公益財団法人 東京都医学総合研究所 精神行動医学研究分野
依存性物質プロジェクト|東京都医学総合研究所
Addictive Substance Project



8th Congress of AsCNP2021 JSNP Excellent Presentation Award for AsCNP2021 を受賞



photo古田島浩子研究員
古田島浩子研究員

古田島浩子研究員が「Prenatal exposure of GABAA receptor inhibitor picrotoxin causes ASD-like behaviors and aberrant gene expression in mice」により、8th Congress of AsCNP2021において、JSNP Excellent Presentation Award for AsCNP2021を受賞しました。


自閉スペクトラム症は、神経発達障害である。社会性障害を中核症状とするが、根治的な治療法がなく、病態解明や治療薬開発が求められている。本研究は、発育発達過程に重要なGABAA受容体シグナルを胎生期に阻害することで、生まれてきた仔マウスが自閉症様の症状を呈することを見出した。特に嗅覚に関する経路に異常がある可能性が示唆され、今後の治療薬開発のための基盤となる研究である。

Autism Spectrum Disorder (ASD) is a neurodevelopmental disorder that is characterized by deficits of social interaction, but the pathophysiology of ASD has not yet been thoroughly defined. In the present study, we focused on γ-aminobutyric acid (GABA) A receptor signaling which has a key role in the development of immature mouse brain and injected blocker of GABAA receptor in pregnant mice. We found that the offspring showed ASD-like behaviors and the odorant pathway is aberrant in these offspring. Our study provides a better understanding of the pathophysiology of ASD.


AsCNP2021ポスター
AsCNP2021





^