都医学研シンポジウム | 公益財団法人 東京都医学総合研究所

HOME広報活動シンポジウム > 第6回 都医学研シンポジウム

第6回 都医学研シンポジウム 「DNAとゲノム:二重らせん構造を超えて」

− この都医学研シンポジウムは終了しました。 −

ゲノムを構築するDNAはヒトでは30億塩基対から形成され、細胞内の核にコンパクトに収納されている。最近の研究から、ゲノムDNA上には標準型の右巻き二重らせん以外の形をもつDNAが多く存在し、これらが重要な生物学的機能を担うとともに、ある場合は疾患の原因になることが明らかになりつつある。また、有機化学と合体し、これらを標的とする新しい創薬の開発も進んでいる。さらに、DNAをオリガミのように自在に操作し、究極のナノディバイスを創生する技術が開発され、生体機能の解明や新規機能を発揮する分子デバイス・分子システムの開発に応用されている。本シンポジウムでは、DNAとゲノムに関して、分子生物学、有機・核酸科学、ナノテクノロジーを俯瞰した広い観点から最新の知見を紹介し、議論する。

東京都医学総合研究所では、研究者や医療従事者等を対象に、最先端の研究の状況や今日的課題をテーマとしたシンポジウムを毎年開催する予定です。

日時 平成28年12月16日(金曜日)13時00分から16時00分 開場 12時00分
場所

新宿明治安田生命ホール (明治安田生命新宿ビルB1F)

  • 新宿駅 西口改札都庁方面へ徒歩2分
  • 丸の内線 新宿駅 新宿西口方面へ徒歩4分
  • 都営大江戸線 新宿駅 新宿西口方面へ徒歩5分
  • 京王新線 (都営新宿線) 新宿駅 京王新線口 新宿西口方面へ徒歩5分
  • 京王線 新宿駅 京王百貨店口 安田口から徒歩4分
  • 小田急線 新宿駅 西口地上改札から徒歩 4分
  • 都営大江戸線 都庁前駅 A2から徒歩 11分
  • 西武新宿駅 JR新宿駅方面へ 徒歩12分

新宿明治安田生命ホールまでのアクセスはこちら

講演者
東京都医学総合研究所 副所長 正井 久雄
「右巻き、左巻き? 2重、3重、4重らせん?ー形を変えるDNAの役割」
東京農工大 教授 長澤 和夫
「非B型DNAのケミカルバイオロジー」
早稲田大学 教授 大山 隆
「遺伝情報収納の基本原理」
がん研究会 部長 清宮 啓之
「DNAの形を標的とした新しい創薬へ」
京都大学 教授 杉山 弘
「DNAオリガミと人工遺伝子スイッチ」
申込方法

事前申込:E-mail又は往復はがきによる事前申込制です。


ア. E-mailの場合
イ. 往復はがきの場合、下記の通りお送りください。
  • 〒156-8506 東京都世田谷区上北沢2-1-6
    東京都医学総合研究所 研究推進課 普及広報係 シンポジウム担当宛
  • ①住所、②氏名(ふりがな)、③電話番号(日中のご連絡先)、同伴者がいらっしゃる場合は④同伴者の氏名(ふりがな)を明記の上、⑤「12月16日開催 第6回都医学研シンポジウム受講希望」と御記入ください。
  • 応募はがき記入例はこちらから。

※ なお、お申し込みは先着順で、定員になり次第締め切らせていただきますので御了承ください。

参加人数 300名
参加費 無料
※都医学研シンポジウムは研究者や医療従事者等を対象としており、講演がやや専門的な内容となりますが、ご希望される方はどなたでもご参加いただけます。
連絡先 (公財)東京都医学総合研究所
電話 03-5316-3109(直通)
E-mail:symp
ページの先頭へ