2022年

・原著論文

  • Koike S, Miyaji Y, Suzuki K, Miyashita M, Itokawa M, Arai M, Ogasawara Y.
    Plasma unconjugated bile acids as novel biomarker for schizophrenia.
    Biochem Biophys Res Commun. 2022 Oct 4;634:70-74. doi:10.1016/j.bbrc.2022.09.110.
  • Inoue T, Shinba T, Itokawa M, Sun G, Nishikawa M, Miyashita M, Suzuki K, Kariya N, Arai M and Matsui T.
    The development and clinical application of a novel schizophrenia screening system using yoga-induced autonomic
    nervous system responses. Front. Physiol. 2022. 13:902979. doi:10.3389/fphys.2022.902979
  • Ishida H, Miyashita M, Oshima K, Kawakami I, Sekiyama K, Kounoe M, Seki E, Arai N, Takizawa S, Nagata E, Itokawa M, Arai M. Carbonyl stress-sensitive brain regions in the patient with treatment-resistant schizophrenia with a glyoxalase 1 frameshift mutation: Autopsy study. Psychiatry Research Case Reports. in press.
    https://doi.org/10.1016/j.psycr.2022.100064
  • Kushima I, Aleksic B, Kimura H, Nakatochi M, Lo T, Ikeda M, Arai M, Hashimoto R, Numata S, Okamura Y, Obara T, Inada T, Ozaki N. X chromosome aneuploidies and schizophrenia: association analysis and phenotypic characterization. Psychiatry Clin Neurosci. 2022 Sep 8. doi: 10.1111/pcn.13474.
  • Yoshikawa A, Kushima I, Miyashita M, Suzuki K, Iino K, Toriumi K, Horiuchi Y, Kawaji H, Ozaki N, Itokawa M, Arai M. Exonic deletions in IMMP2L in schizophrenia with enhanced glycation stress subtype. PLoS One. 2022 Jul 1;17(7):e0270506. doi: 10.1371/journal.pone.0270506. PMID: 35776734.
  • Ishiguro H, Kibret BG, Horiuchi Y, Onaivi ES. Potential Role of Cannabinoid Type 2 Receptors in Neuropsychiatric and Neurodegenerative Disorders. Front Psychiatry. 2022 Jun 14;13:828895. doi: 10.3389/fpsyt.2022.828895.
  • Kushima I, Nakatochi M, Aleksic B, Okada T, Kimura H, Kato H, Morikawa M, Inada T, Ishizuka K, Torii Y, Nakamura Y, Tanaka S, Imaeda M, Takahashi N, Yamamoto M, Iwamoto K, Nawa Y, Ogawa N, Iritani S, Hayashi Y, Lo T, Otgonbayar G, Furuta S, Iwata N, Ikeda M, Saito T, Ninomiya K, Okochi T, Hashimoto R, Yamamori H, Yasuda Y, Fujimoto M, Miura K, Itokawa M, Arai M, Miyashita M, Toriumi K, Ohi K, Shioiri T, Kitaichi K, Someya T, Watanabe Y, Egawa J, Takahashi T, Suzuki M, Sasaki T, Tochigi M, Nishimura F, Yamasue H, Kuwabara H, Wakuda T, Kato TA, Kanba S, Horikawa H, Usami M, Kodaira M, Watanabe K, Yoshikawa T, Toyota T, Yokoyama S, Munesue T, Kimura R, Funabiki Y, Kosaka H, Jung M, Kasai K, Ikegame T, Jinde S, Numata S, Kinoshita M, Kato T, Kakiuchi C, Yamakawa K, Suzuki T, Hashimoto N, Ishikawa S, Yamagata B, Nio S, Murai T, Son S, Kunii Y, Yabe H, Inagaki M, Goto YI, Okumura Y, Ito T, Arioka Y, Mori D, Ozaki N. Cross-Disorder Analysis of Genic and Regulatory Copy Number Variations in Bipolar Disorder, Schizophrenia, and Autism Spectrum Disorder. Biol Psychiatry. 2022 Apr 22:S0006-3223(22)01197-0. doi: 10.1016/j.biopsych.2022.04.003.
  • Ruan Y, Lin YF, Feng YA, Chen CY, Lam M, Guo Z; Stanley Global Asia Initiatives, He L, Sawa A, Martin AR, Qin S, Huang H, Ge T. Improving polygenic prediction in ancestrally diverse populations. Nat Genet. 2022 May;54(5):573-580. doi: 10.1038/s41588-022-01054-7.
  • Toriumi K, Wang GZ, Berto S, Usui N. Editorial: Decoding Brain Function Through Genetics. Front Genet. 2022 Apr 11;13:874350. doi: 10.3389/fgene.2022.874350.
  • Suzuki K, Yamasaki S, Miyashita M, Ando S, Toriumi K, Yoshikawa A, Nakanishi M, Morimoto Y, Kanata S, Fujikawa S, Endo K, Koike S, Usami S, Itokawa M, Washizuka S, Hiraiwa-Hasegawai M, Herbert Meltzer H, Kasai K, Nishida A, Arai M. Role of advanced glycation end products in the longitudinal association between muscular strength and psychotic symptoms among adolescents. Schizophr 8, 44 (2022). https://doi.org/10.1038/s41537-022-00249-5
  • Mizutani R, Noguchi S, Saiga R, Yamashita Y, Miyashita M, Arai M, Itokawa M. Schizophrenia-Mimicking Layers Outperform Conventional Neural Network Layers. Front Neurorobot. 2022 Mar 28;16:851471. doi: 10.3389/fnbot.2022.851471.
  • Suzuki M, Inoue KI, Nakagawa H, Ishida H, Kobayashi K, Isa T, Takada M, Nishimura Y. A multisynaptic pathway from the ventral midbrain toward spinal motoneurons in monkeys. J Physiol. 2022 Apr;600(7):1731-1752. doi: 10.1113/JP282429.
  • Sanada T, Honda T, Yasui F, Yamaji K, Munakata T, Yamamoto N, Kurano M, Matsumoto Y, Kohno R, Toyama S, Kishi Y, Horibe T, Kaneko Y, Kakegawa M, Fukui K, Kawamura T, Daming W, Qian C, Xia F, He F, Yamasaki S, Nishida A, Harada T, Higa M, Tokunaga Y, Takagi A, Itokawa M, Kodama T, Kohara M. Serologic Survey of IgG Against SARS-CoV-2 Among Hospital Visitors Without a History of SARS-CoV-2 Infection in Tokyo, 2020-2021. J Epidemiol. 2022 Feb 5;32(2):105-111. doi: 10.2188/jea.JE20210324.
  • Shinba T, Kariya N, Matsuda S, Arai M, Itokawa M, Hoshi Y. Near-Infrared Time-Resolved Spectroscopy Shows Anterior Prefrontal Blood Volume Reduction in Schizophrenia but Not in Major Depressive Disorder. Sensors (Basel). 2022 Feb 18;22(4):1594. doi: 10.3390/s22041594.
  • Arseni D, Hasegawa M, Murzin AG, Kametani F, Arai M, Yoshida M, Ryskeldi-Falcon B. Structure of pathological TDP-43 filaments from ALS with FTLD. Nature. 2022 Jan;601(7891):139-143. doi: 10.1038/s41586-021-04199-3.
  • Endo K, Yamasaki S, Nakanishi M, DeVylder J, Usami S, Morimoto Y, Stanyon D, Suzuki K, Miyashita M, Arai M, Fujikawa S, Kanata S, Ando S, Hiraiwa-Hasegawa M, Kasai K, Nishida A. Psychotic experiences predict subsequent loneliness among adolescents: A population-based birth cohort study. Schizophr Res. 2022 Jan;239:123-127.
    doi: 10.1016/j.schres.2021.11.031.

・総説

  • 鳥海和也、田畑光一、王恬冉、朝倉舞、宮下光弘、新井誠. 非酵素的糖化反応(メイラード反応)の疾患における役割と今後の展望(3): カルボニルストレスと精神疾患. BioClinica 37 (10): 28-33, 2022.
  • Toriumi K, Miyashita M, Suzuki K, Tabata K, Horiuchi Y, Ishida H, Itokawa M, Arai M. Role of glyoxalase 1 in methylglyoxal detoxification-the broad player of psychiatric disorders. Redox Biol. 2022 Feb;49:102222. doi: 10.1016/j.redox.2021.102222.1.
  • 糸川昌成. 特集6・あきらめが悪い. メンタルヘルスマガジンこころの元気plus 181:16-17 2022
  • 糸川昌成. 精神医学における症例報告の意義. 臨床精神医学51(2): 133-137, 2022
  • 澤明, 堀内泰江, 新井誠, 樋口輝彦, 糸川昌成. 「精神疾患ゲノム研究国際コンソーシアム」のご紹介:2014年からの軌跡. 実験医学 40(1):63-65, 2022.

・国内学会

  • 鳥海和也,飯野響歌,小澤有都菜,宮下光弘,鈴木一浩,田畑光一,糸川昌成,永井竜児,新井誠.統合失調症に関連した新規ペントシジン合成経路の同定.第32回日本メイラード学会[2022/11/12](口頭発表)
  • 石田裕昭,宮下光弘,新井誠.統合失調症糖化ストレス病態は前頭葉−大脳基底核−小脳が関与するか?−統合失調症患者死後脳と非ヒト霊長類モデル研究−.第32回日本メイラード学会[2022/11/12](口頭発表)
  • 王恬冉,鳥海和也,鈴木一浩,糸川昌成,新井誠.胎児期メチルグリオキサール曝露が成体期マウスの行動と神経伝達系に与える長期的な影響.第32回日本メイラード学会[2022/11/12](ポスター発表・優秀ポスター賞)
  • 朝倉舞,鳥海和也,野崎綾,楊金緯,立崎仁,新井誠.新規合成経路に基づくペントシジン合成阻害剤の探索.第32回日本メイラード学会[2022/11/12](ポスター発表)
  • 小澤有都菜,鳥海和也,遠藤彬則,佐伯泰,新井誠、統合失調症におけるペントシジン蓄積病態の解明.第32回日本メイラード学会[2022/11/12](ポスター発表)
  • 飯野響歌,鳥海和也,新井誠.ペントシジン蓄積型統合失調症における AKR1A1 の遺伝子解析.第32回日本メイラード学会[2022/11/12](ポスター発表・優秀ポスター賞)
  • 飯野響歌, 鳥海和也, 東江璃子, 宮下光弘, 鈴木一浩, 堀内泰江, 糸川昌成, 新井誠.統合失調症におけるAKR1A1機能解析.第95回日本生化学会大会[2022/11/11](口頭・ポスター発表)
  • 田畑光一, 宮下光弘, 山崎修道, 鳥海和也, 安藤俊太郎, 鈴木一浩, 高橋英彦, 笠井清登, 糸川昌成, 西田淳志, 新井誠.思春期における毛髪亜鉛濃度と精神病発症リスクの関連.第95回日本生化学会大会[2022/11/9](ポスター発表)[2022/11/11](口頭発表)
  • 鳥海和也, 小池伸, 段孝, 鈴木一浩, 宮下光弘, 堀内泰江, 小笠原裕樹, 宮田敏男, 糸川昌成, 新井誠.メチルグリオキサール解毒障害による統合失調症様行動異常発現の分子機序解明.第95回日本生化学会大会[2022/11/10](ポスター発表)
  • 王恬冉, 鳥海和也, 鈴木一浩, 小澤有都菜, 正田真侑子, 糸川昌成, 新井誠.胎児期メチルグリオキサール曝露が成体期マウスの行動と神経伝達系に与える長期的な影響.第95回日本生化学会大会[2022/11/9](口頭発表)[2022/11/10](ポスター発表)
  • 朝倉舞, 鳥海和也, 野崎綾, 楊金緯, 立崎仁, 鈴木一浩, 宮下光弘, 糸川昌成, 新井誠.in vitro下でのペントシジン合成阻害剤の探索.第95回日本生化学会大会[2022/11/10](口頭発表)
  • 小澤有都菜, 鳥海和也, 堀内泰江, 宮下光弘, 遠藤彬則, 佐伯泰, 糸川昌成1, 新井誠.統合失調症におけるペントシジン蓄積病態の解明.第95回日本生化学会大会[2022/11/9](口頭・ポスター発表)
  • 富田康文, 鈴木一浩, 田畑光一, 川路英哉, 宮下光弘, 鳥海和也, 山崎修道, 安藤俊太郎, 笠井清登, 西田淳志, 糸川昌成, 新井誠.尿中エキソソーム含有miRNAによる精神病様体験の持続の予測.第95回日本生化学会大会[2022/11/10](ポスター発表)
  • 鈴木一浩、山崎修道、宮下光弘、安藤俊太郎、鳥海和也、吉川茜、中西三春、森本裕子、金田渉、藤川慎也、遠藤香織、小池進介、宇佐美慧、糸川昌成、鷲塚伸介、長谷川眞理子、笠井清登、西田淳志、新井 誠.思春期の低筋力と精神病発症リスクの縦断的関連における糖化ストレスの意義.BPCNPNPPP4学会合同年会[2022/11/05](ポスター発表)
  • 尾崎紀夫、新井誠.シンポジウム2:脆弱性とレジリエンスの精神疾患研究―可塑性の脳科学―.BPCNPNPPP4学会合同年会[2022/11/04](座長)
  • 鳥海和也.統合失調症における糖化ストレス蓄積の分子機序.BPCNPNPPP4学会合同年会[2022/11/04](口頭発表)
  • 宮下光弘、山崎修道、安藤俊太郎、鈴木一浩、鳥海和也、遠藤香織、中島直美、山口智史、西田淳志、新井誠.未服薬思春期児童における尿中ペントシジンと精神病理の関連.BPCNPNPPP4学会合同年会[2022/11/05](ポスター発表)
  • 石田裕昭、宮下光弘、大島健一、河上緒、関山一成、鴻江真維、関絵里香、新井信隆、瀧澤俊也、永田栄一郎、糸川昌成、新井誠.統合失調症患者死後脳の大脳-基底核-小脳におけるペントシジン蓄積BPCNPNPPP4学会合同年会)[2022/11/04](ポスター発表)
  • 田畑光一、孫樹洛、宮田淳、石田裕昭、糸川昌成、高橋英彦、村井俊哉、新井誠.統合失調症におけるホモシステインと白質微細構造の関連.BPCNPNPPP4学会合同年会[2022/11/04](ポスター発表)
  • 王恬冉、鳥海和也、鈴木一浩、小澤有都菜、正田真侑子、糸川昌成、新井誠.胎児期メチルグリオキサール曝露が成体期マウスの行動と神経伝達系に与える長期的な影響.BPCNPNPPP4学会合同年会[2022/11/04](ポスター発表)
  • 小澤有都菜、鳥海和也、堀内泰江、宮下光弘、遠藤彬則、佐伯泰、糸川昌成、新井誠.統合失調症におけるペントシジン蓄積病態の解明.BPCNPNPPP4学会合同年会[2022/11/04](ポスター発表)
  • 田畑 光一、宮下光弘、山崎修道、鳥海和也、安藤俊太郎、鈴木一浩、高橋英彦、笠井清登、糸川昌成、西田淳志、新井誠.思春期における毛髪亜鉛濃度と精神病発症リスクの関連.第33回日本微量元素学会.[2022/9/9](口頭発表)
  • 鳥海和也、小池伸、段孝、鈴木一浩、宮下光弘、堀内泰江、小笠原裕樹、宮田敏男、糸川昌成、新井誠.マウスモデルを用いた統合失調症における糖化ストレス分子病態の解明. 第16回日本統合失調症学会年会 WEB開催 [2022/3/21](口頭発表)
  • 飯野響歌、 鳥海和也、東江璃子、宮下光弘、鈴木一浩、堀内泰江、糸川昌成、新井誠. 統合失調症におけるAKR1A1機能解析. 第16回日本統合失調症学会年会. WEB開催 [2022/3/21] (口頭発表)
  • 田畑光一、宮下光弘、山崎修道、鳥海和也、鈴木一浩、高橋英彦、笠井清登、糸川昌 成、西田淳志、新井誠. 思春期児童における毛髪亜鉛濃度と統合失調症の発症リスク の関連. 第16回日本統合失調症学会. WEB開催 [2022/3/21] (口頭発表)
  • 富田康文、鈴木一浩、川路英也、宮下光弘、 鳥海和也、田畑光一、山崎修道、安藤俊太郎、笠井清登、西田淳志、糸川昌成、新井誠. 尿中エキソソーム含有miRNAによる精神病様体験の持続の予測. 第16回日本統合失調症学会年会. WEB開催 [2022/3/21] (口頭発表)
  • 石田 裕昭、宮下 光弘、 大島 健一、 河上 緒、 関山 一成、関 絵里香、 新井 信隆、永田 栄一郎、 糸川 昌成、新井 誠. 統合失調症患者における小脳ネットワークの糖化ストレス病理. 第16回日本統合失調症学会. WEB開催 [2022/3/21] (口頭発表)
  • 宮下光弘、山崎修道、鈴木一浩、鳥海和也、堀内泰江、石田裕昭、今井淳司、長瀬幸弘、宮野康寛、井上智子、糸川昌成、西田淳志、新井誠. 思春期児童における統合失調症の発症リスクと終末糖化産物の関連. 第16回日本統合失調症学会年会. WEB開催 [2022/3/21] (口頭発表)
  • 夏苅郁子, 糸川昌成. 学会賞を受賞した研究成果を当事者・家族と共有するセッション. 第16回日本統合失調症学会. WEB開催[2022/3/20](司会)

・国際学会

・講演会等

  • 新井誠.豊かな超高齢社会をつくろう~ヒトの命を支える化学~ 家族との暮らしを守る!統合失調症の理解と予防.第12回CSJ化学フェスタ2022、東京[2022/10/19](口頭発表)
  • 石田裕昭. 霊長類における自己と他者の神経表象に関わる多シナプス性神経ネットワーク.「霊長類の先進的遺伝子改変モデルを用いた神経ネットワークの構造と機能の解明」(令和3年度京都大学霊長類研究所共同利用研究会) [2022/3/4]
  • 糸川昌成. (ラジオ講座)脳と心-分子生物学者がみた精神医学②家族の旅から回復を体験すること. 放送大学. [2022/3/31]
  • 糸川昌成. (ラジオ講座)脳と心-分子生物学者がみた精神医学①部品の科学と全体としての脳. 放送大学. [2022/3/31]
  • 糸川昌成. 心はどれくらい脳なのか?‐心には脳と脳でない部分がある‐[講演]. かもめ会創立40周年ZOOMミーティング講演会. 品川区子ども若者応援フリースペース, 東京[2022/3/5]
  • 糸川昌成. 入院の意味[講演]. 退院準備講座 松沢病院84病棟, 東京[2022/3/2]
  • 糸川昌成. 脳とこころ[講演]. 退院準備講座 松沢病院84病棟, 東京[2022/2/17]
  • 糸川昌成. 統合失調症の最新研究とBACS-Jについて[講演]. リハ研修 松沢病院, 東京[2022/2/16]
  • 糸川昌成.(2022)倫理意識と文化[講演]. 駒込病院人対象倫理研修. オンライン[2022/2/8]
  • 糸川昌成. 科学者が脳と心をつなぐとき. ブレクスピプラゾールOD錠発売記念講演会. オンライン開催 [2022/2/7]
  • 糸川昌成. (ラジオ講座)脳と心-分子生物学者がみた精神医学②家族の旅から回復を体験すること. 放送大学. [2022/1/31]
  • 糸川昌成. (ラジオ講座)脳と心-分子生物学者がみた精神医学①部品の科学と全体としての脳. 放送大学. [2022/1/31]
  • 糸川昌成. 心の病気は身体の病気とどこが違うのか. 世田谷区立保健センター講演会.オンライン開催[2022/1/20]
  • 糸川昌成. 自然治癒力を高める[講演]. 退院準備講座 松沢病院54病棟, 東京[2022/1/19]
  • 鳥海和也. メチルグリオキサール除去機構の障害が統合失調症様行動異常を生じるメカニズムを解明. 都医学研NEWS, No044, Jan, 2022.
  • 石田裕昭. 神経生理心理学. 東洋大学【講義】 (通年(14,15回) 2022/Jan-Feb]
  • 石田裕昭. 小脳ネットワークの糖化ストレス病態 東京都立松沢病院精神科(医局セミナー) [2022/1/18]
  • 鳥海和也.分子神経学「統合失調症」.立教大学【講義】 [2022/1/12]