2014年〜2015年


2015年

・原著論文

  • Uno K, Nishizawa D, Seo S, Takayama K, Matsumura S, Sakai N, Ohi K, Nabeshima T, Hashimoto R, Ozaki N, Hasegawa J, Sato N, Tanioka F, Sugimura H, Fukuda KI, Higuchi S, Ujike H, Inada T, Iwata N, Sora I, Iyo M, Kondo N, Won MJ, Naruse N, Uehara-aoyama K, Itokawa M, Yamada M, Ikeda K, Miyamoto Y, Nitta A. The Piccolo Intronic Single Nucleotide Polymorphism rs13438494 Regulates Dopamine and Serotonin Uptake and Shows Associations with Dependence-Like Behavior in Genomic ssociation Study. Curr Mol Med. 15(3):265-274.2015
  • Maekawa M, Yamada K, Toyoshima M, Ohnishi T, Iwayama Y, Shimamoto C, Toyota T, Nozaki Y, Balan S, Matsuzaki H, Iwata Y, Suzuki K, Miyasita M, Kikuchi M, Kato M, Okada Y, Akamatsu W, Mori N, Owada Y, Itokawa M, Okano H, Yoshikawa T. Utility of Scalp Hair Follicles as a Novel Source of Biomaker Genes for Psychiatric Illnesses. Biol Psychiatry.;78(2)116-2.2015
  • Nishizawa D, Kasai S, Hasegawa J, Sato N, Yamada H, Tanioka F, Nagashima M, Ryoji Katoh R, Satoh Y,Tagami M, Ujike H, Ozaki N, Inada T, Iwata N, Sora I, Iyo M, Yamada M, Kondo N, Won M, Naruse N, Uehara-Aoyama K, Itokawa M, Ohi K, Hashimoto R, Tanisawa K, Arai T, Mori S, Sawabe M, Naka-Mieno M, Yamada Y, Yamada M, Sato N, Muramatsu M, Tanaka M, Irukayama-Tomobe Y, Saito Y, Sakurai T, Hayashida M, Sugimura H and Ikeda K. Associations between the orexin(hypocretin)receptor 2 gene polymorphism Val308Ile and nicotine dependence in genome-wide and subseuent association studies. Molecular Brain.2015
  • Saiga R, Takekoshi S, Inomoto C, Nakamura N, Tsuboi A, Osawa M, Arai M, Oshima K, Itokawa M, Uesugi K, Takeuchi A, Terada Y, Suzuki Y and Mizutani R. Three-Dimensional Neuronal Structure of Human Cerebral Cortex Determined by Synchrotron-Radiation Microtomograpy. Micro Microanal 21(Suppl 3), 2015.
  • Mizutani R, Saiga R, Takekoshi S, Inomoto C, Nakamura N, Itokawa M, Arai M, Oshima K, Takeuchi A, Uesugi K, Terada Y, Suzuki Y. A method for estimating spatial resolution of real image in the Fourier domain. J Microsc. 2015 Oct 7. [Epub ahead of print]
  • Bangel FN, Yamada K, Arai M, Iwayama Y, Balan S, Toyota T, Iwata Y, Suzuki K, Kikuchi M, Hashimoto T, Kanahara N, Mori N, Itokawa M, Stork O, Yoshikawa T. Genetic analysis of the glyoxalase system in schizophrenia. Prog Neuropsychopharmacol Biol Psychiatry. 2015 Jun 3; 59:105-10.
  • Koike S, Kayama T, Arai M, Horiuchi Y, Kobori A, Miyashita M, Itokawa M, Ogasawara Y. Characterization of modified proteins in phlasma from a subtype of schizophrenia based on carbonyl stress: Protein carbonyl is apossible biomarker of psychiatric disorders. Biochem Biophys Res Commun. 2015 Nov 13,467(2)361-6.

・総説

  • 糸川昌成 都医学研シンポジウム掲載にあたって 精神医学 57(11)943-944,2015
  • 糸川昌成 精神科医として、科学者として、子どもとして 精神医学 57(11)973-980,2015
  • Mizutani R, Saiga R, Takekoshi S, Arai M, Takeuchi A, Yoshio Suzuki. Scanning Brain Networks with Micro-CT. Microscopy Today, 23(05): Sep, pp 12 – 17, 2015.
  • 糸川昌成(2015)タチツボスミレの咲く丘で 統合失調症のひろば No.6 2015秋 2015/9/25. 日本評論社
  • 糸川昌成(2015)統合失調症への面接に挑む姿勢-患者さんの生活を診る姿勢. 中井久夫の臨床作法 こころの科学 統合失調症のひろば編集部|編|2015/9/15
  • 堀内泰江、新井誠、糸川昌成.Ⅱ臨床応用を目指した基礎研究:疾患モデル細胞、iPS細胞を用いた毒性評価と製薬研究 iPS細胞を用いた精神疾患の病態解析.日本臨床増刊号「再生医療」73(5):406-410, 2015
  • Kouidrat Y, Amad A, Arai M, Miyashita M, Lalau JD, Loas G, Itokawa M. Advanced glycation end products and schizophrenia:A systematic review. J Psychiatr Res.2015 Jul-Aug; 66-67C:112-117
  • 新井誠、小堀晶子、宮下光弘、鳥海和也、堀内泰江、畠山幸子、内田美樹、井上智子、糸川昌成. カルボニルストレス代謝障害と統合失調症. 日本生物学的精神医学会誌 26(1):27-33,2015
  • 糸川昌成. (2015) 脳と心-分子生物学は精神疾患を解明するのか-. 科学哲学 47-2
  • 糸川昌成. (2015) 科学と迷信. こころの科学 統合失調症のひろば No.5 2015春. 日本評論社
  • 糸川昌成. (2015) 部品の記憶. こころの科学 統合失調症のひろば No.5 2015春. 日本評論社
  • 糸川昌成. (2015) ≪座談会≫母の物語を紡ぐ出会いの瞬間. こころの科学 統合失調症のひろば No.5 2015春. 日本評論社
  • 糸川昌成. (2015) 今さら聞けないこの言葉「カルボニルストレス」. 精神科臨床サービス 第15巻1号. 星和書店
  • 新井誠.「最先端バイオマーカーを用いた診断薬/診断装置開発と薬事対応」13章:今後の研究開発のための各疾患の最新のバイオマーカー開発とその応用.第8節 統合失調症のバイオマーカーと診断薬・機器開発 技術情報協会 p. 382-385, 2015

・国際学会

  • M Arai, Y Horiuchi, A Kobori, M Miyashita, K Toriumi, S Hashimoto, M Itokawa. Pentosidene accumulation in the pathophysiology of Schizophrenia. Society for Neuroscience 45th Annual Meeting, Chicago, US[21/10/2015](ポスター発表)
  • A Kobori, S Hatakeyama, Y Horiuchi, K Toriumi, M Miyashita, M Itokawa, H Arai, M Arai. Study for the effect of carbonyl stress makers on congnitive impairment of schizophrenia. Society for Neuroscience 45th Annual Meeting, Chicago, US[19/10/2015](ポスター発表)
  • K Toriumi, M Miyashita, T Ichikawa, I Nohara, A Kobori, N Obata, Horiuchi Y, M Arai, H Hashimoto, M Itokawa. Telomere shortening in the hippocampus is associated with negative symptom-like behavioral deficits in scizophrenia. Society for Neuroscience 45th Annual Meeting, Chicago, US[17/10/2015](ポスター発表)
  • Toriumi K, Miyashita M, Ichikawa T, Kobori A, Arai M, Horiuchi Y, Arai M, Nohara I, Obata N, Itokawa M. Telomere shortening in the hippocampus is associated with the negative symtoms of schizophrenia. 12th World Congress of Biological Psychiatry. Megaron Athens International Conference Centre. Athens, Greece. [ 2015/6/14-18](ポスター発表)
  • Kobori A, Hatakeyama S, Arai M, Horiuchi Y, Toriumi K, Miyashita M, Arai H, Itokawa M. Effect of carbonyl stress on congnitive impairment in schizophenia patients. 12th World Congress of Biological Psychiatry. Megaron Athens International Conference Centre. Athens, Greece. [ 2015/6/14-18](ポスター発表)

・国内学会

  • 内田美樹、井上智子、新井誠、小堀晶子、畠山幸子、木村慧心、糸川昌成. カルボニルストレス性統合失調症へのヨーガ療法効果~パイロット研究からみた臨床介入研究の課題 第19回日本統合医療学会 山口 [2015/12/12] (口頭発表)
  • 井上智子、内田美樹、小堀晶子、畠山幸子、糸川昌成、木村彗心、堀内泰江、宮下光弘、新井誠. カルボニルストレスを含む代謝異常と統合失調症のヨーガ療法の探索的研究 第19回日本精神保健・予防学会学術集会[2015/12/12](ポスター発表)
  • 堀内泰江、鳥海和也、糸川昌成、岡野栄之、新井誠. 統合失調症患者由来神経細胞-グリア間代謝的相互作用の解析。第48回精神神経系薬物治療研究報告会. 豊中[2015/12/4](ポスター発表)
  • 藤巻知央、菊池亜弥、蓮見真子、竹腰進、水谷隆太、井野元智恵、中村直哉、坪井秋男、大澤資樹、新井誠、大島健一、糸川昌成、上杉健太朗、竹内晃久、寺田靖子、鈴木芳生、雑賀里乃、水谷隆太:ヒト大脳皮質の神経回路の三次元解析。第38回日本分子生物学会年会・第88回日本生化学会大会合同大会. 神戸[2015/12/1](ポスター発表)
  • 新井誠. 統合失調症の新たな治療法を求めて-基礎研究と臨床研究のクロストーク-。第37回茨城医学会精神科分科会・第64回茨城精神医学集談会. 水戸[2015/11/03](招待講演)
  • 堀内泰江、浄住佳美、松林宏行、西村誠一郎、浦上研一、新井誠、楠原正俊、山口健. 臨床ゲノム研究における偶発的所見の結果開示、遺伝カウンセリングの取り組みとその課題-静岡県立静岡がんセンター・プロジェクトHOPEの例 日本人類遺伝学会第60回大会(東京)[2015/10/16](口頭発表)
  • 新井誠.シンポジウム12:臨床知に根ざした神経科学を担う人材育成:臨床医学分野における人材育成の強化.第45回日本神経精神薬理学会・第37回日本生物学的精神医学会合同年会.東京[2015/09/25](口頭発表)
  • 小堀晶子、畠山幸子、堀内泰江、鳥海和也、宮下光弘、糸川昌成、新井平伊、新井誠. 統合失調症の認知機能障害に対するカルボニルストレスの影響. 第45回日本神経精神薬理学会・第37回日本生物学的精神医学会合同年会. 東京[2015/09/25](ポスター発表)
  • 久島周、アレクシッチブランコ、椎野智子、吉見陽、大矢友子、木村大樹、ChenyaoWang、高崎悠登、石塚佳奈子、鈴木道雄、糸川昌成、大森哲郎、染矢俊幸、吉川武男、JingruiXing、武田雅俊、橋本亮太、岩田仲生、池田匡志、尾崎紀夫 統合失調症の発症に強い影響を与える稀なゲノムコピー数異変(CNV)の検討 第45回日本神経精神薬理学会・第37回日本生物学的精神医学会. 東京[2015/09/25]
  • 新井誠. 堀内泰江、小堀晶子、鳥海和也、畠山幸子、宮下光弘、糸川昌成. シンポジウム1:神経炎症・酸化ストレスをキーワードにした精神疾患の理解:糖化・酸化ストレスと関連する統合失調症の病態研究. 第45回日本神経精神薬理学会・第37回日本生物学的精神医学会合同年会. 東京[2015/09/24](口頭発表)
  • 鳥海和也、宮下光正、市川智恵、新井麻友美、野原泉、小堀晶子、堀内泰江、鳥海和也、橋本均、糸川昌成、新井誠. 海馬のテロメア短縮は統合失調症の陰性症状及び認知機能障害に関与する. 第45回日本神経精神薬理学会・第37回日本生物学的精神医学会合同年会.東京[2015/09/24](ポスター発表)
  • 糸川昌成.[シンポジウム]統合失調症治療薬に関する医師主導治験 第45回日本神経精神薬理学会・第37回日本生物学的精神医学会 合同シンポジウム. 東京[2015/9/24]
  • 井上智子、内田美樹、新井誠、小堀晶子、畠山幸子、木村彗心、土橋いつか、楯林義孝、糸川昌成. カルボニルストレスを含む代謝異常と統合失調症のヨーガ療法の効果研究:治療的効果と酸化ストレス.第56回日本心身医学会.東京[2015/06/26](ポスター発表)
  • 糸川昌成.精神疾患の脳科学-脳の部品を25年間研究してみて- 「精神医学の科学哲学-精神疾患概念の再検討-」第4回研究会,東京大学,東京[2015/3/29](口頭発表)
  • 糸川昌成. [会長講演]. 脳と心‐脳の部品を研究してみて‐. 第10回日本統合失調症学会. 東京 [2015.03.28] (口頭発表)
  • 新井誠. 宮下光弘、小堀晶子、堀内泰江、鳥海和也、畠山幸子、糸川昌成.若手シンポジウムI:カルボニルストレス性統合失調症のトランスレーショナル研究.第10回日本統合失調症学会. 東京 [2015/03/27](口頭発表)
  • 大西哲生,渡辺明子,大羽尚子,岩山佳美,豊島学,島本知英,新井誠,山田一之,市川智恵,前川素子,野崎弥生,糸川昌成,吉川武男.染色体転座をともなう統合失調症症例の転座点に存在する転写調節因子の生物学的役割.第10回日本統合失調症学会. 東京[2015/03/27](ポスター発表)
  • 宮下光弘,新井誠,小堀晶子,鳥海和也,堀内泰江,市川智恵,新里和弘,大島健一,高橋克昌,石本佳代,徳永太郎,岡崎祐士,吉川武男,天野直二,宮田敏男,糸川昌成.カルボニルストレス性統合失調症におけるビタミンB6補充臨床試験.第10回日本統合失調症学会. 東京[2015/03/27](ポスター発表)
  • 内田美樹,井上智子,新井誠,小堀晶子,畠山幸子,木村慧心,土橋いつか,楯林義孝,糸川昌成.「カルボニルストレスを含む代謝異常と統合失調症のヨーガ療法の効果研究」患者毎の出来事と状態変化からみた効果検証.第10回日本統合失調症学会. 東京[2015/03/27](ポスター発表)
  • 井上智子,内田美樹,新井誠,小堀晶子,畠山幸子,木村慧心,土橋いつか,楯林義孝,糸川昌成.カルボニルストレスを含む代謝異常と統合失調症のヨーガ療法の効果研究:統合失調症5症例に対する予備研究の結果報告.第10回日本統合失調症学会. 東京[2015/03/27](ポスター発表)
  • 小堀晶子,畠山幸子,新井誠,堀内泰江,鳥海和也,宮下光弘,新井平伊,糸川昌成.統合失調症の認知機能障害とカルボニルストレスの関連.第10回日本統合失調症学会. 東京[2015/03/28](ポスター発表)
  • 糸川昌成. 精神疾患の脳科学-脳の部品を25年間研究してみて-. 「精神医学の科学哲学-精神疾患概念の再検討-」第4回研究会, 東京大学, 東京[2015/03/29] (口頭発表)
  • 糸川昌成, 新井誠, 宮下光弘, 鳥海和也, 堀内泰江, 小堀晶子. 統合失調症のパーソナルゲノム研究. 新学術領域脳疾患パーソナルゲノム 平成26年度班会議. [2015.01.31]. 東京(口頭発表)
  • 糸川昌成. 統合失調症の病態研究-症候群から疾患を抽出するこころみ-. 九州大学先端融合医療レドックスナビ研究拠点若手研究者主催シンポジウム. [2015.01.27]. 福岡(口頭発表)

・講演会等

  • 新井誠:分子神経学「気分障害・不安障害」. 立教大学理学部【講義】[2015/12/16]
  • 糸川昌成(2015) 脳科学者から見た援助者のあり方 -脳と心と魂と- 平成27年度岩手県看護連盟 会員研修会 いわて県民情報交流センター [2015/12/12]
  • 糸川昌成(2015) 統合失調症が秘密の扉をあけるまで -新しい治療法の発見は -臨床家の研究から生まれた- 横浜市障害者家族連合会 横浜西口SYビル[2015/12/5]
  • 糸川昌成(2015) 統合失調症の理解と対応 -分子生物学者が語る脳と心- 精神保健福祉研修(後期) 国立オリンピック記念青少年総合センター[2015/12/4]
  • 糸川昌成(2015) 脳と心 - 脳の部品を25年研究して- 国際医療福祉大学大学院 公開講座 国際医療福祉大学青山キャンパス [2015/12/2]
  • 新井誠:分子神経学「依存症・物質依存」 立教大学理学部【講義】[2015/12/2]
  • 新井誠:分子神経学「疾患研究のための脳画像、モデル動物」 立教大学理学部【講義】[2015/11/25]
  • 新井誠:分子神経学「情動」 立教大学理学部【講義】[2015/11/18]
  • 新井誠:分子神経学「睡眠と生体リズム、摂食行動」 立教大学理学部【講義】[2015/11/11]
  • 新井誠:分子神経学「特殊感覚、運動制御」 立教大学理学部【講義】[2015/11/04]
  • 糸川昌成(2015) 脳と心 -医師主導治験は成功したけれど- 第32回 こころと脳のセミナー 九州大学病院 [2015/10/31]
  • 糸川昌成(2015) 脳科学者から見た援助者のあり方-脳と心と魂と- 戴帽式記念講演 東京都立板橋専門学校 [2015/10/30]
  • 新井誠:分子神経学「記憶と学習」立教大学理学部【講義】[2015/10/28]
  • M Arai: Personalized medicine: focusing on an importance to overcome the heterogeneity of schizophrenia by profiling of carbonyl stress biomaker. UT Southwestern Medical Center 【研究室センター】[2015/10/22]
  • 糸川昌成(2015) 人はなぜ病をえるのか -命がともす魂の回復- 世田谷家族会 区立総合福祉センター[2015/10/17]
  • 新井誠:分子神経学「神経発生」 立教大学理学部【講義】[2015/10/14]
  • 新井誠:分子神経学「神経伝達の仕組み」 立教大学理学部【講義】[2015/10/7]
  • 糸川昌成(2015) 統合失調症の解明に挑む-臨床家がなぜ研究をするのか-宮崎DSAカンファレンス2015 HOTEL SKYTOWER[2015/10/1]
  • 新井誠:分子神経学「神経伝達物質」立教大学理学部【講義】[2015/9/30]
  • 新井誠:分子神経学「神経系の成り立ち、神経系の細胞と構造」立教大学理学部【講義】[2015/9/23]
  • 糸川昌成(2015) 統合失調症治療の最前線ときょうだい支援 第7回兄弟姉妹全国交流会 ゲスト講演 戸山サンライズ[2015/9/22]
  • 糸川昌成(2015) 脳と心 -縄文人の遺伝子と倭人の魂- 小金井市精神障害者家族会 あじさい会 精神保健福祉公開講演会 小金井市前原暫定集会施設[2015/9/19]
  • 糸川昌成(2015) 脳の病気、心の健康 -命と心はどこから来るのか- 豊島区障害者団体連合会創立30周年記念講演会 豊島区立勤労福祉会館[2015/9/14]
  • 糸川昌成(2015) 命をもてなす -人が人をささえるためには- 日本精神科看護協会千葉県支部 千葉中央看護専門学校 [2015/9/12]
  • 糸川昌成(2015)「命はどこから来るのか -分子生物学が明かす心のゆくえ-」ラ・ボア・ラクテ 2F「カペラ」[2015/9/4]
  • 糸川昌成(2015) 脳と心 -縄文人の遺伝子と倭人の魂- 全国版子どもの集い・交流会 日本福祉大学東海キャンパス[2015/8/22]
  • 糸川昌成(2015)脳と心 -25年脳の部品を研究してみたけれど-三永塾講演会 三井ガーデンホテル[2015/8/20]
  • 糸川昌成(2015)脳と心 -25年脳の部品を研究してみて- 第19回新都心メンタルネットワーク研究会 新宿ワシントンホテル[2015/07/31]
  • 糸川昌成(2015)脳と心 -科学者が考える回復の道のり- 品川区精神障害碍者家族会 講演会 品川区役所第3庁舎[2015/07/18]
  • 新井誠:東京都医学総合研究所における精神医学研究-基礎研究と臨床研究のクロストーク.東京都立松沢病院【セミナー】[2015/7/18]
  • 新井誠:統合失調症の基礎と臨床研究のクロストークへの取り組み-統合失調症の原因究明と予防・治療法の開発- 東海大学【研究室セミナー】[2015/7/10]
  • 新井誠:統合失調症の基礎と臨床研究のクロストークへの取り組み-統合失調症の原因究明と予防・治療法の開発-.明治薬科大学【講義】[2015/07/07]
  • 糸川昌成(2015)脳と心 -縄文人の遺伝子と倭人の魂- 平成27年度 栃木県精神保健福祉会主催中央大会 宇都宮市保健所[2015/7/10]
  • 糸川昌成(2015) 脳と心 -臨床家がなぜ研究をするのか- 平成27年度 埼玉精神科神経科診療所協会総会 大宮ソニックシティビル [2015/6/28]
  • 糸川昌成(2015)脳と心 -25年脳の部品を研究してみて- 西多摩虹の会 講演会あきる野ルピア[2015/6/13]
  • 糸川昌成(2015)病院勤務医が研究に向かい合うということ-臨床家がなぜ研究をするのか-[講演]駒込病院・東京都医学総合研究所共催 第1回リサーチカンファ 駒込病院[2015/6/3]
  • 糸川昌成(2015)脳と心 -25年脳の部品を研究してみて-[講演]北区ケアマネージャーの会[2015/5/19]
  • 糸川昌成(2015)脳と心-25年脳の部品を研究してみて-[講演]都立墨東病院神経科集談会.墨東病院,東京[2015/5/7]
  • 糸川昌成 (2015) 統合失調症の解明に挑む-臨床家がなぜ研究するのか-[講演]. ジュニアレジデント合同発表会. 東京都病院経営本部 東京 [2015/3/7]
  • 糸川昌成 (2015)「心の病気」の新しい捉え方と治療についての考え方 [講演]. 山梨県精神障害者家族会連合会. 山梨県立大学 山梨 [2015/2/28] (口頭発表)
  • 糸川昌成 (2015) 統合失調症の解明に挑む-臨床家がなぜ研究するのか-[講演]. 精神保健学級第1回. 杉並保健所 東京 [2015/2/19] (口頭発表)
  • 糸川昌成 (2015) 脳と心-なぜ研究がいのちをもてなすのか-[講演]. 松沢病院リハビリテーション科研修. 東京都立松沢病院 東京 [2015/2/19] (口頭発表)
  • 糸川昌成 (2015) 統合失調症の解明に挑む-臨床家がなぜ研究するのか-[講演]. 第194回東大いちょうの会. 東京大学付属病院 中央診療棟2, 東京 [2015/2/15] (口頭発表)
  • 糸川昌成 (2015) 統合失調症の解明に挑む-臨床家がなぜ研究をするのか-[講演]. 第3回ニューロカンファレンス和歌山. 和歌山県民文化会館, 和歌山 [2015/1/10] (口頭発表)


2014年

・原著論文

  • Miyashita M, Arai M, Kobori A, Ichikawa T, Toriumi K, Niizato K, Oshima K, Okazaki Y, Yoshikawa T, Amano N, Miyata T, Itokawa M. Clinical Features of Schizophrenia With Enhanced Carbonyl Stress. Schizophr Bull. 2014 Sep;40(5):1040-6.
  • Arai M, Nihonmatsu-Kikuchi N, Itokawa M, Rabbani N, Thornalley PJ. Measurement of glyoxalase activities. Biochem Soc Trans. 2014 Apr 1;42(2):491-4.
  • Miyashita M, Arai M, Yuzawa H, Niizato K, Oshima K, Kushima I, Hashimoto R, Fukumoto M, Koike S, Toyota T, Ujike H, Arinami T, Kasai K, Takeda M, Ozaki N, Okazaki Y, Yoshikawa T, Amano N, Miyata T, Itokawa M. Replication of enhanced carbonyl stress in a subpopulation of schizophrenia. Psychiatry Clin Neurosci. 2014 Jan; 68(1):83-84.
  • 宮下光弘、新井誠、市川智恵、鳥海和也、小堀晶子、天野直二、糸川昌成. カルボニルストレスという代謝異常と統合失調症-体に負担の少ないビタミンB6による治療法の研究-. 総合病院精神医学25(3):254-261,2014
  • Nishizawa D, Fukuda K, Kasai S, Hasegawa J, Aoki Y, Nishi A, Saita N, Koukita Y, Nagashima M, Katoh R, Satoh Y, Tagami M, Higuchi S, Ujike H, Ozaki N, Inada T, Iwata N, Sora I, Iyo M, Kondo N, Won MJ, Naruse N, Uehara-Aoyama K, Itokawa M, Koga M, Arinami T, Kaneko Y, Hayashida M, Ikeda K. Genome-wide association study identifies a potent locus associated with human opioid sensitivity. Mol Psychiatry 19(1):55-62,2014

・総説

  • Arai M#, Kobori A#, Miyashita M, Toriumi K, Horiuchi Y, Hatakeyama S and Itokawa M (#These authors equally contributed to this work). Pentosidine accumulation in the pathophysiology of schizophrenia: overview of schizophrenia with carbonyl stress. IMARS highlight 9(6): 9-16, 2014.
  • Arai M, Miyashita M, Kobori A, Toriumi K, Horiuchi Y, Hatakeyama S, Itokawa M. Carbonyl stress and schizophrenia. Psychiatry Clin Neurosci. 2014 Sep;68(9):655-65.
  • Itokawa M, Miyashita M, Arai M, Miyata T. Carbonyl stress in schizophrenia. Biochem Soc Trans. 2014 Apr 1;42(2):468-72.
  • 宮下光弘,新井誠,市川智恵,鳥海和也,小堀晶子,天野直二,糸川昌成.カルボニルストレスからみた治療抵抗性統合失調症の理解と今後の展開.臨床精神薬理 17(12):1631-1636, 2014
  • 新井誠,宮下光弘,小堀晶子,糸川昌成. カルボニルストレス.分子精神医学14(3): 47-50, 2014

・国際学会

  • M Arai, M Miyashita, A Kobori, K Toriumi, Y Horiuchi, N Rabbani, PJ Thornalley, M Itokawa. Idiopathic carbonyl stress in a subpopulation of schizophrenia. 9th International Conference on Early Psychosis – To the New Horizon, Tokyo, [2014/11/17](口頭発表)
  • M Arai, M Miyashita, A Kobori, K Toriumi, Y Horiuchi, N Rabbani, PJ Thornalley, M Itokawa. Research on dicarbonyl accumulation and AGEs formation in schizophrenia. 9thInternational Conference on Early Psychosis – To the New Horizon, Tokyo, [2014/11/18](ポスター発表)
  • A Kobori, M Miyashita, S Hatakeyama, K Toriumi, M Arai, H Arai, M Itokawa. Association study of cognitive impairment with carbonyl stress in schizophrenia patients. 9thInternational Conference on Early Psychosis – To the New Horizon, Tokyo, [2014/11/18](ポスター発表)
  • M Arai, M Miyashita, A Kobori, K Toriumi, Y Horiuchi, S Hatakeyama, N Rabbani, P.J Thornalley, M Itokawa. Research on dicarbonyl accumulation and advanced glycation end products formation in schizophrenia. YONSEI BK21 PLUS-CBSM International Joint Symposium, Korea [21/June/2014] (ポスター発表)
  • M Arai, M Xue, J Masania, F Shaheen, M Miyashita, T Ichikawa, A Kobori, K Toriumi, N Rabbani, M Itokawa, PJ Thornalley. Research on carbonyl stress and glyoxalase metabolism in human cell line. The 9th Annual Meeting of Japanese Society of Schizophrenia Research. Kyoto, [2014/3/15] (ポスター発表)

・国内学会

  • 新井誠,宮下光弘,小堀晶子,堀内泰江,鳥海和也,畠山幸子, 内田 美樹,井上 智子,糸川昌成. 統合失調症の代謝障害としてのカルボニルストレスとその予防法に関する研究.第14回世田谷医師会医学会,東京[2014/12/6](口頭発表)
  • 鳥海和也,宮下光弘,市川智恵,新井麻友美,野原泉,小幡奈々子,糸川昌成. 海馬におけるテロメアの短縮は統合失調症の陰性症状様行動異常及び認知機能障害に関与する. 第24回日本臨床精神神経薬理学会・第44回日本神経精神薬理学会 合同年会.名古屋 [2014/11/21] (ポスター発表)
  • 新井誠. 教育セミナー1:精神疾患のトランスレーショナル研究の最前線.第24回日本臨床精神神経薬理学会・第44回日本神経精神薬理学会 合同年会.名古屋[2014/11/20](口頭発表)
  • 新井誠,宮下光弘,小堀晶子,堀内泰江,鳥海和也,畠山幸子,N Rabbani, PJ Thornalley, 糸川昌成.統合失調症における終末糖化産物蓄積を早期に予防するための研究.第18回日本精神保健・予防学会,東京[2014/11/15](口頭発表)
  • 新井誠、小堀晶子、宮下光弘、堀内泰江、鳥海和也、畠山幸子、糸川昌成.医学・薬学系シンポジウム:疾患とAGEs:カルボニルストレス性統合失調症の病因とその病態に関する研究.第24回日本メイラード学会,久留米[2014/11/07](口頭発表)
  • 新井誠、宮下光弘、堀内泰江、鳥海和也、小堀晶子、畠山幸子、Naila Rabbani, Paul J Thornalley、糸川昌成.細胞培養株を用いた統合失調症のカルボニルストレス回避のための研究.第87回日本生化学学会,京都[2014/10/16](ポスター発表)
  • 新井誠、宮下光弘、小堀晶子、堀内泰江、鳥海和也、畠山幸子、糸川昌成.統合失調症における終末糖化産物の臨床的意義に関する研究.第19回日本神経精神医学会, つくば[2014/10/01](口頭発表)
  • 新井誠、宮下光弘、小堀晶子、堀内泰江、鳥海和也、畠山幸子、糸川昌成.シンポジウム15:酸化ストレス・炎症と精神疾患:カルボニルストレス代謝障害と統合失調症,第36回日本生物学的精神医学会・第57回日本神経化学会大会合同年会,奈良[2014/9/30](口頭発表)
  • 鳥海和也,宮下光弘,野原泉,市川智恵,新井麻友美,小幡奈々子,糸川昌成. 抗精神病薬が海馬のテロメア長に与える影響. 第87回日本薬理学会年会 仙台 [2014/3/21] (ポスター発表)
  • 小堀晶子,宮下光弘,市川智恵,鳥海和也,新井誠,新井平伊,糸川昌成.統合失調症の認知機能障害とカルボニルストレスの関連についての予備的検討.第9回日本統合失調症学会,京都.[2014/3/15] (ポスター発表)