都民講座

神経及びその疾患、精神障害の本態、成因及びがん、感染症等の研究をすすめ、未解明の重要疾患の原因究明、予防法や治療法の開発などに総合的に取り組んでおり、その研究内容の一端や関連する最新情報を、都民の皆様にわかりやすくお伝えするため、都民講座を開催しています。


第7回 「依存症に正しく向き合う ー予防、治療、回復ー」
2020年1月18日(土)14:30〜16:00
応募締切:2020年1月13日(月) ハガキ・メール:必着

都民向け 無料
会場:一橋講堂

依存症をめぐる最近の動き

東京都医学総合研究所 依存性薬物プロジェクトリーダー 池田 和隆

日本は2018年、「成育基本法」を発表し、お子さんとお母さまの心身の健康が確保されるための施策を進めることを決めました。一方、東京都で実施された妊産婦の死亡原因の調査によると、最大の死亡原因は自死で、うつ病等メンタルヘルスの不調と思われる方がかなりを占めていることがわかりました。妊娠出産は・・・

人はなぜ依存症になるのか ~依存症からの回復のために必要なもの~

国立研究開発法人 国立精神・神経医療研究センター 精神保健研究所 薬物依存研究部 部長 松本 俊彦

人 はいかなる快感にも呆れるほどすぐに倦む生き物です。それは、私たちの中枢神経系は悲しいほど簡単に刺激に鈍麻し、快楽に倦んでしまいやすい性質を持っているからです。それにもかかわらず、一部の限られた人たちだけがいつまでも倦むことなく、その物質を使い続けるのはなぜなのでしょうか。こうした問いに・・・


都民講座 2019年度 開催予定

第8回 「思春期の心の発達を理解する-生きる力を引き出すために-」 2020年2月12日(水) 
応募締切:2020年2月7日(金)必着

会場:一橋講堂 14:30~16:00

東京都医学総合研究所 心の健康プロジェクトリーダー 西田 淳志
東京大学医学部附属病院 精神神経科 教授 笠井 清登

都民講座 2019年度 終了分

都民講座 平成30年度 終了分

都民講座 平成29年度 終了分

都民講座 平成28年度 終了分

都民講座 平成27年度 終了分

都民講座 平成26年度 終了分

都民講座 平成25年度 終了分

第8回 平成26年2月26日(水) 「お酒と心の健康 ―依存のリスクに気をつけて― 」
都庁第一本庁舎 5階大会議場

東京都医学総合研究所 研究員 池田 和隆

第7回 平成26年1月30日(木) 「コンドロイチン硫酸の謎 -膝痛と神経再生-」
津田ホール

愛知医科大学 医学部 基礎科学部門 教授(旧新潟大学 准教授)武内 恒成
東京都医学総合研究所 研究員 前田 信明

第6回 平成25年12月18日(水)「摂食障害からの回復と社会復帰を考える」
津田ホール

白梅学園大学 子ども学部 発達臨床学科 教授 西園マーハ 文

第5回 平成25年10月25日(金)「自閉症とイクメンの星を社会性認識・記憶から科学する」
津田ホール

金沢大学 子どものこころの発達研究センター 特任教授 東田 陽博

第4回 平成25年9月19日(木)「トラウマ・PTSD・喪失による悲嘆からの回復」
津田ホール

東京都医学総合研究所 副所長 飛鳥井 望

第3回 平成25年7月11日(木)「実は身近な子ども虐待」
津田ホール

山田内科胃腸科クリニック 副院長
認定NPO法人 子ども虐待ネグレクト防止ネットワーク 理事 山田 不二子

第2回 25年6月7日(金)「統合失調症研究の最新情報」
津田ホール

東京都医学総合研究所 精神行動医学研究分野 分野長 糸川 昌成

第1回 平成25年4月26日(金)「脳形成異常の診断・研究の最前線」
東京都医学総合研究所

臨床から「セカンドオピニオンの役割」

山形大学医学部附属病院 講師 加藤 光広

基礎から「脳はどのようにできるのか?」

東京都医学総合研究所 研究員 丸山 千秋

都民講座 平成24年度 終了分

第8回 平成25年2月27日(水)「目の老化とアンチエイジング 」都庁第一本庁舎 5階大会議場

・目から若返ろう ・老化に伴う目の病気

慶應義塾大学 医学部 眼科学教室 教授 坪田 一男
筑波大学 医学医療系眼科 教授 大鹿 哲郎

第7回 平成25年1月17日(木)「味覚と健康 -その繋がりの原理をさぐる-」津田ホール

東京大学大学院 農学生命科学研究科 応用生命化学専攻
特任教授・名誉教授 阿部 啓子

第6回 平成24年12月20日(木)「糖尿病合併症から身を守る」津田ホール

東京慈恵会医科大学 糖尿病・代謝・内分泌内科 主任教授 宇都宮 一典

東京都医学総合研究所 研究員 三五 一憲

第5回 平成24年10月17日(水)「からだを守る免疫の仕組みからアレルギーを考える」津田ホール

順天堂大学大学院 医学研究科 アトピー疾患研究センター 准教授 西山 千春

国立国際医療研究センター研究所 分子炎症制御プロジェクト プロジェクト長 反町 典子

第4回 平成24年9月19日(水)「脳の内と外から見た認知症」津田ホール

脳(外)のおはなし

筑波大学 医学医療系臨床医学域 精神医学 教授 朝田 隆

脳(内)のおはなし

東京都医学総合研究所 研究員 内原俊記

第3回 平成24年7月5日(木)「いつまでも老いない脳をつくる」津田ホール

東京大学・大学総合文化研究科 教授 石浦 章一

第2回 24年6月7日(金)「パーキンソン病の早期診断、早期治療法の開発に向けて」津田ホール

松戸市立福祉医療センター 東松戸病院 神経内科部長 藁谷 正明

東京都医学総合研究所 研究員 橋本 款

第1回 平成24年4月18日(水)「たんぱく質からみた健康と病気」東京都医学総合研究所 講堂

体の中身を入れ替える?-健康に生きるために-

東京都医学総合研究所 研究員 小松 雅明

認知症研究の最前線-異常たんぱく質を排除しろ-

東京都医学総合研究所 研究員 長谷川 成人

都民講座 平成23年度 終了分

第7回 平成24年2月24日(金)
「細胞の発電所 ミトコンドリアの機能からみた生活習慣病の原因と治療」津田ホール

SBIアラプロモ株式会社 執行役員 CSO 中島 元夫

第6回 平成24年1月27日(金)「ジェネリック医薬品とは何か?」津田ホール

昭和薬科大学 特任教授 西島 正弘

第5回 平成23年12月6日(火)「神経難病の方の「伝えるこころ」をつなぐ知恵と技②」津田ホール

「意思伝達障害のメカニズム」

都立神経病院 脳神経内科 医長 長尾 雅裕

「ブレインーマシン インターフェース(BMI)技術を用いた意思伝達技術の開発最前線」

産業技術総合研究所 ヒューマンライフテクノロジー研究部門 ニューロテクノロジー研究グループ長 長谷川 良平

第4回 平成23年11月2日(水)「神経難病の方の「伝えるこころ」をつなぐ知恵と技①」津田ホール

「古代の心で生きる」

学習院大学 名誉教授 篠沢 秀夫(音声再現協力:株式会社ウォンツ 岩木 健/都立神経病院 本間 武蔵)

「意思伝達支援の実際」

東京都医学総合研究所 研究員 中山 優季

第3回 平成23年9月22日(木)「統合失調症の地域ケア:家族の役割と家族への支援」津田ホール

東洋大学 ライフデザイン学部 生活支援学科 教授 白石 弘巳

第2回 平成23年7月7日(木)「発達障害から発達凸凹(でこぼこ)へ」津田ホール

浜松医科大学 児童青年期精神医学講座 特任教授 杉山 登志郎

第1回 平成23年6月8日(水)「統合失調症:遺伝と環境(脂肪酸)」東京都医学総合研究所 講堂

理化学研究所 脳科学総合研究センター 分子精神科学研究チーム シニアチームリーダー 吉川 武男

トップへ戻るボタン