• HOME
  • 研究不正防止関係

研究不正防止関係

研究不正行為等防止の取組

1.公正な研究活動を確保するための行動規範

東京都医学総合研究所では、真理に忠実かつ高い倫理性を保持しながら自由かつ独創的な質の高い研究をひたすら追求する立場に立ち、透明性の高い研究環境の創出と、さらに、不正行為等の防止と、万一発生した場合の迅速かつ公正で透明性の高い対応と再発防止についての取組を行うため、研究に携わるすべての者が守るべき倫理及び行動の規範を定めています。

2.研究者の不正行為及び研究費不正使用等の防止に関する要綱

研究活動における不正行為及び研究費の不正使用等を防止するとともに、不正行為等が行われ、又はその恐れがある場合に適切に対応するための要綱を定めています。

(1)管理責任体制

以下の管理責任体制を定め、研究不正行為等防止に努めています。

(2)不正行為等防止委員会

不正行為等防止委員会は不正行為等を防止する方策を決定し、その実施を推進します。

  1. 不正行為等防止計画の策定及び推進
  2. 影響直の高い雑誌に投稿する論文の画像等の適正性について事前点検を実施
  3. 不正行為等の告発があったときの予備調査の実施
  4. その他不正行為等を防止する重要な方策について審議
(3)不正行為等調査体制

不正行為等に係る告発があった場合には以下のとおり迅速かつ公正な対応をしていきます。

(4)告発・相談窓口

東京都医学総合研究所に所属する研究員等による研究活動の不正行為及び研究費の不正使用に関する告発・相談窓口を外部に機関に設置しています。

3.不正行為等防止計画

公正な研究活動を確保するための行動規範の趣旨を踏まえ、東京都医学総合研究所の研究活動に関し、不正行為等を防止するための具体的な方策として不正行為等防止計画を策定しています。

4.科研費等執行の手引き

科研費等外部研究費の使用ルールについてわかりやすく記載した手引きを作成しています。

5.関連リンク

科研費等外部研究費の使用ルールについてわかりやすく記載した手引きを作成しています。

文部科学省