HOMEプロジェクト研究 > 哺乳類遺伝プロジェクト

哺乳類遺伝学を基盤とした疾患の原因解明

哺乳類遺伝プロジェクト Mammalian Genetics Project

意義

哺乳類疾患モデル動物は遺伝学研究によって多くの疾患の原因解明に貢献してきた。しかし、今なお多くの疾患に関係されている遺伝的原因は十分解明されていない。これらのモデル動物は病態理解、新薬評価のためにも必須であり、その開発は重要な研究課題である。

本プロジェクトでは、解析困難なヒトの疾患の病態解明に役立つモデル動物を樹立し、順遺伝学的解析によるこれらの発症原因の解明を目指す。

目標

  • 哺乳類モデル動物の利用によって病気の発症と遺伝子異常との関係を解明し、遺伝子診断や病気の予防・治療に役立つ遺伝情報を蓄積する。
  • ヒトの病態評価や、新たな薬・機能性食品の開発へ貢献できる哺乳類モデル動物を樹立する。

メンバー

プロジェクトリーダー 吉川 欣亮

  • 松岡 邦枝
  • 安田 俊平
  • 関 優太
吉川 欣亮

プロジェクトリーダー 吉川 欣亮

ページの先頭へ