最近のトピックス

  • 平成30年5月6日

    平成30年度講義予定追加しました。

    こちら

  • 2018年4月2日

    本日付で、プロジェクトリーダーの正井が研究所の所長に就任しました。所長挨拶はここからどうぞ。

    nature indexに掲載されたこの記事もご覧ください。

  • 2018年3月28日

    We are recruiting highly motivated graduate students (master and PhD courses) who are interested in exploring the mechanisms of genome replication and its implication in cancer and other diseases as well as novel roles of replication/ checkpoint/ damage-response factors in differentiation and development of human. We are also trying to uncover the novel messages on the genome delivered by the “shapes” of DNA. We are particularly interested in the physiological and pathological roles of G-quadruplex structures.

    Please see this page for more information on research.

    Please see this page for information on application for Department of Computational Biology and Medical Sciences, Graduate School of Frontier Sciences, The University of Tokyo.

    ゲノム動態プロジェクト研究室では大学院生(修士課程・博士課程)を募集しています。卒業研究からの参加も可能です。

    研究内容の概要については こちらをご覧ください。さらに詳細についてはこちらへどうぞ。最新の研究成果についてはこちらもご覧ください。

  • 2018年1月25日

    Springer book “Advances in Experimental Medicine and Biology”  series の “DNA Replication: From Old Principles to New Discoveries” (Editors: Hisao Masai and Marco Foiani)が出版されました。この本では、真核細胞DNA複製研究の権威であるTom Kelly教授に”Historical Perspective of Eukaryotic DNA Replication”の章を記載していただくとともに、DNA複製研究の最新の知見が、全23章にわたってまとめられています。詳細はこちらをご覧ください。

  • 2017年4月19日

    正井リーダーが、「ゲノムDNA複製を制御するメカニズムの研究」に関する成果により、平成29年度文部科学大臣表彰 科学技術賞(研究部門)を受賞しました。

    文部科学省では、科学技術に関する研究開発、理解増進等において顕著な成果を収めた者を「科学技術分野の文部科学大臣表彰」として顕彰しており、研究部門は、我が国の科学技術の発展等に寄与する可能性の高い独創的な研究又は開発を行った者を対象としています。

    本日、文部科学省で表彰式が行われました。

    こちらもご覧ください。

  • 2017年4月18日

    総説、commentaryを3報発表しました。

    Masai H. (2017) A novel p53-Cdc7 link induced by genotoxic stress. Cell Cycle 16, 735-736.  こちらから。

    Masai H, Yang CC, Matsumoto S. (2017) Mrc1/Claspin: a new role for regulation of origin firing. Curr Genet 63, 813-818.  こちらから。

    Masai, Kanoh, Moriyama, Yamazaki, Yoshizawa, Matsumoto (2017) Telomere binding factors in regulation of DNA replication Genes & Genetic Systems 92, 119-125. こちらから。

  • 2017年3月29日

    Zhiying You 研究員の論文がNARに採択されました。本論文ではMcm複合体にDNA鎖をアニーリングさせる活性があることを初めて見出しました。

    You Zhiying and Masai Hisao “Potent DNA strand annealing activity associated with mouse Mcm2~7 heterohexamer complex” Nucleic Acids Research 45, 6494-6506. こちらから。

過去のトピックス

New Publication

  • 2018年1月25日

    Springer book “Advances in Experimental Medicine and Biology”  series の “DNA Replication: From Old Principles to New Discoveries” (Editors: Hisao Masai and Marco Foiani)の中に一章として

    Moriyama K, Lai MS, Masai H. (2017) Interaction of Rif1 Protein with G-Quadruplex in Control of Chromosome Transactions. Adv Exp Med Biol. 1042:287-310. doi:10.1007/978-981-10-6955-0_14. PubMed PMID: 29357064.

    が発表されました。こちらでどうぞ。

  • 2018年1月20日

    Genes Genet Syst.誌にRif1に関する総説を発表しました。

    Masai H, Kanoh Y, Moriyama K, Yamazaki S, Yoshizawa N, Matsumoto S. Telomere-binding factors in the regulation of DNA replication. Genes Genet Syst. 2018 Jan 20;92(3):119-125. doi: 10.1266/ggs.17-00008. Epub 2017 Jun 30. PubMed PMID: 28674277.

    こちらをどうぞ。

  • 2018年1月18日

    研究員の森山賢治博士の論文

    Moriyama K, Yoshizawa-Sugata N, Masai H. Oligomer formation and G-quadruplex-binding by purified murine Rif1 protein, a key organizer of higher-order chromatin architecture. J Biol Chem. 2018 Jan 18. pii:jbc.RA117.000446. doi: 10.1074/jbc.RA117.000446. [Epub ahead of print] PubMed PMID: 29348174.

    が発表されました。本論文では、マウスのRif1タンパク質を精製し、そのG4結合、多量体形成などを明らかにしました。こちらでどうぞ。

  • 2017年10月25日

    日本生化学会の機関雑誌「生化学」にCdc7キナーゼに関する総説「多様な染色体ダイナミクスのmodulator kinase, Cdc7」を発表しました。
    pdfをご覧になりたい方はここからどうぞ

  • 2017年4月21日

    カルナバイオとのCdc7阻害剤についての共同研究が発表されました。

    Irie T, Asami T, Sawa A, Uno Y, Hanada M, Taniyama C, Funakoshi Y, Masai H, Sawa M. Discovery of novel furanone derivatives as potent Cdc7 kinase inhibitors. Eur J Med Chem. 2017 Apr 21;130:406-418.

    こちらから。

過去のPublication