最近のトピックス

  • 2019年8月17日 新しい論文が採択されました。

    2019年(令和元年)8月17日 Scientific Reports誌に新しい論文が採択されました。

    Title:  Cdc7 kinase stimulates Aurora B kinase in M-phase

    Authors: Sayuri Ito, Hidemasa Goto, Kinue Kuniyasu, Mayumi Shindo,Masayuki Yamada, Kozo Tanaka, Gaik-Theng Toh, Masaaki Sawa, Masaki Inagaki, Jiri Bartek, Hisao Masai

    本論文では、ヒトCdc7キナーゼがAuroraBキナーゼの活性制御を介して、M期制御に関与することを初めて示しました。

    論文はここでみることができます。

  • 2019年5月1日 新しい論文がAcceptされました!

    2019年5月1日(令和元年)

    Scientific Reports誌に新しい論文が採択されました。

    Title: Rif1 promotes association of G-quadruplex (G4) by its specific G4 binding and oligomerization activities.

    Authors: Hisao Masai, Rino Fukatsu, Naoko Kakusho, Yutaka Kanoh, Kenji Moriyama, Yue Ma, Keisuke Iida, Kazuo Nagasawa

    研究内容はここを見てください(最新研究成果(1) )。

  • 2019年4月22日 新大学院生(及び卒業研究生)募集中

    詳細は右側の『進学を希望する学生の方へ』のバナーをクリック。

    もし、急いで知りたい場合には、概要 だけご覧ください。

    ここ

    から。

  • 2019年4月22日 Recruitment of new students

    We are recruiting new students who are interested in pressing research in our laboratory. We have several route by which foreign students can join our laboratory as a graduate student.

    If you are in a hurry, just see the Summary.

    See [here]

    Scroll down a little and you will see the English message.

  • 2019年4月21日 大学・大学院講義日程 更新

    2019年度 大学・大学院講義日程など 更新しました。

    ここ

    から。

  • 2019年4月21日 研究内容(Our Research at a glance) 更新

    研究内容(Our Research at a glance)更新しました。

    ここ

    から。

  • 2018年4月2日

    本日付で、プロジェクトリーダーの正井が研究所の所長に就任しました。所長挨拶はここからどうぞ。

    nature indexに掲載されたこの記事もご覧ください。

過去のトピックス

New Publication

  • 2018年1月25日

    Springer book “Advances in Experimental Medicine and Biology”  series の “DNA Replication: From Old Principles to New Discoveries” (Editors: Hisao Masai and Marco Foiani)の中に一章として

    Moriyama K, Lai MS, Masai H. (2017) Interaction of Rif1 Protein with G-Quadruplex in Control of Chromosome Transactions. Adv Exp Med Biol. 1042:287-310. doi:10.1007/978-981-10-6955-0_14. PubMed PMID: 29357064.

    が発表されました。こちらでどうぞ。

  • 2018年1月20日

    Genes Genet Syst.誌にRif1に関する総説を発表しました。

    Masai H, Kanoh Y, Moriyama K, Yamazaki S, Yoshizawa N, Matsumoto S. Telomere-binding factors in the regulation of DNA replication. Genes Genet Syst. 2018 Jan 20;92(3):119-125. doi: 10.1266/ggs.17-00008. Epub 2017 Jun 30. PubMed PMID: 28674277.

    こちらをどうぞ。

  • 2018年1月18日

    研究員の森山賢治博士の論文

    Moriyama K, Yoshizawa-Sugata N, Masai H. Oligomer formation and G-quadruplex-binding by purified murine Rif1 protein, a key organizer of higher-order chromatin architecture. J Biol Chem. 2018 Jan 18. pii:jbc.RA117.000446. doi: 10.1074/jbc.RA117.000446. [Epub ahead of print] PubMed PMID: 29348174.

    が発表されました。本論文では、マウスのRif1タンパク質を精製し、そのG4結合、多量体形成などを明らかにしました。こちらでどうぞ。

  • 2017年10月25日

    日本生化学会の機関雑誌「生化学」にCdc7キナーゼに関する総説「多様な染色体ダイナミクスのmodulator kinase, Cdc7」を発表しました。
    pdfをご覧になりたい方はここからどうぞ

  • 2017年4月21日

    カルナバイオとのCdc7阻害剤についての共同研究が発表されました。

    Irie T, Asami T, Sawa A, Uno Y, Hanada M, Taniyama C, Funakoshi Y, Masai H, Sawa M. Discovery of novel furanone derivatives as potent Cdc7 kinase inhibitors. Eur J Med Chem. 2017 Apr 21;130:406-418.

    こちらから。

過去のPublication