HOME研究所案内組織 > 所長紹介

組織

所長紹介

田中 啓二の写真
公益財団法人 東京都医学総合研究所
所長 田中 啓二

略歴

1972年 徳島大学医学部栄養学科卒業
  徳島大学大学院栄養学研究科入学
1974年 徳島大学大学院栄養学研究科卒業
1976年 徳島大学大学院医学研究科博士課程中退
  徳島大学酵素研究施設・助手
1980年 医学博士号:取得
1981年〜1983年 米国ハーバード大学医学部生理学部門(現・細胞生物学部門) に留学
1995年 徳島大学酵素科学研究センター 助教授
1996年 (財)東京都臨床医学総合研究所分子腫瘍学研究部門 部長
2002年 (財)東京都医学研究機構東京都臨床医学総合研究所 副所長
2006年 (財)東京都医学研究機構東京都臨床医学総合研究所 所長代行
2006年~2008年 日本学術会議連携会員
2011年 (財)東京都医学総合研究所 所長
蛋白質代謝研究室 チームリーダー(兼任)
2011年〜現在 日本学術会議会員
2012年~現在 (公財)東京都医学総合研究所所長
東京バイオマーカー・イノベーション技術研究組合
(略称:とびら)理事長
学術会議「学術の大型研究計画検討分科会」委員
CREST「構造生命科学」総括
創薬等支援技術基盤プラットフォーム推進委員会
副委員長(解析・情報 拠点コーディネーター:兼任)

連携講座教授:(客員教授)

2004年〜現在 東京大学(大学院新領域創成科学研究科)
1998年〜現在 お茶の水女子大学
2008年〜現在 新潟大学(大学院医歯学総合研究科)
2011年〜現在 筑波大学

受賞歴

1988年 日本生化学会奨励賞:プロテアソーム(高分子量多機能プロテアーゼ複合体)の構造と機能
2003年 内藤記念科学振興賞:プロテアソームの構造と機能に関する研究
2004年 上原賞:プロテアソームの発見と病態生理に関する研究
  朝日賞:たんぱく質分解にかかわるプロテアソームの構造と機能の解明
2005年 東京スピリット賞(東京都)
2007年 東レ科学技術賞:プロテアソームの動態と作動機構に関する包括的研究
2009年 武田医学賞:プロテアソームを基軸としたタンパク質分解系に関する先駆的研究
ナイスステップ研究者2009
2010年 日本学士院賞:プロテアソーム(蛋白質分解酵素複合体)の構造と機能に関する研究
徳島新聞賞科学賞
徳島大学栄誉賞
2011年 日本内分泌学会マイスター賞
慶應医学賞:蛋白質分解酵素複合体プロテアソームの発見と作動機構の解明

学会活動等

1983年~現在 日本生化学会
平成10年〜評議員、平成17年・理事、平成18年・常務理事、平成18〜19年・副会長、平成24〜25年・理事、平成22年・第83回日本生化学会大会"BMB2010"会頭
1988年~現在 日本分子生物学会
平成17年〜評議員、平成18〜20年・理事、平成22〜24年・理事
1994年~現在 日本免疫学会
2001年~現在 日本蛋白質科学会
平成14〜17年・理事、平成18〜19年・副会長, 平成20年〜理事、平成20年・第8回日本蛋白質科学会年会年会長
2003年~現在 日本細胞生物学会
平成17年・第58回日本細胞生物学会大会長
2005年~現在 臨床ストレス応答学会
2009年~現在 日本病態プロテアーゼ学会
平成20年〜理事

Editorial Board Member

  • Mol & Cells (1997〜)
  • Eur. J. Immunol. (2001〜2008)
  • J. Biochem (2002〜2007)
  • Genes Cells (2004〜)
  • CBD Ubiquitin (2006〜)
  • Molecular Cell (2006〜)
  • Cell (2009 〜)
  • The Royal Society's journal, Open Biology (2012 〜)
  • Dataset Papers in Biology (2012 〜)

Advisory Board Member

  • Mol & Cells (2005〜)

Associate Editor

  • Cell Structure and Function (2005〜)
ページの先頭へ