知的財産活用センター

研究シーズ

特許

マテリアル

利益相反マネジメント

メンバー

お問い合わせ
(知的財産活用センター)

〒156-8506
東京都世田谷区上北沢2-1-6
Tel:03-5316-3114
Fax:03-5316-3147
Mail:chizai

HOME知的財産活用センター > 利益相反マネジメント

知的財産活用センター

利益相反マネジメント

1.目的

公益財団法人東京都医学総合研究所は、医学に関する研究を総合的に行うことにより、医学の振興を図り、その研究成果を普及することにより、都民の医療と福祉の向上に寄与することを設立の目的としている。

そのため、医学に関する研究成果を産業界へ提供し、広く社会貢献していくことは当財団の使命である。この使命に基づき、現在、産学連携を推進しているところであるが、利益相反や責務相反の問題は不可避的に生じる可能性があるため、財団及び財団職員が公正かつ効率的な実務を行っていく上で常に意識しなければならない姿勢とルールを利益相反に関する基本方針として内外に明示するものである。

2.基本方針

(1)
公益財団法人東京都医学総合研究所・知的財産に関する基本方針で明示されているとおり、財団は職員の知的財産活用に対する貢献を奨励するとともに、職員は知的財産活用を積極的に推進する。
(2)
利益相反は、職員の知的財産活用等産学連携事業を推進する上で不可避的に生じる可能性がある。 財団は、公正かつ効率的に産学連携事業を推進するために、財団の職務に対して個人的な利益を優先させると客観的に見られたり(狭義の利益相反)、個人的な利益があるなしに係わらず財団外部の活動へ時間配分を優先させていると客観的に見られたり(責務相反)、といった利益相反(広義の利益相反)が生じた場合又はそのおそれがある場合は、職員の利益相反が深刻な事態に陥らないよう適正にマネジメントし、解決のための措置を講じる。この場合、法令や財団の規程等に対する違反がなくても、公正かつ効率的な産学連携推進のため、財団への社会的信頼に則って妥当かどうかの基準を明確にし、遵守するという考え方に基づいて、利益相反のマネジメントを行う。
(3)
財団は、利益相反のマネジメントについて、産業界等外部に対しても理解と協力を求め、利益相反問題の円滑な解決を図ることにより、産学連携を推進する。
ページの先頭へ