HOMEプロジェクト研究 > 糖尿病性神経障害プロジェクト

糖尿病性神経障害の成因解明と治療戦略

糖尿病性神経障害プロジェクト Diabetic Neuropathy Project

意義

糖尿病患者数の増加は、特有の慢性合併症を誘発し、その対策が急務となっている。糖尿病性神経障害は合併症の中で最も出現頻度が高く、痛みやしびれ等の刺激症状が不眠や抑うつの原因となり、病期が進行すれば足切断や致死性不整脈等の深刻な事態を招く。

本プロジェクトでは、神経障害の成因を解明し、有効な治療法を確立することにより、糖尿病患者のQOLの向上および健康寿命延長に貢献する。

目標

  • 糖尿病モデル動物やニューロン・シュワン細胞の培養系等を用いて、糖尿病性神経障害の成因を解明する。
  • 有効な神経障害治療法を確立する。
  • 新たな血糖降下薬であるGLP−1受容体作動薬の神経系に対する直接保護作用に注目し、神経障害治療薬としての有用性を検証する。

メンバー

プロジェクトリーダー 三五 一憲

  • 鈴木 マリ
  • 八子 英司
三五 一憲

プロジェクトリーダー 三五 一憲

ページの先頭へ