都医学研セミナー | 公益財団法人 東京都医学総合研究所

HOME広報活動都医学研セミナー

2019年度 医学研セミナー

「良い眠り」による神経変性疾患の疾患修飾治療の可能性

− この都医学研セミナーは延期となりました。日程決まり次第お知らせします。 −

演者 皆川 栄子
国立精神・神経医療研究センター 神経研究所疾病研究第4部(研究員)
会場 東京都医学総合研究所 2階講堂
日時 2020年3月10日(火)16:00 ~ 17:00
世話人 本多 真
睡眠プロジェクトリーダー
参加自由 詳細は下記問合せ先まで
お問い合わせ 研究推進課 普及広報係
電話 03-5316-3109

講演要旨

神経変性疾患の病態には遺伝的要因と非遺伝的要因が複合的に寄与します。遺伝的要因の解明が進んでいる一方で、どのような非遺伝的要因が疾患の発症や進展に寄与するのか、またその機構については不明な点が多く残されています。

神経変性疾患の患者には、病初期から様々な睡眠の異常が出現します。このような睡眠の異常は、従来、睡眠-覚醒や概日リズムを制御する脳部位に神経変性が波及して出現すると考えられてきましたが、近年、従来の理解とは逆に、睡眠の異常が神経変性疾患の病態を修飾する可能性が示唆されています。本講演では神経変性疾患の病態を修飾する非遺伝的要因の候補としての睡眠に焦点を当て、最新の知見をご紹介いたします。

ページの先頭へ