HOME広報活動 > 第4回

平成30年度 第4回 都医学研都民講座 「難病・ALSを「治す」への挑戦」

− この都民講座は終了しました。 −

『宇宙兄弟』がつなぐ難病・ALS治療への挑戦 -せりか基金の取り組み-

一般社団法人せりか基金 代表理事 黒川久里子

大人気漫画、宇宙兄弟にちなんで設立したせりか基金は、ALS(筋萎縮性側索硬化症)の治療法をみつけるための研究開発費を集める活動をしています。その取り組み紹介、ALSを治療可能な病気にするために私たちができることについて、皆様と考えていきたいと思います。

原因究明の果てない道のり

東京都医学総合研究所 認知症プロジェクトリーダー長谷川成人

若年性認知症に蓄積する未知のタンパク質の解析に関わり、2006年に見つかったTDP-43というタンパク質は、ALSの発症と進行の原因タンパク質であることが判明しました。それ以来、TDP-43が、なぜ運動ニューロンに蓄積し、ALSを引き起こすのか、それを防ぐ方法はないかなどの研究を続けています。それらは未だ十分に明らかとなっていませんが、ALSの発症機構解明の現状、今後期待される新しい治療法等について、私達の取り組みを含めて紹介し、病態解明、治療法開発への気持ちを新たにしたいと思います。

認知症プロジェクトについて
プロジェクト 研究内容紹介


日時 平成30年9月30日 (日) 午後2時半~4時 (開場午後1時半)
場所 日経ホール:東京都千代田区大手町1-3-7
(東京メトロ 千代田線・丸ノ内線・半蔵門線・東西線・都営三田線 「大手町駅」 C2b出口直結)
アクセスマップはこちら
定員 抽選で500名様 入場無料 当日席あり (先着300名)
申込方法 ※ 会場へ直接お越しください。
申込締切 平成30年9月12日 (水) ハガキ:消印有効 、メール:必着 ※ 事前申込は締め切りました。
問合せ 普及広報係 TEL.03-5316-3109 FAX.03-5316-3150
主催 公益財団法人 東京都医学総合研究所
ページの先頭へ