• HOME
  • 新型コロナウイルスへの対応について

新型コロナウイルスへの対応について

2021年11月30日

新型コロナウイルス感染拡大防止に向けた所の方針について

10月25日から11月30日の期間において「基本的対策徹底期間における対応(10月21日付)」が通知されておりましたが、改めて「基本的対策徹底期間における対応(11月25日付)」が通知されました。この通知では、12月1日以降、都が「レベル1」の状況にある期間、基本的な感染対策を徹底することとしています。

この通知を受け、所としては、対応方針の緩和(被験者の来所可、納品業者の入館可、マイカー等通勤の終了)を検討しておりましたが、その後、海外で新型ウイルス(オミクロン 株)の感染が確認されたことを踏まえ、「マイカー等通勤」については、現行通りの感染対策を維持し、下記の通り方針を更新します。

なお、今後も感染状況などを踏まえ、所方針の強化(または緩和)を検討していきます。

1  出勤

  • 可能な範囲で出勤者を抑制し、また、所内での滞在時間を減らすため、自宅等で可能な業務が明確に存在し、その業務を遂行するための環境が整っている場合には、自宅等で作業すること(感染制御プロジェクト及び新型コロナ対策特別チームを除く)。
  • 研究活動を継続するために出勤する場合には、出退勤時における感染予防に十分留意するとともに、飲食を伴う会合などは、大人数の会食を控えるなど基本的な感染防止策を徹底すること。
  • 研修生や協力研究員については、現在所属している大学等の方針に準じること。ただし、学位論文執筆のためなど、明確かつ客観的な理由がある場合には、所属長が速やかにその旨を庶務課職員係あて届けること。

2  通勤方法

  • 公共交通機関での感染リスクの軽減を図るため、オフピーク通勤や公共交通機関以外の方法による通勤の徹底を図ること。
  • 感染防止を目的とした自転車又は自家用自動車での通勤を認め職員の通勤経路もこれを変更しているが、引き続き、現在公共交通機関を利用して通勤している職員を対象に自転車又は自家用自動車での通勤を臨時的に認めることから、利用を希望する方は庶務課職員係に相談すること。

3  医療機関との共同研究

  • 共同研究等で医療機関に立ち入るケースがあるが、研究目的のみで医療機関に出入りする場合には、相手方医療機関の方針に沿った対応をとること。

4  各種イベントの実施

  • ハイブリッド開催などでイベントを実施する場合は、感染防止対策(密閉・密集・密接の回避など)を十分に確保すること。

5  会議の開催

  • ラボ内のディスカッションを含む所内における会議は、引き続きウェブ会議の活用を図るが、対面で実施する場合は、感染防止対策を徹底すること。

6  外来者への対応

  • 所内の出入口で手指消毒及び1階エントランスでの検温を実施し、発熱者には所内への立ち入りをお断りする。

7  その他の取組

引き続き以下の取組を継続する。
都県境を超えての出張は、混雑している場所や時間を避けて実施し、可能なものはテレビ会議や電話、メールで対応すること。また、出張した際は、大人数の会食を控えるなど感染防止に十分留意すること。

  • 出入国については、外務省の出入国制限措置や厚生労働省の自宅待機等に従うこと。
  • 毎朝の検温の実施や体調不良時(同居者を含む。)の出勤を自粛すること。
  • マスクを着用すること。
  • 手指消毒、手洗いを実施すること。
  • 窓開けによる定期的な換気を実施すること。
  • 階段、トイレなどの共用部分のドアノブを除菌すること。
  • 研究所の入り口(4か所)に消毒剤を染み込ませたマットを設置すること。
  • エレベーターのボタンを指の腹ではなく、手の甲や肘で押すこと。
  • 他の研究室や事務局等との行き来は極力控えること。
  • 所内での会話はできるだけ控えることとし、会話する場合であってもマスクの着用や一定の距離を保つこと。
  • 各研究室で昼休みの時間を分けて取るよう対策を講じること。
  • 食事中の会話は控え、食事を終えた後マスクを着用してから会話をすること。

2021年9月13日

新型コロナウイルス感染者の発生について(情報提供)(第3報)

当研究所に所属する職員1名が新型コロナウイルスに感染したことが確認されましたので、以下のとおりお知らせします。

  • 居住地 都内
  • 症状 発熱(38.6℃)、咽頭痛、結膜炎
  • 発症日  2021年9月7日
    (2021年9月10日に抗原検査を行い同日に陽性確認)
  • 仕事内容 研究業務(所外の方との接触はありません)
  • 通勤手段 電車
  • 濃厚接触のあった職員1名 (現在PCR検査中) ※ 9月14日陰性を確認
  • 感染拡大防止のため、職員が勤務する執務室等の消毒を行いました。

※ 職員及び家族への人権尊重・個人情報保護にご理解とご配慮をお願いします。

2021年1月5日

新型コロナウイルス感染者の発生について(情報提供)(第2報)

当研究所に所属する職員1名が新型コロナウイルスに感染したことが確認されましたので、以下のとおりお知らせします。

  • 居住地 都内
  • 症状 発熱(39.0℃)、悪寒、食欲不振
  • 発症日 2020年12月29日
    (2021年1月2日にPCR検査を行い1月4日に陽性確認)
  • 仕事内容 研究補助(所外の方との接触はありません)
  • 通勤手段 自家用自動車
  • 濃厚接触のあった職員はいません。
  • 感染拡大防止のため、職員が勤務する執務室等の消毒を行いました。

※ 職員及び家族への人権尊重・個人情報保護にご理解とご配慮をお願いします。

2020年8月25日

新型コロナウイルス感染者の発生について(情報提供)(第1報)

当研究所に所属する職員1名が新型コロナウイルスに感染したことが確認されましたので、以下のとおりお知らせします。

  • 居住地 都内
  • 症状 発熱(37.2℃)
  • 発症日 8月20日(8月20日にPCR検査を行い8月22日に陽性確認)
  • 仕事内容 事務(所外の方との接触はありません)
  • 通勤手段 電車
  • 濃厚接触のあった職員はいません。
  • 感染拡大防止のため、職員が勤務する執務室の消毒を行いました。

※ 職員及び家族への人権尊重・個人情報保護にご理解とご配慮をお願いします。