イベント一覧 都民講座 サイエンスカフェ シンポジウム 都医学研セミナー 夏のセミナー その他のイベント 開催報告 刊行物

  • HOME
  • 第2回都民講座(一般向け講演会)

※ 新型コロナウイルス感染状況等により、開催を中止する場合がございます。
 その際は当ページにてお知らせいたします。

オンライン開催

2021年度 第2回 都医学研都民講座

「限界突破を実現するテクノロジー」

神経科学とロボティクスによる音楽家のスキルの限界突破

ソニーコンピュータサイエンス研究所 リサーチャー・プログラムマネージャー 古屋 晋一

音楽家の多くは、幼少期から膨大な練習を経て、卓越したスキルを獲得しています。その背後にある脳神経系や筋骨格系の適応について、これまで数多くの研究が行われてきました。しかし、アスリートとは異なり、何歳になっても演奏活動を続けることが可能である音楽家が、生涯にわたりスキルを伸ばし続けるために必要なトレーニングは未解明です。さらに、その過程で局所性ジストニアをはじめとする疾患を発症し得ることも知られていますが、その機序や完治に至る治療法も確立されていません。本講演は、音楽家が生涯スキルの限界を突破し続ける手段として、脳と身体の動作原理やロボティクスに基づいたトレーニングとその効果について紹介します。

人工神経接続の技術による脊髄損傷者の随意運動の再獲得

東京都医学総合研究所 脳機能再建プロジェクト 主席研究員 田添 歳樹

脳卒中や脊髄損傷に陥ると、身体麻痺を引き起こし長期間のリハビリが必要となります。リハビリでは、動きづらくなった手足で反復運動を行って少しずつ元の運動機能を取り戻していきますが、重度の麻痺ではそもそもリハビリの“きっかけ”となる運動を行うことがとても困難になります。本講演では、この身体運動麻痺の限界を“人工神経接続”という新しい技術を用いて突破することで、脊髄損傷者が自身の意思で麻痺のある両足で運動を行いリハビリを実践していく新たな試みを紹介します。

日時2021年6月5日(土曜日)14:30~16:00
場所オンライン(Zoom)
定員500名様(先着順)
参加費無料
参加条件本イベントはウェブ会議システム「Zoom」を使用します。
事前に「Zoom」の「ミーティングテスト(https://zoom.us/test )」ページにて、アプリのダウンロードと音声の送受信が可能であることをご確認ください。

※Zoomが利用できるパソコン等(必須)・ヘッドセット等(任意)は各自でご用意ください。
アプリのダウンロードやパソコン等の設定については弊所ではご案内できませんので、各自でご準備をお願いいたします。

申込方法 Zoomの登録フォームから事前登録を行ってください。
こちらへ 【登録フォーム】
登録後、確認メールが自動送信されます。確認メールには視聴用URL・注意事項等が記載されていますので、必ず内容をご確認ください。確認メールは「no-reply@zoom.us」から送信されますので、メールを受信できるよう事前に受信設定をご確認ください。

※ 確認メールが届かない場合は、お手数ですが下記の問合先までお問い合わせください。

※ お申し込み1件につき、1つの端末(パソコン・タブレット・スマートフォン 等)をご使用ください。

申込締切2021年5月31日(月曜日)
注意事項
  • 講演中の撮影・録画・録音等はご遠慮ください。
  • 通信料は、聴講者のご負担となります。
  • 講演内で使用する資料の配布はございません。
  • オンラインセミナーへの参加時は有線LANの使用を推奨しております。Wi-fiやタブレット・スマートフォンの使用も可能ですが、通信状況により受講が中断されることがございますのでご注意ください。
お問合せ事務局 研究推進課 普及広報係
TEL:03-5316-3109(平日 午前9時〜午後5時)
E-mail:tomin@igakuken.or.jp
主催公益財団法人 東京都医学総合研究所