HOMEプロジェクト研究 > 睡眠プロジェクト

睡眠覚醒制御の解明と睡眠障害の治療法開発

睡眠プロジェクト Sleep Disorders Project

意義

現代社会では夜型化と短時間睡眠化が進行し、労働の質的変化もあって慢性的な睡眠障害を訴える人が増えている。睡眠障害の最大の問題は眠気に伴う日常生活上の支障である。また中途覚醒は加齢等に伴って多くみられるが有効な治療法がない。

本プロジェクトでは、過眠症状や睡眠分断化症状を呈する睡眠障害の病態を解明し、早期診断・治療効果判定に使うバイオマーカーや新規治療薬の開発を目指す。

目標

  • 過眠を呈する睡眠障害の病態を解明し、診断・予防・治療法を開発する。
  • 睡眠維持安定化作用を持つ物質の奏功基盤を解明し、新規治療法を開発する。
  • 覚醒制御の基盤を細胞・動物モデルで調べ、健康的な睡眠の条件を明らかにする。

メンバー

プロジェクトリーダー 本多 真

  • 宮川 卓
  • 夏堀 晃世
  • 小島 崇
本多 真

プロジェクトリーダー 本多 真

ページの先頭へ