うつ病プロジェクト Affective Disorders Project

うつ病のバイオマーカ―と新規治療法の確立

楯林 義孝

プロジェクトリーダー
楯林 義孝

意義

うつ病など気分障害は未だ客観的診断法もなく、治療法も十分ではない。一方、認知症のリスク因子となるなど、社会的負担は大きい。真の病態解明には、脳やストレスなどの基本原理の解明に加え、正しい診断に基づくバイオマーカーからモデル動物を用いた新規治療法開発など、重層的な研究が必須である。本プロジェクトでは、ヒト臨床研究から、動物モデル・成体オリゴデンドロサイト培養系を用いた基礎研究など、独自研究を有効に連結し、新規バイオマーカー・治療法の臨床開発を実現する。

目標

  • 動物モデル研究とヒト臨床研究を効果的に結びつけ、糞便や血中バイオマーカーなど、うつ病の客観的診断法の開発・確立を行う
  • 動物モデルより見出されたうつ病新規治療法・病態改善薬などをヒト臨床に応用し、その病態機序を脳細胞レベルで解明する
  • 気分障害がリスク因子となるアルツハイマー病などの認知症の新たな根本治療法を開発する

メンバー

プロジェクトリーダー 楯林 義孝

  • 二本松 尚美
  • 青木 和久
  • 松田 芳樹