厚生労働省の調査では、統合失調症で継続的に医療を受けている総患者数は79万5千人と報告されています。これは実際に医療機関を受診している患者さんの数ですので、これを超える方が病に苦しんでおられるということになるかと思います。統合失調症は、生涯のうちで罹患率が1%で、妄想や幻覚を主症状とする精神科の代表的疾患です。遺伝要因と環境要因の両方が関与すると考えられていますが、詳しい発症の分子メカニズムは未だに不明であるため、治療は対症療法にならざるを得ず、原因に対する根本的治療法が確立されていないのが現状です。

糖尿病や高血圧などの生活習慣病は、頻度が高く「ありふれた病気(コモン・ディジーズ)」と呼ばれます。「ありふれた病気」は、複数の弱い影響力の 遺伝子の組み合わせに環境要因が絡み合って発症する「複雑遺伝疾患」と考えられています。弱い効果の複数の遺伝子をあぶりだすために、私たちは複数の候補遺伝子を調べ、患者さんで健康な人より高い頻度で見られるDNAの個人差(多型)を発見することに力を注いでいます。「弱い効果」とは、その多型を持って いたからといってメンデル型の遺伝病のように100%発症するのではなく、病気になるリスクが何倍か高まるという意味です。その弱い効果を、疾患の病態の中ではっきりと位置づけるために、多型をもった候補遺伝子の働きを試験管の中で調べたり、多型を持った個人の剖検脳を用いて候補遺伝子や蛋白質の比較検討を行ったり、臨床症状の重症度評価と多型の関連を検討するなど、重層的・総合的に研究を遂行しています。ここ数年は生化学的な研究を始めており、特に治療法開発に力を注いでいます。

研究では、多くの当事者や御家族の方々に御協力いただいております。一日でも早く、皆様に朗報をお届けできるようにと、プロジェクト一同は一丸となって研究に取り組んでいます。 当プロジェクトの研究は、東京都医学総合研究所および松沢病院の倫理委員会の承認を得て、被験者の方にはインフォームドコンセントを行い文書にて同意を得て行われています。

〈研究プロジェクトの柱:“個”の研究(個別化医療)〉