公益財団法人東京都医学総合研究所 在籍研究者の主な研究発表等の実績

平成30年7月10日更新

宮下光弘

I. 論文等発表

2018年

原著論文
  1. * Itokawa M , Miyashita M , Arai M , Dan T , Takahashi K , Tokunaga T , Ishimoto K , Toriumi K , Ichikawa T , Horiuchi Y , Kobori A , Usami S , Yoshikawa T , Amano N , Washizuka S , Okazaki Y , Miyata T (2018)   Pyridoxamine: A novel treatment for schizophrenia with enhanced carbonyl stress.   Psychiatry Clin Neurosci   72(1) : 35-44

2017年

原著論文
  1. * Kushima I , Aleksic B , Nakatochi M , Shimamura T , Shiino T , Yoshimi A , Kimura H , Takasaki Y , Wang C , Xing J , Ishizuka K , Oya-Ito T , Nakamura Y , Arioka Y , Maeda T , Yamamoto M , Yoshida M , Noma H , Hamada S , Morikawa M , Uno Y , Okada T , Iidaka T , Iritani S , Yamamoto T , Miyashita M , Kobori A , Arai M , Itokawa M , Cheng MC , Chuang YA , Chen CH , Suzuki M , Takahashi T , Hashimoto R , Yamamori H , Yasuda Y , Watanabe Y , Nunokawa A , Someya T , Ikeda M , Toyota T , Yoshikawa T , Numata S , Ohmori T , Kunimoto S , Mori D , Iwata N , Ozaki N (2017)   High-resolution copy number variation analysis of schizophrenia in Japan.   Mol Psychiatry   22(3) : 430-440
  2. Ishida YI , Kayama T , Kibune Y , Nishimoto S , Koike S , Suzuki T , Horiuchi Y , Miyashita M , Itokawa M , Arai M , * Ogasawara Y (2017)   Identification of an argpyrimidine-modified protein in human red blood cells from schizophrenic patients: A possible biomarker for diseases involving carbonyl stress.   Biochem Biophys Res Commun   493(1) : 573-577
その他総説論文、著書、訳書、雑誌編集、報告書等
  1. 新井誠 , 宮下光弘 , 鳥海和也 , 堀内泰江 , 糸川昌成 (2017)   II統合失調症スペクトラム障害および他の最新病性障害群 カルボニルストレス.   精神医学症候群(第2版)別冊日本臨床 新領域別症候群シリーズ   37 : 363-367
  2. * 宮下光弘 (2017)   「他学会だより、最近の文献紹介」   JMARS News Letter  
  3. * M Miyashita , K Toriumi , Y Horiuchi , K Suzuki , M Itokawa , M Arai (2017)   Peripheral Soluble RAGE Levels in Schizophrenia.   IMARS HIGHLIGHTS   12(5) : 5-9

2016年

原著論文
  1. * Miyashita M , Watanabe T , Ichikawa T , Toriumi K , Horiuchi Y , Kobori A , Kushima I , Hashimoto R , Fukumoto M , Koike S , Ujike H , Arinami T , Tatebayashi Y , Kasai K , Takeda M , Ozaki N , Okazaki Y , Yoshikawa T , Amano N , Washizuka S , Yamamoto H , Miyata T , Itokawa M , Yamamoto Y , Arai M (2016)   The regulation of soluble receptor for AGEs contributes to carbonyl stress in schizophrenia.   Biochem Biophys Res Commun   479(3) : 447-452
その他総説論文、著書、訳書、雑誌編集、報告書等
  1. * 宮下光弘 , 堀内泰江 , 新井誠 , 糸川昌成 (2016)   統合失調症におけるカルボニルストレス.   生体の科学   67(5) : 484-485

2015年

原著論文
  1. * Koike S , Kayama T , Arai M , Horiuchi Y , Kobori A , Miyashita M , Itokawa M , Ogasawara Y (2015)   Characterization of modified proteins in plasma from a subtype of schizophrenia based on carbonyl stress: Protein carbonyl is a possible biomarker of psychiatric disorders.   Biochem Biophys Res Commun   467(2) : 361-366
  2. * Motoko Maekawa , Kazuo Yamada MD , Manabu Toyoshima , Tetsuo Ohnishi , Yoshimi Iwayama , Chie Shimamoto , Tomoko Toyota , Yayoi Nozaki , Shabeesh Balan , Hideo Matsuzaki , Yasuhide Iwata , Katsuaki Suzuki , Mitsuhiro Miyashita , Mitsuru Kikuchi , Motoichiro Kato , Yohei OkadaD , Wado Akamatsu , Norio Mori , Yuji Owada , Masanari Itokawa , Hideyuki Okano , Takeo Yoshikawa: (2015)   Utility of Scalp Hair Follicles as a Novel Source of Biomarker Genes for Psychiatric Illnesses.   Biol Psychiatry   78(2) : 116-125
その他総説論文、著書、訳書、雑誌編集、報告書等
  1. * 新井誠 , 小堀晶子 , 宮下光弘 , 鳥海和也 , 堀内泰江 , 畠山幸子 , 内田美樹 , 井上智子 , 糸川昌成 (2015)   カルボニルストレス代謝障害と統合失調症.   日本生物学的精神医学会誌   26(1) : 27-33
  2. Kouidrat Y , Amad A , Arai M , Miyashita M , Lalau JD , Loas G , Itokawa M (2015)   Advanced glycation end products and schizophrenia: A systematic review.   J Psychiatr Res   66-67 : 112-117

II. 学会等発表等

0. その他(平成27年度)その他
1. *宮下光弘、渡邉琢夫、堀内泰恵、鳥海和也、小堀晶子、吉川 武男、鷲塚伸介、糸川昌成、山本博、新井誠. 統合失調症におけるカルボニルストレス脆弱性とesRAGE. 第11回日本統合失調症学会, [2016/3/26] 前橋.その他 
2. *M Arai, Y Horiuchi, A Kobori, M Miyashita, K Toriumi, S Hashimoto, M Itokawa. Pentosidene accumulation in the pathophysiology of Schizophrenia. Society for Neuroscience 45th Annual Meeting, [2015/10/21], Chicago, USA.その他 
3. *A Kobori, S Hatakeyama, Y Horiuchi, K Toriumi, M Miyashita, M Itokawa, H Arai, M Arai. Study for the effect of carbonyl stress makers on congnitive impairment of schizophrenia. Society for Neuroscience 45th Annual Meeting, [2015/10/19], Chicago, USA.その他 
4. *K Toriumi, M Miyashita, T Ichikawa, I Nohara, A Kobori, N Obata, Horiuchi Y, M Arai, H Hashimoto, M Itokawa. Telomere shortening in the hippocampus is associated with negative symptom-like behavioral deficits in scizophrenia. Society for Neuroscience 45th Annual Meeting, [2015/10/17], Chicago, USA. その他 
5. *Toriumi K, Miyashita M, Ichikawa T, Kobori A, Arai M, Horiuchi Y, Arai M, Nohara I, Obata N, Itokawa M. Telomere shortening in the hippocampus is associated with the negative symtoms of schizophrenia. 12th World Congress of Biological Psychiatry. Megaron Athens International Conference Centre. [ 2015/6/14-18], Athens, Greece. その他 
6. *Kobori A, Hatakeyama S, Arai M, Horiuchi Y, Toriumi K, Miyashita M, Arai H, Itokawa M. Effect of carbonyl stress on congnitive impairment in schizophenia patients. 12th World Congress of Biological Psychiatry. Megaron Athens International Conference Centre. [ 2015/6/14-18], Athens, Greece.その他 
7. *小堀晶子、畠山幸子、堀内泰江、鳥海和也、宮下光弘、糸川昌成、新井平伊、新井誠. 統合失調症の認知機能障害に対するカルボニルストレスの影響. 第45回日本神経精神薬理学会・第37回日本生物学的精神医学会合同年会. [2015/09/25], 東京.その他 
8. *新井誠. 堀内泰江、小堀晶子、鳥海和也、畠山幸子、宮下光弘、糸川昌成. シンポジウム1:神経炎症・酸化ストレスをキーワードにした精神疾患の理解:糖化・酸化ストレスと関連する統合失調症の病態研究. 第45回日本神経精神薬理学会・第37回日本生物学的精神医学会合同年会. [2015/09/24], 東京. その他 
9. *鳥海和也、宮下光弘、市川智恵、新井麻友美、野原泉、小堀晶子、堀内泰江、鳥海和也、橋本均、糸川昌成、新井誠. 海馬のテロメア短縮は統合失調症の陰性症状及び認知機能障害に関与する. 第45回日本神経精神薬理学会・第37回日本生物学的精神医学会合同年会. [2015/09/24], 東京.その他 
0. その他(平成28年度)その他
1. M. Miyashita , M. Arai, K. Toriumi, T. Ichikawa, Y. Horiuchi, A. Kobori, K. Takahashi, T. Tokunaga, K. Ishimoto, H. Yuzawa, S. Usami, T. Yoshikawa, Y. Okazaki, S. Washizuka7, N. Amano S. Takizawa, T. Miyata, M. Itokawa. High-dose pyridoxamine add-on treatement for schizophrenia with enhanced carbonyl stress. Society for Neuroscience 2016 Annual Meeting, [2016/11/12-16], Convention Center, San Diego, USA.その他 
2. 宮下光弘、新井誠、鳥海和也、堀内泰江、市川智恵、小堀晶子、高橋克昌、徳永太郎、石本佳代、湯澤公子、宇佐美慧、吉川武男、岡崎祐士、鷲塚伸介、天野直二、滝澤俊也、宮田敏男、糸川昌成. カルボニルストレスが亢進する統合失調症に対するピリドキサミン大量療法の効果の検証. 第38回日本生物学的精神医学会, [2016/9/8-10], 福岡国際会議場, (福岡県福岡市).その他 
3. 宮下光弘、渡邉琢夫、堀内泰恵、鳥海和也、小堀晶子、吉川武男、鷲塚伸介、山本博、糸川昌成、山本靖彦、新井誠. 統合失調症における新たなカルボニルストレス脆弱性. 第112回日本精神神経学会, [2016/6/2-4], 幕張メッセ・アパホテル&リゾート 東京ベイ幕張(千葉県・千葉市).その他 
0. その他(平成29年度)その他
1. *Mitsuhiro Miyashita, Makoto Arai1, Takashi Dan, Kazuya Toriumi, Yasue Horiuchi, Akiko Kobori, Kazuhiro Suzuki, Masanari Itokawa, Toshio. Miyata. Pyridoxamine, a novel treatment for negative symptoms of schizophrenia. WPA XVII WORLD CONGRESS OF PSYCHIATRY, 2017/10/9, Berlin, Germany.その他 
2. *M Arai, K Toriumi, M Miyashita, Y Horiuchi, I Nohara, N Obata, G Konopka, M Itokawa, T Dan, T Miyata. Administration of high-dose pyridoxamine to adult mice. WPA XVII WORLD CONGRESS OF PSYCHIATRY, 2017/10/9, Berlin, Germany.その他 
3. *K Toriumi, M Miyashita, Y Horiuchi, I Nohara, N Obata, G Konopka, M Itokawa, T Dan, T Miyata , M Arai. Effect of deficiency of vitamin B6 on mouse behavior and monoaminergic system. WPA XVII WORLD CONGRESS OF PSYCHIATRY, 2017/10/11, Berlin, Germany. その他 
4. *Y Horiouchi, M Miyashita, K Toriumi, M Itokawa, M Arai. Influence of carbonyl stress on neural cells derived from induced pluripotent cell. 5th Congress of Asian College of Neuropsychopharmacology (AsCNP) ,2017/4/27-29, Nusa Dua Bali, Indonesia.その他 

III. その他の発表

(平成27年度)
1. *宮下光弘, 医学研における精神疾患のトランスレーショナルリサーチ, 信州大学医学部精神医学教室研究会, (2015/11/24)、長野県松本市信州大学医学部附属病院外来棟4階、研修室5.

(平成28年度)
1. 宮下光弘. 統合失調症をどのように理解するか. 明治薬科大学. 2016.5.16, 清瀬, 東京.

(平成29年度)
1. 新井誠,堀内泰江,宮下光弘,鳥海和也,鈴木一浩,西田淳志,山崎修道,安藤俊太郎,遠藤香織,飯島雄大.生活行動習慣と糖化・酸化ストレスの相互作用が主体価値の形成と改編に与える影響.2018/2/12, 新学術領域研究「脳・生活・人生の統合的理解にもとづく思春期からの主体価値発展学」班会議,東京大学,東京都.

IV. 特記事項

(平成27年度)
1. 第21回 こころのサイエンス~こころの不思議を科学する~(統合失調症プロジェクト担当)、(2016/3/6). 東京都医学総合研究所 2階講堂.

(平成28年度)
1. 宮下光弘. 統合失調症の診断・治療の歴史から新たな病態仮説・新規治療薬まで、東京都精神科医療地域連携事業 研修会 【北多摩西部医療圏】、2017年2月14日(火曜日)19:00~20:30、たましんRISURUホール(立川市民会館) B1Fサブホール、立川市、東京都
2. 宮下光弘.「今知っておこう!~高齢・認知症になったら困ること~」、講演1 
「認知症と間違いやすいこころの病気」、第17回立川病院市民公開講座、2017年2月18日(土曜日)14:00~16:00、立川病院 管理棟4階 会議室、立川市、東京都
3. 宮下光弘. 統合失調症の基礎知識と支援のポイントについて, 昭島市精神保健福祉学習会
2017年3月7日(火曜日)18:30~20:30 昭島市役所 市民ホール、昭島市、東京都

(平成29年度)
1. 宮下光弘.東京都精神科医療地域連携事業 研修会 【北多摩西部医療圏】, 抑うつ状態の対応と診療科間の連携について, 2018.2.21, たましんRISURUホール(立川市民会館), 立川市、東京都.
2. 宮下光弘. 医療の現場から障害のある人の就労を考える, 2017.12.6, 昭島市地域支援協議会 就労支援部会 勉強会, 食工房ゆいのもり, 昭島市, 東京都.
3. 宮下光弘. 認知症の基礎知識, 2017.12.4, 昭島市認知症カフェ「オレンジドア」勉強会, 昭島市認知症カフェ「オレンジドア」, 昭島市, 東京都.
4. 宮下光弘.「今知っておこう!~高齢・認知症になったら困ること~」、講演1「認知症と高齢者の幻覚、妄想」, 2017.11.11, 第18回立川病院市民公開講座, 立川病院 管理棟4階 会議室, 立川市, 東京都.
5. 宮下光弘. 認知症と間違いやすいこころの病気, 2017.10.21, 八王子市介護フェア, 八王子市加住市民センター, 八王子市、東京都.

ページの先頭に戻る