HOME > 基盤技術研究センター

基盤技術研究センター

基盤技術研究センターは、動物実験開発室と研究技術開発室の2室で構成されています。いずれの室も、研究を支える基盤技術のサービスとより新しい基盤技術の開発研究とを主たる任務としています。 動物実験開発室はマウスやラットなど医学研究を支える実験動物の育成、飼養、そして提供を行なっています。特に、遺伝子改変動物をインハウスで作製することにより、所内の研究者により有効な遺伝子改変動物を迅速かつ安価に提供することを目的としています。本開発室は動物管理室と遺伝子改変動物室に分かれ、2つの部門が有機的に機能するよう、動物実験開発室室長のもと一元管理されています。

研究技術開発室
研究支援室、情報支援室、施設管理室から成ります。
研究支援室
各種顕微鏡など研究に必要な機器の管理、遺伝子解析、プロテオーム解析、生体の微細構造解析、あるいは組織標本染色など高度な研究技術により研究支援を行ないます。
学術支援室
研究成果の学術論文のグレードを高め、影響力の高い科学誌掲載を目指して学術的な支援を行っています。
情報支援室
図書室の管理、当研究所で必要な情報収集、ネットワークの管理、写真・映像の管理、得られた研究成果のメディアへの公表などを受け持ちます。
施設管理室
ラジオアイソトープ室、有害化学物質管理室、一般中央機器室から成り、ラジオアイソトープ実験、有害化学物質の保存・廃棄を管理するとともに、研究員が使用する共通機器全般の管理もします。

これらの部門・組織・室は、それぞれが有機的に連係し、効率よく機能するよう、研究技術開発室室長のもと一元管理されています。

ページの先頭へ