新型コロナウイルス感染症(COVID-19)関連

  • HOME
  • 都医学研の新型コロナウイルスに関する研究

都医学研の新型コロナウイルスに関する研究 新型コロナウイルスに関する最新情報


社会健康医学研究センターは、2020年10月に設立された「東京感染症対策センター(東京iCDC)」に「疫学・公衆衛生チーム」として参画し、同じ疫学・公衆衛生チームの西浦博先生(京都大学大学院医学系研究科環境衛生学分野 教授)や、空間統計の専門家である柴崎亮介先生(東京大学空間情報科学研究センター教授)にご助言・ご指導をいただきながら、以下のとおり、東京都の人流データの分析を行っています。
今後、毎週、土曜日までの滞留人口の解析結果を随時更新していく予定です。

滞留人口モニタリング

都内主要繁華街における滞留人口モニタリング(1月11日更新)

ハイリスクな滞留人口を正確にとらえる

  • GPS の移動パターンから主要繁華街遊興目的で移動・滞留したデータを抽出※
  • ハイリスクな時間帯の滞留人口量を1時間単位で推定(500mメッシュ単位)
  • LocationMind 都医学研 厚労省ADB
  • 夜間滞留人口データとその後の新規感染者数、実効再生産数との関連が認められている※※
グラフイメージ

※ GPS移動パターンから職場と自宅の場所を推定した後,職場・自宅以外の15分以上の滞留をレジャー目的としてカウント

LocationMind xPopのデータは、NTTドコモが提供するアプリケーションサービス「ドコモ地図ナビ」のオートGPS機能利用者より、許諾を得た上で送信される携帯電話の位置情報を、NTTドコモが総体的かつ統計的に加工を行ったデータを使用。位置情報は最短5分ごとに測位されるGPSデータ(緯度経度情報)であり、個人を特定する情報は含まれない。

※※ Nakanishi M, Shibasaki R, Yamasaki S, Miyazawa S, Usami S, Nishiura H, Nishida A. On-site Dining in Tokyo During the COVID-19 Pandemic: Time Series Analysis Using Mobile Phone Location Data. JMIR mHealth and uHealth, 2021

東京都内・主要繁華街 滞留人口モニタリング(1月10日までのデータ分析:要点)

    【直近の繁華街滞留人口の状況】
  • 夜間滞留人口:夜間滞留人口(18-24時)は、12月に入り新型コロナ流行下の最高水準付近を3週連続で推移した後、年末年始の2週間で急減(12月25日までの週に比べ 32.2% 減)。深夜帯の滞留人口(22~24時)は、一時、前回緊急事態宣言の解除前の水準にまで減少した。ただし、1月6日以降、再び急上昇しており、今後の感染状況への影響が懸念される。
  • 昼間滞留人口:年末年始の2週間で急減するも、この間の夜間滞留の減少率に比べるとその約半分程度にとどまる(12月25日までの週に比べ 16.3% 減)。
  • 夜間滞留人口・世代別占有率:先週より若年層の割合は若干減少。実数では1/6(木)以降、若年層・中高年層ともに増加に転じている。
  • 繁華街別夜間滞留人口:渋谷・新宿二丁目では年末年始の減少みられず。上野・銀座・六本木・歌舞伎町・池袋では2週連続で減少。
    【ステイホーム指標】
  • 居住地から5キロ圏内、3キロ圏内のステイホーム率は、57.3 %(前週比:2.6%減)、48.7 %(前週比:3.8%減)。
    【大型ショッピングモール・フードコートの滞留人口】
  • 北多摩・西多摩で増加傾向。23区東部・23区西部では減少。都心部・南多摩で横ばい。
時間帯別主要繁華街滞留人口の推移東京(2020年3月1日~2022年1月8日)
前回宣言期間中の夜間滞留人口の平均水準との比較
前回宣言期間中の夜間滞留人口の平均水準との比較2
時間帯別主要繁華街滞留人口の日別推移
年代別占有率
7日間移動平均
夜間滞留人口の推移と実行再生産数のデータ
ステイホーム指標:都内全域
都内大型ショッピングセンター内フードコート滞留人口推移
上野仲町通り
銀座コリドー街
六本木
渋谷センター街
新宿二丁目
歌舞伎町
池袋