都医学研セミナー | 公益財団法人 東京都医学総合研究所

HOME広報活動都医学研セミナー

2019年度 医学研セミナー

放射光ナノトモグラフィ法による脳組織の三次元解析

− この都医学研セミナーは終了しました。 −

演者 水谷 隆太
東海大学 工学部 生命化学科(教授)
会場 東京都医学総合研究所 2階講堂
日時 2019年11月11日(月) 16:00~
世話人 池田 和隆(依存性薬物プロジェクト)・ 新井 誠(統合失調症プロジェクト)
参加自由 詳細は下記問合せ先まで
お問い合わせ 研究推進課 普及広報係
電話 03-5316-3109

講演要旨

放射光ナノトモグラフィ法は、CTスキャンの原理により、ナノメータースケールで三次元構造を可視化する手法である。これまで、医学・生物学分野への応用を開拓してきたが、最近、統合失調症例の解析から興味深い知見を得たので、それを中心にご紹介したい。放射光は荷電粒子を加速することで得られる高輝度の光であり、その中でも特にX線が様々な分野の研究に用いられている。我々は、そのような実験を行う施設として、大型放射光施設SPring-8と、米国アルゴンヌ国立研究所Advanced Photon Sourceを利用し、ヒト・マウス・ショウジョウバエ等、様々な検体の三次元解析を行ってきた。本講演では、それら施設での測定の実際をご紹介するとともに、これまでの成果の中から、統合失調症例の脳組織の三次元構造などを報告する。また、構造解析においては、三次元データを定量的に評価することが重要となる。そこで我々は、神経突起の解析に微分幾何学を応用し、構造上の特徴を抽出した。その結果、神経突起の曲率が各個人固有の分布をもち、統合失調症例では対照例の約1.5倍の曲率を示すことが明らかとなった。これは、ヒト組織の構造が、個人ごとに非常に緻密に作られていることを表しており、現在は原因不明の疾患が、組織の三次元構造に起因する可能性を示唆している。

【参考論文】

  • Mizutani et al., Three-dimensional alteration of neurites in schizophrenia. Transl Psychiatry. 2019
  • Saiga et al., Synchrotron radiation microtomography of brain hemisphere and spinal cord of a mouse model of multiple sclerosis revealed a correlation between capillary dilation and clinical score. J Comp Neurol. 2019
  • Mizutani et al., Three-dimensional X-ray visualization of axonal tracts in mouse brain hemisphere. Sci Rep. 2016
  • Mizutani et al., A method for estimating spatial resolution of real image in the Fourier domain. J Microsc. 2015
ページの先頭へ