HOMEプロジェクト研究 > 脳機能再建プロジェクト

脳脊髄損傷後の機能回復機序解明と機能再建法の開発

脳機能再建プロジェクト Neural Prosthesis Project

意義

日本には10万人の脊髄損傷患者、130万人の脳梗塞患者がおり、これらの麻痺した運動機能や体性感覚機能を取り戻すための革新的な治療戦略が待望されている。

本研究プロジェクトでは、不治の病であると考えられている脳脊髄損傷患者の随意運動機能と体性感覚機能を取り戻す革新的な治療法を開発し、脳脊髄損傷によって失った機能である”自分の身体を感じ、自分で動かす”ことを再獲得することを目指す。

目標

  • コンピューターインターフェイス技術を用いた人工神経接続により、脳脊髄損傷患者の運動機能を再建する。
  • 体性感覚機能の再建を実現する人工神経接続法を開発し、その有効性を検証する。
  • 心と身体を繋ぐ神経基盤を解明し、それに基づいた機能回復促進法を開発する。

メンバー

プロジェクトリーダー 西村 幸男

  • 中山 義久
  • 石田 裕昭
  • 横山 修
  • 田添 歳樹
西村 幸男 photo

プロジェクトリーダー 西村 幸男

研究室ホームページ(準備中)
ページの先頭へ