HOMEプロジェクト研究 > 再生医療プロジェクト

iPS細胞のゲノム編集による疾患の治療法の開発

再生医療プロジェクト Regenerative Medicine Project

意義

iPS細胞には様々な医療応用が期待され、研究が進められているが、そのゲノムを操作することの困難さが高い障壁となってきた。しかし、ゲノム編集技術の発展により、その障壁も取り払われつつある。

本プロジェクトでは、iPS細胞とゲノム編集技術を組み合わせることで、遺伝性疾患モデル作製による疾患の発症機序の解析、および疾患の原因となる変異を修正したiPS細胞による細胞移植治療法の開発を目指す。

目標

  • 健康な人由来のiPS細胞に疾患の原因となる変異を導入することで、疾患を再現しその発症機序を明らかにする。
  • 患者由来のiPS細胞の変異を正常なDNA配列に修正し、細胞の機能を回復させて移植治療を行うための技術を開発する。

メンバー

プロジェクトリーダー 宮岡 佑一郎

  • 加藤 朋子
  • 高橋 剛
宮岡 佑一郎

プロジェクトリーダー 宮岡 佑一郎

ページの先頭へ