をクリックすると外部の論文のサイトが開きます。

研究業績に対する検索条件
※ スペース区切りで絞り込み検索が可能です。
研究業績タイプによる絞り込み条件です。絞り込みは行っていません。
検索結果 10232 件 (1-20)
※ 表頭タイトルをクリックすると並び替えが可能です。
業績情報の検索結果(10232件)の内、1件~20件目までを表示しています。
種別 著者等 タイトル 誌名・会議名 年月
種別: 論文 著者等: Ryo Negishi,Hitomi Yamakawa,Takeru Kobayashi,Mayuko Horikawa,Tatsu Shimoyama,Fumiaki Koizumi,Takeshi Sawada,Keisuke Oboki,Yasushi Omuro,Chikako Funasaka,Akihiko Kageyama,Yusuke Kanemasa,Tsuyoshi Tanaka,Tadashi Matsunaga,Tomoko Yoshino タイトル: Transcriptomic profiling of single circulating tumor cells provides insight into human metastatic gastric cancer   Open the DOI link. Communications Biology 年月: 2022年12月
種別: 論文 著者等: Shingo Hiroki,Hikari Yoshitane,Hinako Mitsui,Hirofumi Sato,Chie Umatani,Shinji Kanda,Yoshitaka Fukada,Yuichi Iino タイトル: Molecular encoding and synaptic decoding of context during salt chemotaxis in C. elegans   Open the DOI link. Nature Communications 年月: 2022年12月
種別: 論文 著者等: Tatsuya Umeda,Tadashi Isa,Yukio Nishimura タイトル: Temporal dynamics of the sensorimotor convergence underlying voluntary limb movement   Open the DOI link. Proceedings of the National Academy of Sciences 年月: 2022年11月29日
種別: 論文 著者等: Eri Koyanagi,Yoko Kakimoto,Tamiko Minamisawa,Fumiya Yoshifuji,Toyoaki Natsume,Atsushi Higashitani,Tomoo Ogi,Antony M. Carr,Masato T. Kanemaki,Yasukazu Daigaku タイトル: Global landscape of replicative DNA polymerase usage in the human genome   Open the DOI link. Nature Communications 年月: 2022年11月24日
種別: 論文 著者等: Kenji Kirihara,Mao Fujioka,Motomu Suga,Shinsuke Kondo,Kayo Ichihashi,Daisuke Koshiyama,Kentaro Morita,Tempei Ikegame,Mariko Tada,Tsuyoshi Araki,Seiichiro Jinde,Kazuki Taniguchi,Taiga Hosokawa,Kazuyuki Sugishita,Shinjiro Dogan,Kohei Marumo,Masanari Itokawa,Kiyoto Kasai タイトル: Betaine supplementation improves positive symptoms in schizophrenia.   Open the DOI link. Schizophrenia research 年月: 2022年11月16日
種別: 書籍等出版物 著者等: 古茶 大樹,糸川 昌成,村井 俊哉 タイトル: 統合失調症という問い 脳と心と文化 年月: 2022年11月14日
種別: 講演・口頭発表等 著者等: 石田裕昭,宮下光弘,新井誠 タイトル: 統合失調症糖化ストレス病態は前頭葉−大脳基底核−小脳が関与するか? −統合失調症患者死後脳と非ヒト霊長類モデル研究− 第32回日本メイラード学会 年月: 2022年11月12日
種別: 講演・口頭発表等 著者等: 鳥海和也,飯野響歌,小澤有都菜,宮下光弘,鈴木一浩,田畑光一,糸川昌成,永井竜児,新井誠 タイトル: 統合失調症に関連した新規ペントシジン合成経路の同定 第32回日本メイラード学会 年月: 2022年11月12日
種別: 講演・口頭発表等 著者等: 石田裕昭,宮下光弘,新井誠 タイトル: 統合失調症糖化ストレス病態は前頭葉−大脳基底核−小脳が関与するか?−統合失調症患者死後脳と非ヒト霊長類モデル研究− 第32回日本メイラード学会 年月: 2022年11月12日
種別: 講演・口頭発表等 著者等: 王恬冉,鳥海和也,鈴木一浩,糸川昌成,新井誠 タイトル: 胎児期メチルグリオキサール曝露が成体期マウスの行動と神経伝達系に与える長期的な影響. 第32回日本メイラード学会 年月: 2022年11月12日
種別: 講演・口頭発表等 著者等: 朝倉舞,鳥海和也,野崎綾,楊金緯,立崎仁,新井誠 タイトル: 新規合成経路に基づくペントシジン合成阻害剤の探索 第32回日本メイラード学会 年月: 2022年11月12日
種別: 講演・口頭発表等 著者等: 小澤有都菜,鳥海和也,遠藤彬則,佐伯泰,新井誠 タイトル: 統合失調症におけるペントシジン蓄積病態の解明 第32回日本メイラード学会 年月: 2022年11月12日
種別: 講演・口頭発表等 著者等: 飯野響歌,鳥海和也,新井誠 タイトル: ペントシジン蓄積型統合失調症における AKR1A1 の遺伝子解析 第32回日本メイラード学会 年月: 2022年11月12日
種別: 講演・口頭発表等 著者等: 鳥海和也,小池伸,段孝,鈴木一浩,宮下光弘,堀内泰江,小笠原裕樹,宮田敏男,糸川昌成,新井誠 タイトル: メチルグリオキサール解毒障害による統合失調症様行動異常発現の分子機序解明 年月: 2022年11月10日
種別: 講演・口頭発表等 著者等: 朝倉舞,鳥海和也,野崎綾,楊金緯,立崎仁,鈴木一浩,宮下光弘,糸川昌成,新井誠 タイトル: vitro下でのペントシジン合成阻害剤の探索 第95回日本生化学会大会 年月: 2022年11月10日
種別: 講演・口頭発表等 著者等: 小松谷 啓介,菊池 紀仁,小倉 潔,川島 育夫,花田 賢太郎,長田 直樹,種子島 幸祐,原 孝彦,笠原 浩二 タイトル: SARS-CoV-2 の脂質ラフトを介した細胞内取り込み 第95回日本生化学会大会 年月: 2022年11月10日
種別: 講演・口頭発表等 著者等: 王恬冉,鳥海和也,鈴木一浩,小澤有都菜,正田真侑子,糸川昌成,新井誠 タイトル: 胎児期メチルグリオキサール曝露が成体期マウスの行動と神経伝達系に与える長期的な影響 第95回日本生化学会大会 年月: 2022年11月9日
種別: 講演・口頭発表等 著者等: 鈴木一浩,山崎修道,宮下光弘,安藤俊太郎,鳥海和也,吉川茜,中西三春,森本裕子,金田渉,藤川慎也,遠藤香織,小池進介,宇佐美慧,糸川昌成,鷲塚伸介,長谷川眞理子,笠井清登,西田淳志,新井誠 タイトル: 思春期の低筋力と精神病発症リスクの縦断的関連における糖化ストレスの意義 BPCNPNPPP4学会合同年会 年月: 2022年11月5日
種別: MISC 著者等: 石田裕昭,宮下光弘,大島健一,河上緒,関山一成,鴻江真維,関絵里香,新井信隆,瀧澤俊也,永田栄一郎,糸川昌成,新井誠 タイトル: 統合失調症患者死後脳の大脳-基底核-小脳におけるペントシジン蓄積 第44回日本生物学的精神医学年会 年月: 2022年11月4日
種別: 論文 著者等: Laura J Grange,John J Reynolds,Farid Ullah,Bertrand Isidor,Robert F Shearer,Xenia Latypova,Ryan M Baxley,Antony W Oliver,Anil Ganesh,Sophie L Cooke,Satpal S Jhujh,Gavin S McNee,Robert Hollingworth,Martin R Higgs,Toyoaki Natsume,Tahir Khan,Gabriel Á Martos-Moreno,Sharon Chupp,Christopher G Mathew,David Parry,Michael A Simpson,Nahid Nahavandi,Zafer Yüksel,Mojgan Drasdo,Anja Kron,Petra Vogt,Annemarie Jonasson,Saad Ahmed Seth,Claudia Gonzaga-Jauregui,Karlla W Brigatti,Alexander P A Stegmann,Masato Kanemaki,Dragana Josifova,Yuri Uchiyama,Yukiko Oh,Akira Morimoto,Hitoshi Osaka,Zineb Ammous,Jesús Argente,Naomichi Matsumoto,Constance T R M Stumpel,Alexander M R Taylor,Andrew P Jackson,Anja-Katrin Bielinsky,Niels Mailand,Cedric Le Caignec,Erica E Davis,Grant S Stewart タイトル: Pathogenic variants in SLF2 and SMC5 cause segmented chromosomes and mosaic variegated hyperploidy.   Open the DOI link. Nature communications 年月: 2022年11月4日