PTSD症状評価尺度

PTSD臨床診断面接尺度(CAPS)と改訂出来事インパクト尺度(IES-R)

PTSD臨床診断面接尺度(CAPS)と
改訂出来事インパクト尺度(IES-R)日本語版の作成と標準化

PTSDの診断及び症状評価尺度として国際的に評価が高く、国内の数多くの研究で使用されています。心理測定尺度としての信頼性と妥当性を検証し、両尺度とも心理検査法として保険診療報酬対象の認可を得ています。

(*)CAPSの使用に際しては講習を受けていただくことが必要です。質問紙の直接配布はしておりません。

IES-R日本語版質問紙及び説明書のダウンロードこちら から
(*)診療や調査での使用は無料ですので、ご自由にお使いください。ただし質問紙のホームページ上の掲載はご遠慮ください。また許可なく出版物に転載されることもご遠慮ください。

 

PTSD治療ガイドライン(第2版)が,飛鳥井望プロジェクトリーダーの監訳により出版されました。(2013.5.23)

PTSD治療ガイドライン待望の新版!国際トラウマティック・ストレス学会公認、日本トラウマティック・ストレス学会推薦。           PTSDと診断された患者に対して提供し得る,エキスパートが考える最良の治療法を提示。治療研究文献の網羅的レビューに            基づいて作成されており,特に子どものトラウマ治療に関して大幅な記述が追加されました。
 PTSDに関わる多くの臨床家の方に手にとっていただきたい一書となります。

エドナ・B・フォア,テレンス・M・キーン,マシュー・J・フリードマン,ジュディス・A・コーエン編  /   飛鳥井 望監訳   (金剛出版、2013)

関連書籍

PTSDの臨床研究

飛鳥井望(2008) 

金剛出版

「心の傷」のケアと治療ガイド

飛鳥井望(2010) 

保健同人社

PTSDとトラウマの
すべてが分かる本 

飛鳥井望(2007) 

講談社

 

ページトップへ