HOMEプロジェクト研究 > ゲノム動態プロジェクト

がんなどの疾患に関連するゲノム構造の多様性と継承・維持の分子機構

ゲノム動態プロジェクト Genome Dynamics Project

意義

ゲノム上には多くの遺伝子とそれを制御するシグナルとともに、染色体の複製・娘細胞への分配など、ゲノムの継承・維持に関与する多様な配列・構造が存在する。

これらの構造や個々の過程に関与する因子の変化は、がん等の疾患の原因となる。

ゲノム維持・継承の要となるゲノム複製とその制御機構、及びゲノムの多様な構造やその制御因子の生理的意義を解明することは、ゲノムの変化が疾患の発生といかに関わるかを解明し、新規の診断、治療法の開発に応用するためにも極めて重要な課題である。

目標

  • ヒト細胞から細菌にまで保存されるゲノム複製開始の分子基盤を解明する。
  • ゲノムの安定な継承・維持に関与する因子やゲノム上の特殊構造の生理的意義を解明する。
  • 得られる基礎的な知見に基づき、制がんの新規診断・治療戦略を構築する。

メンバー

プロジェクトリーダー 正井 久雄

  • 高井 裕子
  • 田中 卓
  • 吉沢 直子
  • 松本 清治
  • 加納 豊
  • 新本 美智枝
  • 森山 賢治
正井 久雄

プロジェクトリーダー 正井 久雄

ページの先頭へ