写真1
写真2
写真6
写真5

平成30年9月30日(日曜日)

平成30年度第4回都医学研都民講座を開催しました

会場:日経ホール

9月30日(日)、当研究所では、日経ホールにおいて、「難病・ALSを「治す」への挑戦」と題して、第4回都医学研都民講座を開催しました。今回は、一般社団法人せりか基金代表理事黒川久里子先生を講師にお迎えしました。

まず、黒川先生から、「『宇宙兄弟』がつなぐ難病・ALS※治療への挑戦 -せりか基金の取り組み-」と題してお話しいただきました。先生が代表理事を務めているせりか基金は、漫画「宇宙兄弟」の登場人物の一人であり、ALSの研究を行う伊東せりかにちなんで設立したものです。そして、主な活動は、ALSの治療法の研究開発費を集め、せりか基金賞として、研究者に研究開発費を助成する活動をしていると、お話しいただきました。

続いて、当研究所認知症プロジェクトの長谷川成人プロジェクトリーダーから、「原因究明の果てない道のり」と題してお話しました。長谷川研究員は、若年性認知症である前頭側頭型認知症に蓄積するTDP-43を2006年に発見し、さらに、これがALSの発症と進行の原因物質であることも発見しました。現在、TDP-43が、なぜ脳に蓄積し、ALSを発症するのか、そして、防ぐ方法はないのかなどの研究を行っていることをお話ししました。また、TDP-43の構造は今後、数年のうちに明らかになり、それにより、研究が進展していくのではないかといったお話しもありました。

演者二人による講演の後、NPO法人さくら会の川口氏にもご登壇いただき、司会の当研究所難病ケア看護プロジェクトの中山優季プロジェクトリーダーも交え、総合討議を行いました。その中では、ALSの特徴として、病状が進むと患者の性格が厳しくなることが多いが、研究が進展することで、少しでも生きていく力を与えることができればよいといったお話しがありました。

台風の接近により、開催が危ぶまれる中での開催でしたが、アンケートでは、「治療薬の開発に向けた最新の動向を聞くことができてよかった。」といった御意見を多く頂きました。

※ALS:筋萎縮性側索硬化症のことで、神経変性疾患の一つであり、TDP-43というタンパク質が異常に蓄積することで発症する。主な症状として、神経系が徐々に壊れ、筋肉に神経の命令が伝わらなくなることで、動かすことが次第に困難になっていく。現在、原因不明で根本治療薬が存在しない難病である。


写真右:上から黒川先生、長谷川研究員、川口氏、中山研究員

写真下:総合討議(左から川口氏、黒川先生、長谷川研究員)

写真1
写真2
写真3
写真4
写真5

平成30年8月19日(日曜日)

サイエンスカフェin上北沢
「脳の中をのぞいてみよう!-私たちを守ってくれる白血球を見てみよう!-」を開催しました

会場:東京都医学総合研究所

8月19日(日曜日)、当研究所の講堂において、脳卒中ルネサンスプロジェクトの七田崇プロジェクトリーダーを話題提供者として、「サイエンスカフェin上北沢『脳の中をのぞいてみよう!-私たちを守ってくれる白血球を見てみよう!-』」を開催しました。今回御参加いただいた30名の方は、脳や白血球の働きについて学んだり、脳の細胞や白血球等を観察したりするとともに、研究者と自由に語り合いました。

七田プロジェクトリーダーが脳や白血球の働きについて説明した後、参加者のみなさんに4つのコーナーを体験していただきました。一つ目は、自らマウスの血液をスライドガラスに塗って、白血球を実体顕微鏡で観察しました。二つ目は、特殊な薬品によって透明化したマウスの脳に、神経細胞に赤く光る色を付けて、蛍光顕微鏡で観察しました。三つ目は、脳梗塞を起こしたマウスの脳では、神経細胞やグリア細胞の内のアストロサイト(注)がどんな風に見えるのか、蛍光顕微鏡で観察しました。四つ目は、目で見たことが、実際の物とは違って見える錯視について、自ら工作し、体験しました。

参加者は小学生から大人まで様々でしたが、参加したみなさんからは、顕微鏡を使ったマウスの血液の観察や、透明化したマウスの脳を見ることができて、楽しかったといった御意見を数多く頂きました。

(注)アストロサイト:シナプスや神経細胞の表面を被い、神経細胞の伝達機能や代謝・栄養面を支えているもので、グリア細胞のうちのひとつ。


写真右:上から観察用スライドガラス作成、白血球の観察、蛍光顕微鏡による観察、錯視作成等)

写真下:七田プロジェクトリーダーによるお話

写真 七田プロジェクトリーダーによるお話
ページの先頭へ