公益財団法人東京都医学総合研究所 在籍研究者の主な研究発表等の実績

平成30年7月10日更新

山本秀子

I. 論文等発表

2016年

原著論文
  1. * Yamamoto T , Nakayama T , Yamaguchi J , Matsuzawa M , Mishina M , Ikeda K , Yamamoto H (2016)   Role of the NMDA receptor GluN2D subunit in the expression of ketamine-induced behavioral sensitization and region-specific activation of neuronal nitric oxide synthase.   Neurosci Lett   610 : 48-53

2015年

その他総説論文、著書、訳書、雑誌編集、報告書等
  1. Yamamoto H , Hagino Y , Kasai S , * Ikeda K (2015)   Specific Roles of NMDA Receptor Subunits in Mental Disorders.   Curr Mol Med   15(3) : 193-205

2014年

その他総説論文、著書、訳書、雑誌編集、報告書等
  1. * Ikeda K , Hagino Y , Kasai S , Yamamoto H (2014)   SY07-1Involvement of NMDA receptor GluN2D subunit in phencyclidine effects.   Alcohol and Alcoholism   49(supple.1) : i9-i9

2013年

原著論文
  1. Ohara A , Kasahara Y , Yamamoto H , Hata H , Kobayashi H , Numachi Y , Miyoshi I , Hall FS , Uhl GR , Ikeda K , Sora I (2013)   Exclusive expression of VMAT2 in noradrenergic neurons increases viability of homozygous VMAT2 knockout mice.   Biochem Biophys Res Commun   432(3) : 526-532
  2. Yamamoto H , Kamegaya E , Sawada W , Hasegawa R , Yamamoto T , Hagino Y , Takamatsu Y , Imai K , Koga H , Mishina M , Ikeda K (2013)   Involvement of the N-methyl-D-aspartate receptor GluN2D subunit in phencyclidine-induced motor impairment, gene expression, and increased Fos immunoreactivity.   Mol Brain   6 : 56

2012年

その他総説論文、著書、訳書、雑誌編集、報告書等
  1. 山本敏文 , 山本秀子 (2012)   ニコチンに対する渇望感に関わる分子機構の解析 ―ニコチン経口摂取 2-ボトル嗜好選択法による検討―   平成24年度喫煙科学研究財団研究年報   1 : 437-441
  2. Yamamoto T , Hasegawa J , Kishi J , Yamamoto H (2012)   Sigma-1 receptor-mediated enhancement of K+-evoked dopamine release from PC12 cells is modulated by protein kinase A and CsMKII phosphorylation.   J. Neurochem   123(supple.1) : 48-88

2011年

原著論文
  1. * Hirata Y , Yamamoto H , Atta MS , Mahmoud S , Oh-Hashi K , Kiuchi K (2011)   Chloroquine inhibits glutamate-induced death of a neuronal cell line by reducing reactive oxygen species through sigma-1 receptor.   J Neurochem   119 : 839-847
  2. Hagino Y , Takamatsu Y , Yamamoto H , Iwamura T , Murphy DL , Uhl GR , Sora I , * Ikeda K (2011)   Effects of MDMA on extracellular dopamine and serotonin levels in mice lacking dopamine and/or serotonin transporters.   Curr Neuropharmacol   9(1) : 91-95
  3. Han W , Takamatsu Y , Yamamoto H , Kasai S , Endo S , Shirao T , Kojima N , * Ikeda K (2011)   Inhibitory role of inducible cAMP early repressor (ICER) in methamphetamine-induced locomotor sensitization.   PLoS One   6(6) : e21637
  4. * Yamamoto H , Takamatsu Y , Imai K , Kamegaya E , Hagino Y , Watanabe M , Yamamoto T , Sora I , Koga H , Ikeda K (2011)   MOP reduction during long-term methamphetamine withdrawal was restored by chronic post-treatment with fluoxetine.   Curr Neuropharmacol   9(1) : 73-78
  5. Kasai S , Yamamoto H , Kamegaya E , Uhl GR , Sora I , Watanabe M , * Ikeda K (2011)   Quantitative detection of μ opioid receptor: Western blot analyses using μ opioid receptor knockout mice.   Curr Neuropharmacol   9(1) : 219-222
  6. Takamatsu Y , Yamamoto H , Hagino Y , Markou A , * Ikeda K (2011)   The selective serotonin reuptake inhibitor paroxetine, but not fluvoxamine, decreases methamphetamine conditioned place preference in mice.   Curr Neuropharmacol   9(1) : 68-72

II. 学会等発表等

0.その他(平成23年度)その他 
1. *Yamamoto H, Kamegaya E, Sawada W, Hasegawa R, Yamamoto T, Hagino Y, Takamatsu Y, Mishima M, Ikeda K (2011) Altered c-fos and related gene expressions after phencyclidine administration in mice lacking GluN2D subunit. 第32回内藤コンファレンス, 2011.10.20.,大泉高原その他 
2. *Yamamoto H, Kamegaya E, Sawada W, Hasegawa R, Yamamoto T, Hagino Y, Takamatsu Y, Mishina M, Ikeda K (2011) PCP-dependent differentially expressed genes in the wild-type mouse but not GluN2D knockout mouse. The Society for Neuroscience 2011, 2011.11.16., Washington DC, USAその他 
3. Hasegawa J, *Yamamoto T, Yamamoto H (2011) Activation of the dendritic neuronal nitric oxide synthase in nicotine- and ketamine-induced behavioral sensitization. The Society for Neuroscience 2011, 2011.11.16., Washington DC, USA その他 
4. *岩田健,山本秀子,亀ケ谷悦子,高松幸雄,土井永史,池田和隆 (2011) 電気痙攣療法のモルヒネ耐性に与える影響.第21回日本臨床精神薬理学会第41回日本神経精神薬理学会合同年会,2011.10.27., 東京 その他 
5. *萩野洋子, 笠井慎也, 山本秀子, 曽良一郎, 鍋島俊隆, 三品昌美, 池田和隆 (2011) フェンサイクリジンの作用におけるNMDA受容体チャネルGluN2Dサブユニットの役割. 平成23年度アルコール・薬物依存関連学会合同学術総会, 2011.10.14., 名古屋 その他 
6. *高松幸雄, 山本秀子, 萩野洋子, Athina Markou, 池田和隆 (2011) 覚醒剤依存治療薬としてのGIRKチャネル阻害薬の可能性. 平成23年度アルコール・薬物依存関連学会合同学術総会, 2011.10.13., 名古屋その他 
7. *Yamamoto H, Kamegaya E, Sawada W, Hasegawa R, Yamamoto T, Hagino Y, Takamatsu Y, Mishima M, Ikeda K (2011) GluN2D subunit of the N-methyl-D-aspartate receptor is required for phencyclidine-induced behavior, gene expressions and FOS-positive cell increases. 第54 回 日本神経化学会, 2011.09.26., 加賀 その他 
8. *Yamamoto T, Yamaguchi J, Hashimoto S, Moriguchi K, Yamamoto H (2011) Sigma-1 receptor agonists enhance K+-evoked dopamine release from PC12 cells. 第54回日本神経化学会, 2011.09.26., 加賀その他 
9. *Yamamoto H, Kamegaya E, Sawada W, Hasegawa R, Yamamoto T, Hagino Y, Takamatsu Y, Mishima M, Ikeda K (2011) Phencyclidine-induced motor impairment: role of the GluN2D subunit of the N-methyl-D-aspartate receptor. The 2nd Meeting of Asian College of Neuropsychopharmacology (2011 AsCNP-2nd) , 2011.09.23-24., Seoul, Korea その他 
10. *Yamamoto T, Yamaguchi J, Hashimoto S, Moriguchi K, Yamamoto H (2011) Effect of nicotine on brain nitric oxide synthase activities. 第34回日本神経科学会, 2011.09.14-17., 横浜その他 
11. *山本敏文、山本秀子(2011) ニコチンに対する渇望感に関わる分子機構の解析. 平成23年度喫煙科学報告会、2011.07.22., 東京 その他 
0.その他(平成24年度)その他 
1. *山本敏文、山本秀子.ニコチンに対する渇望感に関わる分子機構の解析 ―ニコチン経口摂取、2-ボトル嗜好選択法による検討―. 平成24年度喫煙科学報告会、2012.07.18., 東京その他 
2. *Yamamoto T, Yamamoto H. Modulation of K+-evoked dopamine release from PC12 cells by sigma-1 receptor ligands. The Society for Neuroscience 2012, 2012.10.15., New Orleans, USAその他 
3. *山本秀子、亀ヶ谷悦子、澤田和可子、長谷川遼太、山本敏文、萩野洋子、高松幸雄、今井一英、古閑比佐志、三品昌美、池田和隆. フェンサイクリジン誘発協調運動障害におけるNMDA受容体のGluN2Dサブユニットの関与.第22回日本臨床精神薬理学会第42回日本神経精神薬理学会合同年会,2012.10.20., 宇都宮 その他 
4. *山本秀子,亀ケ谷悦子,萩野洋子,高松幸雄,山本敏文、三品昌美、Kasper B. Hansen, Stephen F. Traynelis, 池田和隆. フェンサイクリジン連続投与によるうつ様症状とGluN2D サブユニットの関与. 第34 回 日本生物学的精神医学会、第11回アジア太平洋神経化学大会・第55回日本神経化学会大会, 2012.09.29., 神戸 その他 
5. *Yamamoto T, Hasegawa J, Kishi J, Yamamoto H . Sigma-1 receptor mediated enhancement of K+-evoked dopamine release from PC12 cells is modulated by protein kinase A and CsMKII phosphorylation. 第55回日本神経化学会, 2012.09.30., 神戸その他 
6. *山本敏文、福嶋慶子、山本秀子.  2-ボトル嗜好選択法によるニコチン嗜好性マウスの継代分離. 第85回日本生化学大会、2012.12.15.,福岡その他 
7. *平田朗、国忠俊哉、山本秀子、山本敏文. ドネペジルによるシグマ1受容体を介する神経細胞保護作用. 第85回日本生化学大会、2012.12.15.,福岡その他 
8. *守口航平、山本秀子、山本敏文. MK801とフェンサイクリジン(PCP)のNMDA受容体機能への作用の比較.  第85回日本生化学大会、2012.12.15.,福岡その他 
0.招待講演(平成25年度)招待講演
1. *山本秀子、萩野洋子、池田和隆. フェンサイクリジン作用機序におけるGluN2Dサブユニットの役割. JSNP沖縄大会シンポジウム3 依存性薬物からみた精神疾患の病態メカニズム, 2013.10.25., 沖縄.招待講演
0.その他(平成25年度)その他 
1. *平田朗、山本秀子、山本敏文.ドネペジルのシグマ1受容体を介した神経突起の再構築.Neuro2013,2013.6.22., 京都 その他 
2. *山本秀子,亀ケ谷悦子,萩野洋子, 高松幸雄, 山本敏文, 三品昌美, Kasper B. Hansen, Stephen F. Traynelis, 池田和隆. Genetic deprivation of the GluN2D subunit of the N-methyl-D-aspartate receptor induces anhedonia and a depressive-like state similar to phencyclidine-induced despair. Neuro2013,2013.6.22., 京都その他 
3. *増田 洸司, 室田 寛和, 山本 敏文, 山本秀子. シグマ1受容体複合体の多様性. 第86回日本生化学大会、2013.9.11., 横浜その他 
4. *山本秀子、亀ヶ谷悦子、萩野洋子、高松幸雄、山本敏文、三品昌美、池田和隆.  N-methyl-D-aspartate受容体のGluN2Dサブユニットを欠損したマウスにおけるアンヘドニアと感覚情報処理機能障害. 第86回日本生化学大会、2013.9.11., 横浜その他 
5. *山本敏文、福島慶子、寺内花梨、山本秀子.ニコチン経口摂取による神経型一酸化 窒素合成酵素(nNOS)の活性化の組織化学的解析 第86回日本生化学大会、その他 
2013.9.11., 横浜その他 
6. *Ikeda K, Hagino Y, Kasai S, Yamamoto H. NMDA receptor channel subunit GluN2D as a key target of phencyclidine. The 3rd Congress of Asian College of Neuropsychopharmacology –ASCNP, 2013.9.13., Beijing, China.その他 
7. *山本秀子、亀ヶ谷悦子、萩野洋子、高松幸雄、山本敏文、三品昌美、池田和隆. GluN2Dサブユニットノックアウトマウスの情動行動異常. 第23回日本臨床精神神経薬理学会・第43回日本神経精神薬理学会合同年会, 2013.10.25., 沖縄.その他 
8. Hirata A, Yamamoto H, *Yamamoto T. Dendritic reorganization in hippocampus and amygdala by donepezil through the sigma-1 receptor after kainic acid-induced synaptic deficit. The Society for Neuroscience 2013, 2013.11.9., San Diego, USA.  その他 
9. *Yamamoto H, Kamegaya E, Hagino Y, Takamatsu Y, Yamamoto T, Mishina M, Ikeda K. Negative emotional states in the GluN2D subunit knockout mice. The Society for Neuroscience 2013, 2013.11.13., San Diego, USA.その他 
0.その他(平成26年度)その他 
1. *増田 洸司, 山本 秀子, 亀谷 富由樹, 山本 敏文. シグマ1受容体アゴニストによる膜タンパク質の細胞内移行の調節. 第87回日本生化学大会、2014.10.16.,京都.その他 
2. *平田 朗, 山本 秀子, 山本 敏文. 新生児ラットへの6-OH DA投与による神経発達障害に対するシグマ1受容体アゴニストの改善効果. 第87回日本生化学大会、2014.10.16.,京都.その他 
3. *川口 友里恵, 山本 秀子, 山本 敏文. シグマ1受容体によるドーパミン放出の調節. 第87回日本生化学大会、2014.10.16.,京都.その他 
4. *平田朗、山本秀子、山本敏文. 新生児期フェンサイクリジン連続投与による樹状突起スパイン消失に対するドネペジルによるシナプス再構築. 第57回日本神経化学会・第36回日本生物学的精神医学会合同年会、2014.9.30.,奈良.その他 
5. *山本秀子,亀ケ谷悦子,萩野洋子, 高松幸雄, 三品昌美, 山本敏文, 池田和隆. GluN2Dサブユニット欠損が引き起こす情動及び社会性認識の障害. 第57回日本神経化学会・第36回日本生物学的精神医学会合同年会、2014.9.30.,奈良.その他 
0.その他(平成27年度)その他 
1. 松澤真彩、山本 秀子, *山本 敏文. NMDA受容体のGluN2D サブユニット欠損はマウス嗅神経の樹状突起形態を変化させる.BMB2015, 2015.12.2., 神戸.その他 
2. 川口友里恵,山本 秀子, *山本 敏文. シグマ1受容体によるcAMP依存性ドーパミン放出の調節. BMB2015, 2015.12.2., 神戸.その他 
3. 増田 洸司, 山本 秀子, 亀谷 富由樹, *山本 敏文. シグマ1受容体複合体タンパク質の解析. BMB2015, 2015.12.2., 神戸.その他 
4. *山本敏文、松澤真彩、三品昌美、池田和隆、山本秀子. ケタミンによる行動感作へのGluN2Dサブユニットの役割とnNOS活性. 平成27年度アルコール・薬物依存関連学会合同学術総会, 2015.10.12., 神戸.その他 
5. *山本秀子、亀ヶ谷悦子、萩野洋子、松澤真彩、三品昌美、山本敏文、池田和隆. GluN2Dサブユニット欠損によるひきこもりアンヘドニアモデルマウスの行動薬理学的解析.第45回日本精神薬理学会・第37回日本生物学的精神医学会、2015.9.24., 船堀.その他 
6. *山本 敏文, 平田 朗, 山本 秀子. Effects of prenatal exposure to a sigma-1 receptor antagonist on behavior and neuronal morphology in rat offspring. 第58回日本神経化学会大会, 2015.9.12., 大宮.その他 

III. その他の発表

IV. 特記事項

ページの先頭に戻る