公益財団法人東京都医学総合研究所 在籍研究者の主な研究発表等の実績

平成30年7月10日更新

堀内泰江

I. 論文等発表

2018年

原著論文
  1. Itokawa M , Miyashita M , Arai M , Dan T , Takahashi K , Tokunaga T , Ishimoto K , Toriumi K , Ichikawa T , Horiuchi Y , Kobori A , Usami S , Yoshikawa T , Amano N , Washizuka S , Okazaki Y , Miyata T (2018)   Pyridoxamine: A novel treatment for schizophrenia with enhanced carbonyl stress.   Psychiatry Clin Neurosci   72(1) : 35-44
その他総説論文、著書、訳書、雑誌編集、報告書等
  1. 堀内泰江 , 森暁 , 新井誠 , * 糸川昌成 (2018)   iPS細胞を用いた精神疾患病態モデルの可能性と課題.   精神科臨床Legato   4(1) : 21-126

2017年

原著論文
  1. Naruoka A , Ohnami S , Nagashima T , Serizawa M , Ohshima K , Ohnami S , Urakami K , Horiuchi Y , Kiyozumi Y , Abe M , Nakajima T , Sugiura T , Uesaka K , Kusuhara M , Yamaguchi K (2017)   Germline and somatic genetic changes in multicentric tumors obtained from a patient with multiple endocrine neoplasia type 1.   Hum Genome Var   4 : 17013
  2. Ishida YI , Kayama T , Kibune Y , Nishimoto S , Koike S , Suzuki T , Horiuchi Y , Miyashita M , Itokawa M , Arai M , Ogasawara Y (2017)   Identification of an argpyrimidine-modified protein in human red blood cells from schizophrenic patients: A possible biomarker for diseases involving carbonyl stress.   Biochem Biophys Res Commun   493(1) : 573-577
その他総説論文、著書、訳書、雑誌編集、報告書等
  1. 新井誠 , 宮下光弘 , 鳥海和也 , 堀内泰江 , 糸川昌成 (2017)   II統合失調症スペクトラム障害および他の最新病性障害群 カルボニルストレス.   精神医学症候群(第2版)別冊日本臨床 新領域別症候群シリーズ   37 : 363-367
  2. * 堀内泰江 , 浄住佳美 , 楠原正俊 (2017)   静岡がんセンター・プロジェクトHOPEにおける遺伝性腫瘍と二次的所見   医学のあゆみ   260(11) : 967-972

2016年

原著論文
  1. * Ogasawara Y , Tanaka R , Koike S , Horiuchi Y , Miyashita M , Arai M (2016)   Determination of methylglyoxal in human blood plasma using fluorescence high performance liquid chromatography after derivatization with 1,2-diamino-4,5-methylenedioxybenzene.   J Chromatogr B Analyt Technol Biomed Life Sci   1029-1030 : 102-105
  2. Horiuchi Y , Kondo MA , Okada K , Takayanagi Y , Tanaka T , Ho T , Varvaris M , Tajinda K , Hiyama H , Ni K , Colantuoni C , Schretlen D , Cascella NG , Pevsner J , Ishizuka K , * Sawa A (2016)   Molecular signatures associated with cognitive deficits in schizophrenia: a study of biopsied olfactory neural epithelium.   Transl Psychiatry   6(10) : e915
  3. * Yamaguchi K , Urakami K , Nagashima T , Shimoda Y , Ohnami S , Ohnami S , Ohshima K , Mochizuki T , Hatakeyama K , Serizawa M , Akiyama Y , Maruyama K , Katagiri H , Ishida Y , Takahashi K , Nishimura S , Terashima M , Kawamura T , Kinugasa Y , Yamakawa Y , Onitsuka T , Ohde Y , Sugino T , Ito I , Matsubayashi H , Horiuchi Y , Mizuguchi M , Yamazaki M , Inoue K , Wakamatsu K , Sugiyama M , Uesaka K , Kusuhara M (2016)   Prevalence of low-penetrant germline TP53 D49H mutation in Japanese cancer patients.   Biomedical research   37(4) : 259-264
  4. Miyashita M , Watanabe T , Ichikawa T , Toriumi K , * Horiuchi Y , Kobori A , Kushima I , Hashimoto R , Fukumoto M , Koike S , Ujike H , Arinami T , Tatebayashi Y , Kasai K , Takeda M , Ozaki N , Okazaki Y , Yoshikawa T , Amano N , Washizuka S , Yamamoto H , Miyata T , Itokawa M , Yamamoto Y , * Arai M (2016)   The regulation of soluble receptor for AGEs contributes to carbonyl stress in schizophrenia.   Biochem Biophys Res Commun   479(3) : 447-452
  5. Gamo NJ , Birknow MR , Sullivan D , Kondo MA , * Horiuchi Y , Sakurai T , Slusher BS , * Sawa A (2016)   Valley of death: A proposal to build a "translational bridge" for the next generation.   Neurosci Res   115 : 1-4
その他総説論文、著書、訳書、雑誌編集、報告書等
  1. * 堀内 泰江 , 宮下 光弘 , 糸川 昌成 , 新井 誠 (2016)   カルボニルストレス性統合失調症患者由来iPS細胞を用いた統合失調症病態解明   分子精神医学   16(4) : 241-247
  2. * 新井誠 , 宮下光弘 , 小堀晶子 , 堀内泰江 , 鳥海和也 , 糸川昌成 (2016)   糖化ストレスマーカーと統合失調症.   日本生物学的精神医学会誌   27(1) : 8-14
  3. 宮下光弘 , 堀内泰江 , 新井誠 , * 糸川昌成 (2016)   統合失調症におけるカルボニルストレス.   生体の科学   67(5) : 484-485
  4. * 新井誠 , 宮下光弘 , 小堀晶子 , 井上智子 , 堀内泰江 , 鳥海和也 , 内田美樹 , 畠山幸子 , 小幡菜々子 , 野原泉 , 糸川昌成 (2016)   臨床医学分野における人材育成の強化.   日本生物学的精神医学会誌   27(3) : 163-167

2015年

原著論文
  1. Koike S , Kayama T , Arai M , Horiuchi Y , Kobori A , Miyashita M , Itokawa M , * Ogasawara Y (2015)   Characterization of modified proteins in plasma from a subtype of schizophrenia based on carbonyl stress: Protein carbonyl is a possible biomarker of psychiatric disorders.   Biochem Biophys Res Commun   467(2) : 361-366
  2. Kano S , Yuan M , Cardarelli RA , Maegawa G , Higurashi N , Gaval-Cruz M , Wilson AM , Tristan C , Kondo MA , Chen Y , Koga M , Obie C , Ishizuka K , Seshadri S , Srivastava R , Kato TA , Horiuchi Y , Sedlak TW , Lee Y , Rapoport JL , Hirose S , Okano H , Valle D , O'Donnell P , Sawa A , * Kai M (2015)   Clinical utility of neuronal cells directly converted from fibroblasts of patients for neuropsychiatric disorders: studies of lysosomal storage diseases and channelopathy.   Curr Mol Med   15(2) : 138-145
その他総説論文、著書、訳書、雑誌編集、報告書等
  1. 新井誠 , 小堀晶子 , 宮下光弘 , 鳥海和也 , 堀内泰江 , 畠山幸子 , 内田美樹 , 井上智子 , 糸川昌成 (2015)   カルボニルストレス代謝障害と統合失調症.   日本生物学的精神医学会誌   26(1) : 27-33
  2. 堀内泰江 , 新井誠 , 糸川昌成 (2015)   Ⅱ臨床応用を目指した基礎研究:疾患モデル細胞、iPS細胞を用いた毒性評価と製薬研究 iPS細胞を用いた精神疾患の病態解析.日本臨床増刊号   再生医療   73(5) : 406-410

2014年

原著論文
  1. Ishiguro H , Hall FS , Horiuchi Y , Sakurai T , Hishimoto A , Grumet M , Uhl GR , Onaivi ES , * Arinami T (2014)   NrCAM-regulating neural systems and addiction-related behaviors.   Addict Biol   2014 May;19(3) : 343-353
その他総説論文、著書、訳書、雑誌編集、報告書等
  1. Arai M , Miyashita M , Kobori A , Toriumi K , Horiuchi Y , * Itokawa M (2014)   Carbonyl stress and schizophrenia.   Psychiatry Clin Neurosci   68(9) : 655-665

2013年

原著論文
  1. Toritsuka M , Kimoto S , Muraki K , Landek-Salgado MA , Yoshida A , Yamamoto N , Horiuchi Y , Hiyama H , Tajinda K , Keni N , Illingworth E , Iwamoto T , Kishimoto T , Sawa A , * Tanigaki K (2013)   Deficits in microRNA-mediated Cxcr4/Cxcl12 signaling in neurodevelopmental deficits in a 22q11 deletion syndrome mouse model.   Proc Natl Acad Sci U S A   110(43) : 17552-17557
  2. Horiuchi Y , Ishikawa M , Kaito N , Iijima Y , Tanabe Y , Ishiguro H , * Arinami T (2013)   Experimental evidence for the involvement of PDLIM5 in mood disorders in hetero knockout mice.   PLoS One   8(4) : e59320
  3. Horiuchi Y , Kano S , Ishizuka K , Cascella NG , Ishii S , Talbot CC Jr , Jaffe AE , Okano H , Pevsner J , Colantuoni C , * Sawa A (2013)   Olfactory cells via nasal biopsy reflect the developing brain in gene expression profiles: utility and limitation of the surrogate tissues in research for brain disorders.   Neurosci Res   77(4) : 247-250

II. 学会等発表等

0.招待講演(平成25年度)招待講演
1. *Yasue Horiuchi, Expression profile of olfactory cells via nasal biopsy; utility and limitation of the surrogate tissues in research for brain disorders. Johns Hopkins University Schizophrenia center Schizophrenia Seminar Series 1002-2013,Baltimore, USA招待講演
0.その他(平成25年度)その他 
1.*Yasue Horiuchi, Seiji Ishi, Atsushi Saito, Shin-ichi Kano, Yohei Okada, Wado Akamatsu, Carsten Korth, Atsushi Kamiya, Hideyuki Okano, Akira Sawa, Koko Ishizuka. Disterbance of a developmental switch in schizophrenia: alteration in neural fate theough specific phosphorylation of DISC1. The 11th World Congress of Biological Psychiatry, 0623-2013, Kyotoその他 
0.その他(平成26年度)その他 
1. Yasue Horiuchi, Yoichiro Takayanagi, Tiffany Ho, Katsunori Tajinda, Nicola G. Cascella, David Schretlen, Jonathan Pevsner, and Akira Sawa. Molecular signature in olfactory neuronal epithelium that is correlated with cognitive impairment in schizophrenia, The society for neuroscience (Neuroscience 2014),Washington D.C.,USA 1118-2014その他 
0.招待講演(平成27年度)招待講演
1. 堀内泰江、鳥海和也、糸川昌成、岡野栄之、新井誠. 統合失調症患者由来神経細胞-グリア間代謝的相互作用の解析。第48回精神神経系薬物治療研究報告会. 豊中[2015/12/4]招待講演
2. 堀内泰江、鳥海和也、糸川昌成、岡野栄之、新井誠. 統合失調症患者由来神経細胞-グリア間代謝的相互作用の解析 統合失調症研究会 東京 [2016/2/13]招待講演
0.その他(平成27年度)その他 
1. 堀内泰江,遺伝子ってなあに? TOKYOふしぎ祭エンス2015, 東京 [20150418-19]その他 
2. 浄住佳美、堀内泰江、松林宏之、西村誠一郎, The current state of the genetic medical examination and treatment and pickup of hereditary tumor syndrome in Shizuoka cancer center,第39回日本遺伝カウンセリング学会学術集会,千葉, [2015/06/27]その他 
3. 小堀晶子、畠山幸子、堀内泰江、鳥海和也、宮下光弘、糸川昌成、新井平伊、新井誠. 統合失調症の認知機能障害に対するカルボニルストレスの影響. 第45回日本神経精神薬理学会・第37回日本生物学的精神医学会合同年会. 東京[2015/09/25]その他 
4. 新井誠. 堀内泰江、小堀晶子、鳥海和也、畠山幸子、宮下光弘、糸川昌成. シンポジウム1:神経炎症・酸化ストレスをキーワードにした精神疾患の理解:糖化・酸化ストレスと関連する統合失調症の病態研究. 第45回日本神経精神薬理学会・第37回日本生物学的精神医学会合同年会. 東京[2015/09/24]その他 
5. 鳥海和也、宮下光正、市川智恵、新井麻友美、野原泉、小堀晶子、堀内泰江、鳥海和也、橋本均、糸川昌成、新井誠. 海馬のテロメア短縮は統合失調症の陰性症状及び認知機能障害に関与する. 第45回日本神経精神薬理学会・第37回日本生物学的精神医学会合同年会.東京[2015/09/24]その他 
6. 堀内泰江、浄住佳美、松林宏行、西村誠一郎、浦上研一、新井誠、楠原正俊、*山口健. 臨床ゲノム研究における偶発的所見の結果開示、遺伝カウンセリングの取り組みとその課題-静岡県立静岡がんセンター・プロジェクトHOPEの例 日本人類遺伝学会第60回大会,東京,[2015/10/16]その他 
7. 小笠原裕樹, 鹿山将, 小池伸, 鈴木俊宏, 新井誠, 堀内泰江,糸川昌成. 難治性統合失調症患者血漿中におけるカルボニル化タンパク質の解析. 第11回日本統合失調症学会, 群馬 [2016/3/26]その他 
8. 堀内泰江,*楠原正俊 近未来のがんゲノム医療 ~静岡がんセンターにおける取り組み プロジェクトHOPE, 東北メディカルメガバンクセミナー, 仙台,  [2016/02/22]その他 
0.その他(平成28年度)その他 
1. 堀内泰江、浄住佳美、松林宏行、西村誠一郎、浦上研一、新井誠、楠原正俊、山口健. 臨床ゲノム研究における二次的所見の結果開示の取り組みとその課題 第23回日本遺伝子診療学会大会,東京[2016/10/7] (口頭発表)その他 
2. Yasue Horiuchi, Yoshimi Kiyozumi, Hiyoruki Matsubayashi, Seiichiro Nishimura, Kenichi Urakami,Sumiko Oonami, Makoto Arai, Masatoshi Kusuhara, Ken Yamaguchi. Systematic assessment and reporting of secondary findings in whole exome sequencing: the project of HOPE. The American Society of Human Genetics (ASHG) 2016 Annual meeting, Vancouver[19-22/October/2016] (ポスター発表)その他 
3. M. Miyashita , M. Arai, K. Toriumi, T. Ichikawa, Y. Horiuchi, A. Kobori, K. Takahashi, T. Tokunaga, K. Ishimoto, H. Yuzawa, S. Usami, T. Yoshikawa, Y. Okazaki, S. Washizuka7, N. Amano S. Takizawa, T. Miyata, M. Itokawa. High-dose pyridoxamine add-on treatement for schizophrenia with enhanced carbonyl stress. Society for Neuroscience 2016 Annual Meeting, Convention Center, San Diego, USA [2016/11/12-16] (ポスター発表)その他 
4. K.Toriumi, M.Miyashita, A.Kobori, Y. Horiuchi, I.Nohara, N.Obata, M,Itokawa, G.Konopka, M.Arai. Effect of deficiency of vitamin B6 on mouse behavior and monoaminergic system. Neuroscience 2016. the San Diego Convention Center, San Diego [2016/11/13] (ポスター発表)その他 
0.招待講演(平成29年度)招待講演 
1. Yasue Horiuchi. Workshop on Genetic Counseling. Country Reports:JAPAN, Updates on Genetic Counseling Training and Clinical Service Initiatives. 12th Asia pacific conference on human genetics, Bangkok, Thailand [2017/11/8]招待講演
2. 堀内泰江 ゲノム医療実施に向けたHGMDの活用 2017 IPA-HGMDユーザーミーティング 東京 [2017/9/22]招待講演
0.その他(平成29年度)その他 
1. Yasue Horiuchi, Nanako Obata, Izumi Nohara, Akiko Kobori, Kazuya Toriumi, Masanari Itokawa, Makoto Arai Influence of carbonyl stress on neural cells derived from induced pluripotent stem cell The 5th Congress of Asian College of Neuropsychopharmacology (AsCNP) Nusa Dua Bali, Indonesia [27-29/April/2017](ポスター賞受賞)その他 

III. その他の発表

(平成25年度)
1.*堀内泰江 生体内代謝異常からみた統合失調症病態メカニズムの解明、日本科学技術振興機構、さきがけ「疾患における代謝産物の解析および代謝制御に基づく革新的医療基盤技術の創出」研究費 2次審査(口演)0816-2013、東京

(平成27年度)
1. 堀内泰江,筑波大学医療科学類フレッシュマンセミナー講演、つくば [20150527]
2. 堀内泰江,患者由来神経細胞による統合失調症病態研究の可能性,明治薬科大学講義, [20151124]

(平成28年度)
1. 堀内泰江 カルボニルストレス性統合失調症の分子病態解明と新規治療法の開発 所内研究発表会 第1部会 2016/11

(平成29年度)
1. 堀内泰江 「ゲノム医療実施に向けた遺伝カウンセリングシステムの検討と今後の課題」 第6回駒込・医学研リサーチカンファレンス 駒込病院 20180220
2. 堀内泰江 「アジア各国における遺伝カウンセリング体制の現状について」 静岡県立静岡がんセンター研究所合同カンファレンス 静岡 20180221
3. 堀内泰江 「アジア各国における遺伝カウンセリング体制の現状について」 静岡県立静岡がんセンター研究所合同カンファレンス 静岡 20180221
4. 遺伝カウンセラーアドバンストセミナー 講義・ファシリテーター担当 2017年10月8日 東京
5. 静岡がんセンター患者サロン講演 患者・家族に対して遺伝と病気についての講義を行った。2017年10月10日
6. 科学技術週間事業 2017年 講義・実習担当 子供たちに、遺伝のしくみ、DNAの構造など講義と実習で分かりやすく説明を行った。
  4回/1日の講義セッションに多くの参加者があり、遺伝について学ぶ機会を提供した。
  堀内泰江:脳のはたらきと遺伝子DNA. 見てみよう 調べてみよう 作ってみよう「遺伝子ってなあに? DNAのひみつ~君と僕がちがうわけ~」,
  Tokyo ふしぎ祭 (サイ) エンス 2017, 日本科学未来館, 東京[2017/4/22,23]

IV. 特記事項

(平成25年度)
受賞;The 11th World Congress of Biological Psychiatry Young Investigator award

(平成29年度)
1. 受賞歴:■The 5th Congress of Asian College of Neuropsychopharmacology (AsCNP) Poster Award 2017年
2. マスコミ等取材・報道
  ■2017年9月8日 読売新聞朝刊・医療面 ゲノム医療実施におけるエクソーム解析二次的所見の開示についてコメント
  ■2017年8月4日 読売新聞朝刊・医療面 遺伝カウンセリングについてコメント

ページの先頭に戻る