イベント一覧 都民講座 サイエンスカフェ シンポジウム 都医学研セミナー 夏のセミナー その他のイベント 開催報告 刊行物

  • HOME
  • 第3回都民講座(一般向け講演会)

※ 新型コロナウイルス感染状況等により、開催を中止する場合がございます。
 その際は当ページにてお知らせいたします。

ハイブリッド開催

2024年度 第3回 都医学研都民講座

自閉スペクトラム症につながる脳発達過程を理解する
~脳発生とロボティクス研究から探る脳の形づくりと機能発達~

脳の予測情報処理に基づく認知発達と発達障害

東京大学ニューロインテリジェンス国際研究機構 特任教授 長井 志江

近年、脳の機能を統一的に説明する理論として「予測情報処理」が注目を集めています。脳は感覚器からのボトムアップな感覚信号と、意図や信念に基づく内部モデルからのトップダウンな予測信号を統合し、予測誤差を最小化するように知覚や運動を生成すると考えられています。本講演では、予測情報処理理論を構成的アプローチから検証した研究を紹介します。感覚運動経験を通した内部モデルの獲得と感覚・予測信号の精緻化が、認知機能の発達を導くこと、身体性に基づく多感覚信号の統合が社会的能力を創発させること、さらに、予測情報処理の変調が発達障害などの神経多様性を生じることを、神経回路モデルとロボットを用いた実験により示します。

自閉スペクトラム症につながる脳発達過程を理解する

群馬大学 大学院医学系研究科 遺伝発達行動学 講座主任・教授 三好 悟一

自閉スペクトラム症(ASD)はクラスに1人程度の頻度で発症し、社会的コミュニケーションが困難で強いこだわりやくり返し行動がみられる発達障害です。近年のモデル動物を用いた研究では成体での解析が多く、幼児発達期における発症のタイミングやメカニズムを理解する試みは数少ない現状です。私たちのグループでは、新たにモデルマウスを作製し、生後2週目の1週間がその後の発症を左右する臨界期であることを発見しました。臨界期にモデルマウスの抑制回路に介入すると、自閉スペクトラム症の重要な指標である社会性行動異常をより悪化させることも、逆に治療回復することも可能であることを解明しました。

日時2024年7月18日(木)14:30~16:00
場所

東京都医学総合研究所 講堂
(京王線 上北沢駅 徒歩12分/八幡山駅 徒 歩18分)アクセスマップMap

および オンライン(Zoom)

定員

◆対面式(都医学研講堂)◆
先着100名

◆オンライン(Zoomウェビナー)◆
先着500名

参加費無料
申込方法

◆対面式(都医学研講堂)◆
メール、または往復ハガキによりご応募ください。

◇メールの場合
件名に「第3回都医学研都民講座(対面式希望)」、本文に「氏名(フリガナ)」「参加希望人数」複数名希望の場合は「同伴者氏名(フリガナ)」「電話番号(日中のご連絡先)」を入力の上、下記申込先までE-mailでお申し込みください。

【申込先】tomin
特定電子メール法に基づき、営業・迷惑行為等を目的としたメール送信をお断りしております。

メール申込後、7営業日以内に確認メールが送信されます。確認メールには注意事項等が記載されていますので、必ず内容をご確認ください。確認メールは「tomin」から送信されますので、メールを受信できるよう事前に受信設定をご確認ください。

※確認メールが届かない場合は、お手数ですが下記の問合先までお問い合わせください。

◇往復ハガキの場合
「第3回都医学研都民講座(対面式希望)」と明記の上、「住所」「氏名(フリガナ)」「参加希望人数」複数名希望の場合は「同伴者氏名(フリガナ)」「電話番号(日中のご連絡先)」をご記入いただき、下記申込先までお申し込みください。

【申込先】
〒156-8506
東京都世田谷区上北沢2-1-6 東京都医学総合研究所 事務局 研究推進課 普及広報係宛

※新型コロナウイルス感染症の拡大状況により、講堂での開催を中止する場合がございます。その際は当ページにてお知らせいたします。


◆オンライン(Zoomウェビナー)◆
Zoomの登録フォームから事前登録を行ってください。
こちらへ zoom【登録フォーム】
登録後、確認メールが自動送信されます。確認メールには視聴用URL・注意事項等が記載されていますので、必ず内容をご確認ください。確認メールは「no-reply@zoom.us」から送信されますので、メールを受信できるよう事前に受信設定をご確認ください。

※ 確認メールが届かない場合は、お手数ですが下記の問合先までお問い合わせください。

※ お申し込み1件につき、1つの端末(パソコン・タブレット・スマートフォン 等)をご使用ください。

申込締切2024年7月11日(木)
参加条件オンライン開催についてはウェブ会議システム「Zoom」を使用します。
事前に「Zoom」の「ミーティングテスト(https://zoom.us/test )」ページにて、アプリのダウンロードと音声の送受信が可能であることをご確認ください。

※Zoomが利用できるパソコン等(必須)・ヘッドセット等(任意)は各自でご用意ください。
アプリのダウンロードやパソコン等の設定については弊所ではご案内できませんので、各自でご準備をお願いいたします。

注意事項
  • 講演中の撮影・録画・録音等はご遠慮ください。
  • 通信料は、聴講者のご負担となります。
  • 講演内で使用する資料の配布はございません。
  • オンラインセミナーへの参加時は有線LANの使用を推奨しております。Wi-fiやタブレット・スマートフォンの使用も可能ですが、通信状況により受講が中断されることがございますのでご注意ください。
◆対面式(都医学研講堂)◆
新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、来場者の皆様には以下の予防対策へのご協力をお願いいたします。
  • 37.5度以上の発熱・咳・咽頭痛等の症状のある方はご参加をご遠慮ください。
  • 直近2週間の間に新型コロナウイルス感染症と診断された方と濃厚接触があった方はご参加をご遠慮ください。
  • 当日は14:00から受付を開始します。受付開始前の来場はご遠慮ください。
  • 事前申込をされた方のみ入場可能です。
  • 出入口で手指消毒及び検温を実施いたしますのでご協力をお願いいたします。
  • 検温により発熱が認められた場合はご参加をお断りする場合がございます。
  • ほかの来場者との不要な密接、不要な会話はお控えください。
  • 講堂内でのお食事はご遠慮ください。
  • 当日は随時、出入口の解放等で換気を実施いたします。
お問合せ事務局 研究推進課 普及広報係
TEL:03-5316-3109(平日 午前9時〜午後5時)
E-mail:tomin
主催公益財団法人 東京都医学総合研究所