HOMEプロジェクト研究 > 学習記憶プロジェクト

学習記憶機構の原理と障害の解明

学習記憶プロジェクト Learning and Memory Project

意義

学習記憶は精神活動の基盤となる重要な脳高次機能であり、適正な学習記憶力の維持は生活の質の維持に必要である。

本プロジェクトでは、脳がどのようにして必要な情報を記憶して保持し、必要に応じて読み出すのかを、記憶を担う神経回路と分子経路の働きから明らかにする。あわせて各種精神神経疾患や加齢により現れる記憶障害の原因を分子・回路レベルで探り、その対策に資する基盤情報を提供する。

目標

  • ショウジョウバエモデルで学習記憶を担う遺伝子を同定し、最新のイメージング・光操作技術により記憶過程の可視化に挑む。
  • ショウジョウバエモデルから得られた知見を哺乳類モデルで検証することにより学習記憶の基本原理を明らかにする。
  • ショウジョウバエモデルと哺乳類モデルでの相補的解析から各種記憶障害病態の分子基盤と神経基盤を抽出する。

メンバー

プロジェクトリーダー 齊藤 実

  • 上野 耕平
  • 松野 元美
  • 宮下 知之
  • 長野 慎太郎
  • 鈴木 惠雅
齊藤 実

プロジェクトリーダー 齊藤 実

ページの先頭へ