新着情報一覧Topics



2024年度 (2024年4月~2025年3月)

2023年度 (2023年4月~2024年3月)

2024/01/22
CINP2024, 23-26 May 2023 in Tokyo
市民公開講座「アディクションの克服に向けて」の事前登録を開始しました。
事前登録締切 2024年4月30日(水)
2023/12/07
井手副参事研究員が日本毒性学会第6回医薬品毒性機序研究会において、「実験動物を用いたアディクションの評価」について招待講演を行いました。
2023/11/20
新井田研修生が、第28回日本口腔顔面痛学会学術大会において、優秀ポスター賞を受賞しました。
2023/11/12
池田参事研究員が8th Congress of Asian College of Neuropsychopharmacology (AsCNP2023)において、「History and mission of International College of Neuropsychopharmacology (CINP)」について招待講演を行いました。
2023/11/07
森屋研究員、興津研修生が、日本神経精神薬理学会 において、JSNP Excellent Presentation Award for AsCNP2023 を受賞いたしました。
2023/10/18
CINP2024, 23-26 May 2023 in Tokyo
◆ 一般演題登録の締切が延長されました。
Extended to October 16, 2023 October 30, 2023
Abstract Submission : https://cinp2024.org/abstract-submission/
2023/10/01
CINP2024, 23-26 May 2023 in Tokyo
◆ 早期登録の締切が延長されました。
Extended to September 29, 2023 January 12, 2024
Early-bird Resistration : https://cinp2024.org/registration/
2023/9/25
池田参事研究員が8th Congress of Asian College of Neuropsychopharmacology (AsCNP2023)において、「History and mission of International College of Neuropsychopharmacology (CINP)」について招待講演を行いました。
2023/9/25
池田参事研究員が8th Congress of Asian College of Neuropsychopharmacology (AsCNP2023)において、「Neuropsychopharmacology of Addiction: Exploring Complex Mechanisms and Advancing Treatment Strategies」について招待講演を行いました。
2023/9/19
池田参事研究員がTSBPN 2023 Annual Meetingにおいて、「Advances in addiction research and treatment」について招待講演を行いました。
2023/8/28
CINP 2024 にかかわる打ち合わせのため、盛山正仁衆議院議員がご来所されました。
2023/8/28
2023年度 第4回 都医学研都民講座のご案内
「現代のアディクション」 について講演します。

日 時 2023年9月19日(火)14:30~16:00
方 式 東京都医学総合研究所 講堂
(京王線 上北沢駅 徒歩12分/八幡山駅 徒 歩18分)
および オンライン(Zoom)
内容 ネット・ゲーム依存の基礎知識と対応について
神戸大学大学院 医学研究科 デジタル精神医学部門 特命教授
 曽良 一郎

身近で多様なアディクション
東京都医学総合研究所 依存性物質プロジェクト 副参事研究員
 井手 聡一郎
問い合せ先
事務局 研究推進課 普及広報係
TEL:03-5316-3109(平日 午前9時〜午後5時)
E-mail:tomin
2023/8/3
池田参事研究員が第46回日本神経科学大会において、「アディクション科学と神経科学」について招待講演を行いました。
2023/8/1
CINP2024, 23-26 May 2023 in Tokyo
シンポジウムの公募の締切が延長されました。
Extended to July 31, 2023 August 8, 2023
Symposia Submission : https://cinp2024.org/symposia-submission/
2023/7/19
都医学研セミナー開催のご案内
「Hypothalamic supramammillary region in motivated behavior and nicotine」 について講演します。
日 時 2023年7月25日(月)16時~
方 式 ハイブリッド (講堂+Zoom)
演 者 池本 聡(Neurocircuitry of Motivation Section, National Institute on Drug Abuse, Section Chief)
演 題 Hypothalamic supramammillary region in motivated behavior and nicotine
問い合せ先 東京都医学総合研究所 研究推進課 普及広報係
電話 03-5316-3109

2023/6/21
池田参事研究員が第50回日本毒性学会学術年会において、「依存性物質の神経系への毒性:子ども、発達期での影響を含めて」について招待講演を行いました。
2023/6/7
CINP2024, 23-26 May 2023 in Tokyo
参加登録とシンポジウムの公募を開始しました。
Registration : https://cinp2024.org/registration/
Symposia Submission : https://cinp2024.org/symposia-submission/
2023/06/05
井上協力研究員が、日本麻酔科学会において、第70回学術集会優秀演題賞を受賞いたしました。
2023/5/28
池田参事研究員が第16回日本緩和医療薬学会年会において、「緩和医療領域における遺伝子解析の意義と今後の展望」について招待講演を行いました。
2023/5/27
池田参事研究員が第16回日本緩和医療薬学会年会において、「ゲノム情報から読み解く痛みと鎮痛の予測と個人差の理解」について招待講演を行いました。
2023/05/12
古田島主任研究員が、日本神経精神薬理学会 において、JSNP Excellent Presentation Award for CINP2023 を受賞いたしました。
2023/4/21
都医学研セミナー開催のご案内
「Interactions between monoamines and glutamate in the antidepressant response: from the laboratory to the clinic」 について講演します。
日 時 2023年4月24日(月)午前10時~
方 式 ハイブリッド (講堂+Zoom)
講 師 Pierre Blier (オタワ大学教授・国際神経精神薬理学会前理事長)
演 題 Interactions between monoamines and glutamate in the antidepressant response: from the laboratory to the clinic.
問い合せ先 東京都医学総合研究所 普及広報係
大井・高木
電話 03-5316-3100 内線:9121

2023/4/19
CINP 2024 の A4ポスター・スライド・ZOOM用画像です。ご活用ください。

2022年度 (2022年4月~2023年3月)

2023/3/23
池田参事研究員が出演したCINP2023のプロモーションビデオが公開されました。
https://youtu.be/bFLoFsC_K9w
CINP2023, 7-10 May 2023 in Montreal, Canada
2022/12/27
古田島主任研究員が、雑誌「The Japanese Society of Neuropsychopharmacology」 において、NPPR Article Award 2022 受賞を受賞いたしました。
2022/12/15
池田参事研究員が、世田谷区立八幡山小学校薬物乱用防止講習会において、「依存症の基礎知識」の講演を行いました。
2022/11/06
池田参事研究員が、BPCNPNPPP4学会合同年会において、「国際学会、学会連合、学術会議等での連携促進による克服」について招待講演を行いました。
2022/10/28
池田参事研究員が、ムーンショット型研究開発事業 目標1 研究開発プロジェクト 身体的能力と知覚能力の拡張による身体の制約からの解放 公開ワークショップ「Trusted BrainTech / BMI の実現に向けて」において、「脳科学分野の産学連携」について講演を行いました。
2022/10/28

 A4ポスター
松沢病院143周年記念セミナー開催のご案内
「Standards of Care for Obsessive Compulsive Disorder(強迫性障害の標準的治療)」 について講演します。
日 時 11月7日(月)午後5-6時
会 場 松沢病院大会議室
講 師 Joseph Zohar国際神経精神薬理学会理事長
演 題 Standards of Care for Obsessive Compulsive Disorder
問い合せ先 東京都立松沢病院 総務課
石坂・盛崎
電話 03-3303-7211

2022/10/24
山口研修生が、埼玉県知事表彰を受賞しました
2022/9/21
池田参事研究員が、日本ケミファ株式会社講演会において、「アディクションの基礎知識と最近の研究について」の講演を行いました。
2022/9/13
池田参事研究員が、順天堂大学大学院特別講義において、「がん疼痛緩和に有用なオピオイド鎮痛薬に関する多角的知見」の講義を行いました。
2022/6/23
池田参事研究員が、第40回東京アルコール臨床懇話会において、「テーラーメイドのアルコール健康障害対策に向けて」の講演を行いました。
2022/6/15
都医学研セミナー「行動嗜癖としてのインターネット・ゲーム障害」 について講演します。
日時:2022年6月28日 (火) 16:00~
場所:オンライン(Zoom)
講  師:曽良 一郎 神戸大学 大学院医学研究科 デジタル精神医学部門 教授
世 話 人:東京部医学総合研究所 精神行動医学研究分野分野長 池田和隆
お問い合わせ:東京部医学総合研究所 研究推進課 普及広報係 電話 03-5316-3109
2022/6/12
落合研修生がCINP 2022においてCINP 2022 Student Encouragement Awardを受賞しました。
2022/6/10
池田参事研究員が33rd CINP World Congress of Neuropharmacologyにおいて、「Genetic mechanisms underlying individual differences in opioid sensitivity revealed by genome-wide association studies」について招待講演を行いました。

2021年度 (2021年4月~2022年3月)

2021/12/19
西澤主席研究員が、2021年度アルコール・薬物依存関連学会 合同学術総会(ハイブリッド開催)において、「喫煙行動のゲノムワイド関連解析」について招待講演を行いました。
2021/12/10
古田島研究員が、7th Congress of AsCNPにおいて、JSNP Excellent Presentation Award for AsCNP2021を受賞いたしました。
2021/12/10
池田参事研究員が、第43回日本疼痛学会(Web開催)において、「口腔顔面領域の筋膜痛と神経障害性疼痛に関する臨床研究」について招待講演を行いました。
2021/12/10
池田参事研究員が、第43回日本疼痛学会(Web開催)において、「術後痛のゲノム解析を踏まえた神経障害性疼痛のゲノム解析への展開」について招待講演を行いました。
2021/11/24
池田参事研究員が、世田谷区立八幡山小学校薬物乱用防止講習会において、「依存症の基礎知識」の講演を行いました。
2021/11/05
Tokyo to Host the International College of Neuropsychopharmacology (CINP) World Congress 2024
2021/11/05
2024年国際神経精神薬理学会世界大会(CINP 2024)の東京開催について、東京観光財団公式ホームページで紹介されました。
「2024年国際神経精神薬理学会世界大会(CINP 2024)の東京開催が決定!」
2021/11/02
2024年国際神経精神薬理学会世界大会(CINP 2024)の東京開催について、東京都公式ホームページで紹介されました。
「2024年国際神経精神薬理学会世界大会(CINP 2024)の東京開催が決定!」
2021/11/01
加藤研修生が「妊娠高血圧腎症モデルマウスにおける子宮内での胎仔脳の炎症亢進と出生仔の高次脳機能障害の発生」により、第36回日本生殖免疫学会総会・学術集会において優秀演題賞を受賞しました。
2021/07/19
都民講座「痛みなくがん治療を受けるコツ」 において、「痛みに効く薬の基礎知識」について池田参事研究員が講演します。
 日時:2021年9月5日 (日) 14:00~15:30
 場所:オンライン(Zoom)
 東京部医学総合研究所 精神行動医学研究分野分野長 池田和隆
2021/8/02
大岡主席研究員・西澤主席研究員・池田参事研究員が、「疾患罹患性の評価方法」についてPCT出願いたしました。
2021/07/14
Neuropsychopharmacology Reportsにおいて、井手副参事研究員が NPPR Reviewer Award 2021 を受賞しました。

2020年度 (2020年4月~2021年3月)

2021/03/29
日本学術会議公開シンポジウム「現代社会とアディクション」 は、お蔭様をもちまして多数の皆さまにご参加頂き、盛会のうちに終了いたしました。ご参加頂きました皆さま、ご協力頂きました関係者の皆さまに厚く御礼申し上げます。
2021/03/23
井手副参事研究員が「依存性物質による神経精神疾患治療メカニズムの解明」により、2020年度東京都医学総合研究所職員表彰を受賞しました。
2021/02/28
池田参事研究員が、第9回神経法学研究会(オンライン開催)において、講演を行いました。
2021/02/01
日本学術会議公開シンポジウム「現代社会とアディクション」 において、池田参事研究員が講演します。
日時:2021年3月28日 (日) 13:30~17:00 オンライン開催
お問い合わせ: 東京都医学総合研究所
依存性物質プロジェクト シンポジウム事務局
2020/02/01
池田参事研究員が、第14回日本がん検診・診断学会習熟講習会(オンデマンド配信 [2021/02/01-03/31])において、「医療用麻薬の正しい知識でがんの苦痛のイメージは変わる」について講演を行いました。
2020/12/11
池田参事研究員が、第25回 情動・社会行動と精神医学研究会(WEB開催)において、「アディクション科学の新展開:物質依存と行動嗜癖の脳科学」について講演を行いました。
2020/11/27
池田参事研究員が、世田谷区立八幡山小学校薬物乱用防止講習会において、「依存症の基礎知識」について講演を行いました。
2020/09/16
池田参事研究員が、第28回 脳の世紀シンポジウム「依存症と脳」(Web開催) において、「脳を知る「やめられなくなる脳の仕組み」」について講演を行いました。
2020/08/24
池田参事研究員が、NPBPPP2020合同年会(WEB開催)において、「依存症の基礎から臨床」について招待講演を行いました。
2020/08/21
Neuropsychopharmacology Reportsにおいて、井手主席研究員が NPPR Reviewer Award 2020 を受賞しました。
2020/08/12
【apital「依存症と脳をテーマにシンポ 9月16日無料ライブ配信」(8/11)】が朝日新聞社DISITALのオンライン記事に掲載されました。
2020/08/12
第28回脳の世紀シンポジウム「依存症と脳」 において、池田参事研究員が講演します。 WEBライブ配信 日時: 2020年9月16日 (水) 11:20~12:00
講演:脳を知る 「やめられなくなる脳の仕組み」
お申込み・お問い合わせ: 特定非営利活動法人 脳の世紀推進会議事務局
2020/08/01
池田参事研究員が、第43回日本神経科学大会(WEB開催)において、「アディクション治療標的としてのG蛋白質活性型内向き整流性カリウム(GIRK)チャネルの可能性」について招待講演を行いました。
2020/07/31
大岡主席研究員・西澤主席研究員・池田参事研究員が、「疾患罹患性の評価方法」について特許出願いたしました。
2020/06/06
池田参事研究員が、第43回日本神経科学大会(WEB開催)において、「テーラーメイド疼痛治療臨床の現況-下顎枝矢状分割手術(顎矯正外科手術)での実践から-」について招待講演を行いました。
2020/05/25
【依存症研究拠点の設立求め報告書(5/25)】が日本経済新聞社のオンライン記事に掲載されました。
2020/04/29
脳科学関連学会連合より、「臨床試験に資する精神・神経疾患データべース構築と人工知能を用いた診断補助・ビッグデータ解析に関する産学官連携の提言」が公表されました。PDF
2020/04/16
【論座「拡大する依存症、克服に向けて学術界の取組強化を提言」(4/16)】が朝日新聞社のオンライン記事に掲載されました。
2020/04/08
日本学術会議「現代社会とアディクション」 は2020年4月3日を予定しておりましたが、COVID-19に関するWHOのパンデミック宣言および日本における感染拡大の継続に鑑み、日程を2020年6月1日(月)に変更予定でしたが、4月7日の緊急事態宣言発令に伴い、中止にいたします。
2020/04/01
プロジェクト名が、「依存性薬物プロジェクト」から「依存性物質プロジェクト」にかわりました。

2019年度 (2019年4月~2020年3月)

2020/03/13
日本学術会議「現代社会とアディクション」 は2020年4月3日を予定しておりましたが、COVID-19に関するWHOのパンデミック宣言および日本における感染拡大の継続に鑑み、日程を2020年6月1日(月)に変更いたします。PDF
2020/02/28
日本学術会議「現代社会とアディクション」 において、池田参事研究員が講演します。PDF
日時:2020年4月3日 (金) 13:30~17:30 → 2020年6月1日 (月)

昨今のコロナウイルス感染症の状況を考慮し、シンポジウム開催の最終決定は3月20日までに行い、このページ上にてお知らせいたします。

場所:日本学術会議 講堂
講演:『アディクション問題克服に向けた学術活動のあり方』 他
お問い合わせ: 東京部医学総合研究所
依存性薬物プロジェクトシンポジウム事務局
ide-si

2020/01/20
2020年1月18日に一橋講堂において開催されました都民講座「依存症に正しく向き合う -予防、治療、回復-」 は、多くの方々にご参加いただき盛会裡に終了いたしました。ありがとうございました。
2020/01/08
池田参事研究員が、MMJ (The Mainichi medical Journal) 12・1月号において、「Lundbeck Science Award (ルンドベック賞)」について取材を受けました。
2019/12/02
池田参事研究員が、世田谷区立八幡山小学校薬物乱用防止講習会において、「依存症の基礎知識」について講演を行いました。
2019/11/20
池田参事研究員がフジテレビにおいて、「重度の薬物依存で苦しんでいる人の心情について」について取材を受けました。
2019/11/15
池田参事研究員が朝日新聞社言論サイトにおいて、「精神・神経疾患の治療薬の「危機」と日本の役割」について取材を受けました。
2019/11/13
池田参事研究員が毎日メディカルジャーナル12・1月号において、「第6回アジア神経精神薬理学会大会およびルンドベック賞の設置について」について取材を受けました。
2019/11/07
池田参事研究員がテレビ朝日において、「覚せい剤依存の治療法について」について取材を受けました。
2019/11/06
都民講座「依存症に正しく向き合う -予防、治療、回復-」 において、池田参事研究員が講演します。
 日時:2020年1月18日 (土) 14:30~16:00
 場所:学術総合センター内一橋講堂
 東京部医学総合研究所 精神行動医学研究分野分野長 池田和隆
2019/10/21
池田参事研究員がNHKにおいて、「アルコールが脳に与える影響に関する図解について」について取材を受けました。
2019/10/16
2019年10月15日に東京都医学総合研究所において開催されました国際シンポジウム「OVERCOMING NEUROPSYCHOPHARMACOLOGY CRISIS」 は、多くの方々にご参加いただき盛会裡に終了いたしました。ありがとうございました。
2019/10/13
6th Congress of AsCNPにおいて、森屋研究員、西澤研究員、青木協力研究員がOutstanding Research Awardを、小崎研修生がExcellent Research Award for AsCNP2019を、井上研修生がExcellent Presentation Award for AsCNP2019を受賞しました。
2019/10/11
Neuropsychopharmacology Reportsにおいて、井手主席研究員が NPPR Reviewer Award 2019 を受賞しました。
2019/10/11
井手主席研究員が、6th Congress of Asian College of Neuropsychopharmacology (AsCNP2019)において、「Usefulness of intracranial self-stimulation method in drug dependence research」について招待講演を行いました。
2019/10/11
井手主席研究員が、6th Congress of Asian College of Neuropsychopharmacology (AsCNP2019)において、「The role of NMDA receptor GluN2D subunit in the effects of ketamine and its enantiomers」について招待講演を行いました。
2019/10/05
西澤主席研究員が、2019年度アルコール・薬物依存関連学会合同学術総会において、「様々な依存性物質の感受性に共通して寄与する遺伝子多型」について招待講演を行いました。
2019/10/05
池田参事研究員が、2019年度アルコール・薬物依存関連学会合同学術総会において、「拡大するアディクション問題へアカデミアはどう取り組む」について招待講演を行いました。
2019/09/22
池田参事研究員が、The 10th IBRO World Congress of Neuroscience (IBRO2019)において、「Personalized opioid use for controlling pain and drug abuse」について招待講演を行いました。
2019/09/03
つくばアカデミー・オブ・サイカイアトリー(TAP)2019 2nd 学術講演会において、池田参事研究員が「依存症におけるオレキシンシステムの関与」について講演いたしました。
2019/08/28
第21回都医学研国際シンポジウム「OVERCOMING NEUROPSYCHOPHARMACOLOGY CRISIS」 において、池田参事研究員が講演します。
日時:2019年10月15日 (火)
場所:東京部医学総合研究所
2019/08/28
池田参事研究員・西澤主席研究員らの特許「Method for evaluating drug sensitivity and disease vulnerability by analyzing cyclic AMP responsive element binding protein gene」が成立しました。
2019/08/24
池田参事研究員が、第39回鎮痛薬・オピオイドペプチドシンポジウムにおいて、「臨床につながる遺伝子研究アップデート」について招待講演を行いました。
2019/07/06
池田参事研究員が、第140回日本薬理学会関東部会において、「自閉スペクトラム障害の動物モデル作成と解析」について招待講演を行いました。
2019/06/23
池田参事研究員が、第41回日本生物学的精神医学会において、「快・不快情動と疼痛制御に関わる分子群」について招待講演を行いました。
2019/06/06
池田参事研究員が、14th World Congress of Biological Psychiatry (WFSBP Congress 2019)において、「Involvement of NMDA receptor GluN2D subunit in ketamine effects」について招待講演を行いました。
2019/06/01
池田参事研究員が、第13回日本緩和医療薬学会年会において、「依存症に対する緩和医療薬学」について招待講演を行いました。

2018年度 (2018年4月~2019年3月)

2019/03/29
池田参事研究員が、FAOPS2019において、「GIRK channels and NMDA receptor GluN2D subunit in signal pathways from addictive substances」について招待講演を行いました。
2019/03/02
池田参事研究員が、AsCNP-ASEAN2019において、「Personalized opioid use for overcoming opioid overdose problems」について招待講演を行いました。
2018/12/04
池田参事研究員が、The 2018 Japan Wiley Research Seminarにおいて「Shaping the Future of Research and Discovery」のインタビューを受けました。
2018/11/29
池田参事研究員が、世田谷区立八幡山小学校薬物乱用防止講習会において、「依存症の基礎知識」について講演を行いました。
2018/11/16
古田島研究員、佐藤協力研究員が、第28回日本臨床精神神経薬理学会・第48回日本神経精神薬理学会 合同年会において、優秀プレゼンテーション賞を受賞しました。
2018/11/16
池田参事研究員が、第28回日本臨床精神神経薬理学会・第48回日本神経精神薬理学会 合同年会において、「中枢薬の作用機序解明、開発、適正使用のための研究基盤:JSNPの活動を踏まえた今後の方向性」について招待講演を行いました。
2018/10/07
池田参事研究員が、日第15回国際歯科麻酔学会議(IFDAS2018)において、「Tailor-made opioid analgesia based on genome-wide association study.」について招待講演を行いました。
2018/07/20
池田参事研究員・西澤主席研究員らが、日本ペインクリニック学会 第52回大会において、「遺伝子多型からみたテーラーメード医療」について招待講演を行いました。
2018/07/11
井手主席研究員が、広島県薬物乱用対策推進本部会議において、「スマートドラッグの現状について」の講演を行いました。
2018/05/26
池田参事研究員が、第12回日本緩和医療薬学会年会において、「遺伝子配列でわかる鎮痛薬感受性個人差」について招待講演を行いました。
2018/05/25
池田参事研究員が、第61回日本糖尿病学会年次学術集会において、「疼痛感受性と鎮痛薬感受性の遺伝要因解明とその臨床応用」について招待講演を行いました。
2018/4/20
池田参事研究員・西澤主席研究員らの特許「サイクリックAMP応答配列結合タンパク質遺伝子解析による薬物感受性および疾患脆弱性の評価方法」が成立しました。

2017年度 (2017年4月~2018年3月)

2016年度 (2016年4月~2017年3月)

2015年度 (2015年4月~2016年3月)

2016/2/29
第46回日本神経精神薬理学会年会(2016/7/2-3)の演題登録受付、JSNP年会賞の応募締切日を延期しました(締切:3月7日(月))。
2016/2/23
西澤主席研究員が「鎮痛薬関連遺伝子多型の同定とその医療応用」により、2015年度東京都医学総合研究所職員表彰を受賞しました。
2015/11/22
西澤主席研究員・藤田主席研究員・古田島研究員・森屋協力研究員が第4回アジア神経精神薬理学会において、JSNP Excellent Presentation Award for AsCNP 2015を受賞しました。
2015/10/31
吉田協力研究員が2015年日本歯科麻酔学会デンツプライ賞を受賞しました。
2015/9/26
井手主席研究員が第45回日本神経精神薬理学会において、若手優秀発表賞を受賞しました。
「ATP受容体P2X7サブタイプ遺伝子多型と疼痛および鎮痛薬感受性との相関」
2015/8/24
オレキシン受容体遺伝子の多型が喫煙などと関連することを見出した論文がMol Brain誌に掲載されました。
Mol Brain vol. 8
Nishizawa et al PDF (Open Access)
2015/6/26
マイクロ精神病態に関する2つの特集号がCurr Mol Med誌で組まれました。
2015/5/17
佐藤協力研究員が13th Asian and Oceania Congress of Child NeurologyにおいてBest Poster Award (2015年AOCCN)を受賞しました。

2014年度 (2014年4月~2015年3月)

2013年度 (2013年4月~2014年3月)

2012年度 (2012年4月~2013年3月)

2012/12/19
池田参事研究員らの研究成果が英国科学雑誌「Nature Communications (ネイチャー・コミュニケーションズ)」で発表されました。 
<記事掲載>
2012/11/29
池田参事研究員・西澤研究員らの研究成果が米国科学雑誌「Molecular Psychiatry (モレキュラー・サイカイアトリー)」で発表されました。
<記事掲載>
2012/06
西澤研究員、菅谷研究員が日本神経精神薬理学会 [JSNP Excellent Presentation Award for CINP 2012]を受賞しました。
2012/01/17
「テーラーメイド疼痛治療の開始」について発表しました。 
<記事掲載>
  • 産経新聞 2012/01/18
  • 東京新聞 2012/01/18
新着情報一覧


アルコール関連問題啓発週間ポスター【厚生労働省】

研究所ホームページ

国立精神・神経医療研究センター 精神保健研究所 精神薬理研究部