2018年〜2019年


2019年

・原著論文

  • Berto S*, Mendizabal I*, Usui N*, Toriumi K*, Chatterjee P, Douglas C, Tamminga C, Preuss TM, Yi SV2, Konopka G. Accelerated evolution of oligodendrocytes in human brain. Proc Natl Acad Sci USA (2019) in press. [* Co-first authors]
  • Mendizabal I*, Berto S*, Usui N*, Toriumi K*, Chatterjee P, Douglas C, Huh I, Jeong H, Layman T, Tamminga CA, Preuss TM, Konopka G, Yi SV. Cell-type specific epigenetic links to schizophrenia risk in brain. Genome Biol (2019) 20: 135. [* Co-first authors]
  • Yoshikawa A, Li J, Meltzer HY. A functional HTR1A polymorphism, rs6295, predicts short-term response to lurasidone: confirmation with meta-analysis of other antipsychotic drugs. Pharmacogenomics J. 2019 Oct 21. doi: 10.1038/s41397-019-0101-5. [Epub ahead of print]
  • Mizutani R, Saiga R, Takeuchi A, Uesugi K, Terada Y, Suzuki Y, Vincent De Andrade, Francesco De Carlo, Takekoshi S, Inomoto C, Nakamura N, Kushima I, Iritani S, Ozaki N, Ide S, Ikeda K, Oshima K, Itokawa M, Arai M.Three-dimensional alteration of neurites in schizophrenia. Translational Psychiatry 2019 9:85. doi.org/10.1038/s41398-019-0427-4
  • Yamasaki S, Ando S, Richards M, Hatch SL, Koike S, Fujikawa S, Kanata S, Endo K, Morimoto Y, Arai M, Okado H, Usami S, Furukawa TA, Hiraiwa-Hasegawa M, Kasai, K, Nishida A. Maternal diabetes in early pregnancy, and psychotic experiences and depressive symptoms in 10-year-old offspring: A population-based birth cohort study. Schizophr Res. 2018 Dec 26. pii: S0920-9964(18)30704-7. doi:10.1016/j.schres.2018.12.016.

・総説

  • 糸川昌成. 誤解されがちな遺伝子と心.こころの健康第61号:3-9, 2019年7月
  • 糸川昌成. 統合失調症は遺伝しますか-モノの科学、コトの医学-.こころの健康だより:2—3, 2019年6月
  • 糸川昌成, 阪井一雄, 清水真理, 清水義雄, 曽良一郎, 高柳陽一郎, 楯林義孝, 田中徹平, 田中有史, 松田太郎, 水野(松本)由子, 横井優磨. マクヒュー/スラヴニー現代精神医学 澤明監訳. みすず書房, 2019年6月
  • 糸川昌成. 心の病とはなにか-物質と物質でないもの-. 第11回みんなねっと兵庫大会記録誌:48-62, 2019年4月
  • 糸川昌成,宮下光弘,新井誠.臓器機能論による部品の科学-心はどこまでタンパク質なのか-特集III 現在哲学と精神医学,精神科, 34(3):298-305, 2019.
  • Toriumi K, Suzuki K, Miyashita M, Horiuchi Y, Kobori A, Itokawa M, Arai M. Glyoxalase 1 and mental illness. IMARS HIGHLIGHTS 14 (1): 14-17, 2019
  • Saiga R, Vincent De Andrade, Francesco De Carlo, Takeuchi A, Uesugi K, Terada Y, Suzuki Y, Takekoshi S, C Inomoto, Nakamura N, Torii Y, Kushima I, Iritani S, Ozaki N, Oshima K, Itokawa M, Arai M, Mizutani R. Nanometer-Scale Structures of Neurons Differ Between Individuals and Those Differences Become Extraordinary in Schizophrenia. Microsc. Microanal. 25 (Suppl 2), 2019. doi:10.1017/S1431927619007451
  • 吉川茜,菅原誠,糸川昌成,熊谷直樹. 統合失調症早期支援の現状と今後の展望-学校をめぐる取り組みを中心に-. 精神科. 35(1) 115-123, 2019.
  • 菅原 裕子, 村田 唯, 池亀 天平, 嶋永 翔太, 竹岡 優将, 齋藤 竹生, 池田 匡志, 吉川 茜, 西村 文親, 河村 代志也, 垣内 千尋, 佐々木 司, 岩田 仲生, 橋本 衛, 笠井 清登, 加藤 忠史, 文東 美紀, 岩本 和也. 統合失調症と双極性障害における共通のDNAメチル化変化. 精神医学のフロンティア 精神神経学雑誌 121: 251-258, 2019
  • 糸川昌成. 心の病とはなにか-物質と物質でないもの-. 第11回みんなねっと兵庫大会記録誌:48-62, 2019年4月
  • 糸川昌成. 臓器機能論による部品の科学-心はどこまでタンパク質なのか-. PSYCHIATRY 精神科 VOL.34 No.3:298-305, 2019
  • 糸川昌成. 心の病とはなにか-腑に落ちる物語が回復をもたらす. 月刊みんなねっと. 3月号:6-7, 2019 March
  • 糸川昌成. イニシエーションとしての病(12)石神のこころ. こころの科学No.204:90-96, 2019 March
  • 新井誠, 宮下光弘, 吉川茜, 鈴木一浩, 鳥海和也, 堀内泰江, 糸川昌成. ビタミンB6と統合失調症. 臨床精神医学 48(1):63-73, 2019

・国際学会

  • Itokawa M. Chair. Research introduction of TMiMS part2. 21st TMiMS International Symposium. Tokyo Metropolitan Institute of Medical Science, Tokyo[2019/10/15](座長)
  • M Arai. Carbonyl stress is associated with some types of schizophrenia. 21st TMIMS International Symposium: Overcoming neuropsychopharmacology Crisis. Tokyo Metropolitan Institute of Medical Science, Tokyo, Japan [2019/10/15] (口頭発表)
  • Itokawa M. Schizophrenia paradox-A material or an event-. 6th Congress of ASCNP. Fukuoka International Congress Center, Fukuoka[2019/10/13](ポスター発表)
  • Itokawa M. Schizophrenia paradox-A material or an event-. 6th Congress of ASCNP. Fukuoka International Congress Center, Fukuoka[2019/10/13](口頭発表)
  • Toriumi K. Schizophrenia, Poster Session 27, 6th Asian College of Neuropsychopharmacology (AsCNP) Congress, Fukuoka [2019/10/13] (座長)
  • Suzuki K. Obessive Compulsive Disorders, Poster Session 6, 6th Asian College of Neuropsychopharmacology (AsCNP) Congress, Fukuoka [2019/10/13] (座長)
  • Arai M. Early detection and new intervention in psychiatric disorders: from rare diseases, schizophrenia, to dementia. Symposium 25, 6th Asian College of Neuropsychopharmacology (AsCNP) Congress, Fukuoka [2019/10/12](座長)
  • Miyashita M, Toriumi K, Suzuki K, Horiuchi Y, Yoshikawa A, Kobori A, Itokawa M, Arai M. Efficacy and side effect of Pyridoxamine for patients with schizophrenia. 6th Asian College of Neuropsychopharmacology (AsCNP) Congress, Fukuoka [2019/10/11] (ポスター発表)
  • Suzuki K, Toriumi K, Miyashita M, Yoshikawa A, Horiuchi Y, Koike S, Ogasawara Y, Itokawa M, Washizuka S, Arai M. Methylglyoxal in plasma associate with anxiety in healthy individual. 6th Asian College of Neuropsychopharmacology (AsCNP) Congress, Fukuoka [2019/10/11] (ポスター発表)
  • Toriumi K, Suzuki K, Asakura M, Miyashita M, Horiuchi Y, Kobori A, Itokawa M, Arai M. Vitamin B6-deficient animal model for schizophrenia with carbonyl stress. 6th Asian College of Neuropsychopharmacology (AsCNP) Congress, Fukuoka [2019/10/11] (ポスター発表)
  • Horiuchi Y, Arai M, Itokawa M, Ssawa A, Higuchi T. Progress of the International Psychiatric genetics consortium in Japan. 6th Asian College of Neuropsychopharmacology (AsCNP) Congress, Fukuoka [2019/10/11] (口頭発表)
  • Horiuchi Y, Egoshi M, Toriumi K, Miyashita M, Itokawa M, Arai M. The utility of patients derived Neuron/glial cells for the schizophrenia disease model. 6th Asian College of Neuropsychopharmacology (AsCNP) Congress, Fukuoka [2019/10/11] (口頭発表)
  • Itokawa M. Co-chair. Developing new pharmaceutical agents for unmet medical needs in schizophrenia - From preclinical to clinical studies. 6th Congress of ASCNP. Fukuoka International Congress Center, Fukuoka [2019/10/11] (口頭発表)
  • Arai M. 19th TOKYO IGAKUKEN International Symposium: Preventive medical research in areas of psychiatry, health, and social welfare: Beneficial life course intervention in critical and sensitive periods for glycation, oxidative stress, and nutritional epidemiology. Tokyo Metropolitan Institute of Medical Science, Tokyo, Japan (http://www.igakuken.or.jp/public/international/in-sympo19.html ) [8/Feb/2019] (企画・座長)

・国内学会

  • 堀内泰江, 石川充, 小幡菜々子, 畠中真依, 許絲茵, 小池伸, 鳥海和也、宮下光弘 宮岡祐一郎, 小笠原裕樹, 勝田奈那, 永井竜児, 岡野栄之, 糸川昌成, 新井誠. カルボニルストレス性統合失調症患者由来 iPS細胞の解析. 第29回日本メイラード学会, 東北大学片平さくらホール, 仙台 [2019/10/26]
  • 鳥海和也, 鈴木一浩, 小池伸, 宮下光弘, 堀内泰江, 吉川茜, 小笠原裕樹, 糸川昌成, 新井誠. Glo1遺伝子欠損とビタミン B6欠乏がマウスの精神行動に与える影響. 第29回日本メイラード学会, 東北大学片平さくらホール, 仙台 [2019/10/26]
  • 宮下光弘、鈴木一浩、鳥海和也、堀内泰江、吉川茜、糸川昌成、新井誠. 統合失調症における AGEsの臨床的意義. 第29回日本メイラード学会, 東北大学片平さくらホール, 仙台 [2019/10/26]
  • 鈴木一浩, 鳥海和也, 宮下光弘, 堀内泰江, 吉川茜, 小池伸, 小笠原裕樹, 鷲塚伸介, 糸川昌成, 新井誠. メチルグリオキサールに着目した統合失調症の AGEs上昇メカニズムの検討. 第29回日本メイラード学会, 東北大学片平さくらホール, 仙台 [2019/10/26]
  • 糸川昌成. 口演1 認知症、神経科学. 第49回日本神経精神薬理学会. 福岡国際会議場, 福岡[2019/10/12](座長)
  • 糸川昌成. 分子生物学者が見た病のイニシエーション. 日本デイケア学会第24回年次大会.北星学園大学, 札幌[2019/9/14](特別講演)
  • 糸川昌成. 臨床家だから発見できる統合失調症研究. 第2階新学術領域「マルチスケール脳」若手セミナー. 都立松沢病院, 東京 [2019/8/30] (講義)
  • 堀内 泰江, 浄住 佳美, 山川 裕之, 東川 智美, 角 暢浩, 西村 誠一郎, 水口 魔己, 月村 考宏, 兎川 忠靖, 櫻庭 均, 楠原 正俊, 松林 宏行, 山口 建. エクソーム解析の二次的所見結果開示が発端者、血縁者のFabry病診断に有効であった1例 臨床遺伝2019, 第43回日本遺伝カウンセリング学会・第26回日本遺伝子診療学会 合同学術集会, 札幌 [2019/08/02](口頭発表)
  • 新井誠.基底生活行動と糖化・酸化ストレスを軸とした思春期主体価値形成の修飾要因の解明.新学術領域研究「脳・生活・人生の統合的理解にもとづく思春期からの主体価値発展学」班会議,東京大学,東京 [2019/07/14](口頭発表)
  • 糸川昌成. Rare Variantから迫る発達障害・統合失調症の診断法・治療法の開発. 令和含年度融合脳 発達障害・統合失調症チーム第1回分科会.コンベンションルームAP品川, 東京 [2019/6/30] (口頭発表)
  • 堀内泰江,新井誠,糸川昌成,澤明,樋口輝彦.シンポジウム「精神科遺伝学がもたらした地平」、精神疾患ゲノム研究国際コンソーシアムの進展状況を踏まえて.第41回日本生物学的精神医学会,朱鷺メッセ 新潟コンベンションセンター,新潟 [2019/06/23](口演発表)
  • 井上智子, 榛葉俊一, 宮下光弘,鈴木一浩,堀内泰江,鳥海和也,糸川昌成,木村慧心,新井誠.ヨーガ療法による自律神経活動変化.シンポジウム「精神科診療における自律神経活動評価:心拍変動計測の現状と展望」,第115回日本精神神経学会学術総会,朱鷺メッセ 新潟コンベンションセンター,新潟 [2019/06/22](口演発表)
  • 吉川茜, Li Jiang, Herbert Y Meltzer. A Functional Polymorphism, rs6295, Predicts Response to Lurasidone, in Acute Schizophrenia Patients. 第115回日本精神神経学会学術総会,朱鷺メッセ 新潟コンベンションセンター,新潟 [2019/06/22] (口演発表)
  • 井上智子, 榛葉俊一, 宮下光弘, 鈴木一浩, 堀内泰江, 鳥海和也, 糸川昌成, 木村慧心,新井誠. ヨーガ療法による自律神経活動変化.第115回日本精神神経学会学術総会.朱鷺メッセ, 新潟[2019/6/22] (口演発表)
  • 糸川昌成. 心のエビデンスとは何か-ベッドサイドのオートファジー-. 第17回IGC第13回COCORO合同会議 フクラシア品川, 東京[2019/6/2] (口演発表)
  • 吉川茜 学校精神保健教育の必要性―愛する親の病気を受けとめる支援を 第14回日本統合失調症学会, 札幌, [2019/4/20] 招待講演(口頭発表)
  • 吉川茜 学校精神保健教育の必要性―愛する親の病気を受けとめる支援を 第14回日本統合失調症学会, 札幌, [2019/4/20] 招待講演(口頭発表)
  • 佐藤夏菜,刀さくら,竹腰進,井野元智恵,中村直哉,新井誠,大島健一,糸川昌成,鳥居洋太,久島周,入谷修司,尾崎紀夫,竹内晃久,上杉健太朗,寺田靖子,鈴木芳生,De Andrade, Vincent,De Carlo, Francesco,雑賀里乃,水谷隆太.放射光ナノトモグラフィ法によるヒト脳神経ネットワークの三次元解析, 第66回応用物理学会春季学術講演会, [2019/03/11](口頭発表)
  • 堀内泰江. 臨床ゲノム研究(プロジェクトHOPE)における二次的所見とその対応. 第105回日本消化器病学会総会.金沢[2019/5/9](パネルディスカッション3、消化器疾患におけるPrexision Medicineへの対応、口頭発表)
  • 糸川昌成. 標準化を超えて. 第14回日本統合失調症学会. 北海道大学学術交流会館, 札幌 [2019/4/20] (シンポジウム6 当事者を親に持った子供に必要なもの、口頭発表、座長)
  • 吉川茜. 学校精神保健教育の必要性―愛する親の病気を受けとめられる支援を. 第14回日本統合失調症学会. 北海道大学学術交流会館, 札幌 [2019/4/20] (シンポジウム6 当事者を親に持った子供に必要なもの)
  • 糸川昌成. Rare variantを起点とする発達障害・統合失調症の診断法・治療法. 脳とこころの研究第四回公開シンポジウム「脳とこころの発達と成長」. イイノホール, 東京 [2019/3/2] (ポスター発表)

・講演会等

  • 糸川昌成. 心の層構造 [講演]. 退院準備講座 松沢病院54病棟, 東京[2019/10/23]
  • 新井誠:精神疾患の病因解明と病態理解-精神疾患の現状と問題点について. 立教大学【生命理学特別講義】[2019/10/21]
  • 新井誠:精神疾患の病因解明と病態理-統合失調症の病態解明に向けた取り組み.立教大学【生命理学特別講義】[2019/10/21]
  • 鳥海和也. 分子神経学「神経伝達物質II」立教大学理学部【講義】[2019/10/21]
  • 鳥海和也. 分子神経学「神経伝達物質I」立教大学理学部【講義】[2019/10/14]
  • 新井誠:統合失調症研究の基礎と臨床のクロストーク.東京都立松沢病院精神科【医局セミナー】 [2019/10/08]
  • 宮下光弘. 医療から見た介護について [講演会], 昭島市認知症カフェ「オレンジドア」, 昭島 [2019/10/7]
  • 鳥海和也. 分子神経学「神経伝達の仕組み」立教大学理学部【講義】[2019/10/7]
  • 糸川昌成. 家族への思いと三人との出会いから伝えたいこと[トークライブ]. ひょうかれん創立50周年記念大会. 兵庫県看護協会2階ハーモニーホール, 神戸[2019/10/5]
  • 糸川昌成. 人はなぜ病を得るのか-物質と物質でないものの科学(統合失調症を中心に)-.令和含年度鹿精協前期院長等研修会. 城山ホテル鹿児島, 鹿児島[2019/9/25]
  • 鳥海和也. 分子神経学「神経系の成り立ち・神経系の細胞と構造」立教大学理学部【講義】[2019/9/30]
  • 鳥海和也. 分子神経学「授業概要」立教大学理学部【講義】[2019/9/23]
  • 糸川昌成. 脳以外の心 [講演]. 退院準備講座 松沢病院54病棟, 東京[2019/9/18]
  • 宮下光弘. 認知症と間違いやすいこころの病気 [講演会], 昭島市役所, 昭島 [2019/9/13]
  • 糸川昌成. こころの神経科学-人の進化と生存戦略-. 大分大学医学部特別講演. 大分大学, 大分 [2019/9/6]
  • 糸川昌成. 心の起源 –精神障碍とはどういうことか-. 松沢病院レジデントクルズス. 都立松沢病院, 世田谷 [2019/9/3]
  • 糸川昌成. 気持ちよいことと自然治癒力 [講演]. 退院準備講座 松沢病院54病棟, 東京[2019/8/28]
  • 糸川昌成. 精神療法について [講義]. On-the-Job Training 松沢病院54病棟, 東京[2019/8/28]
  • 糸川昌成. 倫理的ふるまいとは何か[講演]. 駒込病院倫理研修. 駒込病院, 東京[2019/8/21]
  • 糸川昌成. 心の病とは何か~物質と物質でないもの~.大家連精神保健福祉講座③. エルおおさか, 大阪[2019/8/3]
  • 新井誠:生命科学研究者という将来に向けた歩みやりがいのある仕事って? 高校生のための都医学研フォーラム【講演】 [2019/08/01]
  • 糸川昌成. 脳と心 [講義]. 退院準備講座 松沢病院54病棟, 東京[2019/7/24]
  • 新井誠:生活習慣と糖化・酸化ストレスの相互作用が主体価値の形成と改編に与える影響.新学術領域研究,脳・生活・人生からの総合的理解にもとづく思春期からの主体価値発展学.Newsletter, vol. 3, July, 2019.[2019/07/16]
  • 糸川昌成. 精神科で働くこと-いかにとらえ、いかに適えるか- [講義]. On-the-Job Training 松沢病院54病棟, 東京[2019/7/12]
  • 糸川昌成. 心はどれくらい脳なのか-分子生物学が語る心の進化・精神の科学-. 東京大学教養学部2019年度Sセメスター「全学体験ゼミナール」. 東京都医学総合研究所, 世田谷 [2019/7/7]
  • 糸川昌成. 統合失調症の理解と対応~家族のわたしたちができること~. こころの健康づくり講演会. 玉川区民会館, 東京[2019/6/28]
  • 糸川昌成. 都立病院における医師主導治験[講演]. 多摩総合医療センター・東京都医学総合研究所共催 臨床研究セミナー. 多摩総合医療センター, 東京[2019/6/27]
  • 糸川昌成. 精神科で働くこと-いかにとらえ、いかに適えるか- [講義]. On-the-Job Training 松沢病院53病棟, 東京[2019/6/17]
  • 糸川昌成. 恒常性の維持-気持ちいいと感じること-[講義]. 退院準備講座 松沢病院54病棟, 東京[2019/5/22]
  • 糸川昌成. 臨床家が研究をする理由-分子生物学者がみた心の医学-. 埼玉医科大学医学部 神経科学セミナー. 埼玉医科大学オルコスホール, 埼玉[2019/5/20]
  • 糸川昌成. 卒業生がなぜ研究生活を選んだのか. 埼玉医科大学医学部 選択必修講義 研究者に学ぶ. 埼玉医科大学, 埼玉[2019/5/20]
  • 糸川昌成. ひとはなぜ心を病むのか‐脳を30年研究してみて‐. 墨東病院神経科集談会. 都立墨東病院, 東京[2019/5/16]
  • 宮下光弘. 精神疾患とその治療③ [講義], 上智社会福祉専門学校精神保健福祉士通信課程, 上智社会福祉専門学校, 東京 [2019/4/27]
  • 宮下光弘. 精神疾患とその治療② [講義], 上智社会福祉専門学校精神保健福祉士通信課程, 上智社会福祉専門学校, 東京 [2019/4/13]
  • 宮下光弘. 精神疾患とその治療① [講義], 上智社会福祉専門学校精神保健福祉士通信課程, 上智社会福祉専門学校, 東京 [2019/4/6]
  • 新井誠:都医学研NEWS, 第19回都医学研 国際シンポジウム, 開催報告No.033 Apr, 2019[2019/04/01]
  • 糸川昌成. ヒトはなぜ心を病むのか-分子生物学が挑む精神の科学-. 東京大学大学院新領域創成科学研究科メディカル情報生命講義. 東京大学医科学研究所, 港区[2019/5/10]
  • 糸川昌成. 病と物語[講義]. 退院準備講座 松沢病院54病棟, 東京 [4/24/2019]
  • 堀内泰江. そもそも遺伝とは何か. 静岡がんセンター患者サロン. 静岡県立静岡がんセンター, 静岡 [4/9/2019]
  • 糸川昌成. 当事者研究によりかいま見た不思議の世界とその拡がり[講演].心身変容技法研究会. 上智大学四谷キャンパス, 東京[2019/3/21]
  • 糸川昌成. 病と症状の意味[講義]. 退院準備講座 都立松沢病院54病棟, 東京[3/20/2019]
  • 新井誠. Beneficial life course intervention in critical and sensitive periods for glycation, oxidative stress, and nutritional epidemiology(研究室セミナー,企画・座長)[2019/2/8]
  • 新井誠. Preventive medical research in areas of psychiatry, health, and social welfare(研究室セミナー,企画・座長)[2019/2/8]
  • 糸川昌成. 大病をして分かったこと[講義]. 退院準備講座 都立松沢病院54病棟, 東京[2019/2/27]
  • 糸川昌成. 都立病院における医師主導治験の実例 [講演]. 駒込病院・東京都医学総合研究所共催 第7回リサーチカンファ. 駒込病院, 東京[2019/1/31]
  • 糸川昌成. (2019) 都立病院における医師主導治験. 臨床研究セミナー. 多摩北部医療センター, 東村山[2019/1/18]
  • 糸川昌成. 脳科学が生まれ変わるには-部分と全体と-. リハビリ科研修. 都立松沢病院, 東京[2019/1/10]


2018年

・原著論文

  • Kushima I , Aleksic B, Nakatochi M, Shimamura T, Okada T, Uno Y, Morikawa M, Ishizuka K, Shiino T, H Kimura H, Arioka Y, Yoshimi A, Takasaki Y, Yu Y, Nakamura Y, Yamamoto M, Iidaka T, Iritani S, Inada T, Ogawa N, Shishido E, Torii Y, Kawano N, Omura Y, Yoshikawa T, Uchiyama T, Yamamoto T, Ikeda M, Hashimoto R, Yamamori H, Yasuda Y, Someya T, Watanabe Y, Egawa J, Nunokawa A, Itokawa M, Arai M, Miyashita M, Kobori A, Suzuki M, Takahashi T, Usami M, Kodaira M, Watanabe K, Sasaki T, Kuwabara H, Tochigi M, Nishimura F, Yamasue H, Eriguchi Y, Benner S, Kojima M, Yassin W, Munesue T, Yokoyama S, Kimura R, Funabik Y, Kosaka H, Ishitobi M, Ohmori T, Numata S, Yoshikawa T, Toyota T, Yamakawa K, Suzuki T, Inoue Y, Nakaoka K, Got Y, Inagaki M, Hashimoto N, Kusumi I, Son S, Murai T, Ikegame T, Okada N, Kasai K, Kunimoto S, Mori D, Iwata N, Ozaki N*. Comparative Analyses of Copy Number Variation in Autism Spectrum Disorder and Schizophrenia Reveal Etiological Overlap and Biological Insights. Cell Rep. 2018 Sep 11;24(11):2838-2856. doi: 10.1016/j.celrep.2018.08.022.      
  • Ikeda M, Takahashi A, Kamatani Y, Okahisa Y, Kunugi H, Mori N, Sasaki T, Ohmori T, Okamoto Y, Kawasaki H, Shimodera S, Kato T, Yoneda H, Yoshimura R, Iyo M, Matsuda K, Akiyama M, Ashikawa K, Kashiwase K, Tokunaga K, Kondo K, Saito T, Shimasaki A, Kawase K, Kitajima T, Matsuo K, Itokawa M, Someya T, Inada T, Hashimoto R, Inoue T, Akiyama K, Tanii H, Arai H, Kanba S, Ozaki N, Kusumi I, Yoshikawa T, Kubo M, Iwata N. A genome-wide association study identifies two novel susceptibility loci and trans population polygenicity associated with bipolar disorder. Mol Psychiatry. (2018) 23, 639-647. Doi 10.1038/mp.2016.259
  • Itokawa M, Miyashita M, Arai M, Dan T, Takahashi K, Tokunaga T, Ishimoto K, Toriumi K, Ichikawa T, Horiuchi Y, Kobori A, Usami S, Yoshikawa T, Amano N, Washizuka S, Okazaki Y, Miyata T. Pyridoxamine, A Novel Treatment For Schizophrenia With Enhanced Carbonyl Stress. Psychiatry Clin Neurosci. 2018 Jan;72(1):35-44.

・総説

  • Saiga R, Takekoshi S, Inomoto C, Nakamura N, Arai M, Oshima K, Itokawa M, Hashimoto M, Takeuchi A, Uesugi K, Terada Y, Suzuki Y and Mizutani R. Synchrotron Radiation Nanotomography of Biological Soft Tissues. Microsc. Microanal. 24(Suppl 2), 2018. Doi:10.1017/S1431927618014095
  • 糸川昌成. イニシエーションとしての病(11)病のゆくえ. こころの科学. No.203精神127-131, 2018 January
  • 新井誠. JMARS News Letter vol.18, Dec. 4, 2018【企画・編集】[2018/12/18]
  • 宮下光弘, 高橋克昌, 石本佳代, 徳永太郎, 堀内泰江, 鳥海和也, 鈴木一浩, 小堀晶子, 岡崎祐士, 齋藤正彦, 糸川昌成, 新井誠. カルボニルストレスが亢進する統合失調症患者に対するピリドキサミンの治療可能性. 精神神経学雑誌 120(10):861-867, 2018
  • 糸川昌成. イニシエーションとしての病(10)語りの科学. こころの科学. No.201精神117-121, 2018 November
  • 糸川昌成. 17年前のこと. 50年のあゆみ‐集い学びつながるあした‐.世田谷さくら会. 5-6, 2018 October
  • 糸川昌成. 第8章 統合失調症.精神保健医療福祉白書 2018/2019-多様性と包括性の構築-. 152, 2018 October
  • 糸川昌成. 人はなぜ病を得るのか‐イニシエーションと物語‐. 第58回JCMA全国大会in 御殿場 抄録集「井深八重が遺したもの遺したかったもの」.10—11, 2018年9月
  • 糸川昌成. イニシエーションとしての病(9)見え方の科学. こころの科学. No.201精神 114-119, 2018 September
  • Itokawa M. The Recovery of the Brain and Beyond. Mental Heasoth Recovery “Easy Go Farm”, English Edition 15 Touchigng Recovery Episodes June 2018 Issue
  • 糸川昌成. 信長と南極越冬隊. 遺伝医学研究室の歩みⅠ. 2018年7月
  • 新井誠.統合失調症薬物治療ガイド:患者さん・ご家族・支援者のために.一般社団法人 日本神経精神薬理学会 編集,じほう(書籍)2018年8月30日発行
  • Mizutani R, Saiga R, Takeuchi A, Uesugi K, Terada Y, Suzuki Y, Vincent De Andrade, Francesco De Carlo, Takekoshi S, Inomoto C, Nakamura N, Kushima I, Iritani S, Ozaki N, Ide S, Ikeda K, Oshima K, Itokawa M, Arai M. Three-dimensional alteration of neurons in schizophrenia. Neurons and Cognition (q-bio.NC); Biological Physics (physics.bio-ph), 2018. arXiv:1804.00404 [q-bio.NC]
  • Mizutani R, Saiga R, Takekoshi S, Inomoto C, Nakamura N, Arai M, Oshima K, Itokawa M, Vincent De Andrade, Francesco De Carlo, Takeuchi A, Uesugi, Terada Y, Suzuki Y. Spatial Resolution of Pre-reconstruction Raw Images and their Nano-CT Slices. Microsc. Microanal. 24 (Suppl 2), 2018, doi:10.1017/S1431927618014083
  • 糸川昌成,宮下光弘,新井誠.統合失調症の分子病態-キメラの科学-.特集I統合失調症研究最前線,精神科,32(3):181-188, 2018.
  • 糸川昌成. イニシエーションとしての病(8)薫りの器量. こころの科学. No.200精神196-201, 2018 July
  • 新井誠. 生活習慣と糖化・酸化ストレスの相互作用が主体価値の形成と改編に与える影響.新学術領域研究,脳・生活・人生からの総合的理解にもとづく思春期からの主体価値発展学.Newsletter, vol. 2, May, 2018
  • 糸川昌成. 心はどこまで脳なのだろうか~統合失調症研究の30年~. 郡山精神医療 第32号. 2018年5月
  • 糸川昌成. イニシエーションとしての病(7)子猫の慈悲. こころの科学. No.199精神105-111, 2018 May
  • 糸川昌成. 脳と脳以外の回復. 心のリハビリ「楽楽農園」心を打つ闘病エピソード15話04-2018改訂版.
  • 糸川昌成. イニシエーションとしての病(5)身体の科学. こころの科学. No.198精神126-133, 2018 March
  • 堀内泰江,森暁,新井誠,糸川昌成.iPS細胞を用いた精神疾患病態モデルの可能性と課題.精神科臨床Legato. 4(1): 21-24, 2018.
  • 糸川昌成,新井誠.精神疾患治療薬開発の新しいアプローチ-病気と病気でないもの、モノかコトか-. バイオサイエンスとインダストリー, 76(2): 120-126, 2018.
  • 糸川昌成.イニシエーションとしての病(5)螺旋の科学. こころの科学. No.197精神115-119, 2018 January
  • 糸川昌成,新井誠,宮田敏男.新しい治療の糸口:カルボニルストレス.日経サイエンス.2018年1月号、54-62

・国際学会

  • Suzuki Kazuhiro, Kazuya Toriumi, Mitsuhiro Miyashita, Yasue Horiuchi, Masanari Itokawa, Makoto Arai. Behavioral phenotype of Glyoxalase 1 knock out mice. The society for neuroscience, San Diego, USA [11/7/2018]
  • Yasue Horiuchi et al. Susceptibility to carbonyl stress in schizophrenia derived neural cells derived neural cells. The society for neuroscience, San Diego, USA [11/7/2018] (シンポジスト)
  • Yasue Horiuchi et al Utility of patients derived induced pluripotent stem cells (iPSCs) for schizophrenia disease model WCP2018, Mexico City, [09/30/2018] (シンポジスト)
  • Itokawa M. Schizophrenia paradox –material or an event-. WFSBP/JSBP Joint Symposium:Frontier symposium on schizophrenia and mood disorders. Kobe International Conference Center, Kobe[2018/9/8]
  • Itokawa M. Chairs. WFSBP2018:Animal Mode/Molecular Neurobiology/Genetics. KobeChamber of Commerce and Industry, Kobe[2018/9/8]
  • Arai M, Miyashita M, Dan T, Toriumi K, Horiuchi H, Suzuki K, Miyata T, Itokawa M. Pyridoxamine, a novel treatment for negative symptoms of schizophrenia. 13th International Symposium on The Maillard reaction, Montreal, Canada, [10-13/Sep/2018](ポスター発表)
  • Toriumi K, Miyashita M, Horiuchi Y, Kobori A, Nohara I, Shimada Y, Hama M, Obata N, Itokawa M, Arai M. Effect of vitamin B6 deficiency on mouse behavior and monoaminergic system. 13th International Symposium on The Maillard reaction, Montreal, Canada, [10-13/Sep/2018](ポスター発表)
  • Itokawa M. Round Table Discussion:Good Partership. Pan-Asia Symposium on The Genetics Of Brain Disorders. Shanghai, China[2018/7/10]
  • Itokawa M. Brain Disorder Research in Japan. Precision Medicine Strategy to Brain Disorders. Shanghai, China[2018/7/9]
  • Itokawa M. Pan-Asia Symposium on The Genetics Of Brain Disorders. Shanghai, China[2018/7/10] (Program Committee)

・国内学会

  • 井上智子, 榛葉俊一. 精神科におけるヨーガ療法のこころの反応、からだの反応-生理学・生化学・精神医学の視点から-. 第22回統合医療学会. 札幌市立大学, 北海道[2018/10/8](指定交流会8シンポジスト)
  • 堀内泰江 Education and carrier path of genetic counselors  The report of the 2017 PSGCA meeting and the importance of collaborations of genetic counselors in Asian-Pacific area 日本人類遺伝学会第63回大会,東京[2018/08/06](シンポジスト)
  • 糸川昌成. 精神疾患とは何か-モノとコトの科学-. 第7回日本精神科医学会学術大会. ホクト文化ホール, 長野[2018/10/4](特別講演)
  • 刀さくら,佐藤夏菜,竹腰進,井野元智恵,中村直哉,新井誠,大島健一,糸川昌成,鳥居洋太,久島周,入谷修司,尾崎紀夫,竹内晃久,上杉健太郎,寺田靖子,鈴木芳生,Vincent De Andrade, Francesco De Carlo,, 雑賀里乃,水谷隆太.統合失調症における神経細胞の構造変化.第91回日本生化学会_シンポジウム, 京都[2018/0925](口演・ポスター発表)
  • 新井誠.多面的技術アプローチによる糖鎖情報トラジェクトリーの理解への挑戦:A challenging step forward in the development of truly pre-emptive sugar chain information trajectory.第91回日本生化学会, 京都国際会館[2018/0924](シンポジウムオーガナイザー・座長)
  • 新井誠.グリケーション研究の潮流:統合失調症におけるグリケーションSchizophrenia and Advanced glycation end products第91回日本生化学会, 京都国際会館[2018/0924](口頭発表)
  • Miyashita M, Suzuki K, Horiuchi Y, Toriumi K, Yoshikawa A, Egoshi E, Kobori A, Imai A, Nagase Y, Yuzawa K, Takizawa S, Washizuka S, Itokawa M, Arai M. Carbonyl stress in mood disorder. 第40回日本生物学的精神医学会・第61回日本神経化学会大会,神戸国際会議場[2018/09/06] (ポスター発表)
  • 糸川昌成.Rare variantを起点とする発達障害・統合失調症の診断法・治療法の開発. 平成30年AMED再生医療研究交流会.TKP ガーデンシティ品川, 東京 [2018/9/12] (ポスター発表)
  • 糸川昌成. 精神疾患とは何か-モノとコト、病気と病気でないもの-.東京精神医学会 第28回生涯教育研修会プログラム.ステーションコンファレンス東京, 千代田区[2018/7/14](口頭発表)
  • 糸川昌成.なぜ精神疾患研究は難航するのか-モノとコトの科学-.第114回日本精神神経学会学術総会.神戸ポートピアホテル, 神戸[2018/6/22](口頭発表)
  • 糸川昌成.シンポジウム55 日本人研究者が発信したオリジナルな統合失調症病態仮説を統合する.第114回日本精神神経学会学術総会.神戸ポートピアホテル, 神戸[2018/6/22](司会)
  • 糸川昌成. Rare Variantから迫る発達障害・統合失調症の診断法・治療法の開発. 平成30年度融合脳 発達障害・統合失調症チーム第1回分科会.コンベンションルームAP品川, 東京 [2018/5/12] (口頭発表)
  • 新井誠. 生活行動習慣と糖化・酸化ストレスの相互作用が主体価値の形成と改編に与える影響.新学術領域研究「脳・生活・人生の統合的理解にもとづく思春期からの主体価値発展学」班会議,東京大学,東京 [2018/05/12]
  • 糸川昌成. 物質と物質でないもの-モノとコトの遺伝学-. 第13回日本統合失調症学会.あわぎんホール, 徳島 [2018/3/24] (シンポジウム、口頭発表)
  • 豊島学, 大西哲生, 新井誠, 糸川昌成, 岡野栄之, 吉川武男. カルボニルストレスによる神経分化異常の分子病態. 第13回日本統合失調症学会.あわぎんホール, 徳島 [2018/3/23](ポスター発表)
  • Masanari Itokawa. Schizophrenia paradox –material and event-. 17th Course for Academic Development of Psychiatrists Meet the Expert. Makuhari, Chiba [2018/2/23]
  • 新井誠.カルボニルストレス.若手中堅シンポジウム1: ここまで分かった統合失調症~分子生物学的研究~,第13回日本統合失調症学会,徳島[2018/03/24](口頭発表)
  • 豊島学,大西哲生,新井誠,糸川昌成,岡野栄之,吉川武男.カルボニルストレスによる神経分化異常の分子病態.第13回日本統合失調症学会,徳島[2018/03/23](ポスター発表)
  • 新井誠,堀内泰江,宮下光弘,鳥海和也,鈴木一浩,西田淳志,山崎修道,安藤俊太郎,遠藤香織,飯島雄大.生活行動習慣と糖化・酸化ストレスの相互作用が主体価値の形成と改編に与える影響.新学術領域研究「脳・生活・人生の統合的理解にもとづく思春期からの主体価値発展学」班会議,東京大学,東京 [2018/02/12](口頭発表)

・講演会等

  • 糸川昌成 (2018) 病気と病気でないもの. 看護OJT 都立松沢病院54病棟, 東京[2018/12/26]
  • 新井誠. 生理心理学B/神経情報論B 「統合失調症研究における基礎と臨床のストローク」 東洋大学【講義】[2018/12/21]
  • 鳥海和也. 分子神経学「情動・ストレス」立教大学理学部【講義】 [2018/12/19]
  • 新井誠. こころの多様性と適応の統合的研究機構「統合失調症研究における基礎と臨床のストローク」東京大学教養学部【講義】[2018/12/14]
  • 糸川昌成. 統合失調症の理解と回復について、家族として. 市川浦安ブロック交流会. 市川市文化会館, 市川[2018/12/14]
  • 鳥海和也. 分子神経学「運動の制御・神経変性疾患」立教大学理学部【講義】[2018/12/12]
  • 新井誠. 自閉スペクトラム症と統合失調症のゲノムコピー数変異解析とそれに基づく分子病態研究,久島周(名古屋大学高等研究院 特任助教)【都医学研セミナー,企画・座長】[2018/11/26]
  • 糸川昌成. 心の病とはなにか~物質と物質でないもの~. 第11回全国精神保健福祉家族大会in兵庫. 神戸ポートピアホテル, 神戸 [2018/11/26]
  • 鳥海和也. 分子神経学「その他の感覚」立教大学理学部【講義】[2018/11/21]
  • 糸川昌成. 自分に合った脳に良いこと[講義]. 退院準備講座 都立松沢病院54病棟, 東京 [2018/11/14]
  • 鳥海和也. 分子神経学「視覚」立教大学理学部【講義】[2018/11/14]
  • 糸川昌成. ひとはなぜ病を得るのか-モノとコトの科学-.平成30年度東大いちょうの会. 東大病院入院棟B10階デイホスピタル, 東京 [2018/11/11]
  • 糸川昌成. 疾患とはなにか-喉頭研究は歌劇を解明するか-.科学基礎論学会 2018年度秋の研究例会プログラム. 日本大学文理学部, 東京 [2018/11/10]
  • 鳥海和也. 分子神経学「学習と記憶」立教大学理学部【講義】[2018/11/8]
  • 糸川昌成. 脳と心-見えるものと見えないものの意味-. 全国精神保健福祉連合会 2018関東ブロック大会基調講演. 宇都宮市民文化会館, 宇都宮 [2018/10/26]
  • 新井誠. Comprehensive functional and structural glycomics in human neurodegenerative disorders,青木一弘(Complex Carbohydrate Research Center, The University of Georgia,Senior Research Scientist)【都医学研セミナー,企画・座長】[2018/10/04]
  • 糸川昌成. 精神科医を30年やってみて. 大分大学医学部特別講演. 大分大学, 大分 [2018/10/24]
  • 糸川昌成. 人はなぜ病を得るのか-物質と物質でないものの科学-.Psychiatry Forum. 開東閣, 東京[2018/10/20]
  • 糸川昌成. 全ての病気には自然治癒力がある[講義]. 退院準備講座 都立松沢病院54病棟, 東京[2018/10/17]
  • 鳥海和也. 分子神経学「神経伝達物質」立教大学理学部【講義】[2018/10/17]
  • 鳥海和也. 分子神経学「神経伝達の仕組み」立教大学理学部【講義】[2018/10/10]
  • 鳥海和也. 分子神経学「神経系の成り立ち」立教大学理学部【講義】[2018/10/3]
  • 糸川昌成. 誤解されがちな遺伝子と心. 平成30年度 愛知県精神保健福祉協会 こころの健康を考えるシンポジウム. 名古屋大学医学部付属病院, 名古屋[2018/9/29]
  • 鳥海和也. 分子神経学「授業概要」立教大学理学部【講義】[2018/9/26]
  • 糸川昌成. 心を病むことの科学‐物質と物質でないもの‐. 第37回赤坂精神医学懇話会. 東京ガーデンテラス紀尾井町, 東京[2018/9/23]
  • 糸川昌成. 語ることと神経科学. 「精神医学の社会的基盤」第11回研究会.東京大学駒場キャンパス, 東京[2018/9/17]
  • 糸川昌成. ひとはなぜ病を得るのか‐物質と物質でないもの‐.第2回福精連大会.博多サンヒルズホテル, 福岡[2018/9/14]
  • 糸川昌成. 生物学は精神疾患のなにを明らかにしたのか‐物質と物質でないものの科学‐第2回静岡西部精神医学懇話会. ホテルクラウンパレス浜松, 浜松[2018/9/10]
  • 新井誠. 統合失調症研究の基礎と臨床のクロストーク.東京都立松沢病院精神科【医局セミナー】 [2018/09/04]
  • 糸川昌成. イニシエーションとしての病[講義]. 退院準備講座 都立松沢病院54病棟, 東京[2018/08/22]
  • 糸川昌成. 精神疾患の原因解明と治療薬の開発. 半田高校見学. 東京都医学総合研究所, 東京[2018/7/31]
  • 糸川昌成. 精神疾患とは何か‐クレペリンの夢‐. 墨東病院神経科集談会. 都立墨東病院, 東京[2018/7/19]
  • 糸川昌成. 脳に良い物語[講義]. 退院準備講座 都立松沢病院54病棟, 東京[2018/07/18]
  • 糸川昌成. 松沢病院で発見された治療薬~精神科医で初めて:医師主導治験の裏話~. 研修講義. 松沢病院53病棟, 世田谷 [2018/7/18]
  • 鳥海和也,新井誠. Schizophrenia and beyond: a glimpse into Darwinian medicine.Dr. Stefano Berto(Department of Neuroscience, University of Texas Southwestern medical center):【研究室セミナー】[2018/07/12]
  • 糸川昌成. こころはどこまで脳なのか-精神科医が研究者に生まれ変わるまで -.第29回ママドクターの会.ベルサール東京日本橋, 中央区[2018/7/8]
  • 糸川昌成. 補講(最終講義)[講義]. 上智社会福祉専門学校精神保健福祉士通信課程講義, 上智社会福祉専門学校, 東京 [2018/7/7]
  • 糸川昌成. 心はどれくらい脳なのか-分子生物学が語る精神の科学-. 東京大学H30年度Sセメスター「全学体験ゼミナール」. 東京都医学総合研究所, 世田谷 [2018/7/1]
  • 糸川昌成. 人はなぜ病を得るのか-見えるものと見えないものの行方-[講演].第48回熊本県精神障がい者家族大会. アスパル富合, 熊本2018/06/29]
  • 糸川昌成. 脳によいこと [講演]. 退院準備講座 都立松沢病院54病棟, 東京[2018/06/27]
  • 糸川昌成. 精神医学Ⅲ[講義]. 上智社会福祉専門学校精神保健福祉士通信課程講義, 上智社会福祉専門学校, 東京 [2018/6/23]
  • 糸川昌成. 精神医学 [講義]. 荏原看護学校実習 都立松沢病院54病棟, 東京 [2018/06/20]
  • 糸川昌成.ヒトはなぜ心を病むのか-分子生物学が挑む精神の科学-. 東京大学大学院新領域創成科学研究科メディカル情報生命講義. 東京大学医科学研究所, 港区[2018/6/15]
  • 糸川昌成. 精神疾患の分子生物学. 東京大学メディカル情報生命専攻平成31年度入試説明会. 東京大学医科学研究所, 港区[2018/6/2]
  • 糸川昌成. 精神医学 [講義]. 荏原看護学校実習 都立松沢病院54病棟, 東京 [2018/05/30]
  • 糸川昌成. 卒業生がなぜ研究生活を選んだのか. 埼玉医科大学医学部1年選択必修講義 研究者に学ぶ. 埼玉医科大学オルコスホール, 埼玉[2018/5/21]
  • 糸川昌成. 精神疾患の分子生物学. 東京大学メディカル情報生命専攻平成31年度入試説明会. 東京大学本郷キャンパス 武田先端知ビル, 文京区[2018/5/19]
  • 糸川昌成. 統合失調症再考のフォーラムに90人. タイムスFax 8170号, 医療タイムス社
  • 糸川昌成. 松沢からみた医学研の利用法-内科疾患と精神疾患の違い-. 松沢病院レジデントクルズス. 都立松沢病院, 世田谷 [2018/5/1]
  • 糸川昌成. 精神疾患の分子生物学. 東京大学メディカル情報生命専攻平成31年度入試説明会. 東京大学柏キャンパス, 柏[2018/4/28]
  • 糸川昌成. クレペリンの夢 –自然種の彼方 - 第11回南信州渓流フォーラムin飯田. 飯田病院, 飯田 [2018/4/21]
  • 糸川昌成 (2018) 精神医学Ⅱ[講義]. 上智社会福祉専門学校精神保健福祉士通信課程講義, 上智社会福祉専門学校, 東京 [2018/4/14]
  • 糸川昌成. 脳と心-認知症から精神病まで-[講演].認知症関連疾患研究会. ホテルメトロポリタン, 東京[2018/04/13]
  • 糸川昌成 (2018) 精神医学Ⅰ [講義]. 上智社会福祉専門学校精神保健福祉士通信課程講義, 上智社会福祉専門学校, 東京 [2018/4/7]
  • 糸川昌成. 統合失調症の謎に挑む-物質と物質でないもの-[講演]. こころの医療センター連携フォーラム「特別講演」. 小美玉市四季文化館「みの~れ」風のホール, [2018/03/09]
  • 糸川昌成. ひとはなぜ病を得るのか-物質と物質でないものの行方-[講演].桜山統合失調症研究会.名古屋マリオットアソシアホテル, 名古屋 [2018/03/08]
  • 糸川昌成. 看護師として巣立つあなたへ[講演].卒業式記念講演. 荏原看護専門学校, 東京 [2018/03/07]
  • 糸川昌成 (2018)精神を病むとはどういうことか-モノとコト、見えるもの見えないもの-. 病態脳科学セミナー.同志社大学貫名研究室, 京田辺 [2018/3/2]
  • 糸川昌成 (2018)見えないもの、見えるものと養生のこつ. 退院準備講座. 松沢病院54病棟, 世田谷 [2018/2/22]
  • 堀内泰江 「ゲノム医療実施に向けた遺伝カウンセリングシステムの検討と今後の課題」第6回駒込・医学研リサーチカンファレンス 駒込病院 20180220
  • 糸川昌成 (2018) 統合失調症の予防と治療の研究について~見えるもの、見えないもの~. 北区区民大学 最先端の医療とこれからの研究. 滝野川文化センター, 北区 [2018/2/16]
  • 鳥海和也. 分子神経学「薬物依存」立教大学理学部【講義】[2018/1/17]
  • 鳥海和也. 分子神経学「統合失調症」立教大学理学部【講義】[2017/12/20]
  • 鳥海和也. 統合失調症マウスモデルを用いた病態解明と治療法開発.明治薬科大学 講演会[2017/11/9]
  • 糸川昌成. ひとはなぜ病を得るのか~物質と物質でないもの~. 奥州市精神障害者家族会連合会主催講演会. 奥州市総合福祉センター, 奥州 [2018/2/3]
  • 糸川昌成. 精神を病むということはどういうことか~モノとコト、見えるもの見えないもの~. 第5回中枢疾患教育講演会. 武田薬品工業湘南研究所, 神奈川 [2018/2/1]
  • 糸川昌成. 心はどこに宿るのか~見えるもの、見えないもの~. リハビリ科研修. 松沢病院リハビリ棟, 世田谷 [2018/1/26]
  • 糸川昌成. 物語を生きる心の養生. 退院準備講座. 松沢病院54病棟, 世田谷 [2018/1/24]
  • 糸川昌成. 統合失調症の母からの贈り物~すべての症状には意味がある~. 平成29年度橿原市精神保健福祉普及啓発事業. 奈良県橿原文化会館, 奈良 [2018/1/20]
  • 新井誠. 統合失調症の基礎と臨床研究のクロストーク:統合失調症の原因究明と予防・治療法の開発.立教大学 分子神経学【講義】[2018/1/10]