2021年

・原著論文

  • Toriumi K, Miyashita M, Suzuki K, Tabakata K, Horiuchi Y, Ishida H, Itokawa M, Arai M. Role of glyoxalase 1 in methylglyoxal detoxification–the broad player of psychiatric disorders. Redox Biology, 22 December 2021, available online https://doi.org/10.1016/j.redox.2021.102222
  • Arseni D, Hasegawa M, Murzin AG, Kametani F, Arai M, Yoshida M, Ryskeldi-Falcon B. Structure of pathological TDP-43 filaments from ALS with FTLD. Nature. 2021 Dec 8. doi: 10.1038/s41586-021-04199-3.
  • Iino K, Toriumi K, Agarie R, Miyashita M, Suzuki K, Horiuchi Y, Niizato K, Oshima K, Imai A, Nagase Y, Kushima I, Koike S, Ikegame T, Jinde S, Nagata E, Washizuka S, Miyata T, Takizawa S, Hashimoto R, Kasai K, Ozaki N, Itokawa M, Arai M. AKR1A1 Variant Associated With Schizophrenia Causes Exon Skipping, Leading to Loss of Enzymatic Activity. Front Genet. 2021 Dec 6;12:762999. doi: 10.3389/fgene.2021.762999.
  • Endo K, Yamasaki S, Nakanishi M, DeVylder J, Usami S, Morimoto Y, Stanyon D, Suzuki K, Miyashita M, Arai M, Fujikawa S, Kanata S, Ando S, Hiraiwa-Hasegawa M, Kasai K, Nishida A. Psychotic experiences predict subsequent loneliness among adolescents: A population-based birth cohort study. Schizophr Res. 2021 Dec 4;239:123-127. doi: 10.1016/j.schres.2021.11.031.
  • Miyashita M, Yamasaki S, Ando S, Suzuki K, Toriumi K, Horiuchi Y, Yoshikawa A, Imai A, Nagase Y, Miyano Y, Inoue T, Endo K, Morimoto Y, Morita M, Kiyono T, Usami S, Okazaki Y, Furukawa TA, Hiraiwa-Hasegawa M, Itokawa M, Kasai K, Nishida A, Arai M. Fingertip advanced glycation end products and psychotic symptoms among adolescents. NPJ Schizophr. 2021 Aug 12;7(1):37. doi: 10.1038/s41537-021-00167-y.
  • Toriumi K, Berto S, Koike S, Usui N, Dan T, Suzuki K, Miyashita M, Horiuchi Y, Yoshikawa A, Asakura M, Nagahama K, Lin H-C, Sugaya Y, Watanabe T, Kano M, Ogasawara Y, Miyata T, Itokawa M, Konopka G, Arai M. Combined glyoxalase 1 dysfunction and vitamin B6 deficiency in a schizophrenia model system causes mitochondrial dysfunction in the prefrontal cortex. Redox Biology (2021) 45: 102057.
  • Yoshikawa A, Kushima I, Miyashita M, Toriumi K, Suzuki K, Horiuchi Y, Kawaji H, Takizawa S, Ozaki N, Itokawa M, Arai M. Dysregulation of post-transcriptional modification by copy number variable microRNAs in schizophrenia with enhanced glycation stress. Transl Psychiatry. (2021) 11:331.
  • Kobori A, Miyashita M, Miyano Y, Suzuki K, Toriumi K, Niizato K, Oshima K, Imai A, Nagase Y, Yoshikawa A, Horiuchi Y, Yamasaki S, Nishida A, Usami S, Takizawa S, Itokawa M, Arai H, Arai M. Advanced glycation end products and cognitive impairment in schizophrenia. PLoS One. (2021) 16: e0251283.
  • Toriumi K, Miyashita M, Suzuki K, Yamasaki N, Yasumura M, Horiuchi Y, Yoshikawa A, Asakura M, Usui N, Itokawa M, Arai M., Vitamin B6 deficiency hyperactivates the noradrenergic system, leading to social deficits and cognitive impairment. Transl Psychiatry. (2021) 11: 262.
  • Iio K, Uda K, Hataya H, Yasui F, Honda T, Sanada T, Yamaji K, Kohara M, Itokawa M, Miura M. Kawasaki disease or Kawasaki-like disease: influence of SARS-CoV-2 infections in Japan. Acta Paediatrica. (2021) 110: 600-601.
  • Koike S, Toriumi K, Kasahara S, Kibune Y, Ishida Y, Dan T, Miyata T, Arai M, Ogasawara Y.Analysis of carbonyl proteins accumulated in the brain of mouse model for methylglyoxal detoxification deficits by feeding Glo1 knockout mice with VB6-lacking diets. Antioxidants. (2021) 10: 574.
  • Ohnishi T, Kiyama Y, Arima-Yoshida F, Kadota M, Ichikawa T, Yamada K, Watanabe A, Ohba H, Tanaka K, Nakaya A, Horiuchi Y, Iwayama Y, Toyoshima N, Ogawa I, Shimamoto-Mitsuyama C, Maekawa M, Balan S, Arai M, Miyashita M, Toriumi K, Nozaki Y, Kurokawa R, Suzuki K, Yoshikawa A, Toyota T, Hosoya T, Okuno H, Bito H, Itokawa M, Kuraku S, Manabe T, Yoshikawa T. Cooperation of LIM domain-binding 2 (LDB2) with EGR in the pathogenesis of schizophrenia. EMBO Mol Med. (2021) 3: e12574.
  • Mizutani R, Saiga R, Yamamoto Y, Uesugi M, Takeuchi A, Uesugi K, Terada Y, Suzuki Y, De Andrade V, De Carlo F, Takekoshi S, Inomoto C, Nakamura N, Torii Y, Kushima I, Iritani S, Ozaki N, Oshima K, Itokawa M, Arai M. Structural diverseness of neurons between brain areas and between cases. Transl Psychiatry. (2021) 11: 49.

・総説

  • 糸川昌成, 堀内泰江, 鳥海和也, 吉川茜, 石田裕昭, 鈴木一浩, 宮野康寛, 井上智子, 小堀晶子, 宮下光弘, 水谷隆太, 新井誠. 生物学的精神医学はどこまでクレペリンの夢に迫れたのだろうか‐種と類型の修辞学‐. 精神経誌123(9):592-599, 2021
  • 糸川昌成. 倫理的なふるまいとは何か:研究と臨床のまじわり. 日本看護倫理学会誌 13(1)84-85, 2021

・国内学会

  • 宮下 光弘、山崎 修道、鈴木 一浩、鳥海 和也、堀内 泰江、今井 淳司、長瀬 幸弘、宮野 康寛、井上 智子、糸川 昌成、西田 淳志、新井 誠.思春期児童における終末糖化産物と精神病症状の関連. 第24回日本精神保健・予防学会学術集会,WEB開催[2021/11/27](オンデマンド配信)
  • 吉川茜、久島周、尾崎紀夫、新井誠. miRNA-4300遺伝子欠失を伴う思春期発症ペントシジン蓄積型統合失調症の一例.第62回日本児童青年精神医学会総会.WEB開催[2021/11/13](オンデマンド配信)
  • 堀内泰江.シンポジウム、研究における遺伝情報の返却について考える -臨床ゲノム研究(Project HOPE)5000症例の経験から- 第43回日本生物学的精神医学会 第51回日本神経精神薬理学会 合同年会Web開催[2021/ 7/15]
  • 堀内泰江.シンポジウム、HBOC海外事情 米・英・豪のカウンセラーに聞く 第27回日本遺伝性腫瘍学会学術集会Web開催[2021/6/18]
  • 山崎修道、宮下光弘、安藤俊太郎、鈴木一浩、鳥海和也、遠藤香織、長谷川眞理子、糸川昌成、笠井清登, 西田淳志、新井誠.思春期における終末糖化産物とメンタルヘルス:出生コホート研究によるエビデンス.第94回日本生化学会大会.WEB開催[2021/11/4](口頭発表)
  • 王恬冉、鈴木一浩、鳥海和也、朝倉舞、正田真侑子、小澤有都菜、宮下光弘、糸川昌成、新井誠.胎児期メチルグリオキサール曝露が成体期マウスの行動とモノアミンに対する影響.第94回日本生化学会大会.WEB開催[2021/11/4](オンデマンド配信)
  • 新井誠.シンポジウム:生体内におけるグリケーションの役割と食品におけるメイラード反応の意義:統合失調症におけるグリケーションの意義.第94回日本生化学会大会.WEB開催[2021/11/4](口頭発表)
  • 新井誠、大畑素子.シンポジウム:生体内におけるグリケーションの役割と食品におけるメイラード反応の意義(企画・座長)WEB開催[2021/10/22]
  • 王恬冉、鈴木一浩、鳥海和也、正田真侑子、糸川昌成、新井誠.胎児期メチルグリオキサール曝露が行動に与える長期的な影響.第31回日本メイラード学会、WEB開催[2021/10/22](口頭発表)
  • 正田真侑子、鈴木一浩、鳥海和也、王恬冉、糸川昌成、新井誠.社会ストレスが統合失調症を引き起こす分子メカニズムの解明.第31回日本メイラード学会、WEB開催[2021/10/22](口頭発表)
  • 小池伸、笠原桜、鳥海和也、段孝、宮田敏男、新井誠、小笠原裕樹. カルボニルストレス性統合失調症モデルマウスにおける脳内カルボニル化タンパク質の解析.第31回日本メイラード学会、WEB開催[2021/10/22](口頭発表)
  • 吉川茜、久島周、宮下光弘、鈴木浩一、鳥海和也、堀内 泰江、川路英哉、瀧澤俊也、尾崎紀夫、糸川昌成、新井誠. 糖化ストレスを伴う統合失調症におけるIMMP2L遺伝子欠失-臨床特徴と新規治療法開発の可能性.第117回日本精神神経学会学術総会.WEB開催、[2021/9/19-21](オンデマンド配信)
  • 鈴木一浩、山崎修道、宮下光弘、鳥海和也、吉川茜、王恬冉、正田真侑子、富田康文、鷲塚伸介、糸川昌成、西田淳志、新井誠.思春期の低筋力はなぜ将来の精神病リスクとなるのか~糖化ストレスを軸とした縦断疫学的検討~第117回日本精神神経学会学術総会.WEB開催、[2021/9/19-21](オンデマンド配信)
  • 阿部大樹[座長・口頭発表]. エスニシティと精神疾患. シンポジウム34 社会的差別と精神疾患. 第117回日本精神神経学会学術総会. 国立京都国際会館 [2021/9/19]
  • 糸川昌成. 統合失調症にバイオマーカーはあるのか. 日本精神神経科診療所協会第27回学術研究会, シンポジウム「精神科領域におけるバイオマーカーの診断や治療への応用と可能性. WEB開催[2021/9/12]
  • 石田裕昭, 井上謙一, 木村慧, 高田昌彦. 内側前頭極は記憶と社会的な視覚・聴覚を統合する 第85回日本心理学会【eポスター】 WEB開催 [2021/9/1]
  • 糸川昌成. 病いは物語である [座長・オーガナイザー]. 第11回 都医学研シンポジウム. WEB開催 [2021/8/18]
  • 新井誠.統合失調症とAGEs【口頭】第23回糖化ストレス研究会.熊本大学、WEB開催[28/Aug/2021]
  • 鳥海和也.統合失調症における糖化ストレス病態の理解.【口頭】第43回日本 生物学的精神医学会・第51回日本神経精神薬理学会合同年会.シンポジウム1: 精神疾患の発症・病態における免疫・炎症・酸化ストレスの関与.WEB開催 [14/July/2021]
  • 王恬冉、鈴木一浩、鳥海和也、宮下光弘、朝倉舞、石田裕昭、堀内泰江、糸川昌成、新井誠.ヤマブシタケによる脳内モノアミンを介した社会性・不安様行動改善.【口頭】第43回日本生物学的精神医学会・第51回日本神経精神薬理学会合同年会.WEB開催[16/July/2021]
  • 宮野康寛、宮下光弘、鈴木一浩、糸川昌成、新井誠.初発精神病エピソードと終末糖化産物.【eポスター】第43回日本生物学的精神医学会・第51回日本神経精神薬理学会合同年会.WEB開催[16/July/2021]
  • 宮下光弘、山崎修道、 安藤俊太郎、鈴木一浩、鳥海和也、堀内泰江、吉川茜、今井淳司、長瀬幸弘、宮野康寛、井上智子、糸川昌成、笠井清登、西田淳志、新井誠.抗精神病薬未服薬思春期児童における終末糖化産物と精神病症状の関連【eポスター】第43回日本生物学的精神医学会・第51回日本神経精神薬理学会合同年会.WEB開催[16/July/2021]
  • 平井志伸、三輪秀樹、國井泰人、新井誠、岡戸晴生.Glucose取り込み低下を伴う脳毛細血管障害は新たな精神疾患の指標となりうるか.【口演】第43回日本生物学的精神医学会・第51回日本神経精神薬理学会合同年会.WEB開催[15/July/2021]
  • 鳥海和也、鈴木一浩、小池伸、宮下光弘、堀内泰江、吉川茜、小笠原裕樹、糸川昌成、新井誠:Glo1遺伝子欠損とビタミンB6欠乏による新たなカルボニルストレス性統合失調症マウスモデル. 第15回日本統合失調症学会年会.WEB開催[2021/4/9-10]
  • 吉川茜、久島周、鈴木一浩、宮下光弘、鳥海和也、堀内泰江、尾崎紀夫、糸川昌成、新井誠. microRNA遺伝子部分欠失を伴う思春期発症カルボニルストレス性統合失調症患者の一例.第15回日本統合失調症学会.WEB開催[2021/4/9-10]
  • 宮下光弘、鈴木一浩、鳥海和也、堀内泰江、吉川茜、江越正俊、宮野康寛、糸川昌成、新井誠. 非侵襲的測定法を用いた統合失調症と終末糖化産物(advanced glycation endproducts,AGEs)の関連研究.第15回日本統合失調症学会. WEB開催[2021/4/9-10]
  • 井上智子、榛葉俊一、新井誠、宮下光弘、鈴木一浩、糸川昌成、松井岳巳. 統合失調症の早期発見、再発予防、セルフケアを目的とするヨーガ療法を用いたスクリーニングシステムの開発. 第15回日本統合失調症学会. WEB開催[2021/4/9-10]
  • 鈴木一浩、山崎修道、宮下光弘、鳥海和也、吉川茜、堀内泰江、糸川昌成、西田淳志、新井誠.思春期における低筋力と思考障害の関連についての縦断研究.第15回日本統合失調症学会.WEB開催[2021/4/9-10]
  • 糸川昌成. 生物学的精神医学はどこまでKraepelinの夢に迫れたのだろう. 第15回日本統合失調症学会. WEB開催 [2021/4/10] (シンポジウム2 統合失調症とはどういうことなのか)(口頭発表. 座長)

・国際学会

  • Arai M. Schizophrenia and Glycation. 14th The International Millard Reaction Society (IMARS14), Doha, WEB開催 [23/Sep/2021]
  • Ishida H. Neural circuits of metacognition and pathology of schizophrenia. Symposim (co-organizer): Exploring origins of metacognition, The 44 th Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society, Kobe, Japan [29/Jul/2021]
  • Itokawa M. Co-chair. Free Communication session. CINP 2021 Virtual World Congress. Web開催 [2021/2/26]

・講演会等

  • 新井誠.統合失調症の生物学的精神医学研究:基礎と臨床のクロストーク.松沢病院精神科【医局セミナー】[21/Dec/2021]
  • 新井誠.統合失調症の生物学的精神医学研究:基礎と臨床のクロストーク.東洋大学【講演】[17/Dec/2021]
  • 新井誠.統合失調症の生物学的精神医学研究:基礎と臨床のクロストーク.立教大学大学院【講義】[2021/11/15]
  • 新井誠.精神疾患の現状と課題.立教大学大学院【講義】[2021/11/15]
  • 鳥海和也.分子神経学「学習と記憶」.立教大学【講義】[2021/11/24]
  • 鳥海和也.分子神経学「神経発生」.立教大学【講義】[2021/11/17]
  • 鳥海和也.分子神経学「神経伝達物質」.立教大学【講義】[2021/11/10]
  • 糸川昌成 (2021)心の病とは何か. 晴れときどき虹, 第31回名古屋市精神障害者家族交流事業. 伏見ライフプラザ5階 鯱城ホール, 名古屋. オンライン同時開催[2021/10/31]
  • 鳥海和也.分子神経学「神経伝達の仕組み2」.立教大学【講義】[2021/10/27]
  • 糸川昌成. 心の脳の部分、脳以外の部分[講演]. 退院準備講座 松沢病院54病棟, 東京[2021/10/20]
  • 鳥海和也.分子神経学「神経伝達の仕組み1」.立教大学【講義】[2021/10/13]
  • 糸川昌成 (2021)科学者が脳と心をつなぐとき. PERSONAL RECOVERY CONFERENCE. 京王プラザホテル, 東京[2021/9/29]
  • 糸川昌成 (ラジオ講座)脳と心-分子生物学者がみた精神医学②家族の旅から回復を体験すること. 放送大学. [2021/9/30]
  • 糸川昌成 (ラジオ講座)脳と心-分子生物学者がみた精神医学①部品の科学と全体としての脳. 放送大学. [2021/9/30]
  • 新井誠.ペントシジン蓄積の新たな遺伝素因を発見.都医学研NEWS, No043, Oct, 2021.
  • 鳥海和也.ビタミンB6欠乏はノルアドレナリン神経系の機能亢進を生じ、統合失調症様行動異常を惹起する.都医学研NEWS, No043, Oct, 2021.
  • 小堀晶子.終末糖化産物(ペントシジン)の蓄積は統合失調症の認知機能の低下と関連する.都医学研NEWS, No043, Oct, 2021.
  • 鳥海和也.分子神経学「1神経系の成り立ち・神経系の細胞と構造」.立教大学【講義】[2021/9/29]
  • 鳥海和也.分子神経学「授業概要」.立教大学【講義】[2021/9/22]
  • 新井誠.統合失調症の生物学的精神医学研究:基礎と臨床のクロストーク.日本大学【講演】[2021/9/8]
  • 新井誠.精神疾患の現状と課題(1) (2) (3).日本大学【講義】[2021/9/7-8]
  • 糸川昌成. 心の共鳴現象[講演]. 退院準備講座 松沢病院54病棟, 東京[2021/9/22]
  • 糸川昌成 (2021)脳の機能と脳の使い手-生物学が挑んだ心の科学-. 第31回つくばDementiaセミナー. オンライン開催[2021/9/17]
  • 糸川昌成 (ラジオ講座)脳と心-分子生物学者がみた精神医学②家族の旅から回復を体験すること. 放送大学. [2021/9/14]
  • 糸川昌成 (ラジオ講座)脳と心-分子生物学者がみた精神医学①部品の科学と全体としての脳. 放送大学. [2021/9/14]
  • 石田裕昭. 神経生理心理学基礎 東洋大学(1−15)【講義】[1st/Apr/2021-31st /Aug/2021]
  • 糸川昌成 (2021)心はどれくらい脳なのか. PERSONAL RECOVERY CONFERENCE. オンライン開催[2021/8/27]
  • 糸川昌成. 自然治癒力を高める[講演]. 退院準備講座 松沢病院54病棟, 東京[2021/8/25]
  • 糸川昌成 (ラジオ講座)脳と心-分子生物学者がみた精神医学②家族の旅から回復を体験すること. 放送大学. [2021/7/20]
  • 糸川昌成 (ラジオ講座)脳と心-分子生物学者がみた精神医学①部品の科学と全体としての脳. 放送大学. [2021/7/20]
  • 糸川昌成. 10万年前の脳[講演]. 退院準備講座 松沢病院54病棟, 東京[2021/7/21]
  • 糸川昌成 (2021) 表紙絵. さくら会のおしらせNo.600. 世田谷さくら会[2021/7/15]
  • 糸川昌成 (2021) 統合失調症とはどういうことなのか. 第68回富士市医師会精神科医会. オンライン開催[2021/7/7]
  • 糸川昌成 (2021) 表紙絵. さくら会のおしらせNo.599. 世田谷さくら会[2021/6/10]
  • 糸川昌成 (2021) ヒトはなぜ心を病むのか-分子生物学が挑む精神の科学-. 東京大学大学院新領域創成科学研究科メディカル情報生命講義 発展講義Ⅳ[Web]. [2021/6/24]
  • 糸川昌成. 精神科と内科と病気はどこが違うのか[講演]. 54・58病棟合同研修会 松沢病院, 東京[2021/6/23]
  • 糸川昌成. 調子が良い時と悪い時 [講演]. 退院準備講座 松沢病院54病棟, 東京[2021/6/16]
  • Itokawa M. Brain capillary structures show a correlation with their neuron structrues. EurekAlert! NEWS RELEASE 13-JUN-2021:https://www.eurekalert.org/news-releases/470287 [2021/6/13]
  • 糸川昌成(2021) 精神疾患は内科疾患とどこがちがうのか - 隣の研究所から見えた脳と心 -. 都立松沢病院, 世田谷 [2021/6/15]
  • 糸川昌成 (2021) 統合失調症とはどういうことなのか. 第6回山口県脳とこころの研究会. オンライン開催[2021/6/11]
  • 糸川昌成 (ラジオ講座)脳と心-分子生物学者がみた精神医学②家族の旅から回復を体験すること. 放送大学. [2021/6/2]
  • 糸川昌成 (ラジオ講座)脳と心-分子生物学者がみた精神医学②家族の旅から回復を体験すること. 放送大学. [2021/5/29]
  • 糸川昌成 (2021) 表紙絵. さくら会のおしらせNo.598. 世田谷さくら会[2021/5/20]
  • 糸川昌成 (ラジオ講座)脳と心-分子生物学者がみた精神医学①部品の科学と全体としての脳. 放送大学. [2021/5/26]
  • 糸川昌成. 精神科医が脳の研究をする意味. 埼玉医科大学医学部 選択必修講義. 埼玉医科大学, 埼玉[2021/5/24]
  • 糸川昌成. 頓服が効くときと効かないとき [講演]. 退院準備講座 松沢病院54病棟, 東京[2021/5/19]
  • 糸川昌成. 海人と山人の脳にいいこと. [講演] 退院準備講座 松沢病院54病棟, 東京[2021/4/28]
  • 糸川昌成. 発見すること‐実験室と暗室の夜更けに. 中央評論. No.315(2021 SPRING 73巻1号):061-073
  • 新井誠.統合失調症の病因・病態におけるグリケーションの意義【口頭】第4回 和光-精神神経懇話会.基礎神経科学と臨床医学の融合による脳機能・精神神経疾患の統合的理解、WEB開催[29/Aug/2021]
  • 糸川昌成. 表紙絵. さくら会のおしらせNo.596. 世田谷さくら会 [2021/4/1]
  • 新井誠.統合失調症の生物学的精神医学研究.日本新薬【WEB取材】[2021/03/23]
  • 糸川昌成. (ラジオ講座)脳と心-分子生物学者がみた精神医学①部品の科学と全体としての脳. 放送大学. [2021/3/31]
  • 宮下光弘、鈴木一浩、吉川茜、新井誠.最近の文献紹介[記事、編集]JMARS News Letter vol.20. [2021/03/05]
  • 糸川昌成. 統合失調症とはどういうことか-狐憑きから神経病理まで-. あおもり統合失調症の病態・治療を考える会. オンライン開催[ 2021/2/25]
  • 堀内泰江. そもそも遺伝とは何か. 静岡がんセンター患者サロン. 静岡県立静岡がんセンター, 静岡 [2021/2/21]
  • Itokawa M. Discovering structural diverseness of neurons between brain areas and between cases. EurekAlert! [2021/2/10]
  • 糸川昌成. 東京MXテレビ「MEDICAL NEWS LINE」 [出演]. [2021/2/3]
  • 糸川昌成. 脳に気持ちいいこと. [講演] 退院準備講座 松沢病院54病棟, 東京 [2021/1/27]
  • 糸川昌成. 倫理と研究[講演]. 駒込病院人対象倫理研修. 駒込病院, 東京 [2021/1/15]
  • 糸川昌成. (ラジオ講座)脳と心-分子生物学者がみた精神医学②家族の旅から回復を体験すること. 放送大学. [2021/1/1]
  • 糸川昌成. (ラジオ講座)脳と心-分子生物学者がみた精神医学①部品の科学と全体としての脳. 放送大学. [2021/1/1]