※ 本業績情報は国立研究開発法人科学技術振興機構が運営するサービス「Researchmap」に登録されている研究者データ(プロフィール、業績等)を元に表示しています。

研究業績に対する検索条件
※ スペース区切りで絞り込み検索が可能です。
研究業績タイプによる絞り込み条件です。絞り込みは行っていません。
検索結果 9006 件 (7721-7740)
※ 表頭タイトルをクリックすると並び替えが可能です。
業績情報の検索結果(9006件)の内、7721件~7740件目までを表示しています。
種別 著者等 タイトル 誌名・会議名 年月
種別: 論文 著者等: Masato Hosokawa,Andis Klegeris,Patrick L. McGeer タイトル: Human oligodendroglial cells express low levels of C1 inhibitor and membrane cofactor protein mRNAs JOURNAL OF NEUROINFLAMMATION 年月: 2004年
種別: 講演・口頭発表等 著者等: Keisuke Kamimura,John M. Rhodes,Melissa McNeely,Deepak Shukla,Koji Kimata,Patricia G. Spear,Nicholas W. Shworak,Hiroshi Nakato タイトル: Regulation of Notch signaling by Drosophila heparan sulfate 3-O sulfotransfease US/JAPAN GLYCO 2004 (Honolulu, HI, USA) 年月: 2004年
種別: 講演・口頭発表等 著者等: 神村圭亮 タイトル: ヘパラン硫酸の部位特異的硫酸化による細胞間シグナル系の調節機構 糖鎖科学名古屋拠点「若手の力」フォーラム 年月: 2004年
種別: MISC 著者等: 曽良一郎,沈昊偉,萩野洋子,小林秀昭,井手聡一郎,近江香予,山下元康,福島攝,小原可久,山本敏文,山本秀子,池田和隆,沼知陽太郎 タイトル: モノアミントランスポーター欠損マウスモデルを用いた覚醒剤の分子作用機序の検討: 3年間のまとめ 平成15年度厚生労働科学研究費補助金 (医薬安全総合研究事業) 研究「規制薬物の依存及び神経毒性の発現にかかわる仕組みの分子生物学的解明に関する研究 (研究代表者 曽良一郎)」平成13-15年度総括研究報告書 年月: 2004年
種別: 論文 著者等: H Kobayashi,S Ide,J Hasegawa,H Ujike,Y Sekine,N Ozaki,T Inada,M Harano,T Komiyama,M Yamada,M Iyo,HW Shen,K Ikeda,Sora, I タイトル: Study of association between alpha-synuclein gene polymorphism and methamphetamine psychosis/dependence CURRENT STATUS OF DRUG DEPENDENCE / ABUSE STUDIES: CELLULAR AND MOLECULAR MECHANISMS OF DRUGS OF ABUSE AND NEUROTOXICITY 年月: 2004年
種別: 論文 著者等: H Yamamoto,K Imai,Y Takamatsu,E Kamegaya,Y Hara,K Shimada,T Yamamoto,HW Shen,Y Hagino,H Kobayashi,S Ide,Sora, I,H Koga,K Ikeda タイトル: Changes in expression of the mouse homologues of KIAA genes after subchronic methamphetamine treatment CURRENT STATUS OF DRUG DEPENDENCE / ABUSE STUDIES: CELLULAR AND MOLECULAR MECHANISMS OF DRUGS OF ABUSE AND NEUROTOXICITY 年月: 2004年
種別: 論文 著者等: WH Han,S Ide,Sora, I,H Yamamoto,K Ikeda タイトル: A possible genetic mechanism underlying individual and interstrain differences in opioid actions - Focus on the Mu opioid receptor gene CURRENT STATUS OF DRUG DEPENDENCE / ABUSE STUDIES: CELLULAR AND MOLECULAR MECHANISMS OF DRUGS OF ABUSE AND NEUROTOXICITY 年月: 2004年
種別: 論文 著者等: S Ide,H Kobayashi,K Tanaka,H Ujike,Y Sekine,N Ozaki,T Inada,M Harano,T Komiyama,M Yamada,M Iyo,K Ikeda,Sora, I タイトル: Gene polymorphisms of the Mu opioid receptor in methamphetamine abusers CURRENT STATUS OF DRUG DEPENDENCE / ABUSE STUDIES: CELLULAR AND MOLECULAR MECHANISMS OF DRUGS OF ABUSE AND NEUROTOXICITY 年月: 2004年
種別: 講演・口頭発表等 著者等: タイトル: ポリオウイルスの神経病原性発現機構 日本薬学会第124年会 年月: 2004年
種別: 講演・口頭発表等 著者等: タイトル: Molecular mechanism of poliovirus retrograde transport. 第4回あわじしま感染症・免疫フォーラム 年月: 2004年
種別: 講演・口頭発表等 著者等: タイトル: Retrograde axonal transport of poliovirus in motor neurons. 第二回日中シンポジウム 年月: 2004年
種別: 講演・口頭発表等 著者等: タイトル: Dissemination pathway of poliovirus. 第77回日本生化学会大会 年月: 2004年
種別: 講演・口頭発表等 著者等: タイトル: CD155α(ポリオウイルスレセプター)のリガンド刺激による細胞遊走の促進と細胞接着の阻害 第52回日本ウイルス学会学術集会 年月: 2004年
種別: 講演・口頭発表等 著者等: タイトル: ポリオウイルス欠陥干渉粒子の解析 第52回日本ウイルス学会学術集会 年月: 2004年
種別: 講演・口頭発表等 著者等: タイトル: 欠陥干渉(DI)粒子を用いた神経細胞のポリオウイルス抵抗性の解析 第52回日本ウイルス学会学術集会 年月: 2004年
種別: 講演・口頭発表等 著者等: タイトル: ポリオウイルス体内伝播経路および伝播機構の解析 第52回日本ウイルス学会学術集会 年月: 2004年
種別: MISC 著者等: 大岡静衣,野本明男 タイトル: ポリオウイルス病原性発現機構とベクター開発 Bio Medical Quick Review Net 年月: 2004年
種別: MISC 著者等: 大岡静衣,野本明男 タイトル: ポリオウイルスの神経軸索内逆行性輸送の分子メカニズム 実験医学 年月: 2004年
種別: MISC 著者等: Oda, T,Ohka S,Nomoto A タイトル: Ligand stimulation of CD155 inhibits cell adhesion and enhances cell migration in fibroblasts. Biochem. Biophys. Res. Commun. 年月: 2004年
種別: MISC 著者等: 新井誠,山田和男,豊田倫子,羽賀誠一,氏家寛,曽良一郎,池田和彦,吉川武男,糸川昌成 タイトル: 双極性障害および統合失調症における性差と神経細胞接着分子の関連研究 脳と神経の医学 年月: 2004年