HOMEプロジェクト研究 > 認知症プロジェクト

認知症の発症と進行機序の解明

認知症プロジェクト Dementia Research Project

意義

首都東京においては超高齢化が進み、認知症対策は急務である。徐々に病態が進行するアルツハイマー病、レビー小体型認知症、前頭側頭葉変性症などの認知症疾患については、根本治療法は未だにない。

本プロジェクトでは、解明されていない脳の異常病変の解析を進め、病態を再現する試験管、細胞、動物モデルを構築し、病態進行を抑える薬剤や治療法の開発を目標とする。

目標

  • 剖検脳の神経病理、生化学解析を行い、分子病態を明らかにする。
  • 患者病変を再現する試験管、細胞、動物モデルを構築し、病態進行を抑制する薬剤や治療法を開発する。
  • 本プロジェクトチームが提唱した伝播仮説のメカニズムを解明する。

メンバー

プロジェクトリーダー 長谷川 成人

  • 野中 隆
  • 細川 雅人
  • 亀谷 富由樹
  • 鈴木 元治郎
  • 平井 久美子
  • 鈴掛 雅美
  • 樽谷 愛理
長谷川 成人

プロジェクトリーダー 長谷川 成人

ページの先頭へ