HOMEプロジェクト研究 > 神経回路形成プロジェクト

神経回路の形成とその発達異常のメカニズム

神経回路形成プロジェクト Neural Network Project

意義

発達過程における脳の中で新たに誕生した神経細胞は、脳内を移動しながら神経突起を適切に伸長して神経回路を形成する。これらの神経回路形成に異常が生じると、脳形成異常など様々な神経疾患の原因になると考えられている。

本プロジェクトでは、神経回路形成を制御する細胞外の環境因子の機能に関する分子機構や、興奮性と抑制性の神経細胞の移動メカニズムを解明することにより、精神・神経疾患の新しい予防法、治療法の開発を目指す。

目標

  • 神経細胞の発達期における移動、神経突起形成などによる神経回路形成の分子メカニズムを解明する。
  • 神経回路形成異常によって生じる精神・神経疾患の病因解明と治療法の開発に寄与する。

メンバー

プロジェクトリーダー 前田 信明

  • 丸山 千秋
  • 神村 圭亮
前田 信明

プロジェクトリーダー 前田 信明

ページの先頭へ