進学を希望する学生の方へ(For students interested in exploring research in our lab)

  • HOME »
  • 進学を希望する学生の方へ(For students interested in exploring research in our lab)

当研究室で卒業研究あるいは大学院(修士過程あるいは博士過程)の研究を行うことに興味を持っておられる学生さんへ (概要)

まとめについては ここ をご覧ください。

1 当研究室における研究課題

ゲノムDNA複製のメカニズムを軸として、細胞増殖、遺伝情報継承における染色体安定性維持機構、DNAの形による新しいゲノム情報システムの解明、ゲノム複製制御因子の個体発生・分化、疾患における未知の機能の解明を目指します。私たちはこの目的を達成するために、原核細胞から単細胞真核細胞である酵母、動物細胞(正常細胞、がん細胞、幹細胞など)および、個体(マウス)など、使用する生物種は問いません。

2 当研究所の特徴

基礎医学、神経医学・生物学、精神医学の研究所が8年前に合体しました。医学、疾患に関する研究を多様な側面から、また多様な技法を用いて行っています。実験を行うための設備や環境という点では、どこにも引けをとりません。また、研究所で研究を行う多くの学生や研究者と触れることにより、多様な視点から、医学・生物学についての知識を深めることができます。

3 当研究室で学生として研究を行うためにはーー。

東京都医学研は多くの大学と連携大学院協定を結んでおります。当研究室では中でも (1)東京大学大学院 新領域創成科学研究科 メディカル情報生命専攻 臨床医科学分野•連携講座、(2)御茶ノ水大学 理学部 生物学科、(3)東京理科大学 理工学部 応用生物科学科、(4)日本大学 文理学部 生命科学科、(5)北里大学 理学部 生物科学科 と連携しています。そのほか、首都大学東京、理工学研究科、東京医科歯科大学、新潟大学などからのルートも可能です。相談してください。卒業研究生も受け入れています。これまで、東邦大学、日本大学、理科大学、北里大学、東京バイオテクノロジー専門学校などの学生さんが卒業研究生として研究をしています。

4 当研究室におけるモットーと指導の方針

私たちの研究室では、すべての学生さんが、その教育の背景や、性別、出身国などにかかわらず、研究という土俵の上で、すべて同一の立場であることを基本とします。その上で自分の特徴を生かしてユニークな発想にもとづき、ユニークな研究を行うことを目指します。また、私の恩師の故上代淑人及び新井賢一先生の研究室のモットーであった、”Full devotion”(何もかも忘れて熱中),”Continuous excitement”(いつもわくわくしながら),”Friendly atmosphere”(友好的な雰囲気の中で)を研究室の標語として掲げます。

指導においては、研究における考え方やアプローチの仕方、及び実験技術のみでなく、論文紹介や、研究結果の研究室内発表を通じて、効果的なプレゼンテーションの技術(効果的な資料作成も含めて)を身につけることも大きな目標のひとつとします。また、国際化の時代に対処できるよう、英語をツールとして使用できるようになること(『英語使い』ではなく、『使える英語能力』の取得)も目標です。

5 研究所独自のリサーチアシスタント制度

できるだけ、研究に専念できるように、研究所独自のリサーチアシスタント(RA)制度を採用しています。詳細は次の項目をご覧ください。

6 学生さんに期待すること

知識の量や、現在の実験経験は問題としません。同僚や先輩と、積極的にコミュニケーションする態度、アドバイスやコメントをいつもオープンに受け入れる態度、実験をenjoyし、結果を虚心坦懐に受けとめ、常にpositiveに次のステップを思索する態度、を期待します。

 

Messages for those students interested in persuing researches in our laboratory (Summary)~crick here and you will be directed to the statement~

1 Our institute (Tokyo Metropolitan Institute of Medical Science; TMiMS)

We started nearly 50 years ago as three different institutes, each specializing in basic medicine, neurobiology or mental diseases, which merged into one institute in 2011. We can provide students with excellent research environment that includes the newest research equipment and facility. Students in our institute can learn diversified fields of biology and medicine through daily interactions with scientists with various backgrounds.

2 Our research activities (Genome Dynamics Project)

With special focus on the mechanisms of DNA replication, we aim to understand how the genetic information is stably inherited through cell proliferation as well as through generations.  We also want to elucidate biological significance of the novel genome signature based on the shape of nucleic acids. We also try to explore the functions of replication/ checkpoint related factors in development of animals and their association with various diseases. To achieve above goals, we use varieties of systems including bacteria, yeasts, mammalian cells (cancer/ non-cancer cells, and stem cells) and mice.

3 How you can apply for the Masai lab/ our institute

We have contracts with many universities in Japan, through which you can apply for a graduate course that will enable you to do research at our institute. Our laboratory has contract with several universities including University of Tokyo and Ochanomizu Women’s University. We also have many other routes through which you can apply for your study at our laboratory. We also accept undergraduate students who would like to make an early start for your favorite research topics.

4 The motto and things to be learned at our laboratory

We treat all the students equally regardless of their background, gender and nationality. We all strive equally to search for truth and each individual is encouraged to contribute to the process through his/ her own unique ideas. We treasure three mottos that I inherited from my two late mentors, Dr. Yoshiko Kaziro and Ken-ichi Arai; “Full devotion”, “Continuous excitement” and “Friendly atmosphere”.

In our laboratory, students are expected to learn not only logical interpretation of the results, planning of experiments, and various experimental techniques but also the skills for effective presentation and command of practical English, in view of the need for these abilities to communicate, self-promote and gather information on the world-wide level in whatever field you will be working in the future.

5 Research Assistant system

The institute provides all the graduates students working in our institute with the Research Assistant fellowship to ease the financial pressure and help them concentrate on research.

6 What we expect for students

We expect the applying students to be communicative with your colleagues in the laboratory, to be receptive for the suggestions and advice from your supervisor and senior scientists, and to interpret any data as they represent and make a next plan in a logical and positive manner. The current level of knowledge or laboratory experience does not count.

My message for students

In Japanese proverve, we say “Ku-areba, Raku-ari (no pain, no gain)”. In research, 90% would be pain, and the remaining 10% would be gain, at best. The ratio would probably be biased toward more pain and less gain. However, if you set your goal, think the problems to the extent that nobody does, and relentlessly strive, you will be eventually rewarded with blessing. Just be optimistic. Also it is important to cherish whatever you discover during the course of your study. How small or trivial it looks, it is your finding, only you in the world knows of. There may be treasure lurking behind it. It is up to you to be able disclose it or leave it behind you without making it see the light of day.

東京都医学総合研究所を所属研究室として大学院進学するための経路 (2021年4月21日現在)

教官:正井久雄(masai-hs@igakuken.or.jp)

東京都医学総合研究所•ゲノム医科学研究分野•ゲノム動態プロジェクト・所長

郵便番号 156-8506

所在地  東京都世田谷区上北沢二丁目1番6号

正井直通電話 03-5316-3220(所長室)あるいは3231(研究室オフィス)

研究室電話 03-5316-3117 内線1680,1690〜1694,1730

研究室FAX 03-5316-3145

E-mail: masai-hs@igakuken.or.jp

当研究室に大学院生として参加するには、いくつかのルートがあります。

  • 東京大学大学院 新領域創成科学研究科 メディカル情報生命専攻 臨床医科学分野連携講座
  • 東京理科大学 理工学部 応用生物科学科 連携大学院
  • お茶の水女子大学 理学部生物学科
  • 日本大学、北里大学の連携大学院教員でもあります。あるいは、首都大学東京、東京医科歯科大学、新潟大学などからのルートも可能です。

 現在、当研究室で研究を行う学生さんは下記の通り。

  • 博士3年(女) 東大大学院 新領域創成科学研究科(新潟大学修士課程修了)
  • 博士3年(男) 東大大学院新領域創成科学研究科 博士課程(連携大学院)在籍:卒研から在籍(日本大学出身)
  • 博士3年(女) 東大大学院新領域創成科学研究科 博士課程連(連携大学院)在籍:修士から在籍 (東京農大出身)
  • 修士2年(男) 東大大学院新領域創成科学研究科 修士課程 (連携大学院)在籍: (台湾出身)
  • 修士2年(男) 東大大学院新領域創成科学研究科 修士課程 (連携大学院)在籍: (岩手大学出身)
  • 修士2年(女) 東京理科大学 応用生物 修士課程 (連携大学院)在籍: (東京理科大学出身)
  • 修士2年(女) お茶の水大学 理学部 ベトナムからの留学生
  • 学部4年(男) 東京バイオテクノロジー専門学校

フランスリヨン大学からの短期留学生2名が2月から訪問予定でしたが、現在コロナのため待機中。On lineで講義を行なっています。外国人が多い、国際的な雰囲気の研究室を目指しています。

(過去の在籍大学院生の出身: 北里大学, 東京理科大学, 埼玉大学, 立命館大学, 東京大学, 熊本大学, 杏林大学ほか)

東京都医学研では,修士課程、博士課程の学生さんがRA(Research Assistant)を行うことにより、研究に専念できる環境を提供しております。(修士4万円/月; 博士8万円/月[変動の可能性あり])。

研究室は随時見学可能です。

研究室会議(Progress Report Meeting 全員が一ヶ月間の研究の進展を報告する; 毎月第一月曜午前9:30-18:00[よく変更するのでご確認ください])およびJournal Club(通常毎週月曜日午前9:30-10:30)なども参加可能です。ただし、日程変更の可能性もあるのであらかじめ連絡をされて確認してからお越しください

次回は5/6(水曜)に研究室会議を行います。研究室の研究の内容や雰囲気を経験するには最もよい機会ですので興味のある方は是非お越しください。会議は全研究員、学生による研究進捗状況報告で一日をかけて行いますが、もちろん一部だけでの参加でも大丈夫です。また、現在、当研究室に在籍する大学院生とお話をする機会を設けることも可能です。なお現在はon line会議で行なっていますので、参加希望の方はお知らせいただけましたらZoomのURLをお知らせします。

なお、下記の東大新領域の説明会において、当研究室の研究内容の紹介、面談を行います。詳細はこちらから

2021年5月8日(土)
on line 入試説明会
日時:2021年5月8日(土) 10:00-16:00
2021年6月5日(土)
on line入試説明会
日時:2021年6月5日(土) 10:00-16:00

2021年5月8日および6月6日午後4時から 東大新領域創成科学研究科 大学院説明会の後に、質問の時間を設けます。

次からご参加ください。

Zoomミーティングに参加する
https://us02web.zoom.us/j/86210089818?pwd=dzhHR1NYWWVZWWRVUW9VeVdtN2M1Zz09
ミーティングID: 862 1008 9818
パスコード: cbms

また東京都医学研では、本年度の連携大学院説明会は2021年5月9日(日)13:00からon lineで行います。

研究室は、コロナ禍の進行状況にもよりますが、見学可能です。あらかじめ、下記にご連絡の上、予定を確定した上、お越しください。

連絡先は

E-mail(masai-hs atmark igakuken.or.jp)あるいは 電話 03-5316-3220

です。医学研の場所はこちらでご確認ください。

次回以降の研究室会議(Progress Report Meeting)は

5月7日 金曜 Progress Report Meeting 会議室2A(9-19)

6月3日 木曜 Progress Report Meeting 講堂 (9-19)

の予定です。一部のみの参加・見学も大丈夫です。

 

How to apply to our laboratory for your graduate studies (2021年4月21日現在)

The Masai laboratory (Tokyo Metropolitan Institute of Medical Science)

Advisor:Hisao Masai(masai-hs@igakuken.or.jp)

Hisao Masai
Director
Tokyo Metropolitan Institute of Medical Science,
2-1-6 Kamikitazawa, Setagaya-ku, Tokyo 156-8506, JAPAN
Tel: 81-3-5316-3220
Fax: 81-3-5316-3145
E-mail: masai-hs@igakuken.or.jp
http://www.igakuken.or.jp/genome/

You can join us as a graduate student through several routes. The followings are tow major routes.

1 Department of Computational Biology and Medical Sciences, Graduate School of Frontier Sciences, The University of Tokyo. here

2 Department of Biology, Ochanomizu University here

 

Ochanomizu University is women’s university and is recommended for female students.

Other potential universities where you can enroll and pursue your degrees include Tokyo University of Science, Nihon University, Kitazato University, as well as Tokyo Medical and Dental University and Niigata University.

In our laboratory, we now have seven graduate students (three in Ph.D. course, and four in master’s course) and one undergraduate student, including two foreign students from Taiwan and Vietnam. We will also have two students from France and one from China, who plan to work in our laboratory.

Our institute provides graduate students (both master’s and Ph.D. courses) with RA(Research Assistant)fellowship to permit them to concentrate on their studies and research with minimum financial concerns.

(40,000 yen for master course students and 80,000en for Doctor Course students;  No need to return after the graduation.)

 

Schedule of laboratory activities

1st Monday of the month (9:30-18:00): Progress Report Meeting (next 5/7; 6/3)

Every Monday (10:00~11:00): Journal Club

Every Friday afternoon: Friday individual discussion (with all the members including students)

Currently we are conducting all the meetings on line, except for some of the Friday individual discussion meetings. We plan next progress report meeting on May 6, to which you are welcome to attend. Please let me know by e-mail, if you are interested in experiencing the meeting (You do not need to attend the whole meeting, which would last from the morning to evening). I will send you the URL for your access to the meeting.

.

(http://www.ocha.ac.jp/en/admission/info/master.html)

 

研究室の紹介(1):研究内容の概略など

研究室の案内は下記の通りです。ダウンロードしたい場合はこちらから

 

 

下記は、当研究室での研究課題の一部です。ダウンロードはこちらから

私たちの研究の内容の一部を示すスライドです。ここからダウンロードしてください。

 

 

 

次のスライドは、がん細胞と正常細胞との違いについての私たちの新しい発見です。Cdc7-Claspin経路が正常細胞とがん細胞で異なる役割をはたすことが明らかとなりました。特に、複製ストレス応答の経路では、がん細胞ではCdc7-Claspinが特異的に重要な役割を果たすのに対して、正常細胞ではこの役割はCK1(カゼインキナーゼ)が担う。したがって、Cdc7の特異的な阻害により、がん細胞特異的にゲノム不安定性を誘導し、細胞死に至らせることができる可能性が示唆される。

がん細胞発生における種々の生体ストレスがどのような役割を果たすかも興味深い課題である。

下記は、当研究室での研究の、研究な課題の一部です。ダウンロードはこちらから

 

研究室の紹介(2):研究活動/教員からのメッセージなど

研究活動

染色体DNA複製は、正確に、高速に、秩序正しく起こる。この過程の異常は、がん細胞や老化細胞に見られるゲノムの遺伝的不安定性(変異、染色体の欠損や再編成など)を引き起こす。実際、最近の研究から、内的外的な原因による複製障害に対する適切な細胞応答の破綻が、がん細胞の初期遺伝的変化の主要な要因になっていることが示されている。また複製制御に関与する因子が臓器、組織の発生・分化に直接的に関与する可能性も示唆されている。さらに、グアニン4重鎖構造を始めとする非B型DNA構造が、複製制御の種々の側面で鍵を握る役割を果たしていることが明らかになってきた。私達は、染色体複製制御の普遍的なメカニズムの解明を基盤に、ゲノムDNA構築とその機能発現制御の新しい原理の解明を目指す。具体的には大腸菌、分裂酵母、動物細胞、マウス個体を用いて、次のような課題にアプローチする。

1) ゲノム複製開始の普遍的なメカニズムの解明。

2) 染色体上における複製起点活性化の時空間プログラム制御の分子基盤の解明。

3) 複製ストレスに対する細胞応答のメカニズムの解明と、その破綻と発がん、疾患との関連。

4) ゲノムDNA上の非B型構造の生物学的意義の解明。

5) 複製因子の変異による脳発生の異常のメカニズムの解明。

6) 複製、細胞周期因子を標的とした新規な創薬戦略の開発。

ゲノム複製の研究から、ゲノムの新原理の解明に挑むチャレンジングな研究に参画したい大学院生を募集する。

研究テーマ

1 ゲノム複製の普遍的メカニズムの解明と複製システムの進化

2 複製の時空間プログラムとクロマチン構造:上記の研究ではグアニン4重鎖(図1)がこれらの制御に重要な役割を果たす事が明らかとなってきた。保存された核因子Rif1は複製タイミング制御に中心的な役割を果たす(図2)。

3 複製ストレスに対する細胞応答機構の解明と発がん、疾患への関:複製ストレスチェックポイントメディエーターClaspinの構造と機能の解明。複製開始制御と複製ストレス応答における機能の解明・分子内相互作用による機能制御機構、栄養、温度、酸素など種々のストレス応答の仲介分子としての機能の解明を目指す。

4 複製因子の発生制御での関与:Cdc7キナーゼの脳発生などにおける役割の解明。

将来計画

ヒトの30億塩基対のDNAの複製は6-8時間で完了する。そのプログラム(ゲノムの特定の領域がいつ、どこで、どのように複製されるか)は細胞ごとにgeneticにまたepigeneticに決定されている。真核細胞のDNA複製の開始と進行は、このようなプログラムに従って極めて厳密に制御されると同時に、高等生物では、複製の開始反応は厳密な塩基配列要求性をもたず、通常機能する複製起点を欠損させても、他の配列により相補されるという柔軟性をも有する。ゲノム情報が、このような、厳密性と可塑性を合わせ持つ制御系をいかに規定しているかは、ゲノム機能、特にその大部分を占める非コード領域の機能解明のために大変重要な問題である。この問題の解決は、将来的には、複製、転写、組換え、変異発生などを協調的に制御する、核内染色体動態制御機構の解明につながることを期待している。また、複製装置ナノマシンの研究は、途に付いたばかりで、これからまだまだ予想もつかないような未知の機能が明らかになると思われる。こうして得られる基礎的知見を有用な技術開発へと展開する発想もこれからは重要であると考えている。実際、複製因子はがんの大変効果的な診断マーカーおよび治療標的となり得ることを見出しており、今後新しい治療法の開発への応用も目指す。

 

教員からのメッセージ

苦あれば楽ありといいますが、研究は、よくて苦が9割で楽は1割くらいだと思います。しかし、努力はかならず報われると信じて、楽観的にプラス思考で研究生活をすすめることが大事です。最初はじっくり考えて自分の問題を設定し、一旦決めたら、夢に出てくるまでその問題を考える(そして実験を行う)。そうしたら、きっと人の見つけていない発見ができます。そして、どんな小さなことでも、自分で見つけた発見を大切に、大切にしてください。それはあなたの宝物です。ひょっとしたらそこには、ダイヤモンドがかくれているかもしれません。