開催報告 | 東京都医学総合研究所 | 東京

HOME広報活動 > 開催報告

開催報告などを掲載しています。




2019年4月16日(火曜日)

2019年度第1回都医学研都民講座を開催しました

会場:東京都医学総合研究所

4月16日(火曜日)、当研究所の講堂において、「こどもの脳の難病を治す ‐遺伝子治療の幕開け‐」と題して、第1回都医学研都民講座を開催しました。今回は、自治医科大学小児科学教授の山形崇倫先生を講師にお迎えしました。

まず、当研究所こどもの脳プロジェクトの佐久間啓プロジェクトリーダーから、「こどもの稀少神経難病に対する取り組み」と題してお話ししました。稀少難病とは人口2千人に1人未満の稀な頻度で発生し、治療方法が確立しておらず、長期の療養を要する病気です。この稀少難病の一つである先天代謝異常症の根治療法として期待される、細胞治療についての研究内容をお話ししました。

続いて、山形先生から、「小児神経疾患への遺伝子治療の開発 ‐AADC欠損症※1に対する遺伝子治療‐」と題してお話しいただきました。神経疾患の治療法として、近年、ウイルス等から作られたベクター※2を使って、遺伝子を脳に導入する遺伝子治療が開発され、治療効果が得られてきました。このうち、山形先生たちは、AADC欠損症の患者さんたちに遺伝子治療を行ったところ、寝たきりだった患者さんたちが、歩行器を使った歩行ができるまでに回復したことなどについてお話しいただきました。

講演後のアンケートでは、「AADC欠損症の患者さんが、遺伝子治療後に歩くことができるようになったのをみてびっくりした。」といった御意見を多く頂きました。

講演終了後、希望者に研究室を見学していただき、「なかなか見ることのできない研究室が見学できてよかった。」等、満足していただきました。

※1 AADCは、神経伝達物質の合成に必須の酵素で、AADC欠損症は、生まれつきAADC遺伝子に変異があることで、AADCが働かなくなる疾患である。この欠損により、発汗や血圧の調整等の自律神経機能が働かない等の症状が現れる。
※2 遺伝子組み換え操作で使われ、挿入する遺伝子の断片の大きさや挿入目的によって、様々な特徴を加えた媒体である。このうち、ウイルスベクターは、ウイルスの病原性に関する遺伝子を取り除き、外来の目的遺伝子を組み込んだものである。



写真右:講演の様子(上から、佐久間研究員、山形崇倫先生)

写真下:講演終了後の1枚(左:山形先生、右:佐久間研究員)、講演会場の様子

講師の会場


2019年4月13日(土曜日)、4月14日(日曜日)

科学技術週間特別行事に参加しました

会場:日本科学未来館

4月13日(土)、14日(日)の2日間、当研究所では、日本科学未来館において、「DNAと脳の仕組み」と題し、実験教室等を行いました。この行事は、「Tokyoふしぎ祭(サイ)エンス」をキャッチフレーズに、首都大学東京、各研究・教育機関等が一堂に会して研究・技術についてわかりやすく紹介するものです。

当研究所からは、「見てみよう」、「調べてみよう」、「作ってみよう」という3つのテーマで、来場者に直接実験等に参加していただく「体験展示」を実施しました。

企画1の「バナナからDNAを取り出そう」の参加者は、最初にDNA等についての説明を受けた後、バナナからDNAを取り出す実験を行いました。参加者は実験の手順について真剣に耳を傾け、実験用ゴム手袋を付けた慣れない手つきで実験をやり遂げました。最後にDNAが取り出せると、白衣に身を包んだ小学生等からは満面の笑みがこぼれ、驚きの声が響きました。企画2の「DNAの二重らせんを作ろう」の参加者は、DNAの形を模したビーズストラップ作りに挑戦しました。集中して親子で協力し、熱心に作業している姿が印象的でした。企画3の「錯視を体験しよう」の参加者は、3種類の図形に、シールを貼ったり、ハサミで切ったり、あるいは、線を描いたりするなどの工作を通じて、錯視を体験しました。脳が見せる錯覚について説明を受けながらも、不思議そうに図形を見つめていました。

担当した研究者等にとって、普段は接することの少ない都民の皆様に研究内容等を披露する貴重な機会となり、有意義なイベントとなりました。



写真:錯視体験をする子供達の様子

平成31年3月10日(日曜日)

第30回 サイエンスカフェin上北沢「こころとからだのメンテナンス -からだのなかの電気のリズム-」を開催しました

会場:東京都医学総合研究所

3月10日(日曜日)、当研究所の講堂において、うつ病プロジェクトの楯林義孝プロジェクトリーダーを話題提供者として、榛葉俊一協力研究員の協力のもと、第30回 サイエンスカフェ in 上北沢「こころとからだのメンテナンス -からだのなかの電気のリズム-」を開催しました。

まず楯林義孝プロジェクトリーダーから、脳波、心電図及び汗を計測することで、自律神経の状態がわかることを説明しました。また、強いストレスがかかると、自律神経が乱れ、質の良い睡眠をとることができなくなること、さらに、榛葉協力研究員から、リラックスする方法として、脳の場合は目を閉じること、心臓の場合は深呼吸すること、汗をかかないようにするには何も考えないようにすること、といった話がありました。

説明後には、脳波、心電図及び汗の3つの計測を体験して頂きました。脳波の計測では、目を閉じてリラックスした状態になると、規則正しい波形が現れ、α波が出てくることが確認できます。心電図の計測では、深呼吸すると、脈の間隔が広がり、副交感神経の活動も高まることがわかります。汗の計測では、一般的にはうそ発見器で利用されている技術ですが、何も考えない状態から、何かを考える状態になると、波形が大きく乱れることが確認できます。3つともうまく計測できたり、1つしかうまく計測できなかったりと様々でしたが、楽しんで頂きました。

参加したみなさんからは、「汗によって自分の中で何が起きているのか知ることができて楽しかった」といった御意見を数多く頂きました。



写真右:楯林義孝研究員

写真下:会場の様子

会場


平成31年2月15日(金曜日)

平成30年度 第8回都医学研都民講座を開催しました

会場:一橋講堂

2月15日(金曜日)、当研究所では、一橋講堂において、「緑内障から目を守るために」と題して、第8回都医学研都民講座を開催しました。今回は、東京慈恵会医科大学眼科学講座主任教授の中野匡先生を講師にお迎えしました。

まず、中野先生から、「放っておくと怖い緑内障!早く見つけるためには?」と題してお話しいただきました。緑内障は、視神経が眼圧等により障害されることで、徐々に視野が狭くなる病気で、中途失明原因としては一番多いものです。この病気の特色としては、病状がかなり進行しない限り気付かず、自覚症状が乏しいことが挙げられます。視野障害は、10年以上かけてゆっくりと進み、末期に至るまでは視力は良く、視野の中心が欠けてきて初めて自覚することから、未発見潜在患者のうち、9割もの方が気づいていないといわれているそうです。このため、症状の初期のうちに緑内障を発見し、毎日点眼し、症状の進行を遅らせることが重要とのことでした

続いて、当研究所視覚病態プロジェクトの原田プロジェクトリーダーから、「最新の研究からわかったこと〜緑内障とうまくつきあうには?」と題してお話ししました。日本人では緑内障患者のうち、約7割が正常眼圧緑内障のため、そのモデル動物を開発したうえで、緑内障以外の病気に対して既に使われている薬やあるいは食品のなかに、緑内障に対しても効果を持つものがないか探しているとのことでした。さらに視神経再生に関する最近の研究成果が紹介され、患者さんには「希望を持って治療を継続して下さい」というメッセージが伝えられました。

当日は粉雪が舞い散るような寒さにも関わらず、参加者で会場がほぼ一杯となり、講演後のアンケートでは、「緑内障の研究が進んでいて勇気づけられた」といった御意見を多く頂きました。



写真右:上から中野匡先生、原田高幸研究員、会場の様子

写真下:控室にて(左:中野先生 右:原田研究員)

会場
Schizophrenia Research Leader Makoto Arai

平成31年2月8日(金曜日)

第19回都医学研国際シンポジウムを開催しました

会場:東京都医学総合研究所

2月8日(金)、当研究所は、講堂において、「Preventive medical research in areas of psychiatry, health, and social welfare: Beneficial life course intervention in critical and sensitive periods for glycation, oxidative stress, and nutritional epidemiology(精神医学、健康と社会福祉の領域の予防的な医学研究:糖化反応、酸化ストレスと栄養的な疫学のための重大で繊細な時期における有益なライフコースへの介入)」と題して、第19回都医学研国際シンポジウムを開催しました。国際シンポジウムは国内、国外の研究者を招聘し、医学に関連する各種研究分野の最先端の研究成果について発表し、討議することを目的とします。今回は、国内からの6人の研究者の他に、諸外国から8人の研究者をお招きしました。

今回、シンポジウムは二つの大きなテーマで進行し、まず、「健康・福祉と栄養に関する疫学」をテーマに、ユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドンのMarcus Richards先生と東京大学のSatoshi Sasaki先生からお話しいただきました。続いて、「テクノロジー、食品科学、病気」をテーマに、カタール生物医科学研究所のPaul J. Thornalley先生、東海大学のRyoji Nagai先生、 リール大学のFrédéric J. Tessier先生、サウス・カロライナ大学のNorma Frizzell先生、佐賀大学のAkira Monji先生、ウォーリック大学のNaila Rabbani先生、金沢大学のMoeko Shinohara先生、国立台湾大学のChih-Kang Chiang先生、東京大学のReiko Inagi先生、コロラド医科大学のRam H. Nagaraj先生、フリードリヒ・アレクサンダー大学エアランゲン=ニュルンベルクのMonika Pischetsrieder先生、金沢大学のYasuhiko Yamamoto先生からご講演をいただきました。

近年、終末糖化産物(AGEs)(※1)と酸化ストレス(OS)(※2)が、精神や身体の機能障害と密接に関係していることが明らかになってきています。AGEsとOSは、多様な構造を持ち、さらに、多くの生物学的プロセスにおいても極めて重要なものです。しかし、これらは、加齢や病状の進行を通じてダイナミックに構造が変化するため、それらを正確に特徴づけることは難しいものです。今回、生物学、遺伝学や栄養学といった様々な分野から先生方にお集まりいただき、AGEsとOSがどのように精神や身体に影響を与えるのかといった多くの最新成果を発表していただきました。

今後も当研究所では、研究者や医療従事者等を対象に最先端の研究領域や社会的注目度の高いトピックをテーマとし、最先端の情報収集を行い、研究成果の国際的な発信を目指して国際シンポジウムを開催していく予定です。


※1:タンパク質の糖化反応(メイラード反応)によって作られる生成物の総称で、身体の様々な老化に関与する物質である。

※2:酸化反応により引き起こされる生体にとって有害な作用で、細胞が傷つけられてしまうものである。


写真右上:新井 誠 統合失調症プロジェクトリーダー(Organizer)

写真下:集合写真、会場の様子

集合写真
七田崇研究員
北園孝成先生
会場

平成31年1月17日(水曜日)

平成30年度第7回都医学研都民講座を開催しました

会場:一橋講堂

1月17日(木曜日)、当研究所では、一橋講堂において、「脳卒中の世紀」と題して、第7回都医学研都民講座を開催しました。今回は、九州大学大学院医学研究院院長の北園孝成先生を講師にお迎えしました。

まず、当研究所脳卒中ルネサンスプロジェクトの七田崇プロジェクトリーダーから、「燃えさかる!?脳卒中後の炎症の正体」と題してお話ししました。脳卒中は、ある日突然発症し、脳が傷つく病気で、脳の血管が詰まる脳梗塞と、脳の血管が破れて出血する脳出血及びクモ膜下出血の3つに分けられます。脳卒中になると、身体が傷ついた時と同じように、脳の傷口が腫れ、炎症が起こります。脳が腫れてしまうと、脳卒中の症状や病気は悪くなってしまいますが、炎症は1週間程度で次第に治まり、傷口は治り始めるそうです。つまり、脳が損傷すると、白血球が傷口を感知し、脳内に侵入してひとしきり炎症を起こし、その後、炎症を起こす物質を排除して、修復の機能を持つ細胞に転換するとのことでした。

続いて、北園先生から、「脳卒中にならないための健康管理」と題してお話しいただきました。脳卒中になる要因として、高血圧、糖尿病、脂質異常症、不整脈(心房細動)等が挙げられますが、あらかじめこれらの危険因子をきちんと治療することで、発症を抑えることが可能とのことでした。これ以外にも、例えば、塩分の摂取は1日に6グラム未満となるようにしたり、1日に1万歩は歩いたりするように心がけることも、脳卒中の予防にとって大切であるといったお話がありました。また、不幸にして脳卒中を発症してしまった場合には、一刻も早く病院に行くことが必要で、これにより麻痺等の後遺症の重さが左右されるとのことでした。

講演後のアンケートでは、「不整脈をチェックするために、毎日脈を計ることを習慣にしていきたいと思った。」といった御意見を多く頂きました。


写真右:上から七田崇研究員、北園孝成先生、会場の様子。

写真下:控え室にて(左:七田研究員 右:北園先生)。

左:七田研究員 右:北園先生
ページの先頭へ