HOMEプロジェクト研究 > 統合失調症プロジェクト

統合失調症の原因究明と予防・治療法の開発

統合失調症プロジェクト Schizophrenia Research Project

意義

統合失調症は患者と家族の暮らしと健康に大きな影響を及ぼす心の病であり、患者数は80万人におよぶ。ほとんどの患者は10代から20代に発症し、その後長期間の治療を余儀なくされるが、根本的な原因はいまだ不明で対症療法的治療が行われているのが現状である。

本プロジェクトでは、神経科学的手法により統合失調症の原因究明を進め、より有効な予防・治療法の開発を目指す。

目標

  • 統合失調症の診断治療に役立つバイオマーカーを明らかにする。
  • 都立病院と連携して早期診断法の開発を目指す。
  • 統合失調症の原因を解明し新たな予防・治療法を開発する。

メンバー

プロジェクトリーダー 新井 誠

  • 糸川 昌成
  • 堀内 泰江
  • 宮下 光弘
  • 鳥海 和也
新井 誠

プロジェクトリーダー 新井 誠

ページの先頭へ