HOME基盤技術研究センター動物実験開発室 > 基盤技術研究センター

基盤技術研究センター

動物実験開発室 / 遺伝子改変動物室

遺伝子改変動物室では、主に発生工学的手法を用いて遺伝子機能解析やヒト疾患モデル開発などを目的としたトランスジェニックマウス、ノックアウトマウスの作製を行っています。また、こうした遺伝子改変マウスをはじめ、研究を実施する上で有用な様々な系統を維持するために胚・配偶子の凍結保存を行っています。

ページの先頭へ