 東京 [2010/06/12]
23. 糸川昌成. 松沢だから発見できた統合失調症研究 [講義]. 松沢病院医局集談会, 松沢病院, 東京 [2010/06/15]
24. 糸川昌成. 精神保健学I [講義]. 上智社会福祉専門学校精神保健福祉士通信課程講義, 上智社会福祉専門学校, 東京 [2010/05/22]
25. 糸川昌成. 臨床家だからできる統合失調症研究 [講演]. 墨東病院神経科集談会, 墨東病院, 東京 [2010/04/22]
26. 糸川昌成. 精神医学III [講義]. 上智社会福祉専門学校精神保健福祉士通信課程講義, 上智社会福祉専門学校, 東京 [2010/05/08]
27. 糸川昌成. 精神医学II [講義]. 上智社会福祉専門学校精神保健福祉士通信課程講義, 上智社会福祉専門学校, 東京 [2010/04/24]
28. 糸川昌成. 精神医学I [講義]. 上智社会福祉専門学校精神保健福祉士通信課程講義, 上智社会福祉専門学校, 東京 [2010/04/10]

(平成23年度)
1. 糸川昌成. Proteomic and metabolomics biomarkers in psychiatric disorders [講演]. Joint research seminar division of metaboloic and vascular health division of mental health and wellbeing.University of Warwick, Coventry [2012/03/27]
2. 糸川昌成. 病める時も健やかなる時も-脳科学からみた援助者のあり方- [講演]. 平成23年度卒業記念講演. 荏原看護専門学校, 東京 [2012/03/09]
3. 糸川昌成. 精神疾患の診断法・治療法の研究 [講演]. 第1回研究交流フォーラム. 東京バイオマーカー・イノベーション技術研究組合, 東京 [2012/03/08]
4. 糸川昌成. 精神科の薬の今 [取材]. メンタルヘルスマガジンこころの元気plus 61:4-7, 2012
5. 糸川昌成. 統合失調症の原因解明と治療法開発はどこまで進んだか [講演]. 静岡県東部地区精神保健福祉講演会. 静岡県総合健康センター, 三島 [2012/02/03]
6. 糸川昌成. 統合失調症の分子遺伝学最前線 [講演]. 県立こころの医療センター公開講演会. 茨城県立こころの医療センター, 笠間 [2012/01/27]
7. 糸川昌成. 統合失調症とうつ病の理解とケア [講演]. 平成23年度第3回介護サービスレベルアップ講習会. 千代田区役所, 東京 [2012/01/20]
8. 糸川昌成. 統合失調症の病態研究:遺伝子から生化学まで [講演]. 名城大学学術フロンティア事業特別講演会. 名城大学薬学部6号館4階, 愛知 [2011/11/24]
9. 糸川昌成. 「統合失調症は単一疾患でない」成因分類に基づくオーダーメード医療に第一歩 [報道]. Psychiatry Trend [2011/11/14]
10. 糸川昌成. ヒトはなぜ精神を病むのか こころの分子と脳科学 [講演]. バイオカンファレンス2011. 首都大学東京, 東京 [2011/11/11]
11. 糸川昌成. 「遺伝子レベルから統合失調症」を理解するための講義 [講義]. 松沢病院 看護職員研修. 都立松沢病院 診療棟 5階大会議室, 東京 [2011/11/04]
12. 糸川昌成. 統合失調症の一部にはビタミンB6が有効か、医師主導治験開始 [報道]. Medical Tribune [2011/11/01]
13. 糸川昌成. 統合失調症の原因を明らかにする研究:遺伝子の解析を通じて [講演]. 第32回 家族と専門家の交流会. 渋谷区総合ケアコミュニティ「せせらぎ」, 東京  [2011/10/30]
14. 糸川昌成. Rare variant をきっかけとする統合失調症の病態研究 [講演]. 新学術領域研究「脳疾患ゲノム情報」平成23年度第1回班会議. 東京大学本郷キャンパス 理学部1号館 小柴ホール, 東京 [2011/09/10]
15. 糸川昌成. 統合失調症の遺伝子研究-どこまで解明され、何がまだ解明されていないか- [講演]. リカバリー全国フォーラム2011. 東京大学安田講堂, 東京 [2011/09/08]
16. 糸川昌成. 精神疾患の生物学的研究の現状と未来―明らかになったことと未解明なこと [講義]. ワークショップ「精神疾患研究の科学論―生物学的アプローチの検討」 東京大学駒場キャンパス18号館1階ホール, 東京 [2011/09/03]
17. 糸川昌成. 統合失調症の多発家系症例から同定した、カルボニルストレス性統合失調症について [報道]. 都医学研 開所記念シンポジウム. 同研究所, 東京 [2011/07/20]
18. 糸川昌成. 統合失調症の診断法と新規治療薬の開発研究 [講演]. 技術情報協会セミナー. きゅりあん, 東京 大井町 [2011/07/29]
19. 糸川昌成. 分子構造からみた統合失調症 [講義]. 松沢臨床精神医学サマーセミナー. 東京都立松沢病院, 東京 [2011/07/28]
20. 糸川昌成. 「カルボニルストレス性統合失調症の同定と治療法の開発」[講演]. 東京都医学総合研究所 開所記念シンポジウム, 研究所N棟2階講堂 [2011/07/20]
21. 糸川昌成. 脳科学研究から見えてきた統合失調症の原因と治療 [講演]. 横浜市港北区港北公会堂1階ホール, 横浜 [2011/07/16]
22. 糸川昌成. 統合失調症-松沢だからこそ発見できる統合失調症研究-[講義]. 平成23年度レジデントクルズス 松沢病院, 東京 [2011/07/07]
23. 糸川昌成. 精神医学・保健学補講 [講義]. 上智社会福祉専門学校精神保健福祉士通信課程講義, 上智社会福祉専門学校, 東京 [2011/07/02]
24. 糸川昌成. 精神保健学Ⅲ[講義]. 上智社会福祉専門学校精神保健福祉士通信課程講義, 上智社会福祉専門学校, 東京 [2011/06/25]
25. 糸川昌成. 「臨床家だからこそできる統合失調症研究」[講演]. ホテルニューキャッスル, 弘前 [2011/06/24]
26. 糸川昌成. 精神保健学II [講義]. 上智社会福祉専門学校精神保健福祉士通信課程講義, 上智社会福祉専門学校, 東京 [2011/06/11]
27. 糸川昌成. 発達障害の基礎と臨床 [OJT]. 松沢病院D47棟 [2011/06/09]
28. 糸川昌成. 統合失調症を解明するための冒険![講演]. 第2回こんぼ亭月例会, 帝京平成大学池袋キャンパス, 東京 [2011/05/28]
29. 糸川昌成. 精神保健学I [講義]. 上智社会福祉専門学校精神保健福祉士通信課程講義, 上智社会福祉専門学校, 東京 [2011/05/21]
30. 糸川昌成. 精神医学III [講義]. 上智社会福祉専門学校精神保健福祉士通信課程講義, 上智社会福祉専門学校, 東京 [2011/05/07]
31. 糸川昌成. 臨床家だからこそできる疾患研究 [講演]. 平成23年度東京都看護職員就職説明会, 都庁, 東京 [2011/04/29]
32. 糸川昌成. 精神医学II [講義]. 上智社会福祉専門学校精神保健福祉士通信課程講義, 上智社会福祉専門学校, 東京 [2011/04/23]
33. 糸川昌成. 精神医学I [講義]. 上智社会福祉専門学校精神保健福祉士通信課程講義, 上智社会福祉専門学校, 東京 [2011/04/09]

(平成24年度)
1. 糸川昌成. 俯瞰ワークショップ「ライフサイエンス・臨床医学分野の俯瞰と重要研究領域」医療福祉分科会 脳神経ワーキンググループ 検討報告書 [委員]. 独立行政法人化学技術振興機構 研究開発戦略センター [2010-2012]
2. 糸川昌成. 臨床家なぜ研究するのか-日本人だからこそ発見できる統合失調症研究-[講演]. 第9回宮城統合失調症治療研究会. 勝山館, 宮城 [2013/03/12]
3. 糸川昌成. 看護として…これからの未来のために-臨床家なぜ研究をするのか-[講演].平成24年度卒業式記念講演. 東京都立看護専門学校, 東京 [2013/03/05]
4. 糸川昌成. 臨床家だから発見できる統合失調症研究 [講演]. 精神医学フォーラム. グランドプリンスホテル高輪, 東京 [2013/03/03]
5. 糸川昌成. 分子生物学的手法を用いた精神疾患の病態解明 [講演]. 連携大学セミナー. 東京医科歯科大学M&Dタワー, 東京 [2013/2/22]
6. 糸川昌成. 臨床家がなぜ研究するのか-日本人だからこそ発見できる統合失調症研究 - [講演]. 幕張精神医療懇話会, ホテル・ザ・マンハッタン, 千葉 [2013/2/20]
7. 糸川昌成. 統合失調症の分子生物学的病態研究 [講演]. お茶の水ニューロサイエンスセミナー. 東京医科歯科大学M&Dタワー, 東京 [2013/2/13]
8. 糸川昌成. 統合失調症研究の治療‐最新の知見‐-臨床家がなぜ研究をするのか- [講演]. いちょうの会講演会. 浦安市総合福祉センター, 千葉 [2013/01/30]
9. 糸川昌成. 統合失調症研究の原因解明と治療法開発の現状-臨床家がなぜ研究をするのか- [講義]. 精神看護学特別講義.沼津市立看護専門学校, 静岡 [2013/1/11]
10. 糸川昌成. 統合失調症研究の最新情報-臨床家がなぜ研究をするのか- [講演]. 区民のための精神保健福祉講演会. 台東区生涯学習センター, 東京 [2012/12/22]
11. 糸川昌成. 遺伝子レベルからの統合失調症~なぜ臨床家が研究をするのか~ [講義]. 松沢病院院内研修. 東京都立松沢病院, 東京 [2012/12/14]
12. 糸川昌成. カルボニルストレス性統合失調症への前期第Ⅱ相試験を終了、ピリドキサミンの有効性・安全性を検証 [報道]. Medical Tribune [2012/12/11]
13. 糸川昌成. ベッドサイドだから発見できる統合失調症研究 [講演] SCBR FORUM 2012. コンラッド東京アネックス1階, 東京 [2012/12/08]
14. 糸川昌成. 統合失調症研究の最新情報-臨床家がなぜ研究をするのか- [講演]. NPO法人町田市精神障害者さるびあ会. せりがや会館, 町田 [2012/11/16]
15. 糸川昌成. 統合失調症研究の病態と治療~松沢病院医師主導型治験の自験例より~(臨床家がなぜ研究をするのか) [講演]. 平成24年度福祉保健局・病院経営本部「薬剤(第3回)」研修. 東京都社会福祉保健医療研修センター, 東京 [2012/11/15]
16. 糸川昌成. 代謝性疾患としての統合失調症の病態解明~カルボニルストレス研究から見えてきた栄養学的治療法への展開 [講演]. 第3回精神栄養研究会. 品川プリンスホテル, 東京 [2012/11/9]
17. 糸川昌成. 統合失調症研究の最新情報-臨床家がなぜ研究をするのか-[講演]. 平成24年度精神家族教室, 浦和コミュニティーセンター, さいたま [2012/10/21]
18. 糸川昌成. 臨床家が何故研究をするのか~日本人だからこそ発見できる統合失調症研究~ [講演]. 第190回精神科医会及び第146回学術講演会. 高知パレスホテル, 高知 [2012/10/11]
19. 糸川昌成. 「ベッドサイドだから発見できる統合失調症研究-なぜ臨床家が研究をするのか-」[講演]. 全国病院自治体病院協議会精神科特別部会 第50回記念総会・研修会. 松沢病院, 東京 [2012/08/29]
20. 糸川昌成. 統合失調症の病態研究-生物学的アプローチから見えてきた疾患単位としての可能性と限界-[講演].「精神医学の科学哲学-精神疾患概念の再検討-」第1回研究会. 東京大学駒場Ⅰキャンパス18号館, 東京 [2012/08/01]
21. 糸川昌成. 分子構造からみた統合失調症-ベッドサイドだから発見できる統合失調症研究-[講義]. 松沢臨床精神医学サマーセミナープログラム. 東京都立松沢病院, 東京 [2012/07/27]
22. 糸川昌成. 統合失調症-松沢だからこそ発見できる統合失調症研究-[講義]. 平成24年度レジデントクルズス. 松沢病院, 東京 [2012/07/20]
23. 糸川昌成. 精神医学・保健学補講 [講義]. 上智社会福祉専門学校精神保健福祉士通信課程講義. 上智社会福祉専門学校 東京 [2012/07/07]
24. 糸川昌成. 精神保健学III [講義]. 上智社会福祉専門学校精神保健福祉士通信課程講義. 上智社会福祉専門学校, 東京 [2012/06/23]
25. 糸川昌成. 遺伝子レベルからの統合失調症-臨床家がなぜ研究をするのか-[講演]. 全国自治体病院協議会看護部会研修会. 都市センターホテル, 東京 [2012/06/15]
26. 糸川昌成. 精神保健学II [講義]. 上智社会福祉専門学校精神保健福祉士通信課程講義. 上智社会福祉専門学校, 東京 [2012/06/09]
27. 糸川昌成. 臨床家がなぜ研究をするのか 日本人だから発見できる統合失調症研究 [講演]. 大正製薬社内講演. 大正製薬大宮総合研究所, さいたま[2012/06/08]
28. 糸川昌成. 臨床家がなぜ研究するのか-日本人だからこそ発見できる統合失調症研究-[講演]. つくばアカデミー・オブ・サイカイアトリー2012 1st(TAP)学術講演会. 浅草ビューホテル, 東京[2012/05/31]
29. 糸川昌成. 統合失調症の最新研究-臨床家がなぜ研究をするのか-[講演]. NPO法人新潟市精神障害者地域家族会 総会記念講演. 新潟市総合福祉会館, 新潟 [2012/05/27]
30. 糸川昌成. 精神保健学I [講義]. 上智社会福祉専門学校精神保健福祉士通信課程講義. 上智社会福祉専門学校, 東京 [2012/05/26]
31. 糸川昌成. 臨床家がなぜ研究するのか-日本人だからこそ発見できる統合失調症研究-[講演]. 第14回新潟臨床精神薬理フォーラム, 新潟グランドホテル, 新潟[2012/05/22]
32. 糸川昌成. 疾病治療論Ⅲ精神医学5 [講義]. 東京工科大学医療保健学部看護学科講義. 東京工科大学, 東京 [2012/05/16]
33. 糸川昌成. 精神医学III [講義]. 上智社会福祉専門学校精神保健福祉士通信課程講義. 上智社会福祉専門学校, 東京 [2012/05/12]
34. 糸川昌成. 疾病治療論Ⅲ精神医学4 [講義]. 東京工科大学医療保健学部看護学科講義. 東京工科大学, 東京 [2012/05/9]
35. 糸川昌成. 統合失調症の新たな発見-臨床家がなぜ研究をするのか-[講演].新宿フレンズ勉強会. 新宿区立障害者福祉センター, 東京 [2012/05/12]
36. 糸川昌成. 臨床家がなぜ研究するのか-日本人だからこそ発見できる統合失調症研究-[講演]. 第19回滋賀臨床行動科学研究会, ホテルボストンプラザ草津, 滋賀 [2012/04/26]
37. 糸川昌成. 疾病治療論Ⅲ精神医学3 [講義]. 東京工科大学医療保健学部看護学科講義. 東京工科大学, 東京 [2012/04/25]
38. 糸川昌成. 臨床家がなぜ研究をするのか 日本人だからできる統合失調症研究 [講演]. 墨東病院神経科集談会. 墨東病院, 東京 [2012/04/19]
39. 糸川昌成. 疾病治療論Ⅲ精神医学2 [講義]. 東京工科大学医療保健学部看護学科講義. 東京工科大学, 東京 [2012/04/18]
40. 糸川昌成. 精神医学II [講義]. 上智社会福祉専門学校精神保健福祉士通信課程講義. 上智社会福祉専門学校, 東京 [2012/04/14]
41. 糸川昌成. 疾病治療論Ⅲ精神医学1 [講義]. 東京工科大学医療保健学部看護学科講義.東京工科大学, 東京 [2012/04/11]
42. 糸川昌成. 精神医学I [講義]. 上智社会福祉専門学校精神保健福祉士通信課程講義. 上智社会福祉専門学校, 東京 [2012/04/07]

(平成25年度)
1. 糸川昌成. 統合失調症研究の解明に挑む-臨床家がなぜ研究をするのか [講演]. NCNP市民公開シンポジウム‐正しく向き合う統合失調症‐. アルカディア市ヶ谷. 東京 [2014/03/23]
2. 糸川昌成. 統合失調症研究の解明に挑む-臨床家がなぜ研究をするのか [講演]. DSフォーラム2014. 神戸ポートピアホテル, 神戸 [2014/03/08]
3. 糸川昌成. 脳科学研究を究めることと援助職として生きること-臨床家がなぜ研究をするのか- [講演]. 平成25年度卒業記念講演. 東京都立青梅看護専門学校. 東京.[2014/03/04]
4. 糸川昌成. 統合失調症を解明するための冒険-臨床家がなぜ研究をするのか- [講演].板橋区精神保健福祉連絡会研修. グリージングカレッジホール. 東京. [2014/02/06]
5. 糸川昌成. 統合失調症の解明に挑む~臨床家がなぜ研究をするのか~ [講演]. 第2回Tokyo East 動脈硬化予防カンファレンス. 第一ホテル東京. 東京.[2014/01/31]
6. 糸川昌成. 統合失調症研究の解明に挑む-臨床家がなぜ研究をするのか [講演]. 第2回iCLINICシンポジウム. 東京女子医科大学弥生記念講堂. 東京.[2014/01/15]
7. 糸川昌成. 統合失調症研究の最新情報-臨床家がなぜ研究をするのか [講演]. 岡山県精神障害者家族会連絡会精神障がい者家族のピアサポート研修会. 岡山市民会館4階会議室, 岡山 [2013/12/21]
8. 糸川昌成. 統合失調症のカルボニルストレス研究 [講演]. 京都大学精神科オープンセミナー. 京都大学付属病院西病棟. 京都. [2013/12/16]
9. 糸川昌成. 統合失調症研究の解明に挑む-臨床家がなぜ研究をするのか [講演].「薬物・精神・行動の会」2013年特別講演会. 東京慈恵会医科大学中央棟8階会議室, 東京 [2013/12/13]
10. 糸川昌成. 統合失調症研究の最新情報-臨床家がなぜ研究をするのか [講演]. 第8回あやめ会交流会. 川崎市総合福祉センター, 川崎 [2013/12/09]
11. 糸川昌成. 統合失調症研究の最新情報-臨床家がなぜ研究をするのか- [講演]. さくら会家族教室. 世田谷区立総合福祉センター, 東京 [2013/10/30]
12. 糸川昌成. 統合失調症の最新情報-臨床家がなぜ研究をするのか- [講演]. あかね会家族教室. 昭和大学付属烏山病院, 東京 [2013/10/10]
13. 糸川昌成. 統合失調症の理解-臨床家がなぜ研究をするのか- [講演]. 統合失調症家族教室. 西新宿保健センター, 東京 [2013/10/04]
14. 糸川昌成. 統合失調症の解明に挑む~なぜ臨床家が研究するのか~ [講演]. 第22回兵庫県精神医療学術講演会. 生田神社会館. 京都. [2013/09/21]
15. 糸川昌成. 臨床研究の原点-統合失調症の解明に挑む- [講演]. 全国自治体病院協議会精神科特別部会 第51回総会・研修会 in いばらき. フェリヴェール・サンシャイン. 水戸. [2013/08/28]
16. 糸川昌成. 東京都医学研における精神医学研究-[講義]. 松沢臨床精神医学サマーセミナー2013. 東京都立松沢病院. 東京. [2013/07/26]
17. 糸川昌成. 統合失調症-松沢だからこそ発見できる統合失調症研究-[講義]. 平成25年度レジデントクルズス. 松沢病院.東京. [2013/07/08]
18. 糸川昌成. 精神医学・精神保健学補講 [講義]. 上智社会福祉専門学校精神保健福祉士通信課程講義. 上智社会福祉専門学校.東京. [2013/07/06]
19. 糸川昌成. 臨床家だから発見できる統合失調症研究-臨床家がなぜ研究をするのか -[講演]. 墨東病院神経科集談会. 墨東病院.東京. [2013/06/27]
20. 糸川昌成. 精神医学III[講義]. 上智社会福祉専門学校精神保健福祉士通信課程講義. 上智社会福祉専門学校.東京. [2013/06/22]
21. 糸川昌成. 精神保健学II [講義]. 上智社会福祉専門学校精神保健福祉士通信課程講義. 上智社会福祉専門学校. 東京.[2013/06/08]
22. 糸川昌成. 統合失調症研究の最新情報 [講演]. 平成25年度第2回都医学研都民講座. 津田ホール, 東京 [2013/06/07]
23. 糸川昌成. 精神医学Ⅰ [講義]. 上智社会福祉専門学校精神保健福祉士通信課程講義. 上智社会福祉専門学校. 東京.[2013/05/11]
24. 糸川昌成. 精神医学III[講義]. 上智社会福祉専門学校精神保健福祉士通信課程講義. 上智社会福祉専門学校. 東京.[2013/04/07]
25. 糸川昌成. 精神医学Ⅰ[講義]. 上智社会福祉専門学校精神保健福祉士通信課程講義. 上智社会福祉専門学校. 東京.[2013/04/06]
26. 糸川昌成. 精神保健学II [講義]. 上智社会福祉専門学校精神保健福祉士通信課程講義. 上智社会福祉専門学校. 東京.[2013/04/13]
27. 糸川昌成.臨床家がなぜ研究するのか-日本人だからこそ発見できる統合失調症研究 [講演]. Astellas CNS conference. 小田急ホテルセンチュリー相模大野, 相模原[2013/04/06]

(平成26年度)
1. 糸川昌成. 統合失調症の解明に挑む-臨床家がなぜ研究するのか-[講演]. ジュニアレジデント合同発表会. 東京都病院経営本部 東京 [2015/3/7]
2. 糸川昌成. 「心の病気」の新しい捉え方と治療についての考え方 [講演]. 山梨県精神障害者家族会連合会. 山梨県立大学 山梨 [2015/2/28]
3. 糸川昌成. 統合失調症の解明に挑む-臨床家がなぜ研究するのか-[講演]. 精神保健学級第1回. 杉並保健所 東京 [2015/2/19]
4. 糸川昌成. 脳と心-なぜ研究がいのちをもてなすのか-[講演]. 松沢病院リハビリテーション科研修. 東京都立松沢病院 東京 [2015/2/19]
5. 糸川昌成. 統合失調症の解明に挑む-臨床家がなぜ研究するのか-[講演]. 第194回東大いちょうの会. 東京大学付属病院 中央診療棟2, 東京 [2015/2/15]
6. 糸川昌成. 統合失調症の解明に挑む-臨床家がなぜ研究をするのか-[講演]. 第3回ニューロカンファレンス和歌山. 和歌山県民文化会館, 和歌山 [2015/1/10]
7. 糸川昌成. 統合失調症の解明に挑む-臨床家がなぜ研究をするのか-[講演]. オアシス家族会. 船橋東部公民館, 千葉 [2014/12/20]
8. 糸川昌成. その人らしさ・自分らしさをまもる [講演]. 第47回看護学生看護研究学会. 文京シビックセンター大ホール, 東京 [2014/12/15]
9. 糸川昌成. 統合失調症の原因解明に挑む-臨床家がなぜ研究をするのか-[講演]. 武蔵野市第二金曜会. 武蔵野市文化会館, 東京 [2014/12/13]
10. 糸川昌成. 統合失調症の原因解明に挑む-臨床家がなぜ研究をするのか-[講演]. 中信地区精神科治療講演会. 信州大学医学部附属病院外来診療棟会議室, 松本 [2014/12/5]
11. 糸川昌成. 統合失調症の原因解明に挑む-臨床家がなぜ研究をするのか-[講演]. よもぎ会. 静岡 [2014/11/29]
12. 糸川昌成. 健やかな心と脳‐科学者が見た心の健康と医学‐[講演]. 町田さるびあ会. せりがや会館, 東京 [2014/11/20]
13. 糸川昌成. 精神科医として、研究者として、子供として [講演]. 第4回 都医学研シンポジウム. 津田ホール, 東京 [2014/11/14]
14. 糸川昌成. 統合失調症の原因解明に挑む-臨床家がなぜ研究をするのか- [講演]. 平成26年甲州・東海ブロック家族会 精神保健福祉促進研修会愛知大会. 蒲郡市民会館, 蒲郡 [2014/11/13]
15. 糸川昌成. 統合失調症の原因解明に挑む-臨床家がなぜ研究をするのか- [講演]. 第19回翠会ヘルスケアグループ地域精神保健学会. ベルサール新宿グランドコンファレンスセンター, 東京 [2014/11/7]
16. 糸川昌成. 統合失調症の解明に取り組んだ25年で見えてきたもの [講演]. 記念講演会in神戸第2部Recovery. ANAクラウンプラザホテル神戸, 兵庫 [2014/10/25]
17. 糸川昌成. 統合失調症の原因解明に挑む-臨床家がなぜ研究をするのか- [講演]. 第13回多摩Schizophrenia研究会. パレスホテル立川, 東京 [2014/10/23]
18. 糸川昌成. 活性化ビタミンB6を用いた統合失調症の新規治療薬開発 [講演]. BioJapan2014. パシフィコ横浜, 横浜 [2014/10/15]
19. 糸川昌成. 統合失調症の原因解明に挑む-臨床家がなぜ研究をするのか-[講演]. 第20回千駄木精神医学研究会. 東京ドームホテル, 東京[2014/10/06]
20. 糸川昌成. 脳と心‐25年の統合失調症研究から見えてきたもの‐[講演]. 都立墨東病院神経科集談会.墨東病院, 東京[2014/10/02]
21. 糸川昌成. 精神科医として、そして家族として-脳の研究者が心について考えたこと-[講演]. 埼家連主催ピアサポート相談研修会.さいたま共済会館, さいたま[2014/09/21]
22. 糸川昌成. 統合失調症の最新情報 [講演].調布市こころの健康講演会. 調布市こころの健康支援センター, 東京 [2014/09/12]
23. 糸川昌成. 統合失調症の原因解明に挑む-臨床家がなぜ研究をするのか- [講演].千葉若手精神科医の会 サマーセミナー. 三井ガーデンホール, 千葉 [2014/08/10]
24. 糸川昌成. 統合失調症の原因解明に挑む-臨床家がなぜ研究をするのか- [講演].小平市けやきの会講演. 小平市中央公民館ホール, 東京 [2014/08/09]
25. 糸川昌成. 統合失調症の原因解明に挑む-異種性と複雑系- [講演].第44回新潟神経学夏期セミナー. 新潟大学脳研究所, 新潟 [2014/08/02]
26. 糸川昌成. 東京都医学総合研究所における精神医学研究 [講演].都立松沢病院サマーセミナー2014. 都立松沢病院, 東京 [2014/07/19]
27. 糸川昌成. 統合失調症の解明に挑む-臨床家がなぜ研究をするのか-[講演].第11回熊本精神医学セミナー, 熊本大学医学部附属病院. 熊本 [2014/07/17]
28. 糸川昌成. 統合失調症の解明に挑む-臨床家がなぜ研究をするのか-[講演].大家連精神保健福祉講座③, アネックス・パル法円坂. 大阪 [2014/07/12]
29. 糸川昌成. 精神医学Ⅲ [補講]. 上智社会福祉専門学校精神保健福祉士通信課程講義, 上智社会福祉専門学校, 東京 [2014/07/05]
30. 糸川昌成. 統合失調症の解明に挑む-臨床家がなぜ研究をするのか-[講演]. 第4回精神科治療カンファレンス, 東京 [2014/07/04]
31. 糸川昌成. 精神医学Ⅲ [講義]. 上智社会福祉専門学校精神保健福祉士通信課程講義, 上智社会福祉専門学校, 東京 [2014/06/07]
32. 糸川昌成. 精神医学I・Ⅱ [講義]. 上智社会福祉専門学校精神保健福祉士通信課程講義, 上智社会福祉専門学校, 東京 [2014/05/24]
33. 糸川昌成. 統合失調症の病態としてのカルボニルストレス-[講演].第6回糖化ストレス研究会, 東京ビッグサイト, 東京 [2014/05/23]
34. 糸川昌成. 統合失調症-松沢だからこそ発見できる統合失調症研究-[講義].松沢病院レジデントクルズス, 東京 [2014/05/22]
35. 糸川昌成. 統合失調症の解明に挑む-臨床家がなぜ研究をするのか-[講演].大日本製薬㈱研究本部・社内講演, 大阪研究所研究本部. 大阪 [2014/05/19]
36. 糸川昌成. 精神医学III [講義]. 上智社会福祉専門学校精神保健福祉士通信課程講義, 上智社会福祉専門学校, 東京 [2014/05/10]
37. 糸川昌成. 精神医学II [講義]. 上智社会福祉専門学校精神保健福祉士通信課程講義. 上智社会福祉専門学校, 東京 [2014/04/26]
38. 糸川昌成. 精神医学I [講義]. 上智社会福祉専門学校精神保健福祉士通信課程講義. 上智社会福祉専門学校, 東京 [2014/04/12]
39. 糸川昌成. 新しい治療法をめぐる冒険-臨床家がなぜ研究をするのか- [講演]. 第18回こんぼ亭. 荏原文化センター. 東京[2014/04/05]

(平成27年度)
1. 糸川昌成. 脳と心-脳の部品を25年研究してみて- 医療法人南山会柵町診療所20周年記念講演、茨城 [2016/3/13]
2. 糸川昌成. 脳と心-脳の部品を25年研究してみて- 第5回Tokushima Psychiatric Intervention Conference: TOPIC、徳島 [2016/3/4]
3. 糸川昌成. 脳と心-健やかな心と命のために- 心の健康に関わる研修会. 千葉県山武健康福祉センター [2016/2/17]
4. 糸川昌成. 利他の心の環-縄文人のDNAと心- こころの健康を考える区民会議「世田谷宣言」発表報告会 世田谷区役所第三庁舎 [2016/2/13]
5. 糸川昌成. 脳と心-脳の部品を25年研究してみて- 福岡県精神医療センター大宰府病院講演会 大宰府病院. 福岡 [2016/2/12]
6. 糸川昌成. 脳と心-脳の部品を25年研究してみて- Antipshichotics Bridge Conference2016 ホテルグランヴィア大阪 [2016/2/5]
7. 糸川昌成. ゲノム研究のはじまり―統合失調症の研究 MedicalNote [2015/12/21]
8. 糸川昌成. 脳と心 -脳の部品を25年研究してみて- リハ科研修 都立松沢病院[2015/12/16]
9. 糸川昌成. 脳科学から見た援助者のあり方 –脳と心と魂と- 平成27年度岩手県看護連盟 会員研修会 いわて県民情報交流センター [2015/12/12]
10. 糸川昌成. 統合失調症が秘密の扉をあけるまで -新しい治療法の発見は-臨床家の研究から生まれた- 横浜市障害者家族連合会 横浜西口SYビル [2015/12/5]
11. 糸川昌成. 統合失調症の理解と対応 -分子生物学者が語る脳と心- 精神保健福祉研修(後期)国立オリンピック記念青少年総合センター [2015/12/4]
12. 糸川昌成. 脳と心 -脳の部品を25年研究して- 国際医療福祉大学大学院 公開講座 国際医療福祉大学青山キャンパス [2015/12/2]
13. 糸川昌成. 脳と心 -医師主導治験は成功したけれど- 第32回 こころと脳のセミナー 九州大学病院 [2015/10/31]
14. 糸川昌成. 脳科学者から見た援助者のあり方-脳と心と魂と- 戴帽式記念講演 東京都立板橋看護専門学校 [2015/10/30]
15. 糸川昌成. 脳と心 -統合失調症の解明を目指して脳の部品を25年研究してみたけれど- 第102回 石川県神経科精神科医会 金沢ニューグランドホテル[2015/10/15]
16. 糸川昌成. 人はなぜ病をえるのか -命がともす魂の回復- 世田谷家族会 区立総合福祉センター [2015/10/17]
17. 糸川昌成. 統合失調症の解明に挑む-臨床家がなぜ研究をするのか- 宮崎DSAカンファレンス2015 HOTEL SKYTOWER[2015/10/1]
18. 糸川昌成. 統合失調症治療の最前線ときょうだい支援 第7回兄弟姉妹全国交流会 ゲスト講演 戸山サンライズ[2015/9/22]
19. 糸川昌成. 脳と心 -縄文人の遺伝子と倭人の魂- 小金井市精神障害者家族会 あじさい会 精神保健福祉公開講演会 小金井市前原暫定集会施設 [2015/9/19]
20. 糸川昌成. 脳の病気、心の健康 -命と心はどこから来るのか- 豊島区障害者団体連合会創立30周年記念講演会 豊島区立勤労福祉会館 [2015/9/14]
21. 糸川昌成. 命をもてなす -人が人を支えるためには- 日本精神科看護協会千葉県支部 千葉中央看護専門学校 [2015/9/12]
22. 糸川昌成. 「命はどこから来るのか -分子生物学が明かす心のゆくえ-」ラ・ボア・ラクテ 2F「カペラ」[2015/9/4]
23. 糸川昌成. 脳と心 -25年脳の部品を研究してみたけれど-三永塾講演会 三井ガーデンホテル[2015/8/20]
24. 糸川昌成. 脳と心 -縄文人の遺伝子と倭人の魂- 全国版子どもの集い・交流会 日本福祉大学東海キャンパス[2015/8/22]
25. 糸川昌成. 脳と心 -25年脳の部品を研究してみて- 第19回新都心メンタルネットワーク研究会 新宿ワシントンホテル[2015/07/31]
26. 糸川昌成. 脳と心 -科学者が考える回復の道のり- 品川区精神障害碍者家族会 講演会 品川区役所第3庁舎[2015/07/18]
27. 糸川昌成. 脳と心 -縄文人の遺伝子と倭人の魂- 平成27年度 栃木県精神保健福祉会主催中央大会 宇都宮市保健所[2015/7/10]
28. 糸川昌成. 精神医学・精神保健学 [補講]. 上智社会福祉専門学校精神保健福祉士通信課程講義, 上智社会福祉専門学校, 東京 [2015/07/04]
29. 糸川昌成. 脳と心 -臨床家がなぜ研究をするのか- 平成27年度 埼玉精神科神経科診療所協会総会 大宮ソニックシティビル [2015/6/28]
30. 糸川昌成. 都立神経病院と医学研の研究情報交換会 妄想はどこから生まれるのか-精神科領域で初めての医師主導治験は都立病院の1症例の発見から始まった- 神経病院 4階会議室 [2015/6/23]
31. 糸川昌成. 精神保健学III [講義]. 上智社会福祉専門学校精神保健福祉士通信課程講義, 上智社会福祉専門学校, 東京 [2015/06/20]
32. 糸川昌成. 脳と心 -25年脳の部品を研究してみて- 西多摩虹の会 講演会あきる野ルピア [2015/6/13]
33. 糸川昌成. 統合失調症 -医学研と松沢、脳と心- 平成27年度レジデントクルズス 松沢病院 会議室[2015/6/12]
34. 糸川昌成. 精神保健学II [講義]. 上智社会福祉専門学校精神保健福祉士通信課程講義, 上智社会福祉専門学校, 東京 [2015/06/06]
35. 糸川昌成. 病院勤務医が研究に向かい合うということ-臨床家がなぜ研究をするのか-[講演]駒込病院・東京都医学総合研究所共催 第1回リサーチカンファ 駒込病院[2015/6/3]
36. 糸川昌成. 精神保健学 [講義]. 上智社会福祉専門学校精神保健福祉士通 信課程講義, 上智社会福祉専門学校, 東京 [2015/05/23]
37. 糸川昌成. 脳と心 -25年脳の部品を研究してみて-[講演]北区ケアマネージャーの会[2005/5/19]
38. 糸川昌成. 精神医学 II・III[講義]. 上智社会福祉専門学校精神保健福祉士通信 課程講義, 上智社会福祉専門学校, 東京 [2015/05/09]
39. 糸川昌成. 脳と心‐25年脳の部品を研究してみて‐[講演]. 都立墨東病院神経科集談会. 墨東病院, 東京[2015/5/7]
40. 糸川昌成. 精神医学 [講義]. 上智社会福祉専門学校精神保健福祉士通信 課程講義, 上智社会福祉専門学校, 東京 [2015/04/25]

(平成28年度)
1. 糸川昌成. 松沢病院で発見された治療薬~精神科医で初めて:医師主導治験の裏話~. 都立松沢病院薬剤部研修講義. 都立松沢病院, 世田谷[2017/1/30]
2. 糸川昌成. 統合失調症の理解と自殺防止対応. 東京都自殺防止のための電話相談技能研修①自殺と精神疾患講義2. 全理連ビル, 代々木 [2017/1/28]
3. 糸川昌成. 脳と心. 都立松沢病院退院準備講座. 都立松沢病院54病棟, 世田谷[2017/1/25]
4. 糸川昌成. 人はなぜ心を病むのか. 平成28年度少子社会対策部「メンタルヘルス研修」. 東京都庁第一本庁舎28階116会議室, 新宿 [2017/1/20]
5. 糸川昌成. 心はどこへつながるのか-分子生物学からポリネシアまで-. 都立松沢病院リハビリ科研修講座. 都立松沢病院, 東京 [2017/1/6]
6. 糸川昌成. 脳と心. 都立松沢病院退院準備講座. 都立松沢病院54病棟, 東京 [2016/12/28]
7. 糸川昌成. 心はどれくらい脳なのか-病の意味と回復のしくみ-. 心の健康づくり講演会.ひたちなか保健所, ひたちなか [2016/12/26]
8. 糸川昌成. 心はどこまで脳なのか~物語を生きる回復のしくみ~. 28年度デイケア・病院家族会「輪の会」合同研修会. 山梨県立北病院, 韮崎 [2016/12/21]
9. 糸川昌成. 松沢病院で発見された治療薬~精神科で初めて:医師主導治験の裏話~. 松沢病院精神科医局集談会. 松沢病院, 世田谷 [2016/12/20]
10. 糸川昌成. 人はなぜ病を得るのか~蛋白質の科学者が考える命の意味~. 第14回精神保健福祉講演会. 武蔵野公会堂, 吉祥寺 [2016/12/17]
11. 糸川昌成. 思春期・青年期のこころの健康と成長を支えるもの. 平成28年度第6回都民講座. 日経ホール, 東京[2016/12/9](司会)
12. 糸川昌成. 心と身体. 退院準備講座. 松沢病院54病棟, 世田谷[11/30/2016]
13. 糸川昌成. 人はなぜ病を得るのか~神話が明かすDNAのこころ~. NPO法人じんかれん50周年記念大会・第43回精神保健福祉「県民の集い」. 神奈川県民ホール, 横浜 [2016/11/29]
14. 糸川昌成. 心はどれくらい脳なのか~病を得る意味と回復のしくみ~. 八戸精神科医会. 八戸パークホテル, 八戸 [2016/11/16]
15. Masanari Itokawa. Brain or Mind under the language & story? Corraborative meeting. University of Texas, Texas. [2016/11/11]
16. 糸川昌成. 脳とこころ-精神療法のこつと意味-. 都立松沢病院看護研修OJT. 都立松沢病院82病棟, 東京 [2016/10/28]
17. 糸川昌成. 健康とストレス-心はどこまで脳なのか-. 第20回健康こうほく21活動発表会「ふれあいの会」. 西新井本町住区センター, 東京 [2016/10/28]
18. 糸川昌成. 心はどれくらい脳なのか~病の意味と回復のしくみ~. 第36回コンボ亭月例会in大阪. 大阪社会福祉指導センター, 大阪 [2016/10/15]
19. 糸川昌成. 医学をきわめる-からだと心の科学-. 戸山高校・チームメディカルミーティング. 都立戸山高校生物講義室, 新宿 [2016/10/8]
20. 糸川昌成. 精神療法と薬物療法のコツを脳と心から考える. 松沢病院看護OJT. 都立松沢病院, 世田谷[2016/09/28]
21. 糸川昌成. 脳と心‐苦手克服は脳にわるいので得意科目を伸ばしましょう‐. 退院準備講座. 松沢病院54病棟, 世田谷 [2016/09/28]
22. 糸川昌成. (ラジオ出演)【明日へのことば】統合失調症の母からの贈り物. NHKラジオ第一放送, ラジオ深夜便. [2016/09/18]
23. 糸川昌成. 「心はどれくらい脳なのか」~統合失調症の分子生物学から見えてきたもの~. 第2回さいたま東部地区勉強会. 大宮厚生病院, 大宮 [2016/09/16]
24. 糸川昌成. 「臨床家がなぜ研究をするのか? 精神科医が研究の足跡をふりかえるとき」. 東海PPSTセミナー.ウィンクあいち, 名古屋市[2016/09/01]
25. 糸川昌成. (ラジオ講座)脳と心-分子生物学者がみた精神医学②家族の旅から回復を体験すること. 放送大学. [2016/06/26, 08/31, 09/30]
26. 糸川昌成. (ラジオ講座)脳と心-分子生物学者がみた精神医学①部品の科学と全体としての脳. 放送大学. [2016/06/25, 08/30, 09/29]
27. 糸川昌成. リカバリーをさまたげない薬とのつきあい方. 地域精神保健福祉機構リカバリー全国フォーラム2016. 帝京平成大学池袋キャンパス, 豊島区 [2016/08/27]
28. 糸川昌成. (書評) 「精神病と統合失調症の新しい理解」. 「こころの科学・189号」[2016/09/01]
29. 糸川昌成. 脳と心‐反省は脳に悪いけど工夫ならいい‐. 退院準備講座. 松沢病院54病棟, 世田谷 [2016/08/24]
30. 糸川昌成. ハイブリッドが育む科学の力. 第30回先端技術大賞記念講演記事. フジサンケイビジネスアイ [2016/08/19付]
31. 糸川昌成. ハイブリッドが育む科学の力. 第30回先端技術大賞 授賞式. 明治記念館, 港 [2016/07/28]
32. 糸川昌成. 東京都医学研における精神医学研究. 松沢臨床精神医学サマーセミナー2016. 都立松沢病院, 世田谷 [2016/07/23]
33. 糸川昌成. 「心はどこまで脳なのか」統合失調症治療の最新の知見. 都立病院関連施設薬剤師会 平成28年度 第1回学術講演会. 新宿三丁目貸会議室 ルーム401, 新宿 [2016/07/21]
34. 糸川昌成. 心はどれくらい脳なのか-分子生物学が語る精神の科学. 全学体験ゼミナール. 東京都医学総合研究所, 世田谷 [2016/06/25]
35. 糸川昌成. 精神医学・精神保健学補講 上智社会福祉専門学校精神保健福祉士通信課程講義, 上智社会福祉専門学校, 東京 [2016/06/25]
36. 糸川昌成. 心の病は誰でもかかる!~治る? 最新の精神医療について. 都民精神保健啓発講演会(東京つくし会). 烏山区民センター1階ホール, 世田谷 [2016/06/23]
37. 糸川昌成. 精神保健学III 上智社会福祉専門学校精神保健福祉士通信課程講義, 上智社会福祉専門学校, 東京 [2016/06/18]
38. 糸川昌成. 心はどれくらい脳なのか 回復を支援する~病気からの快復・魂の回復. ACTネットワーク中四国ブロック研修in岡山, 岡山県立図書館多目的ホール, 岡山 [2016/06/11]
39. 糸川昌成. 心の科学-脳がなぜ心を生むのだろう-. 東京大学メディカル情報生命専攻平成29年度入試説明会. 東京大学医科学研究所2号館大会議室, 柏 [2016/06/05]
40. 糸川昌成. 精神保健学II 上智社会福祉専門学校精神保健福祉士通信課程講義, 上智社会福祉専門学校, 東京 [2016/06/04]
41. 糸川昌成. 精神科的治療と内科的治癒-脳がなぜ他の臓器と違うのか-. 松沢病院レジデントクルズス. 都立松沢病院, 世田谷 [2016/05/30]
42. 糸川昌成. 統合失調症の根本治療開発への挑戦. 会計検査院検査研究説明. 東京都医学総合研究所, 世田谷区 [2016/05/24]
43. 糸川昌成. 心の科学-脳がなぜ心を生むのだろう-. 都医学研オープンラボ. 東京都医学総合研究所, 世田谷区 [2016/05/15]
44. 糸川昌成. 心はどれくらい脳なのか. 神経科講演会. 東京都立墨東病院, 江東区 [2016/05/12]
45. 糸川昌成. 心はどれくらい脳なのか. 精神医学の科学哲学セミナー. 東京大学駒場キャンパス, 東京 [2016/05/11]
46. 糸川昌成. 心はどれくらい脳なのか. 神経科学セミナー. 埼玉医科大学, 入間 [2016/05/09]
47. 糸川昌成. 卒業生が語る臨床医が研究をする意味. 医学部1年選択必修(医学研究)一生の研究テーマを如何に決めるか. 埼玉医科大学, 入間 [05/09/2016]
48. 糸川昌成. 精神医学II.精神保健学I. 上智社会福祉専門学校精神保健福祉士通信課程講義, 上智社会福祉専門学校, 東京 [2016/05/07]
49. 糸川昌成. 松沢からみた医学研の利用法. 松沢病院レジデントクルズス. 都立松沢病院, 世田谷 [2016/4/26]
50. 糸川昌成. 脳とこころ-脳の部品を25年研究してみて- 第9回南信州渓流フォーラムin飯田. 飯田病院, 飯田 [2016/4/23]
51. 糸川昌成. 人はなぜ心を病むのだろう-分子からみた脳と命 -.大分大学医学部特別講演,大分大学医学部臨床第講義室、大分 [2016/4/21]
52. 糸川昌成. 精神医学II. 上智社会福祉専門学校精神保健福祉士通信課程講義, 上智社会福祉専門学校, 東京 [2016/04/09]
53. 糸川昌成. 精神医学. 上智社会福祉専門学校精神保健福祉士通信課程講義, 上智社会福祉専門学校, 東京 [2016/04/02]

(平成29年度)
1. 糸川昌成 (2017) 精神保健学Ⅲ [講義]. 上智社会福祉専門学校精神保健福祉士通信課程講義, 上智社会福祉専門学校, 東京 [2017/7/1]
2. 糸川昌成 (2017) 精神保健学Ⅲ [講義]. 上智社会福祉専門学校精神保健福祉士通信課程講義, 上智社会福祉専門学校, 東京 [2017/6/3]
3. 糸川昌成 (2017) 精神保健学Ⅰ、Ⅱ [講義]. 上智社会福祉専門学校精神保健福祉士通信課程講義, 上智社会福祉専門学校, 東京 [2017/5/19]
4. 糸川昌成 (2017) 精神医学Ⅲ [講義]. 上智社会福祉専門学校精神保健福祉士通信課程講義, 上智社会福祉専門学校, 東京 [2017/5/6]
5. 糸川昌成 (2017) 精神医学Ⅱ [講義]. 上智社会福祉専門学校精神保健福祉士通信課程講義, 上智社会福祉専門学校, 東京 [2017/4/22]
6. 糸川昌成 (2017) 精神医学I [講義]. 上智社会福祉専門学校精神保健福祉士通信課程講義, 上智社会福祉専門学校, 東京 [2017/4/8]

IV. 特記事項

(平成23年度)
1. 糸川昌成 (2011) 統合失調症の一部にはビタミンB6が有効か、医師主導治験開始 [報道]. Medical Tribune [2011/11/01]
2. 糸川昌成 (2011) 「統合失調症は単一疾患でない」成因分類に基づくオーダーメード医療に第一歩 [報道]. Psychiatry Trend [2011/11/14]
3. 糸川昌成 (2011) 統合失調症の原因を明らかにする研究:遺伝子の解析を通じて [講演]. 第32回 家族と専門家の交流会. 渋谷区総合ケアコミュニティ「せせらぎ」, 東京 [2011/10/30]
4. 糸川昌成 (2011) 統合失調症の遺伝子研究-どこまで解明され、何がまだ解明されていないか- [講演]. リカバリー全国フォーラム2011. 東京大学安田講堂, 東京 [2011/09/08]
5. 糸川昌成 (2011) 統合失調症の多発家系症例から同定した、カルボニルストレス性統合失 調症について [報道]. 都医学研 開所記念シンポジウム. 同研究所, 東京 [2011/07/20]
6. 糸川昌成 (2011) 統合失調症の診断法と新規治療薬の開発研究 [講演]. 技術情報協会セミナー. きゅりあん, 東京 大井町 [2011/07/29]
7. 糸川昌成 (2011) 分子構造からみた統合失調症 [講義]. 松沢臨床精神医学サマーセミナー. 東京都立松沢病院, 東京 [2011/07/28]
8. 糸川昌成 (2011) 「カルボニルストレス性統合失調症の同定と治療法の開発」[講演].東京都医学総合研究所 開所記念シンポジウム, 研究所N棟2階講堂 [2011/07/20]
9. 糸川昌成 (2011) 脳科学研究から見えてきた統合失調症の原因と治療 [講演]. 横浜市港北区港北公会堂1階ホール, 横浜 [2011/07/16]
10. 糸川昌成 (2011) 「臨床家だからこそできる統合失調症研究」[講演]. ホテルニューキャッスル, 弘前 [2011/06/24]
11. 糸川昌成 (2011) 発達障害の基礎と臨床 [OJT]. 松沢病院D47棟 [2011/06/09]
12. 糸川昌成 (2011) 統合失調症を解明するための冒険![講演]. 第2回こんぼ亭月例会, 帝京平成大学池袋キャンパス, 東京 [2011/05/28]
13. 糸川昌成 (2011) 臨床家だからこそできる疾患研究 [講演]. 平成23年度東京都看護職員就職説明会, 都庁, 東京 [2011/04/29]

(平成24年度)
1. 糸川昌成. 臨床家がなぜ研究するのか-日本人だからこそ発見できる統合失調症研究 - [講演]. 幕張精神医療懇話会, ホテル・ザ・マンハッタン, 千葉 [2013/2/20]
2. 糸川昌成. 統合失調症研究の治療‐最新の知見‐-臨床家がなぜ研究をするのか- [講演]. いちょうの会講演会. 浦安市総合福祉センター, 千葉 [2013/1/30]
3. 糸川昌成. 統合失調症研究の最新情報-臨床家がなぜ研究をするのか- [講演]. 区民のための精神保健福祉講演会. 台東区生涯学習センター, 東京[2012/12/22]
4. 糸川昌成. カルボニルストレス性統合失調症への前期第Ⅱ相試験を終了、ピリドキサミンの有効性・安全性を検証 [報道]. Medical Tribune [2012/12/11]
5. 糸川昌成. ベッドサイドだから発見できる統合失調症研究 [講演] SCBR FORUM 2012. コンラッド東京アネックス1階, 東京 [2012/12/8]
6. 糸川昌成. 統合失調症研究の最新情報-臨床家がなぜ研究をするのか- [講演]. NPO法人町田市精神障害者さるびあ会. せりがや会館, 町田 [2012/11/16]
7. 糸川昌成. 統合失調症研究の最新情報-臨床家がなぜ研究をするのか-[講演]. 平成24年度精神家族教室. 浦和コミュニティーセンター, さいたま [2012/10/21]
8. 糸川昌成. 統合失調症の最新研究-臨床家がなぜ研究をするのか-[講演]. NPO法人新潟市精神障害者地域家族会 総会記念講演. 新潟市総合福祉会館, 新潟 [2012/05/27]
9. 糸川昌成. 統合失調症の新たな発見-臨床家がなぜ研究をするのか-[講演]. 新宿フレンズ勉強会. 新宿区立障害者福祉センター, 東京 [2012/05/12]

(平成25年度)
1. 糸川昌成. 統合失調症研究の解明に挑む-臨床家がなぜ研究をするのか [講演]. NCNP市民公開シンポジウム‐正しく向き合う統合失調症‐. アルカディア市ヶ谷. 2014/03/23, 東京.
2. 糸川昌成. 統合失調症研究の解明に挑む-臨床家がなぜ研究をするのか [講演]. DSフォーラム2014. 神戸ポートピアホテル. 2014/03/08, 神戸.
3. 糸川昌成. 統合失調症研究の最新情報-臨床家がなぜ研究をするのか [講演]. 岡山県精神障害者家族会連絡会精神障がい者家族のピアサポート研修会. 岡山市民会館4階会議室. 2013/12/21, 岡山.
4. 糸川昌成. 統合失調症研究の解明に挑む-臨床家がなぜ研究をするのか [講演].「薬物・精神・行動の会」2013年特別講演会. 東京慈恵会医科大学中央棟8階会議室. 2013/12/13, 東京.
5. 糸川昌成. 統合失調症研究の最新情報-臨床家がなぜ研究をするのか [講演]. 第8回あやめ会交流会. 川崎市総合福祉センター. 2013/12/09, 川崎.
6. 糸川昌成. 統合失調症研究の最新情報-臨床家がなぜ研究をするのか- [講演]. さくら会家族教室. 世田谷区立総合福祉センター. 2013/10/30, 東京.
7. 糸川昌成. 統合失調症の最新情報-臨床家がなぜ研究をするのか- [講演]. あかね会家族教室. 昭和大学付属烏山病院. 2013/10/10, 東京.
8. 糸川昌成. 統合失調症の理解-臨床家がなぜ研究をするのか- [講演]. 統合失調症家族教室. 西新宿保健センター. 2013/10/04, 東京.
9. 糸川昌成. 統合失調症研究の最新情報 [講演]. 平成25年度第2回都医学研都民講座. 津田ホール. 2013/06/07, 東京. 糸川昌成.臨床家がなぜ研究するのか-日本人だからこそ発見できる統合失調症研究 [講演]. Astellas CNS conference. 小田急ホテルセンチュリー相模大野. 2013/04/06, 相模原.

(平成26年度)
1. 糸川昌成 (2015) 統合失調症の解明に挑む-臨床家がなぜ研究するのか-[講演]. ジュニアレジデント合同発表会. 東京都病院経営本部 東京 [2015/3/7]
2. 糸川昌成 (2015)「心の病気」の新しい捉え方と治療についての考え方 [講演]. 山梨県精神障害者家族会連合会. 山梨県立大学 山梨 [2015/2/28]
3. 糸川昌成 (2015) 統合失調症の解明に挑む-臨床家がなぜ研究するのか-[講演]. 精神保健学級第1回. 杉並保健所 東京 [2015/2/19]
4. 糸川昌成 (2015) 脳と心-なぜ研究がいのちをもてなすのか-[講演]. 松沢病院リハビリテーション科研修. 東京都立松沢病院 東京 [2015/2/19]
5. 糸川昌成 (2015) 統合失調症の解明に挑む-臨床家がなぜ研究するのか-[講演]. 第194回東大いちょうの会. 東京大学付属病院 中央診療棟2, 東京 [2015/2/15]
6. 糸川昌成 (2015) 統合失調症の解明に挑む-臨床家がなぜ研究をするのか-[講演]. 第3回ニューロカンファレンス和歌山. 和歌山県民文化会館, 和歌山 [2015/1/10]
7. 糸川昌成 (2014) 統合失調症の解明に挑む-臨床家がなぜ研究をするのか-[講演]. オアシス家族会. 船橋東部公民館, 千葉 [2014/12/20]
8. 糸川昌成 (2014) その人らしさ・自分らしさをまもる [講演]. 第47回看護学生看護研究学会. 文京シビックセンター大ホール, 東京 [2014/12/15]
9. 糸川昌成 (2014) 統合失調症の原因解明に挑む-臨床家がなぜ研究をするのか-[講演]. 武蔵野市第二金曜会. 武蔵野市文化会館, 東京 [2014/12/13]
10. 糸川昌成 (2014) 統合失調症の原因解明に挑む-臨床家がなぜ研究をするのか-[講演]. 中信地区精神科治療講演会. 信州大学医学部附属病院外来診療棟会議室, 松本 [2014/12/5]
11. 糸川昌成 (2014) 統合失調症の原因解明に挑む-臨床家がなぜ研究をするのか-[講演]. よもぎ会. 静岡 [2014/11/29]
12. 糸川昌成 (2014) 健やかな心と脳‐科学者が見た心の健康と医学‐[講演]. 町田さるびあ会. せりがや会館, 東京 [2014/11/20]
13. 糸川昌成 (2014) 精神科医として、研究者として、子供として [講演]. 第4回 都医学研シンポジウム. 津田ホール, 東京 [2014/11/14]
14. 糸川昌成 (2014) 統合失調症の原因解明に挑む-臨床家がなぜ研究をするのか- [講演]. 平成26年甲州・東海ブロック家族会 精神保健福祉促進研修会愛知大会. 蒲郡市民会館, 蒲郡 [2014/11/13]
15. 糸川昌成 (2014) 統合失調症の原因解明に挑む-臨床家がなぜ研究をするのか- [講演]. 第19回翠会ヘルスケアグループ地域精神保健学会. ベルサール新宿グランドコンファレンスセンター, 東京 [2014/11/7]
16. 糸川昌成 (2014) 統合失調症の解明に取り組んだ25年で見えてきたもの [講演]. 記念講演会in神戸第2部Recovery. ANAクラウンプラザホテル神戸, 兵庫 [2014/10/25]
17. 糸川昌成 (2014) 統合失調症の原因解明に挑む-臨床家がなぜ研究をするのか- [講演]. 第13回多摩Schizophrenia研究会. パレスホテル立川, 東京 [2014/10/23]
18. 糸川昌成 (2014) 活性化ビタミンB6を用いた統合失調症の新規治療薬開発 [講演]. BioJapan2014. パシフィコ横浜, 横浜 [2014/10/15]
19. 糸川昌成 (2014) 統合失調症の原因解明に挑む-臨床家がなぜ研究をするのか-[講演]. 第20回千駄木精神医学研究会. 東京ドームホテル, 東京 [2014/10/06]
20. 糸川昌成 (2014) 脳と心‐25年の統合失調症研究から見えてきたもの‐[講演]. 都立墨東病院神経科集談会. 墨東病院, 東京[2014/10/02]
21. 糸川昌成 (2014) 精神科医として、そして家族として-脳の研究者が心について考えたこと-[講演]. 埼家連主催ピアサポート相談研修会.さいたま共済会館, さいたま [2014/09/21]
22. 糸川昌成 (2014) 統合失調症の最新情報 [講演].調布市こころの健康講演会. 調布市こころの健康支援センター, 東京 [2014/09/12]
23. 糸川昌成 (2014) 統合失調症の原因解明に挑む-臨床家がなぜ研究をするのか- [講演].千葉若手精神科医の会 サマーセミナー. 三井ガーデンホール, 千葉 [2014/08/10]
24. 糸川昌成 (2014) 統合失調症の原因解明に挑む-臨床家がなぜ研究をするのか- [講演].小平市けやきの会講演. 小平市中央公民館ホール, 東京 [2014/08/09]
25. 糸川昌成 (2014) 統合失調症の原因解明に挑む-異種性と複雑系- [講演].第44回新潟神経学夏期セミナー. 新潟大学脳研究所, 新潟 [2014/08/02]
26. 糸川昌成 (2014) 東京都医学総合研究所における精神医学研究 [講演].都立松沢病院サマーセミナー2014. 都立松沢病院, 東京 [2014/07/19]
27. 糸川昌成 (2014) 統合失調症の解明に挑む-臨床家がなぜ研究をするのか-[講演].第11回熊本精神医学セミナー, 熊本大学医学部附属病院. 熊本 [2014/07/17]
28. 糸川昌成 (2014) 統合失調症の解明に挑む-臨床家がなぜ研究をするのか-[講演].大家連精神保健福祉講座③, アネックス・パル法円坂. 大阪 [2014/07/12]
29. 糸川昌成 (2014) 精神医学Ⅲ [補講]. 上智社会福祉専門学校精神保健福祉士通信課程講義, 上智社会福祉専門学校, 東京 [2014/07/05]
30. 糸川昌成 (2014) 統合失調症の解明に挑む-臨床家がなぜ研究をするのか-[講演]. 第4回精神科治療カンファレンス, 東京 [2014/07/04]
31. 糸川昌成 (2014) 精神医学Ⅲ [講義]. 上智社会福祉専門学校精神保健福祉士通信課程講義, 上智社会福祉専門学校, 東京 [2014/06/07]
32. 糸川昌成 (2014) 精神医学I・Ⅱ [講義]. 上智社会福祉専門学校精神保健福祉士通信課程講義, 上智社会福祉専門学校, 東京 [2014/05/24]
33. 糸川昌成 (2014) 統合失調症の病態としてのカルボニルストレス-[講演].第6回糖化ストレス研究会, 東京ビッグサイト, 東京 [2014/05/23]
34. 糸川昌成 (2014) 統合失調症-松沢だからこそ発見できる統合失調症研究-[講義].松沢病院レジデントクルズス, 東京都立松沢病院, 東京 [2014/05/22]
35. 糸川昌成 (2014) 統合失調症の解明に挑む-臨床家がなぜ研究をするのか-[講演].大日本製薬㈱研究本部・社内講演, 大阪研究所研究本部. 大阪 [2014/05/19]
36. 糸川昌成 (2014) 精神医学III [講義]. 上智社会福祉専門学校精神保健福祉士通信課程講義, 上智社会福祉専門学校, 東京 [2014/05/10]
37. 糸川昌成 (2014) 精神医学II [講義]. 上智社会福祉専門学校精神保健福祉士通信課程講義. 上智社会福祉専門学校, 東京 [2014/04/26]
38. 糸川昌成(2014). 精神医学I [講義]. 上智社会福祉専門学校精神保健福祉士通信課程講義. 上智社会福祉専門学校, 東京 [2014/04/12]
39. 糸川昌成. (2014) 新しい治療法をめぐる冒険-臨床家がなぜ研究をするのか- [講演]. 第18回こんぼ亭. 荏原文化センター. 東京[2014/04/05]

(平成27年度)
1. 糸川昌成. 第12回ヘルシー・ソサエティ賞受賞. パレスホテル東京. 2016/3/31, 東京
2. 糸川昌成. 脳と心-脳の部品を25年研究してみて-. 医療法人南山会柵町診療所20周年記念講演. 2016/3/13, 茨城
3. 糸川昌成. 脳と心-脳の部品を25年研究してみて-. 第5回Tokushima Psychiatric Intervention Conference: TOPIC. 2016/3/4, 徳島
4. 糸川昌成. 脳と心-健やかな心と命のために-. 心の健康に関わる研修会. 2016/2/17, 山武
5. 糸川昌成. 利他の心の環-縄文人のDNAと心-. こころの健康を考える区民会議「世田谷宣言」発表報告会. 2016/2/13, 世田谷
6. 糸川昌成. 脳と心-脳の部品を25年研究してみて-. 福岡県精神医療センター大宰府病院講演会. 2016/2/12, 福岡
7. 糸川昌成. 脳と心-脳の部品を25年研究してみて-. Antipshichotics Bridge Conference2016. 2016/2/5, 大阪
8. 糸川昌成. ゲノム研究のはじまり―統合失調症の研究. MedicalNote . 2015/12/21
9. 糸川昌成. 脳と心 -脳の部品を25年研究してみて-. リハ科研修 都立松沢病院. 2015/12/16, 世田谷
10. 糸川昌成. 脳科学から見た援助者のあり方 –脳と心と魂と-. 平成27年度岩手県看護連盟 会員研修会. いわて県民情報交流センター. 2015/12/12, 岩手
11. 糸川昌成. 統合失調症が秘密の扉をあけるまで -新しい治療法の発見は臨床家の研究から生まれた-. 横浜市障害者家族連合会. 横浜西口SYビル. 2015/12/5, 横浜
12. 糸川昌成. 統合失調症の理解と対応 -分子生物学者が語る脳と心-. 精神保健福祉研修(後期). 国立オリンピック記念青少年総合センター. 2015/12/4, 東京
13. 糸川昌成. 脳と心 -脳の部品を25年研究して-. 国際医療福祉大学大学院公開講座. 国際医療福祉大学青山キャンパス. 2015/12/2, 東京
14. 糸川昌成. 脳と心-医師主導治験は成功したけれど-. 第32回こころと脳のセミナー.  九州大学病院. 2015/10/31, 福岡
15. 糸川昌成. 脳科学者から見た援助者のあり方-脳と心と魂と- 戴帽式記念講演 東京都立板橋看護専門学校. 2015/10/30, 板橋
16. 糸川昌成. 脳と心-統合失調症の解明を目指して脳の部品を25年研究してみたけれど- 第102回 石川県神経科精神科医会 金沢ニューグランドホテル. 2015/10/15, 金沢
17. 糸川昌成. 人はなぜ病をえるのか -命がともす魂の回復- 世田谷家族会 区立総合福祉センター. 2015/10/17, 世田谷
18. 糸川昌成. 統合失調症の解明に挑む-臨床家がなぜ研究をするのか- 宮崎DSAカンファレンス2015 HOTEL SKYTOWER, 2015/10/1, 宮崎
19. 糸川昌成. 統合失調症治療の最前線ときょうだい支援. 第7回兄弟姉妹全国交流会 ゲスト講演 戸山サンライズ. 2015/9/22, 新宿
20. 糸川昌成. 脳と心-縄文人の遺伝子と倭人の魂- 小金井市精神障害者家族会 あじさい会 精神保健福祉公開講演会 小金井市前原暫定集会施設. 2015/9/19, 小金井
21. 糸川昌成. 脳の病気、心の健康 -命と心はどこから来るのか- 豊島区障害者団体連合会創立30周年記念講演会 豊島区立勤労福祉会館. 2015/9/14, 豊島
22. 糸川昌成. 命をもてなす-人が人を支えるためには- 日本精神科看護協会千葉県支部 千葉中央看護専門学校. 2015/9/12, 千葉
23. 糸川昌成. 「命はどこから来るのか -分子生物学が明かす心のゆくえ-」ラ・ボア・ラクテ 2F「カペラ」[2015/9/4]
24. 糸川昌成. 脳と心-25年脳の部品を研究してみたけれど-. 三永塾講演会 三井ガーデンホテル. 2015/8/20, 東京
25. 糸川昌成. 脳と心-縄文人の遺伝子と倭人の魂-. 全国版子どもの集い・交流会. 日本福祉大学東海キャンパス. 2015/8/22, 東海
26. 糸川昌成. 脳と心-25年脳の部品を研究してみて-. 第19回新都心メンタルネットワーク研究会. 新宿ワシントンホテル. 2015/07/31, 新宿
27. 糸川昌成. 脳と心-科学者が考える回復の道のり-. 品川区精神障害碍者家族会講演会. 品川区役所第3庁舎. 2015/07/18, 品川
28. 糸川昌成. 脳と心-縄文人の遺伝子と倭人の魂-. 平成27年度栃木県精神保健福祉会主催中央大会. 宇都宮市保健所. 2015/7/10, 宇都宮
29. 糸川昌成. 精神医学・精神保健学 [補講]. 上智社会福祉専門学校精神保健福祉士通信課程講義, 上智社会福祉専門学校. 2015/07/04, 東京
30. 糸川昌成. 脳と心-臨床家がなぜ研究をするのか-. 平成27年度埼玉精神科神経科診療所協会総会. 大宮ソニックシティビル. 2015/6/28, 大宮
31. 糸川昌成. 妄想はどこから生まれるのか-精神科領域で初めての医師主導治験は都立病院の1症例の発見から始まった- 都立神経病院と医学研の研究情報交換会. 神経病院4階会議室. 2015/6/23, 東京
32. 糸川昌成. 精神保健学III [講義]. 上智社会福祉専門学校精神保健福祉士通信課程講義, 上智社会福祉専門学校. 2015/06/20, 東京
33. 糸川昌成. 脳と心-25年脳の部品を研究してみて-. 西多摩虹の会講演会. あきる野ルピア. 2015/6/13, あきる野
34. 糸川昌成. 統合失調症-医学研と松沢、脳と心-. 平成27年度レジデントクルズス. 松沢病院会議室. 2015/6/12, 世田谷
35. 糸川昌成. 精神保健学II [講義]. 上智社会福祉専門学校精神保健福祉士通信課程講義, 上智社会福祉専門学校, 2015/06/06, 東京
36. 糸川昌成. 病院勤務医が研究に向かい合うということ-臨床家がなぜ研究をするのか-[講演]駒込病院・東京都医学総合研究所共催 第1回リサーチカンファ. 駒込病院, 2015/6/3, 東京
37. 糸川昌成. 精神保健学 [講義]. 上智社会福祉専門学校精神保健福祉士通信課程講義, 上智社会福祉専門学校, 2015/05/23, 東京
38. 糸川昌成. 脳と心-25年脳の部品を研究してみて-. 北区ケアマネージャーの会. 2005/5/19, 東京
39. 糸川昌成. 精神医学 II・III[講義]. 上智社会福祉専門学校精神保健福祉士通信 課程講義, 上智社会福祉専門学校. 2015/05/09, 東京
40. 糸川昌成. 脳と心‐25年脳の部品を研究してみて‐. 都立墨東病院神経科集談会. 墨東病院. 2015/5/7, 東京
41. 糸川昌成. 精神医学 [講義]. 上智社会福祉専門学校精神保健福祉士通信 課程講義, 上智社会福祉専門学校. 2015/04/25, 東京

(平成28年度)
特許
1. 糸川昌成, 東原和成, 白須未香. 精神疾患の診断方法[出願]. 特許庁, 特願2009-256133 [2009/11/09]
2. 糸川昌成, 新井誠, 長谷川成人, 野中隆, 秋山治彦, 新井哲明 (2008) 遺伝子変異を用いた筋萎縮性側索硬化症の予測法 [出願]. 特許庁, 特願2008-095035 [2008/04/01]
3. 糸川昌成, 新井誠. 統合失調症の判定方法 [出願].特許庁, 特願2007-209412 [2007/08/10]
4. 糸川昌成, 宮田敏男, 新井誠. 統合失調症の検査および治療 [出願].特許庁, 特願 2007-214047 [2007/08/20]

著書
1. 石原孝二, 信原幸弘, 糸川昌成 精神医学の科学と哲学. 東京:東京大学出版会, 2016
2. 糸川昌成. 統合失調症が秘密の扉を開けるまで-東京:星和書店, 2014
3. 糸川昌成(監修). メンタル医療-原因解明と診断, 治療の最前線-, 東京:シーエムシー出版, 2013

(平成29年度)
1. 糸川昌成. 統合失調症の謎に挑む-物質と物質でないもの-[講演]. こころの医療センター連携フォーラム「特別講演」. 小美玉市四季文化館「みの~れ」風のホール, [2018/03/09]
2. 糸川昌成. ひとはなぜ病を得るのか-物質と物質でないものの行方-[講演].桜山統合失調症研究会.名古屋マリオットアソシアホテル, 名古屋 [2018/03/08]
3. 糸川昌成. 看護師として巣立つあなたへ[講演].卒業式記念講演. 荏原看護専門学校, 東京 [2018/03/07]
4. 糸川昌成 (2018)精神を病むとはどういうことか-モノとコト、見えるもの見えないもの-. 病態脳科学セミナー.同志社大学貫名研究室, 京田辺 [2018/3/2]
5. 糸川昌成 (2018)見えないもの、見えるものと養生のこつ. 退院準備講座. 松沢病院54病棟, 世田谷 [2018/2/22]
6. 糸川昌成 (2018) 統合失調症の予防と治療の研究について~見えるもの、見えないもの~. 北区区民大学 最先端の医療とこれからの研究. 滝野川文化センター, 北区 [2018/2/16]
7. 糸川昌成 (2018) ひとはなぜ病を得るのか~物質と物質でないもの~. 奥州市精神障害者家族会連合会主催講演会. 奥州市総合福祉センター, 奥州 [2018/2/3]
8. 糸川昌成 (2018)精神を病むということはどういうことか~モノとコト、見えるもの見えないもの~. 第5回中枢疾患教育講演会. 武田薬品工業湘南研究所, 神奈川 [2018/2/1]
9. 糸川昌成 (2018)心はどこに宿るのか~見えるもの、見えないもの~. リハビリ科研修. 松沢病院リハビリ棟, 世田谷 [2018/1/26]
10. 糸川昌成 (2018)物語を生きる心の養生. 退院準備講座. 松沢病院54病棟, 世田谷 [2018/1/24]
11. 糸川昌成 (2018) 統合失調症の母からの贈り物~すべての症状には意味がある~. 平成29年度橿原市精神保健福祉普及啓発事業. 奈良県橿原文化会館, 奈良 [2018/1/20]
12. 糸川昌成 (2017) 人類10万年史からみた養生のコツ. 退院準備講座. 松沢病院54病棟, 世田谷 [2017/12/27]
13. 糸川昌成 (2017) 精神科医の当事者研究. 東京大学駒場IIキャンパス, 東京[2017/12/23]
14. 糸川昌成 (2017) ひとはなぜ病を得るのか~病状の意味と回復のしくみ~. 平成29年度中区障害者自立支援協会精神部会研修会. 横浜市中区役所, 横浜[2017/12/1]
15. 糸川昌成 (2017) 脳の治療と心の養生. 退院準備講座. 松沢病院54病棟, 世田谷 [2017/11/22]
16. 糸川昌成 (2017) 心はどこまで脳なのだろう~女性医師の夫が研究者に生まれ変わるまで語~. 世界脳週間講演会. 桜蔭高等学校, 文京区[2017/11/2]
17. 糸川昌成 (2017) 人はなぜ病を得るのか~イニシエーションと物語~. 第58回JCNA全国大会in御殿場. 御殿場高原ホテル, 御殿場[2017/10/27]
18. 糸川昌成 (2017) 『ひよっこ』医療監修者に聞く、あの感動の精神医学的なメッセージ. 文春オンライン[2017/10/21]  http://bunshun.jp/articles/-/4619
19. Masanari Itokawa. Clinical trial of new therapeutic agents, Pyridoxamine for schizophrenia. K163-SZ Investigators Meeting. The Ritz-Carlton Berlin, Berlin Germany[2017/10/8]
20. 糸川昌成 (2017) 脳と心~イニシエーションとモビール~. 特定非営利活動法人ソイプラム仙台講演会. 仙台医師会館, 仙台[2017/10/7]
21. 糸川昌成 (2017) 推薦のことば『人は、人を浴びて人になる』(夏苅郁子著). さくら会のおしらせNo.554. 世田谷さくら会あ[2017/10/1]
22. 糸川昌成 (2017) 心はどこまで脳なのだろう~イニシエーションとしての病~. 精神科作業療法協会第53回全国研修会inやまぐち. 山口総合保健会館, 山口[2017/9/27]
23. 糸川昌成 (2017) 脳と心~イニシエーションとしての病の意味~. 第19回熊本AAP研究会. メルパルク熊本, 熊本[2017/8/27]
24. 糸川昌成 (2017) ひとはなぜ病を得るのか~イニシエーションと物語~. 平成29年度シュロの会市民精神保健福祉講演会. くにたち福祉会館, 国立[2017/8/20]
25. 糸川昌成 (2017) 心はどこまで脳なのだろうか~統合失調症研究の30年~. 特別講演会. 針生ヶ丘病院本館4階講義室, 郡山[2017/8/10]
26. 糸川昌成 (2017) NHK連続テレビ小説「ひよっこ」医事指導. NHK, 渋谷 [2017/7/29,31]
27. 糸川昌成 (2017) 統合失調症が秘密の扉を開けるまで. 平成29年度北海道・東北ブロック家族会精神保健福祉促進研修会岩手大会. つなぎ温泉湯守ホテル大観, 盛岡[2017/7/24]
28. 糸川昌成 (2017) 脳と心. 退院準備講座. 松沢病院54病棟, 世田谷 [2017/7/19]
29. 糸川昌成(2017) 精神科的治療と内科的治療 脳がなぜ他の臓器と違うのか. 松沢病院レジデントクルズス. 都立松沢病院, 世田谷 [2017/7/18]
30. 糸川昌成(2017) 心はどれくらい脳なのか-分子生物学が語る精神の科学-. 東京大学H29年度Sセメスター「全学体験ゼミナール」. 東京都医学総合研究所, 世田谷 [2017/6/18]
31. 糸川昌成(2017) 松沢からみた医学研の利用法. 松沢病院レジデントクルズス. 都立松沢病院, 世田谷 [2017/6/13]
32. 糸川昌成 (2017) 脳の病気と心の病気-向精神薬はどこに効くのか-. 第1回精神科専門薬剤師養成研究会. 帝京大学板橋キャンパス, 板橋[2017/6/10]
33. 糸川昌成 (2017) 都立病院連携研究の成果-基礎科学の発見から治験まで-. 病院経営本部視察. 東京医学総合研究所, 東京[2017/6/8]
34. 糸川昌成 (2017) ヒトはなぜ心を病むのか-分子生物学が挑む精神の科学-. 東京大学メディカル情報生命専攻発展講義4. 東京大学医科学研究所, 東京[2017/6/8]
35. 糸川昌成 (2017) 発見を夢見て-治療薬開発の裏話-. 埼玉医科大学第243回ゲノム医学研究センター学術集会. 埼玉医科大学, 埼玉[2017/6/5]
36. 糸川昌成 (2017) 卒業生がなぜ研究生活を選んだのか. 埼玉医科大学医学部1年選択必修講義. 埼玉医科大学, 埼玉[2017/6/5]
37. 糸川昌成 (2017) 研究室紹介 統合失調症プロジェクト. 東京大学メディカル情報生命専攻平成30年度入試説明会. 東京大学医科学研究所2号館大講義室, 東京[2017/6/3]
38. 糸川昌成 (2017) 対談「こころの病を考える」向谷地生良×糸川昌成. べてるの家の当事者研究実践講座in町田 祝相模原・町田べてるの集い10周年. 町田市民ホール, 町田[2017/5/28]
39. 糸川昌成 (2017) 脳ではわからない心だけの事情-物質と物質でないもの-. 墨東病院神経科集談会. 都立墨東病院, 東京[2017/5/18]
40. 糸川昌成 (2017) 松沢病院で発見された治療薬~精神科医で初めて:医師主導治験の裏話~. 多摩キャンパス臨床・基礎懇話会. 多摩キャンパス, 多摩[2017/5/15]
41. 糸川昌成 (2017) 症状は原因ではなく結果です 退院準備講座 松沢病院54病棟 [2017/4/27]
42. 糸川昌成 (2017) 心はどこまで脳なのだろうか. 大分大学医学部特別講演. 大分大学, 大分 [2017/4/21]
43. 糸川昌成 (2017) アンケートⅠ 東大教師が新入生にすすめる本. University Press 46巻4号:4-5東京大学出版会. [2017/4/5]

ページの先頭に戻る