HOME > 都民講座

都民講座

神経及びその疾患、精神障害の本態、成因及びがん、感染症等の研究をすすめ、未解明の重要疾患の原因究明、予防法や治療法の開発などに総合的に取り組んでおり、その研究内容の一端や関連する最新情報を、都民の皆様にわかりやすくお伝えするため、都民講座を開催しています。


第4回 「難病・ALSを「治す」への挑戦」
平成30年9月30日(日)

※ 当日席あり(先着300名) 会場へ直接お越しください。
応募締切:平成30年9月12日 (水) ハガキ:消印有効 メール:必着

都民向け 無料
会場:日経ホール

『宇宙兄弟』がつなぐ難病・ALS治療への挑戦-せりか基金の取り組み-

一般社団法人せりか基金 代表理事 黒川久里子

大人気漫画、宇宙兄弟にちなんで設立したせりか基金は、ALS(筋萎縮性側索硬化症)の治療法をみつけるための研究開発費を集める活動をしています。その取り組み紹介、ALSを治療可能な病気にするために私たちができることについて、皆様と考えていきたいと思います。・・・

原因究明の果てない道のり

東京都医学総合研究所 認知症プロジェクトリーダー 長谷川成人

若年性認知症に蓄積する未知のタンパク質の解析に関わり、2006年に見つかったTDP-43というタンパク質は、ALSの発症と進行の原因タンパク質であることが判明しました。それ以来、TDP-43が、なぜ運動ニューロンに蓄積し、ALSを引き起こすのか、・・・

第5回 「白血病治療法の最前線戦」
平成30年10月25日(木)
応募締切:平成30年10月8日 (月) ハガキ:消印有効 メール:必着

都民向け 無料
会場:日経ホール

悪性Tリンパ腫に対する新しい薬の開発を目指して

東京都医学総合研究所 幹細胞プロジェクト プロジェクトリーダー 原 孝彦

急性Tリンパ芽球性白血病(T-ALL)は約10万人に1人が発症する難治性の急性白血病であり、特効薬はまだ開発されていない。私たちは、T-ALL細胞を選択的に死滅させる天然化合物を発見し、同等物質の有機合成に成功した。・・・

発展を続ける白血病治療法の歴史と未来

自治医科大学 名誉教授 小澤 敬也

白血病の治療は、長年、抗癌剤を用いる化学療法が中心であった。その後、急性前骨髄球性白血病は分子標的治療薬の登場により、治療成績が劇的に改善した。慢性骨髄性白血病もグリベックに代表される分子標的治療薬でほぼ外来コントロールが可能となっている。また、・・・

都民講座 平成30年度 開催予定

第6回 「加齢に負けないしなやかな脳」 平成30年12月20日(木) 応募締切:H30.12.3(月)消印有効

会場:よみうりホール 18:30~20:00

生活習慣から認知症を予防する

東京医科大学 高齢診療科 主任教授 羽生春夫

病気・加齢から脳を守る仕組み

東京医科大学 医学教育推進センター センター長 三苫博

第7回 「脳卒中の世紀」 平成31年1月17日(木) 応募締切:H31.1.3(木)消印有効

会場:一橋講堂 14:30~16:00

燃えさかる!?脳卒中後の炎症の正体

東京都医学総合研究所 脳卒中ルネサンスプロジェクトリーダー 七田崇

脳卒中にならないための健康管理

九州大学大学院 医学研究院 病態機能内科学 教授 北園孝成

第8回 「緑内障から目を守るために」 平成31年2月15日(金) 応募締切:H31.1.28(月)消印有効

会場:一橋講堂 14:30~16:00

放っておくと怖い緑内障! 早く見つけるためには?

東京慈恵会医科大学 眼科学講座 主任教授 中野匡

最新の研究からわかったこと〜緑内障とうまくつきあうには?

東京都医学総合研究所 視覚病態プロジェクトリーダー 原田高幸

都民講座 平成30年度 終了分

都民講座 平成29年度 終了分

都民講座 平成28年度 終了分

都民講座 平成27年度 終了分

都民講座 平成26年度 終了分

ページの先頭へ