糖尿病に伴う神経変性の機構解明と治療戦略

糖尿病患者数の増加は、特有の慢性合併症を誘発し、その対策が急務となっている。糖尿病性神経障害は合併症の中で最も出現頻度が高く、痛みやしびれ等の刺激症状が不眠や抑うつの原因となり、病期が進行すれば足切断や致死性不整脈等の深刻な事態を招く。

本プロジェクトでは、神経障害の成因を解明し、有効な治療法を確立することにより、糖尿病患者のQOLの向上および健康寿命延長に貢献する。

Information

2020.5.22
三五一憲プロジェクトリーダーが企画編集した「糖尿病性神経障害の病態解明と治療戦略」が、月刊糖尿病124号に掲載されました。
2020.4.1
坂田望研修生(芝浦工業大学)がプロジェクトメンバーに加わりました。
2020.4.1
プロジェクトの正式名称を「糖尿病に伴う神経変性の機構解明と治療戦略」に変更しました。
2020.3.31
赤嶺友代研修生が東京慈恵会医科大学大学院博士課程を修了し、博士(医学)を授与されました。
2020.3.31
大場柾樹研修生が芝浦工業大学大学大学院修士課程を修了し、修士(システム理工学)を授与されるとともに、同大学院博士課程に進学しました。
2020.3.18
大場柾樹研修生が芝浦工業大学脳科学・ライフテクノロジー研究セン ター奨励賞を受賞しました。
2020.3.18
大場柾樹研修生が芝浦工業大学システム理工学専攻賞を受賞しました。
2019.12.26
大日本住友製薬(株)との産学連携研究の成果として、高久静香研究員の論文がHistochemistry and Cell Biologyに掲載されました。
2019.11.28
三五一憲プロジェクトリーダーが共同編者を務めるMyelin-Basic and Clinical Advances-が刊行され、新見直子研究員らの総説Drug-Induced Demyelinating Neuropathiesが掲載されました。
2019.11.16
赤嶺友代研修生の論文がHistochemistry and Cell Biology に掲載されました。
2019.11.13
三五一憲プロジェクトリーダーがNHKラジオ第1「NHKジャーナル」に出演し、「合併症が怖い糖尿病」 について解説しました。
2019.9.27
三五一憲プロジェクトリーダーが第34回日本糖尿病合併症学会教育講演において、「成因に基づいた糖尿病性神経障害の治療戦略」を発表しました。
2019.9.25
三五一憲プロジェクトリーダーが烏山生涯学習セミナー(世田谷区)において、「糖尿病といわれたら?」を発表しました。
2019.9.24
八子英司研究員が第797回九州大学生体防御医学研究所セミナー (福岡、招待講演)において、「高グルコース・外因性ピルビン酸欠乏環境下における糖代謝障害と細胞死誘導機序の解明」を発表しました。
2019.9.14
高久静香研究員が第63回日本薬学会関東支部大会シンポジウム「糖尿病合併症に関する薬学研究の進歩と現状」において、「GLP-1受容体作動薬の末梢神経保護作用:糖尿病性神経障害に対する有用性の検証」を発表しました。
2019.9.14
三五一憲プロジェクトリーダーが欧州糖尿病学会・神経障害分科会 (Neurodiab2019, Sitges/Barcelona, Spain)において、「Exendin-4 promotes neurite outgrowth, neuronal survival and myelination via activating PI3 kinase signaling pathway in vitro」を口頭発表しました。
2019.8.24
八子英司研究員が第30回日本末梢神経学会学術集会シンポジウム「糖尿病性神経障害への新たなアプローチ」において、「メタボロームとフラックスアナライザーを用いたシュワン細胞株IMS32の糖代謝変動解析」を発表しました。
2019.8.3
大場柾樹研修生が第29回日本病態生理学会大会において、学部生・修士学生セッション優秀賞を受賞しました。
2019.8.1
「高校生のための都医学研フォーラム」の研究室見学を担当しました。
2019.7.26
三五一憲プロジェクトリーダーがNEURO2019(第42回日本神経科学大会・第62回日本神経化学会大会)「軸索とグリアによる生理病態制御」において、研究成果を英語で発表しました。
2019.7.25
鈴木マリ研究員がNEURO2019(第42回日本神経科学大会・第62回日本神経化学会大会)シンポジウム「シンプルイズベスト。無脊椎動物モデルを利用した神経疾患・再生研究」において、研究成果を英語で発表しました。
2019.7.15
ソウル国立大学医学部、順天堂大学等との共同研究が、Brain に掲載されました。
2019.7.9
三五一憲プロジェクトリーダーが中野区内科医会学術講演会において、「もっと注目してほしい糖尿病性ニューロパチー」を発表しました。
2019.6.26
大阪大学等との共同研究が、PLoS One に掲載されました。
2019.5.23
三五一憲プロジェクトリーダーが第60回日本神経学会学術大会教育コース「糖尿病性ニューロパチーにおける最新の話題」において、「糖尿病性ニューロパチーの分子病態」を発表しました。
2019.4.1
横浜市立大学リサーチクラークシップ制度に基づき、朝倉一君(医学部4年生)が研修生としてプロジェクトメンバーに加わりました。
2019.4.1
芝浦工業大学と連携大学院協定を締結し、三五一憲プロジェクトリーダーが客員教授、鈴木マリ研究員が客員准教授に就任しました。
2019.3.20
愛知学院大学歯学部・成瀬桂子准教授らとの共著論文が、Journal of Diabetes Investigation に掲載されました。
2019.3.4
鈴木マリ研究員が第789回九州大学生体防御医学研究所セミナー (福岡、招待講演)において、「ショウジョウバエを用いた神経変性疾患研究」を発表しました。
2019.3.2
三五一憲プロジェクトリーダーが第53回糖尿病学の進歩シンポジウム「糖尿病神経障害の今と未来」(青森、招待講演)において、「細胞生物学から見た糖尿病神経障害ー病態代謝を中心にー」を発表しました。
2019.2.19
大場柾樹研修生を共筆頭著者とする、大阪大学、芝浦工業大学等との共著論文がNature Communications に掲載されました。

ページトップへもどる


東京都医学総合研究所 外観
公益財団法人東京都医学総合研究所
運動・感覚システム研究分野
糖尿病性神経障害プロジェクト
〒156-8506
東京都世田谷区上北沢2-1-6
TEL 03-5316-3100
FAX 03-5316-3150